大谷翔平と菊池雄星 メジャーで花巻東対決!! 対戦成績は??




待望の花巻東対決が実現!!

大谷翔平と菊池雄星

これから二人がメジャーという最高の舞台で、

アツイ戦いを繰り広げる。

今回は大谷翔平選手と菊池雄星投手との花巻東対決、そして対戦成績をPICKUP!!

大谷翔平選手と菊池雄星選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/7mttH6A3bM2p2yHo6

名前 大谷翔平 (おおたに しょうへい) Shohei Ohtani

出身地 岩手県奥州市

生年月日 1994年7月4日(24歳)

身長 193cm体重 約90kg

ポジション 二刀流(投手、外野手)

https://images.app.goo.gl/16CWi3LzE8Bq4TXG7

名前 菊池雄星 (きくち ゆうせい)

出身地 岩手県盛岡市

生年月日 1991年6月17日(26歳)

身長 182cm

体重 88kg

ポジション 投手

大谷翔平と菊池雄星 メジャーで花巻東対決!! 対戦成績は??

憧れのメジャーで初対決。

https://images.app.goo.gl/Yezh2PDamvydigym8

これからメジャーの舞台を熱い闘いが始まる。

野球の最高峰の舞台、メジャーリーグで岩手県出身、

そして同じ高校出身の二人が初対決。

大谷翔平と菊池雄星。

岩手県の強豪校、花巻東高校出身の二人。

二人は共に日本を代表する選手となり、憧れのメジャーリーグへ挑戦し、

https://images.app.goo.gl/Tp1xSoYs5baRGifRA

今シーズン、花巻東対決が実現した。

待望の花巻東対決は大谷選手が3打数2安打2打点、

そして、菊池投手から6号ホームラン!!

