山田哲人 メジャーでは通用しない!? スカウトの評価は!? FAで国内移籍も 来年の成績で年俸5億超え!? 結婚は!?




必ず復活するって思っていたよ。

彗星のごとく、現れたニュースターの登場。

彼見たときプロ野球の新時代に入ったとそう思ったね。

彼の魅せるプレーはこれまでにはない特異感を感じさせて、

細身の身体から放たれるホームランはしなやかでそのスイングは極上の美しさを誇る。

その飛距離は体格に勝るパワーヒッターたちすらも凌駕する。

若き日のイチロー選手を彷彿される。

山田哲人。

現在、右バッターとして日本最高峰。日本屈指のバッター

そんな彼は2017年シーズン、苦しい日々だった。

その状態は一時深刻でなかなかスランプから抜け出せず、

その華麗なスイングは鳴りを潜めていた。

しかし、今年見事復活

3度目のトリプルスリーを達成するなど、

やはり彼の魅せるプレーは一味違うものを残してくれる。

今回は見事復活シーズンを送ったヤクルトスワローズの山田哲人選手をPICKUP。

山田哲人選手のプロフィール

名前 山田 哲人 (やまだ てつと) Tetsuto Yamada

出身地 兵庫県豊岡市

生年月日 1992年7月16日(26歳)

身長180cm

体重 76kg

ポジション セカンド

山田哲人選手の経歴・エピソード

トリプルスリーの申し子

彼をそう呼んでもおかしくはないでしょ。

山田哲人選手は高校時代は名門履正社高校で主力としてプロ注目の選手で、

高校三年生の夏の甲子園大会でホームランを放つなど、

その年のドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名を受け、入団。

プロ入り3年目で一軍に昇格。94試合に出場するなど徐々にその才能の片鱗を見せる。

4年目のシーズン。覚醒。

https://images.app.goo.gl/3eG4HDit8MFSyRrj7

山田哲人というニュースター。彗星のごとく現れ、鋭い打球を連発。

スポンサーリンク

ホームランも打てる打者として大活躍。右バッターとしての最多安打記録を更新し、

シーズン最多安打を獲得するなど一気にブレイク。

翌年の5年目には3割30本30盗塁トリプルスリーを達成。

https://images.app.goo.gl/V5c8BcBSt9VoFSCR6

翌年も連続して達成。異次元の活躍を見せる山田選手の快進撃はさらに凄みを増すのかと誰もがもっとすごい成績を残すと、翌年の活躍を期待していた。

しかし他球団も黙っちゃいない。

翌年は待っていたのは他球団からの厳しい内角攻め。彼はスランプに。

https://images.app.goo.gl/mzJNrMmUK7XdutLcA

山田選手は必要以上の内角攻めに苦しみ、華麗な打撃は崩れていた。思い通りスイングができなくなり、彼は苦しんでいた。デッドボールも多かった。それは認められた証だが。

https://images.app.goo.gl/GQgamJQR7WHgMpTG8

この時の山田選手は打席の中で迷いが見えていた。スイングも中途半端。この感じから来年も抜け出せないかなと思っていた。

正直ここまでの活躍を続けていたなら、期待値は上がる一方だし、それに答えたい気持ちも大きくなっていたはず。

https://images.app.goo.gl/cLWGPRnxSUGHPVdx7

スランプ陥り、成績はこれまでの山田選手にしては当然物足りないものでした。彼自身悔しいものだったはずだ。

しかし、そんな彼はその経験を力に変えて、見事復活。

3度目のトリプルスリーを達成するなど、2018年シーズンは成績以上に彼を成長させた。

山田選手自身、続ける難しさを学び、再び達成できて嬉しいと語っており、彼は経験を力に変えた。


困難を乗り越えてくるあたりはやはりスター。

https://images.app.goo.gl/Hi7RheMMUwkLV2kw8

日本球界の次世代のスターとして今や日本が誇る強打者の一人。

彼を一言で言うと、天才

山田哲人選手の特徴・プレースタイル

山田哲人は唯一無二

山田哲人選手の特徴といえば独特の間合いから繰り出すスイングが魅力。

打撃スタイルは独特でバッターボックスの中で体をリズミカルに動かしながらタイミングを測る打者が多い中、山田選手はバットでタイミングを測る珍しいタイプ。

スポンサーリンク

そして左足をあげ、しっかり間合いをとりボールを仕留め、スイングはシャープで強い。

https://images.app.goo.gl/4NgRXGLvCUb6SGt9A

https://images.app.goo.gl/pxcZGGUqXxs2dCPe7

山田選手の打撃の肝は左足だろう。足をあげる打撃フォームはパワーを生む利点はあるが、身体が前に流れてしまい、ボールに差し込まれてしまうデメリットがあるが、これは身体の中心でしっかりバットが触れている。

