レジェンドプレーヤー(プロ野球)

松坂大輔 全盛期の凄さ!! 衝撃のルーキーイヤーの成績!!

 

全盛期の凄さ!! 衝撃のルーキーイヤーの成績!!

 

平成の怪物。

 

松坂大輔

 

数々の栄光を掴んできた18番、平成を象徴するエース。

 

高卒一年目に魅せた衝撃の圧巻のルーキーイヤー。

 

今回は平成の怪物、松坂大輔投手の全盛期をPICKUP!!

 

松坂大輔投手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/ZKqUQBC3vhbTmMBN7

名前 松坂大輔 (まつざか だいすけ) Daisuke Matsuzaka

出身地 東京都江頭区

生年月日 1980年9月13日(38歳)

身長 180cm

体重 93kg

ポジション 投手

松坂大輔 全盛期の凄さ!! 衝撃のルーキーイヤーの成績!!

 

平成の怪物。

https://images.app.goo.gl/mmpyoKmPXs8dzHJ6A

 

高校野球を騒がせた高校野球史上最高の選手。

 

98年の高校野球界を席巻。公式戦44連勝。甲子園の春夏連覇。

 

夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成、甲子園のスター。

 

https://images.app.goo.gl/iMJV1ihxrBhZ1Fdz8

数々の伝説を作り、鳴り物入りでプロの世界へ。

 

98年の秋のドラフトで複数球団競合の末、西武ライオンズに入団。

 

https://images.app.goo.gl/iMJV1ihxrBhZ1Fdz8

松坂投手は地元、神奈川県の横浜ベイスターズ志望であったが、抽選の上でライオンズへ。その運命に任せてプロ入り。

スポンサーリンク
 

プロ入り1年目のキャンプからファンが松坂投手目当てに押し寄せほどの大人気。

 

https://images.app.goo.gl/DGBJGouTtLqA3Rzj9

https://images.app.goo.gl/zSBWAG4hB8tS25fJ8

連日テレビでも特集が組まれるほどの人気ぶり。松坂フィーバーであった。

 

そしてプロ1年目、オープン戦。

 

高橋由伸選手にホームランを打たれるなど、滅多打ちにあうプロの洗礼を浴びるも、

 

https://images.app.goo.gl/Ak8EfWCnR8YdaD8JA

 

ルーキーで先発ローテンションの一角として開幕一軍。

 

さあ、松坂劇場の始まり。

 

ここから野球のファンを度肝を抜くプレーを見せつける。

 

開幕して、4月7日の日ハム戦で初登板。今もなお語られる衝撃デビュー。

 

https://images.app.goo.gl/rxEu5XXSURmdYdKNA

初回からしなやかで躍動感あるフォームから、力強いストレートでプロの打者を翻弄。

 

そして最速155キロ、豪快に空振り三進に仕留める衝撃デビュー。

 

https://images.app.goo.gl/4XLuY2Hj8d6qQ9ei6

ファイターズの3番当時、パ・リーグを代表する好打者でった片岡篤史選手を三振して崩れるほどの三振に仕留め、我々野球ファンは度肝を抜かれた。

スポンサーリンク
 

松坂大輔投手はその後プロ野球を代表する投手になるが、

 

正直、1年目、ルーキーイヤーの松坂投手が一番すごい。

 

全盛期といっても過言ではない。

 

https://images.app.goo.gl/ekpXroV6QQTvR6dr8

1年目の彼の投げるボールはストレートのキレも変化球のキレも、とてつもないキレを誇っていた。

 

当然、150キロを超えるストレートで打者を翻弄したが、

 

当時一番すごいとされていたのがスライダー。

 

https://images.app.goo.gl/rD8Uq33U3rrHGD5e6

一年目の時のスライダーは手がつけれらないほどのキレをみせ、彼の投げるスライダーは二段階に曲がる。と言われていた。

 

https://images.app.goo.gl/YnA3J1kFZz4B81aAA

普通のスライダーは、スーと曲がるが、彼のボールはスーときて、キュキュと二段階曲がると、ドカベンの変化球が光って曲がるように急激にブレーキが効いたようなとてつもない切れ味、

当時5年連続首位打者だったイチロー選手が語っており、プロ1年目の彼の投げるボール、ストレートよりもスライダーのが強烈だったと印象を語っている。

 

スライダーの切れ味、松坂投手が投げるボール時代、全盛期で異次元であった。

 

そんな日本プロ野球のスーパースターとして君臨していたイチロー選手すらキリキリ舞いに。

 

5月に迎えたスーパースターとの初対決。

 

1打席目、外角高めのストレートに空振り三振。

 

https://goo.gl/images/ZHXnhm

2打席目、外からのスライダーに対応できず見逃し三振。

 

https://goo.gl/images/Ab6S2W

三打席目、スライダーに反応するも対応できず、空振り三振。

 

https://goo.gl/images/i3oXsy

初対決で衝撃の3三振。当時、5年連続首位打者だった日本最高の打者をねじ伏せた。

 

https://goo.gl/images/vqpJj9

 

イチロー選手を3打席連続三振、ねじ伏せる圧巻の投球。デビュー戦を超える衝撃。

 

https://images.app.goo.gl/bbcKSnWjW5JoDvm17

 

完全にやれらたイチロー選手の悔しそうにベンチに帰る姿を今でも忘れらない。

 

当時日本プロ野球で無双だった男をねじ伏せつ投球には今では伝説の名場面になっているほど。

18歳が見せる圧巻のピッチングはプロの世界でも衝撃を与えた。

スポンサーリンク
 

その後も1年目からルーキーとは思えないほど。物怖じしないマウンドさばきも圧巻。

 

https://images.app.goo.gl/G1EXSPnXrVsibrUU6

天高くづき上げる躍動感ある投球フォームから、150キロを超えるストレート、切れ味鋭い変化球で勝ち越しを積み重ねる。

 

そして1年目でオールスターゲームで先発。

 

https://images.app.goo.gl/6Qik2dzS7wAb6p6x5

 

当時のプロ野球は全盛期といってもいいくらいのスター選手揃いをねじ伏せる投球。

 

夢の球宴でもスターぶりを発揮。

 

さらに活躍はまだまだ続く。

 

9月にはシドニーオリンピックの予選の代表メンバーに最年少で選出。

 

キャッチャー古田敦也氏と夢のバッテリーを組み、アジアの競合相手にねじ伏せる投球。

 

後半戦も活躍を見せ、1年目ながら新人王、最多勝、最多奪三振を上げるなど、

 

プロ1年目にして最高の活躍を見せつけてくれた。

 

その後もプロ野球の顔として大活躍し、メジャーリーグへ。

 

https://images.app.goo.gl/DBTxYCgnJMkVLoiw7

メジャーでは怪我等もあり、大活躍とはいかなかったが、日本代表する投手として長きに渡り、スター選手として人気を博し素晴らしい功績を残した。

スポンサーリンク
 

しかし松坂投手の日本時代、ルーキーイヤー以外にも圧巻の年はあった。

 

https://images.app.goo.gl/JhBH7vghkpQHrtFN7

2003年には16勝、2006年には17勝を上げており、その年が全盛期だったという人もいるだろう。このころも当然すごい。

https://images.app.goo.gl/noJtF6hSjSoLnkMg8

日本時代は2003年から4年連続二桁勝利をあげるなど、年々成長をみせ、メジャーへ羽ばたいていったが、しかし1999年が全盛期といってもいいほど。

https://images.app.goo.gl/4zxdGfYM64ESEW8u5

当時の映像を見る限り、異次元のボールで圧巻の存在感。やはり全盛期は1年目。デビューからずっと見てきたものとして1年目の投げるボールが突出して一番すごい。

https://images.app.goo.gl/N9FQkoGq12hipzb27

ストレートも変化球も別格の切れ味。スライダーに関してはテレビ越しでもすごさが尋常じゃなく伝わってくるほどのキレを誇っていた。

 

これまで高校野球、甲子園で活躍してスター選手としてプロ入りしてきた者たくさんいる。

 

しかし高卒1年目から16勝を挙げる選手など松坂投手以来現れていない。

 

https://images.app.goo.gl/X7yG1hg4BRPsojMo8

あの現在ヤンキースで活躍する田中将大投手すら、1年目は11勝だった。それもすごいが。

https://images.app.goo.gl/X7yG1hg4BRPsojMo8

田中将大投手も高校時代、世代最高の投手としてプロ入り。しかし、いかに松坂大輔がすごかったのかは言うまでもない。

スポンサーリンク
 

今年、昨年甲子園を沸かせた吉田雄星投手にも期待が高まっている。

 

https://images.app.goo.gl/SqT9bCfjteZykqrc8

 

やはり野球ファンは松坂投手のような甲子園のスターがプロの世界で躍動する姿を楽しみにしている。

 

それだけ高校野球の人気をうかがえるが、きっと松坂投手とダブらせて見ているのだろう。吉田投手はどこまで活躍できるかな。

 

しかし、松坂投手が見せた衝撃ぶりは今や伝説だ。

 

松坂投手が甲子園で見せた姿はまさに怪物。そして鳴り物入りでプロ入り。

 

衝撃デビュー。高卒一年目から3年連続最多勝を挙げるなど、プロ入りからスーパースターとして日本を代表する選手として活躍。

 

 

その後、WBC二大会連続MVP、そしてメジャーリーグへ挑戦。

 

松坂大輔投手は18番の象徴。平成を代表する投手。

 

 

近年は怪我で衰えを覚醒ないが、これまでの輝かしい実績。

 

彼を超えるものは出てくるだろうか。

 

高卒からすぐに凄まじい実力を示した松坂大輔投手。

 

強烈な印象を誇ったルーキーイヤー。

 

衝撃を放った全盛期といっても過言ではない。

 

スポンサーリンク
 

松坂大輔投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

平成の怪物。松坂大輔。

 

高卒1年目に魅せた圧倒的パフォーマンス。

 

その後も日本やメジャーでも活躍。

 

松坂投手は平成を象徴する偉大な投手。

 

そんな偉大な投手のルーキーイヤーは

 

今も忘れることができない、

 

衝撃。

 

まさに怪物であった。

 

松坂大輔 甲子園の活躍は伝説!! 平成の怪物!! 高校時代の成績は??

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です