https://images.app.goo.gl/PosQ1MRyc2GY2zGfA

センターに大谷選手らしい豪快な一打。

先輩、菊池投手にメジャーでは先輩の大谷選手が持ち味を発揮し、初めての花巻東対決は大谷選手に軍配が上がった。

https://images.app.goo.gl/2DtzQgmZ7xE3cd4R9

https://images.app.goo.gl/Cw1DkJ6xYeK8Qj55A

菊池投手は、調子はいまひとつであったが、これから、メジャーの舞台でアツい戦いを繰り広げてくれる。

スポンサーリンク

メジャーという舞台で躍動する二人、大谷と菊池の日本人対決。

https://images.app.goo.gl/HeUAFszdLbaAAbPz5

今回は、大谷選手と菊池投手のこれまでの日本での活躍ぶり、対戦成績を振り返って行こう。

https://images.app.goo.gl/mme33t6t8E4BEq9N7

まずは菊池雄星投手。

彼が花巻東高校を一躍、全国区にした存在。

高校時代、躍動感あるしなやかなフォームからMAX154キロを投げ、

https://images.app.goo.gl/rrcSqbjxBSRVYkeD6

甲子園を沸かせた高校生最強左腕。

プロ第注目として、2009年のドラフト最大の目玉選手であった。

菊池投手は日本プロ野球のみならず、メジャーのスカウトも注目した存在。

しかし、活躍の舞台を日本を選択。

2009年のドラフト会議で、6球団の競合の末、西武ライオンズが指名権を獲得し、入団。

https://images.app.goo.gl/aMxkm8arJ1aDoQAy7

一年目から即戦力として活躍が期待されたが、一年目から左肩の故障によりなかなか結果を残すことができず。

2011年と2012年は4勝、2013年には9勝と、一軍に定着し2011年から5年間は二桁勝つことができず。

高校時代の大いに期待された逸材、伸び悩んでいたが、

2015年に一躍、飛躍。12勝を挙げ、初の二桁、

そして2016年には16勝、217奪三振、防御率1.97をあげ、初の最多勝と最多防御率を投手二冠を獲得。

2018年には14勝を挙げるなど、

https://images.app.goo.gl/nnWuTA4UQsSpyViM8

時間はかかったが、高校生最強左腕は日本代表する左腕に成長。

そして2018年オフ、憧れのメジャーリーグ挑戦を表明。

MLB、シアトル・マリナーズへ移籍。

https://images.app.goo.gl/ZGiDQJvn1EpcSMWi6

今シーズンから活躍の場を憧れの舞台に移し、活躍が期待される。

スポンサーリンク

そして、大谷翔平。

https://images.app.goo.gl/RpmqswvQWNWWcAfG7

こちらも菊池投手と同じ花巻東高校出身。

高校時代、高校野球史上初のMax160キロを投げ、打っても高校通算56本塁打を放つなど、

投打において、最高の野球センスを発揮し、甲子園でも躍動。

https://images.app.goo.gl/LbhXUywV3g15SgmQ7

大谷選手にも高校時代、日本のプロ野球のみならず、メジャーリーグからも逸材として注目の存在。

大谷選手は高校からメジャーリーグ挑戦をすることを表明。

しかし、2012年のドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズが強行指名。

当初はメジャーリーグへの直接の挑戦を表明し、

日本プロ野球への入団を難色していたが、

日本ハム側が大谷選手へのメジャーリーグへの道を後押しするプランを提示したことにより、日本ハムへ入団。

https://images.app.goo.gl/S5UAUFVTT9hdSbNK9

そんな日米が才能に惚れ込んだ逸材は、入団後も最高の才能を投打で発揮。

2年目には投手として11勝、打っても10本塁打。

プロ三年目には投手として15勝、防御率2.24、勝率.750をマークし、

https://images.app.goo.gl/S5UAUFVTT9hdSbNK9

最多勝、最優秀防御率勝、最多勝率のタイトルを獲得。

そしてプロ4年目2016年位は打者として飛躍。

打率.322 22本塁打を放ち、

https://images.app.goo.gl/GcEczFjWbwUGvWum6

投手としても10勝。二刀流の申し子として最高の才能を一躍、爆発させた。

プロ入りから大谷選手の二刀流には擬似的な声もある中、結果を残して証明して見せた。

https://images.app.goo.gl/Bjbhyb3WDWnjgcqQ7

大谷翔平選手は日本プロ野球史上最高の才能を持った選手と称されているほど。

スポンサーリンク

最高のダイヤモンド原石なのだ。

そして、2017年のオフ、ポスティングシステムにてメジャー挑戦を表明。

MLB,ロサンジェルス・エンジェルスへ入団。

https://images.app.goo.gl/mBTNYTqGnnhwGdeT8

2018年、メジャー1年目から二刀流として異次元のパフォーマンスでメジャーの舞台でも最高の才能を発揮し、アメリカを席巻。

投手として右肘の故障があったものの、

4勝を挙げ、最速163キロのストレート、

https://images.app.goo.gl/5WHr9Smft1gpPjrx7

切れ味鋭いスライダーとスピリットを武器にメジャーの打者に存分に力を発揮。

そして圧巻だった、バッティング。

打者として、驚異的なアーチを描き、22本塁打を放つなど、

https://images.app.goo.gl/YU6uGw5cNG7gTEvx6

日本人新人最多本塁打記録を塗り変えるなど、打者としても最高の才能を発揮。

見事、新人王を獲得。

メジャーリーグという最高の舞台でも二刀流、最高の才能が輝きを放つ。

https://images.app.goo.gl/8y4QJ6YVUqyu5hARA

大谷翔平という存在を遺憾無く示してみせた。

そして迎えた今シーズン2019年。

https://images.app.goo.gl/tGf2fvf1p6icos7R7

同じ高校の先輩の菊池雄星投手がメジャーリーグへ。

花巻東対決が実現したのだ。

菊池投手と大谷翔平選手は日本時代の対戦成績はどうだったのだろうか。

https://images.app.goo.gl/pzhMBGqgoxf7w5WF6

初対決は大谷選手のルーキーイヤーの2013年。

https://images.app.goo.gl/nq3cQLtSiQ7tjc3e9

2打数二三振と完璧に大谷選手を抑え、プロの先輩として実力魅せつけ、押さえ込んだ。

しかし、次の対戦は2017年は3打数2安打。

https://images.app.goo.gl/DtJyyfNW9g7XLECE8

打者としても飛躍を遂げていた大谷選手が2安打を放ち、成長した姿を先輩に魅せた。

対戦時自体は少なく、日本で対戦成績は、5打数2安打3三振、打率400。

大谷選手、菊池選手、共に憧れのメジャーリーグへ活躍の場を移すわけだが、
スポンサーリンク
二人花巻東高校という同じ高校の選手がメジャーリーグで活躍するということは、

https://images.app.goo.gl/cRiTdNKb9on8UhDi6

岩手県としては誇りなのではないか。

何かと縁がある二人。

2009年の春の選抜甲子園で岩手県初の優勝をかけて躍動していた花巻東。

甲子園で熱くした花巻東旋風その時のエースが菊池雄星投手。

https://images.app.goo.gl/EFxKm3y8tGNVG8zB6

その時中学生だった大谷選手は甲子園で躍動する花巻東、そのエースで圧巻の存在感を放つ菊池投手の姿を見て、

大谷選手は花巻東へ進学を決めたという。

当時、中学時代から岩手県では有名な選手だった大谷選手。

菊池投手という存在に導かれるように花巻東へ。

日米の争奪戦になっていた菊池雄星投手の存在に憧れを抱いたことにより、数多くの誘いの中から花巻東高校へ。
花巻東が活躍が岩手県と星となったいたことにより、導かれるように岩手の名門へ進み、その後、大谷選手も菊池投手にようにプロ第注目の存在へ。

そしてプロ入りし、日本プロ野球を席巻し、大谷選手が先に憧れのメジャー移籍。

https://images.app.goo.gl/XyeugXfNgEtauSei8

今度は大谷選手が二刀流で全米を席巻。

同じ岩手県出身、そして同じ高校出身で、共にメジャーリーグへ憧れを持っていた二人。

菊池投手には大谷翔平という存在は最高の刺激になっていた。

https://images.app.goo.gl/dzwkJZGZrZMjHQv2A

後輩である大谷選手が、日本、そしてメジャーリーグで、圧倒的なパフォーマンスで野球ファンを虜にしている姿が、
菊池投手は大谷選手がいなければ、今の自分はいないと話している。

大谷翔平という存在が、自分自身を成長させる起爆剤になっていたのだろう。

だからこそ菊池選手も自身の憧れのメジャーへの想いを形し、夢を実現させたのだろう。

そんな二人は同じ地区同士のチームに所属。

共に切磋琢磨し、これからメジャーの舞台で、日本人同士の熱き戦いで盛り上げてくれるはずだ。

スポンサーリンク

菊池投手は、初対決は大谷選手に軍配が上がったが、

次の対戦では菊池投手のリベンジ。先輩の意地を見せる番だ。

https://images.app.goo.gl/K5JUYXBjB4pvhb267

また二人の存在が、出身である岩手県を盛り上げ、そして日本中の野球少年の夢を与えるプレーを期待している。

彼らの存在がさらに子供達の夢を大きくする。

https://images.app.goo.gl/fueisctefaPYL3ir9

これから、メジャーの舞台で輝く姿を期待している。

これから二人の対決に期待していこう。

大谷翔平選手と菊池雄星投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

大谷昇平選手と菊池雄星投手の初対決。

初のマッチアップは大谷選手に軍配。

共に日本を代表する選手。

これからさらなるアツい戦いを繰り広げ、

野球に最高の瞬間を届けてくれるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする