大谷翔平 トミー・ジョン手術は完全復帰できるのか!?




トミー・ジョン手術は怪我から完全復帰できるのか。

大谷翔平

日本が生んだ最高の逸材は今は試練の時。

もう一度、唯一無二の存在へ。

二刀流、復活だ!!

今回は完全復活を目指している大谷翔平選手をPICKUP

大谷翔平選手のwiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/SwujymuHRLfhH7ZGA

名前 大谷翔平 (おおたに しょうへい) Shohei Ohtani

出身地 岩手県奥州市

生年月日 1994年7月4日(24歳)

身長 193cm

体重 約90kg

ポジンション 二刀流(投手、外野手)

大谷翔平 トミー・ジョン手術は完全復帰できるのか!?

トミー・ジョン手術は彼の本来の姿を取り戻すことができるのだろうか。

今シーズンは打者として挑む2019年。

昨年、メジャーで見せた驚異的なパフォーマンスで、

アメリカを席巻した日本が誇る史上最高の才能。

大谷翔平

https://images.app.goo.gl/bSLrXH9qR43JsJoJ7

夢のメジャーリーグで世界最高の選手を目指して挑む日本人最高の才能。

二刀流という選ばれし者だけが挑むことが許され、最上最強の才能の持ち主だけ挑むことができる異次元の領域。

そう、大谷翔平は選ばれし者なのだ。

投打で最高の才能のパフォーマンスを見せた昨シーズン。

https://images.app.goo.gl/i5qPFq7W4aZY621aA

大谷翔平選手はファンの期待を背負い、彼の一挙手一投足に虜になった。

メジャーリーグの舞台でも唯一無二の存在を示したが、

シーズン序盤に右ひじを痛め、戦線離脱。

スポンサーリンク

その後打者に専念し、投手としての復帰するも、すぐさま再び怪我。

結果打者として素晴らしい成績を残してたが、右肘帯損傷という投手して危機的状況に陥り、

結果、トミー・ジョン手術を受ける結果となった。

https://images.app.goo.gl/i5qPFq7W4aZY621aA

果たして大谷翔平投手は、トミー・ジョン手術で完全復帰できるのだろうか。

迎えた2019年。

今シーズン打者として専念し、試合に出場している大谷翔平選手。

https://images.app.goo.gl/6Ci3nF9tai8ue4oK8

昨年は投手としては怪我により不本意だったが、

大谷翔平選手はメジャーリーグの舞台で22本塁打を放ったポテンシャルの高さは異次元だ。

投手としてだけではなく、打者としても別格の才能の持ち主であることを証明した。

今シーズンはシーズン日本人最多の31本塁打を更新が期待されるが・・・・。

https://images.app.goo.gl/Z9UjyBc5gALmxPGx9

やはり投手大谷翔平としての姿、いや二刀流としての姿こそ、大谷翔平もっとも輝く姿と言えるだろう。

大谷翔平選手は投手復帰は2020年の予定。復帰に向けて動き出している。

https://images.app.goo.gl/aGzQhXG5LoWNoXvm6

昨年10月、シーズン終了共にトミージョン手術を決行し、

11月から体幹トレーニングで下半身を鍛えるトレーニングを再開。

徐々にステップを踏み、1月には右腕のウエイトトレーニングが可能となり、

3月からキャチボールを再開するまでに。

https://images.app.goo.gl/iBXaTZU76cCmQHoDA

徐々に負荷を増やしながら、投手大谷翔平の姿を取り戻すべく、復帰に向けて、着実に前進している。

順調に焦らずリハビリを進めているとは思うのだが、慎重に進んで欲しいところ。

2019年シーズンは打者として出場しているが、打席で右肘に負担の与える動き行ってしまうリスクもある。

縦の変化球に対して、右手一本で泳ぐような空振りをしてしまう癖がある大谷選手。

https://images.app.goo.gl/djF2pdVfBLpSBqmX8

その癖である空振りの仕方は、肘に対して負担を与える動きで、一瞬で傷めてしまう可能性もあるだけに、

スポンサーリンク

本来はリハビリに専念すべきかも知れないが・・

しかし、彼の異次元の無限大のポテンシャルを見たら、やはり使いたくなるものだろう。

しかし大谷選手は本来の姿、以前のパフォーマンスをみせるまで回復できるのだろうか。

https://images.app.goo.gl/62kxFR1UF1Zy51vy9

ここ数年メジャーに渡った日本人選手たちが大谷投手と同様に肘を負傷し、トミー・ジョン手術を行ったが、

術後、まともに復帰を果たした選手はいないのではないだろうか。

松坂大輔

https://images.app.goo.gl/MixUhNWhCUhcTtmC7

2007年に当時、メジャーリーグへ挑戦し、レッドソックスへ移籍したものの、

怪我によりトミー・ジョン手術を決行。

復活を目指し復活を目指すが、苦しい日々を送り、メジャーで実質2年間しか働けず、日本へ復帰。ソフトバンクへ入団するも、怪我によりリハビリの日々。

昨年、中日に移籍し、カムバックを果たしたが、今シーズンは再び怪我。

二軍で調整する日々を送っている。やはりトミー・ジョン手術の代償か・・・・

昨年、完全復活かと言われたが、昨年の活躍はやはりだましだまし投げていた印象だ。

和田毅。

https://images.app.goo.gl/XSV4jFRF2kPD948m8

日本最高のサウスポーとして、メジャーへ挑戦。

移籍したオリオールズではキャンプで負傷、すぐさまトミー・ジョン手術を行い、移籍してすぐ2年間はメジャー登板できないという日々。

その後シカゴ・カブスへ移籍するも、彼本来のパフォーマンスを発揮することなく、古巣ソフトバンクへ復帰。

復帰した年は最多勝を獲得するなど活躍は見せたが、2018年から再び怪我を繰り返し、今シーズンも二軍で調整を続けている。今年は復帰が期待されるが、

やはりトミー・ジョン手術の影響はあるのだろう・・・・。

そしてダルビッシュ有投手。

平成最強の投手として、日本時代は完璧な投手として君臨。

その後2012年、メジャーリーグへ挑戦。がしかし、2015年に右ひじを負傷し、

こちらもトミー・ジョン手術を決行。

復帰を果たすが、怪我に悩まされ、全く活躍ができず。

日本時代の姿はどこへと思うようなパフォーマンスが続いている。

日本最高の投手はもがいている。それだけトミージョン手術の影響は大きのだろうか。

日本人選手の相次ぐトミー・ジョン手術。

https://images.app.goo.gl/aDGgiGC7SqhrSqoe9

術後、彼らの持ち味を発揮し、以前のようなパフォーマンスをしたものはいない。

メジャーに挑戦してことが怪我につながったわけではないだろうが、それまで日本時代に投げすぎもあり、それまでの疲労の蓄積、
そしてメジャーでの投球環境の違いが、引き金となったかもしれないが、

しかしながら、トミージョン手術の術後の投球内容の悪さは明白だ。

https://images.app.goo.gl/g3nG1cLHJVDhFrmKA

トミー・ジョン手術は損傷した肘の靭帯を切除し、手首や足首など自分の身体の他の部分から正常な腱を移植する手術。

その歴史は長く、 1970年代からある背術法ではあり、

当時と比べて、約97パーセント実戦復帰しているというデータもあるだけに、

メスをいれという不安的な表現によりネガティブな印象を持たれるが、実際は成功率が高い手術として認知されている。

がしかしだ、

にしてもトミージョン手術を受けた日本人選手のパフォーマンスの悪さ。

https://images.app.goo.gl/qqNc7rLTALQYfTo17

手術により、右ひじ以外の部分を怪我をするようになり、体にメスを入れることで身体のバランスが崩れてしまっているのか。

スポンサーリンク

術後の日本人の姿を知れば、トミージョン手術後の肘は完全回復はできないのか・・。

大谷翔平選手も同じような道をたどることを想像してしまう。

https://images.app.goo.gl/pRrszDNnYX9JCgV88

大谷翔平選手の潜在能力の高さがあったとしてもだ。

近年はトミー・ジョン手術を受ける選手も急増しており、

その肘の故障の多くは幼少期からの蓄積、肘に疲労が蓄積することで起こるというような研究結果があり、

投げすぎにより、右ひじの損傷は引き起こされる原因として指摘されている。

そのデータを考慮すれば、学生時代から投球過多である日本人選手の負傷するのは納得だ。

日本の高校生の投げすぎは明白。

学生時代から、そしてプロ入り後も日本の投げ込みによる調整方法、

そして1試合での投球数の多さが、疲労として蓄積されて結果としてメジャーのマウンド環境がきっかけとなったのだろうか。

近年はアメリカでは学生の投球数のガイドラインが確立されたりと改善には向かっているが、

これから投球数の問題は世界の野球界の中でも共通の問題として真剣に考えなければならないが・・、

しかし、懸念材料はあるものの、大谷翔平選手の投手としての完全復活にはもちろん期待したい。

https://images.app.goo.gl/bzRwicuTcCL2fBCu9

しかしながらこれまでの日本人選手の術後のパフォーマンスを見る限り、あまり期待できないし、不安要素が多いと感じてしまう。

スポンサーリンク

2020年には投手として復帰の予定ではあるが、

復帰後のパフォーマンス次第では投手、大谷翔平は見れなくなってしまう可能性もある。

投手ができなくなれば、二刀流という大谷翔平という姿の終焉が早い段階でくることになる。

https://images.app.goo.gl/pPiwCFnxrPDtCZaQ9

しかし打者として、とてつもないポテンシャルの持ち主。メジャーリーグでもホームラン王を獲得できる最高の持ち主であるが、

やはり二刀流でこそ、大谷翔平はさらに輝くのだ。

今シーズン、打者として期待してはいるが、

やはり投手、大谷の姿を。

https://images.app.goo.gl/Nnas84YXFNnVKcBe6

トミージョン手術での完全復活を願って。

大谷翔平選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

投手、大谷翔平。

トミー・ジョン手術から完全復活を。

今は試練のとき。

しかし、必ず戻ってくる。

その時を信じて。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする