メジャーリーグ

松坂大輔の成績は?? 西武時代・メジャーの通算成績をPICKUP!!

 

平成の怪物のここまでの成績は??

 

松坂大輔

 

時代の象徴として、球界の席巻した偉大な選手。

 

日本、そしてメジャーで活躍した平成屈指の大投手には、

 

現役生活の終わりが近づいている。

 

しかし、誰もが魅了された現役生活。

 

今回は平成の怪物、松坂大輔投手の日米での活躍ぶり、通算成績をPICKUP!!

松坂大輔投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/MXEQnXuKhgJYM7LW8

名前 松坂大輔 (まつざか だいすけ) Daisuke Matsuzaka

出身地 東京都江頭区

生年月日 1980年9月13日(38歳)

身長 180cm

体重 93kg

ポジション 投手

松坂大輔の成績は?? 西武時代・メジャーの通算成績をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/nomnr7RC9vN8D8dTA

 

球界の歴史に名を刻み、時代の頂点を極めた豪腕

 

松坂大輔

 

平成の怪物と称された最高の逸材。

 

時代の象徴、平成という時代を彩った最高のスター選手。

 

そんな野球ファンを魅了した平成屈指の最高の選手は、

 

現在ではプロ野球選手として晩年を迎え、

 

引退のふた文字を背負いながら現役生活を続けている。

 

https://images.app.goo.gl/11aP2hT2L8DhMPHQ6

しかし、未だその人気は球界屈指を誇る。

スポンサーリンク
 

そう。誰しもが松坂大輔という存在のプレーに、魅了されたものだ。

 

躍動感あるフォームから150キロを超えるストレート、

 

そして多彩な変化球を武器に球界を席巻。

 

マウンド躍動する姿には野球少年なら、誰しもが憧れた。

 

球界の頂点を極めた男の最後の勇姿が迫っているということ。

 

しかしながら、時代の流れは早いものだ・・・・。

 

おっと、話が脱線しそうなので・・・・・

 

今回はそんな球界を屈指のスター選手、松坂大輔投手の日米での成績、

 

ここまでの通算成績や活躍ぶりをPICKUPしていきましょう。

 

平成の怪物

 

https://images.app.goo.gl/gnGjTktJJudrDQbc6

 

松坂大輔投手は神奈川県の強豪、横浜高校出身。

 

横浜高校3年生の時に、甲子園春夏連覇を達成。

 

甲子園のスーパースターとして、鳴り物入りのプロ野球界へ。

 

1998年のドラフト会議では3球団の競合の末、西部ライオンズへ入団。

 

甲子園の沸かせた怪物のプロ入りは世間を沸かせ、高校時代から続く松坂フィーバーは、

 

プロの世界へ入ってからも変わらないほどの人気ぶり。

 

衝撃だったデビュー戦。

 

https://images.app.goo.gl/SdKMz2z9jGDLdvk4A

 

そんな平成の怪物、松坂大輔投手は、高卒新人として開幕一軍を勝ち取ると、

 

プロデビュー戦では最速155キロを投げ、

 

野球をファンが度胆を抜くデビューを放ち、プロ初勝利。

 

プロ一年目から怪物はプロ野球界を席巻。

スポンサーリンク
 

プロ1年目24試合に登板し、165敗 防御率2.60と好成績をマークし、

 

33年ぶりの新人王を獲得。

 

45年ぶりの高卒新人として最多勝。そして、高卒新人としてゴールデングラブ賞、ベストナインを受賞するなど、

 

圧巻の成績を残し、高校野球スターは一気にプロ野球でもスター選手へ。

 

西武時代はスーパースター

 

https://images.app.goo.gl/xKXgJDX9B8wuEdpN8

 

怪物の勢いはとどまることを知らない。

 

続く2000年は14勝、2001年は15勝と、

 

高卒として初の快挙となる3年連続最多勝をあげるなど、

 

一気にスターダムへ駆け上がり、球界の頂点に。

 

その後も、2002年は右ひじのけがにより6勝に終わるも、2003年は完全復活を果たし、16勝を挙げ、

 

2004年は10勝、2005年は14勝、2006年は17勝をマーク。

 

2003年から2006年まで4年連続二桁勝利。

 

そんな2006年には第一回WBCのエースとして、日本の初優勝に立役者として大活躍。

 

大会後の2006年シーズンは自己最高の17勝を挙げ、

 

https://images.app.goo.gl/S8wWfzCH5YdbnpRx8

球界を代表するスーパースターとなっていた松坂投手。

スポンサーリンク
 

平成の怪物の西部ライオンズ時代は8年間で108勝、

 

タイトルも総ナメ、沢村賞1回、最多勝3回、最優秀防御率勝2回、最多奪三振4回、

 

新人王、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞7回、

 

素晴らしい実績を作り、満を持して憧れのメジャーリーグの舞台へ。

 

西武時代に確固たる成績を残し、

 

憧れのメジャーリーグ挑戦を表明した松坂投手。

 

ポスティングシステムでメジャー屈指の名門、ボストンレッドソックスへ移籍。

 

交渉権獲得金額は、当時のレートで約60億円と破格の交渉額となり、のちにダルビッシュ投手が更新することになるが、話題を呼んだ。

 

怪我に泣いたメジャーでの日々。

 

https://images.app.goo.gl/jr2JCzQN6jeqdXbo7

 

平成の怪物、松坂大輔投手の人気は日本を超え、メジャーリーグでも話題を独占。

 

松坂投手はメジャー1年目、15勝を挙げるなど、翌年は18勝を挙げるなど、

 

チームをワールドシリーズ制覇に貢献。レッドソックスの主戦投手の一人として奮起。

 

移籍したメジャーの舞台でも素晴らしい活躍を見せ、

 

今後も屈強な強打者が集まる世界最高のリーグで大活躍してくると期待は高まっていたが、

 

その後はけがに泣かされ、右ひじにメスをいれるなど、

 

不本意なシーズンを送る日々。

 

その後6年大型契約を結んでいたレッドソックスからインディアンス、

 

そしてメッツでプレー。

 

怪我により2年目以降は期待されたような活躍はできず。

 

メジャーでは実働2年という寂しい結果となり、

 

2014年に憧れのメジャーリーグでのプレーは最後となった。

 

https://images.app.goo.gl/DMtsUHvURa2RxfRXA

松坂投手はメジャーでは8年間プレー、56勝と寂しい結果となった。

スポンサーリンク
 

その後、日本球界へ復帰。2014年オフに福岡ソフトバンクへ入団。

 

しかしながら、メジャーでけがに泣かれるづけた松坂投手は、3年契約で移籍したホークスでもけがにより、二軍暮らし。

 

ソフトバンクホークスでは一軍登板は2016年の1試合のみ。

 

高額な契約でのホークス入団だっただけに、厳しい声も上がるなど、2017年にホークスを退団。

 

昨シーズン、2018年中日ドラゴンズへ。

 

6勝を挙げ、復活を見せるなど、カムバック賞を受賞。

 

https://images.app.goo.gl/R6HefjrrKhd2EmX96

しかしながら、2019年は再びけがにより、厳しいシーズンとなっている。

 

松坂投手はここまで日米での成績であるが、

 

NPB10年 216試合 11464敗 1459.0回 奪三振1408 防御率2.99

 

メジャー8年間 132試合 56勝43敗 投球回790.1 奪三振406 防御率4.44

 

プロ生活18年で積み重ねた勝ち星は日米通算170勝。怪我が多かったとはいえ、素晴らしい通算成績と言えるだろう。

 

しかしながら、怪我に泣かされ続けた現役生活。

 

https://images.app.goo.gl/UGCvvmLNJLaM8bVA8

ライオンズ時代は華々しい活躍ぶりで球界を席巻したほど、際立った活躍、好成績を連発していただけに、その後の活躍ができなかったことは寂しい限り。

 

その後、メジャー挑戦して実働2年だけ。その後は怪我。

 

20代後半から長い怪我との戦いであり、

 

20代前半がピークという寂しい活躍ぶりとなっている。

スポンサーリンク
 

ライオンズ時代は実働8年間で108勝を挙げるなどすばらしい活躍であっただけに、

 

レッドソックスで18勝を挙げた2008年以降は成績は下降し、

 

その後10年間も怪我との戦い。

 

やはりそこまで怪我に悩まされた現役時代の原因は、

 

10代からの投げすぎによる疲労の蓄積だろう。

https://images.app.goo.gl/3Y6HUKaJsiW9f8vB6

 

しかしそんな一人投げ抜く姿、

 

平成屈指の豪腕はマウンドで躍動し、

 

一人でマウンドで戦う姿には誰もが魅了されたもの。

 

高校時代から1試合250球以上を投げる姿は確かに野球ファンの虜にした。

 

その代償は大きく、あまりに早かった。

 

若くして怪我で衰退していく姿は辛いものだ・・・・・。

 

平成の怪物のゲガともに歩んだ現役生活となっている。

 

しかしながら、やはり怪我がなかったらと考えてしまうこともある。

 

メジャー時代の怪我がなければ・・と思ってしまう野球ファンも多いはず。

https://images.app.goo.gl/A8BqDqwMbXsKGZvv9

 

現在は日米通算170勝。

 

怪我でのこの成績なだけに、怪我がなければ、

 

200勝はもちろんのこと、250勝に迫るほどの成績を積み重ねた可能性は高い。

スポンサーリンク
 

しかし、松坂大輔投手が見せれくれたマウンド上での姿、

 

誰もが魅了したのは間違いのない事実。

 

平成最高のスーパースターの一人である。

 

https://images.app.goo.gl/3cpEme1FraGZJCRp8

 

成績以上の存在感を発揮し、野球ファンを虜にし、現在でもその人気は絶大。

 

そして成績が全てではない。松坂大輔という男のプレーには夢があった。

 

記録より記憶に残る存在。

 

平成の怪物の現役生活は限られて時間しかないかもしれない。

 

しかしながら、私たちはそのマウンドで躍動する姿を、

 

忘れることはない。

 

時代を象徴、平成の怪物。

 

https://images.app.goo.gl/5dSK4cQiZryHj7Jc8

 

その姿は永遠に語りづがれる。

 

ただ、もう少し、

 

その姿を。

 

マウンドで投げる姿を。

 

スポンサーリンク
 

松坂大輔投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

平成の怪物、松坂大輔。

 

怪我に泣かされ続けて現役生活。

 

怪我もあり、不本意なシーズンが多かったのは事実。

 

しかし、成績は期待通りではなかったかもしれないが、

 

マウンドでの姿はまさにスーパースターであった。

 

平成屈指のタレントを誇る偉大な選手には

 

引退が近づいているが、

 

最後の勇姿を見たい。

 

まだ終わったわけじゃないが、

 

もう一度、豪華ないピッチングを見たい。

 

それだけが松坂大輔を愛するファンの最大の気持ちだろう。

 

最後の勇姿を。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です