レジェンドプレーヤー(プロ野球)

松坂大輔 甲子園の活躍は伝説!! 平成の怪物!! 高校時代の成績は??

 

 

平成の怪物。

 

松坂大輔

 

高校時代はもはや伝説。

 

甲子園で魅せた松坂劇場。

 

高校野球史に残る高校野球史上最高の選手の一人。

 

今回は平成の怪物、松坂大輔選手の高校時代をPICKUP

 

松坂大輔投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/YAJePEwRFVAL7Gog6

名前 松坂大輔 (まつざか だいすけ) Daisuke Matsuzaka

出身地 東京都江頭区

生年月日 1980年9月13日(38歳)

身長 180cm

体重 93kg

ポジション 投手

松坂大輔投手 高校時代はすごかった!! 

 

平成の怪物

 

松坂大輔投手を語る上で欠かせないのが高校時代。

 

https://images.app.goo.gl/Bbf878nKw9utYmw47

松坂投手を思い浮かべるとまず思うのがプロではく、横浜高校時代。

 

横浜高校時代の活躍は伝説といってもいい。

 

https://images.app.goo.gl/238bhyE3p4JR317z6

当時の活躍ぶりは野球を知らない人すらも松坂大輔という名前を知っているほど。

https://images.app.goo.gl/jxVVpN6aay2zreJ49

今でいう昨年甲子園を沸かせた金足農業の吉田投手や大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手、

そして2006年の甲子園決勝で再試合の投げ抜いた斎藤佑樹投手といった、歴代の高校野球のスター選手がその後も活躍したが、松坂投手のインパクトはそれ以上のものであった。

スポンサーリンク
 

松坂投手は小学三年生から野球をはじめ、中学時代は地元の江戸川区の強豪、江戸川南リトルシニアでプレー。

 

中学時代から数々の大会で優勝するなど、中学日本代表に選ばれるなど、松坂投手は中学時代から才能豊かな選手であった。

 

中学卒業後、神奈川県の強豪校、横浜高校へ進学。

 

松坂投手は進路を選ぶ際に東海大相模高校や帝京高校に行きたかったとのこと。

 

実際に松坂投手は当初は帝京高校からの誘いもあったため、中学3年生の時点で帝京高校への進学を考えていたが、

 

中学日本代表の実力あるチームメートが横浜高校へ進学することが決まっていたことに、
松坂投手自身もそのメンバーと一緒にやりたいと思い、進学先を横浜高校へ変更。

 

そんな松坂投手は横浜高校進学後は、横浜高校のきつい練習を送る日々。

 

2年生になり主力へ、チームのエースに成長。

 

https://images.app.goo.gl/oDHgYbBWU1B44uqb7

松坂投手がエースとして夏の神奈川県大会を順調に勝ち進み、準決勝に進出。

 

準決勝の相手は横浜商業高校。試合は9回まで2対2の同点で拮抗。

 

9回のマウンドにも上がっていた松坂投手はランナー1、3塁とピンチの場面。しかし松坂投手はまさかの大暴騰。

体力は限界だった、エースとして9回まで踏ん張るも疲労の影響で右腕がコントロールできなくなっていた。

 

チームはサヨナラ負け。

 

3年生を甲子園の出場の夢を、松坂投手自身で断ってしまったことに申し訳ない気持ちだったと当時の松坂選手は語っている。

 

 

しかしこの敗戦が松坂投手のターニングポイントとなる。

 

松坂投手は負けてしまった3年生の分も頑張らないといけないと奮起。

 

新チームになり、猛練習に明け暮れる日々。

 

https://images.app.goo.gl/xEVCxTtBUtKPAmbi7

松坂投手自身も本当に新チームからの一ヶ月ほど走った日はないという。練習がきつすぎて、試合が休みと感じるほどだった。

スポンサーリンク
 

過酷な練習に耐え、松坂投手は一段と成長。

 

https://images.app.goo.gl/tK4o98d3RMPh9ieP7

強靭な体力と精神力を手に入れた松坂投手はそこから、高校や球界を席巻することとなる。

 

新チームとなり、エース松坂投手要する横浜高校は秋の神奈川県大会、関東大会、そして神宮大会も制し優勝。

 

春の甲子園選抜大会へ進出。

 

松坂投手は2年生の夏大会で敗戦により猛練習、そして県大会から明治神宮大会を制覇し、自信をつけ、甲子園優勝がより明確になり、

https://images.app.goo.gl/W1ZXBkRj1mnrxcr1A

松坂投手はあれだけ練習したんだから、負けるわけがないと、過酷により確かな実力をつけ、一皮も二皮も成長していた。

 

ストレートも150キロ台と球速アップに成功し、松坂投手は甲子園のマウンドで躍動。

 

神宮大会を制した横浜高校は甲子園センバツ大会も制覇。

 

https://images.app.goo.gl/BbPYtpTc8P5vipyeA

甲子園のマウンドで群を抜いた実力を発揮した松坂投手は、一躍注目選手へ成長。

 

最速152キロの力のあるストレート、切れ味鋭いスライダー、

 

そしてマウンド上でも物怖じしない強靭な精神力、

 

https://images.app.goo.gl/oDD1zBjnDvB2JJSo9

高校生離れした実力を手に入れ、平成の怪物と称されるほど変貌を遂げていた。

 

しかし、松坂投手がすごいのはここからだ。

 

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です