インパクトの後のフォロースルーの大きく美しい。

山田選手は足を大きくあげて踏み込んでも身体が突っ込まず、軸回転で鋭くボディーターンができる。打った後にバットが身体に巻きつき、踏み込んだ左足が三塁側に一瞬動く。

間合いの天才。

https://images.app.goo.gl/pxcZGGUqXxs2dCPe7

山田選手は中心軸でしっかりバットが振ることができているからこそ、抜群のインパクトでボールを飛ばすことができ、大きなフォロースルーが生まれるのだ。

山田哲人選手の打撃フォームは若き日のイチロー選手の振り子打法のような美しさを誇る。

山田哲人選手はメジャー挑戦!?スカウトの評価は

山田哲人選手は将来メジャー挑戦はあるのだうか。

シーズン3度のトリプルスリーを達成するなどその打撃はメジャーのスカウトも目をつけている。

メジャーのスカウトは山田哲人選手を評価しているのだろうか。

正直、山田哲人選手の評価高くない現実はシビア。

その理由は山田選手の特徴でもある打撃フォーム

https://images.app.goo.gl/MqRx5AFRcJzuuz8z9

これは日本人選手の特徴と言ってもいいだろう。足をあげるフォームがメジャーでプレーする際に大きな壁となる。

https://images.app.goo.gl/YyxqszsnSxdShRUX7

やはりメジャーの投手は日本の投手より球速も速く、またリズム感をワンテンポ早い。動くボール、ムービングボールが支流だけに日本の投手よりそのボール質がワンランク上。

やはり日本の感覚でボールを捉えに行くと差し込まれてしまう。

https://images.app.goo.gl/TRTGNhcPcFUMrULM8

WBCなど国際試合で日本の選手がムービングボールに苦戦するのはお決まり。山田選手自身、WBCでのメジャーのピッチャーに苦戦している。

それにメジャーでは足をあげる幅は少なく、すり足の打者が多い。

スポンサーリンク

ではなぜ日本人選手は足をあげるのだろうか。やはりパワー。

https://images.app.goo.gl/GL6fka9N5WmLwCGM6

日本人選手は欧米人に比べて、身体の力が弱いため、体を大きく使い、反動でボールを飛ばすスタイルが主流。だから足をあげるようにしているのが一番の要因。

https://images.app.goo.gl/9fqwwg9RjsGxC4jA7

メジャーの選手たちは日本人比べて、身体の力が強く、もともと積んでいるエンジンが違う。彼らは反動をつけなくてもボール飛ばせる力があるからだ。

もし山田選手がメジャーへ挑戦するならば打撃フォームに改善を余儀なくされるのでないか。

そして近年の日本のプロ野球でもムービングボールは増えてきているが、やはりメジャーのムービングボールは一段とレベルが上。

https://images.app.goo.gl/2cVsZhyXeYcQStCV8

あにイチロー選手でさえメジャーに移籍する際に、日本より速いボール、動くボールに対応するために、振り子打法と言われていたフォームの動きの幅を小さくし、メジャー挑戦する前年のシーズンに臨んでいた。

イチロー選手はそくらいメジャーでプレーするイメージを持ってしっかり準備していた。

山田選手がもしメジャーへ挑戦するとなるならば、メジャーの仕様に変更するのか、
それとも現在のスタイルを貫くのか。

しかしながら山田選手はメジャーリーグへの挑戦を考えているのだろうか。

今年の契約更新の際にメジャーに関する質問に対して秘密と語ってはいたが、WBCなどでメジャーの選手と対戦するとなればレベルの高い環境でプレーして見たいという気持ちが生まれるのは選手としては普通だろう。

個人的にはメジャーリーグへ挑戦してもらいたいが・・・

素晴らしい才能をもち、特異性のある選手で魅力的だ。だが山田選手が日本時代のように圧倒的な成績を残すことは現時点では想像できない。
山田選手はメンタル的なところが弱いように感じてしまう。
メジャーではメンタル面での意識の持ちようは重要になってくる。

スポンサーリンク

挑戦したいという気持ちくらいなら通用しないだろう。

https://images.app.goo.gl/7r1WovNfwqAKAXrQ6

イチロー選手はメジャー挑戦とか通用するとかそんな次元で考えてなかったそうだ。

どうやったらトップにいけるかと、高い次元で考え、練習に取り組んでいたからこそメジャーでもトップとして走り続けられたのだと思う。

山田選手にはイチロー選手ほどの覚悟があるか。

そのくらいの覚悟があるのならメジャーでも活躍できるだろう。

メジャー以外にもFAで国内移籍の方が現実的か。

在京球団、巨人、横浜など、そして地元関西球団への移籍の可能性もあるだろう。

今後の山田選手の決断に注目しましょう。

山田哲人選手は結婚は!?来年の年俸はすごいことに!?

これだけ活躍している山田選手だが、プライベートも注目されているだろう。

世間は彼女がいるのか気になっているのではないか。

以前、プライベートで芸能人との食事をしている姿が報道されていたことはあるが現在相手がいるのかは不明だ。これだけの選手だから彼女くらいいるだろう。

もし山田選手がメジャーを目指すなら速い方がいいんじゃないかな。

彼のプライベートにも注目かもね。

山田哲人選手は来年には5億円超え間違いなし!?

今年3度目にトリプルスリーを達成した山田選手は、来期の年俸が4億円を超える。

高卒新人からの記録として、あのイチロー選手、松井秀喜氏と並ぶスピード記録である。

当然来年も今年のような活躍をすれば5億円の大台に乗るのは間違い無いだろう。

スワローズは資金力が無いため、このまま高額年俸を払い続けることはできるのだろうか。

スポンサーリンク

当然、高騰すれば移籍の話が現実的な問題になってくる。

やはり国内移籍の可能性だってある。

先ほど前述でも書いたが、FAで移籍の可能性も。

山田選手の年俸を考えれば、巨人やソフトバンクといった資金力があるチームによる争奪戦が勃発するだろう。

それもまた面白いかも。

山田選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本球界を代表する打者へと成長した山田選手。

新しいタイプの選手としてぜひメジャーリーグへ挑戦してもらいたい。

メジャーでトリプルスリー達成するくらいのスケール大きい選手になってくれ!!

期待していきましょう。

山田哲人 高校時代の成績は?? 2年生まで無名!? ドラフト何位??

山田哲人 通算1000本安打,200号,150盗塁達成へ!! これまでの成績は??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする