レジェンドプレーヤー(プロ野球)

松坂大輔 メジャー時代の成績,評価をPICKUP!!

 

メジャー時代の成績や評価って??

 

平成の怪物として名を馳せ、

 

日本野球界の顔として長きに渡り貢献したきた偉大な投手。

 

松坂大輔。

 

2000年代を代表する投手は、鳴り物入りでメジャー挑戦だったが、

 

その活躍はいかがなものだったのか・・・・・

 

今回は松坂投手のメジャー時代の日々、成績をPICKUP!!

 

松坂大輔投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/Q8jEBgSUKGUgNMCG7

名前 松坂大輔 (まつざか だいすけ) Daisuke Matsuzaka

出身地 東京都江頭区

生年月日 1980年9月13日(38歳)

身長 180cm

体重 93kg

ポジション 投手

松坂大輔 メジャー時代の成績,評価をPICKUP!!

 

平成の怪物

 

https://images.app.goo.gl/hKPUxrNpogubHqPb7

 

昨年、中日ドラゴンズでカムバックした松坂大輔。

 

現在はプロ野球選手として晩年を迎えたが、

 

一時は時代の主役に抜擢された偉大なピッチャー。

 

平成という時代を際立たせるような存在として活躍。

 

38歳になった松坂投手ですが、

 

海の向こう、野球の本場、メジャーリーグでもプレーしたことは皆さんもご存知。

 

メジャーリーグでは今や、大谷翔平選手を筆頭に、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太といった、日本を代表する投手たちが活躍。

 

その活躍ぶりを日本へも届けてくれていますが、

 

彼らは日本で圧倒的な成績を残し、メジャーリーグへ挑戦していますが、

 

松坂投手も日本でプロ野球を代表する選手として活躍し、彼らと同じように全盛期に海を渡っていますが、

 

当時の松坂投手は、今のダルビッシュさんや田中将大投手のような存在で、

 

野球少年の憧れの的であった。

スポンサーリンク
 

しかし、彼らよりも人気を誇っていた松坂投手。

 

https://images.app.goo.gl/3KdEirBQ4tunYt3o6

 

松坂投手が歩んできたプロ野球人生に誰もが魅了され、

 

平成屈指の人気を誇る偉大な投手であった。

 

今回は、松坂投手のメジャーリーグでの評価、成績を振り返っていきましょう。

 

少しばかり松坂投手の経歴もちょこっと。

 

松坂大輔投手。

 

https://images.app.goo.gl/2ouCDkzaLGyhkQgx5

 

1998年の夏の甲子園大会を沸かせたスター選手としてプロ入り。

 

その後はプロ1年目からプロの世界で大活躍。

 

日本プロ野球代表する先発投手に成長を遂げ、

 

https://images.app.goo.gl/67zfp2ciHEobiTbv9

松坂投手は選手としての全盛期にメジャーリーグへ挑戦。

 

日本での活躍でメジャー注目の存在であった松坂投手。

 

当時はイチローさんや松井秀喜氏さんがメジャーに挑戦し、その後続々日本人選手がメジャーリーグで活躍していた時代。

 

日本時選手がメジャーの舞台でも活躍をしていたこともあり、日本人選手への評価が上昇。

 

https://images.app.goo.gl/fo9kQ4g3rH6kENVGA

 

メジャーでは次にどんな選手が来るのかと期待されるような雰囲気があり、

 

次に日本から選手は誰だと、

 

メジャーリーグで日本人選手への評価が一番高かった時代。

 

その注目は当時、日本プロ野球でナンバーワンの人気を誇っていた松坂大輔投手へ。

 

当時の松坂大輔投手は、高卒新人から3年連続最多勝をあげ、日本のトップに君臨。

 

特に2006年の第一回WBCでは日本のエースとして大活躍。

 

https://images.app.goo.gl/V8YzGHLtMf6SppQ28

特にアメリカで開催された2次ラウンド以降の投球が松坂投手への評価をあげるものであった。

 

メキシコ戦での快投。

 

https://images.app.goo.gl/Jg3FLNytBNitMtuh6

 

メジャーリーガで活躍している選手が多く揃えた当時のメキシコ打線。そんな相手に松坂投手は快刀乱麻の投球でメキシコを粉砕する投球内容を見せ、

 

そして決勝でのキューバ戦でのピッチングで、見事大会MVPを受賞。

 

いつ松坂大輔はメジャーにくるのはいつだ??と松坂投手への評価は高まっていた。

 

WBC終了後、シーズンでも17勝を挙げ、

 

https://images.app.goo.gl/AzoEynqG2tuaYB9G9

そして2006年のオフ、松坂投手はメジャーリーグ挑戦を表明。

スポンサーリンク
 

ポスティングシステムでメジャー挑戦。

 

そんな松坂投手への交渉権を獲得したのはボストン・レッドソックス。

 

その落札額は当時の金額で約破格の60億円。

 

https://images.app.goo.gl/h4jX9HqMnEFZr1XX7

これまでにない金額での落札金額が話題になり、金額の高さに金満球団が有利だということ、そして金額が高騰しすぎることに懸念され、

 

のちにポスティングシステムの制度は見直されることになるのだが、

 

これまでにない金額に日米でも話題をさらった。

 

2000年のオフに、メジャーリーグへ挑戦したイチロー選手が12億円だったのに対し、松坂投手の落札金額は異常な高騰。

 

それだけ当時日本人選手の活躍もあり、日本人選手への評価が高くなっていたこともあっての金額であった。

 

松坂投手のへの期待の高さが現れた結果であった。

 

そんな松坂大輔投手、メジャー1年目。

 

https://images.app.goo.gl/xJJrxD9k3zAiiqLq7

松坂投手自身もメジャー志向であったこともあり、早期のメジャー挑戦が実現。

 

26歳での挑戦ということもあり、全盛期でのメジャー挑戦。

 

どんな成績を残すのか当時は期待感しかなかった。

 

移籍したレッドソックスでも先発の軸をなる存在なることに期待されていた。

 

契約も当時では長期契約である6年契約を結び高額な年俸での高待遇。

 

日本の最高の投手が来る。

 

https://images.app.goo.gl/uqRtWmF6TZHLgru98

ボストン最高の盛り上がりを見せていた。

 

迎えたメジャー開幕。そして初登板、

 

https://images.app.goo.gl/5Z1rXrLhHVgrAeR27

 

松坂投手のメジャー初登板には多くのメディアが押し寄せる中、

 

見事、初登板初勝利を挙げ持ち味である150キロ台前半の球威あるストレートで、

 

https://images.app.goo.gl/oi7uBXGU9yurYR3d6

多彩な変化球で10三振を奪い、見事な投球内容で、初登板初勝利。

スポンサーリンク
 

幸先いいスタートであったが、

 

その後はメジャーの滑るボールへに苦戦、コントロール定まらないこともあり、日本時代のような無双するような投球ができず。

 

前半せは10勝で折り返したが、後半戦は苦戦を強いられ、前半戦の半分の5勝そして負け数も6敗。

 

メジャー1年目はシーズンで15勝を挙げたものの12敗するなど、防御率4.40その実力に擬似的な声も上がっていたが、

 

ポストシーズンではなんとか意地を見せ、レッドッソスリーグ優勝の貢献。

 

さらに進出したワールドシリーズでも日本人初の登板で勝利投手となり、メジャー挑戦1年目でワールドシリーズ制覇となった。

 

メジャー1年目は日本人最高の投手としてのメジャー挑戦。

 

https://images.app.goo.gl/5ndxThuphJD6EF5X8

苦戦する中、まずまずのメジャー初シーズンであった。

 

そしてメジャー2年目は日本で開幕戦。

 

メジャーリーグでは野茂英雄氏以来となるメジャー開幕のマウンドに上がり、

 

2年目は開幕から好調を維持。傷8連勝を挙げるなどし、前年より飛躍を見せ、

 

2006年は18勝、防御率2.90と飛躍のシーズンとなった。

 

https://images.app.goo.gl/BqYkZkkWa55dviAG6

途中故障者リストに入るが、シーズンを通して安定した投球を見せ、前年の2007年の成績を全て上回る成績を残し、

 

メジャー2年目を迎え、メジャーの環境も慣れ、

 

ここからさらなる飛躍を期待されていたが、

 

ここから松坂投手は苦しい日々を過ごすことになる。

 

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です