ダルビッシュ有と大谷翔平 最高の二人を比較!!




最高の二人を比較。

ダルビッシュ有と大谷翔平。

素晴らしい才能の持ち主。

まあ、互いにすごすぎて比較する必要もないのだが・・W

日本最高の選手には変わりない。

今回はプロ野球史上、最高の才能をもつ、ダルビッシュ有投手と大谷所平選手をPICKUP

ダルビッシュ有投手と大谷翔平選手WIki的プロフィール

名前 ダルビッシュ有 (だるびっしゅ ゆう) Yu Darvish

出身地 大阪府羽曳野市

生年月日 1986年 8月16日 (32歳)

身長 196cm

体重 約100kg

ポジション 投手 (スターター)

名前 大谷翔平 (おおたに しょうへい) Shohei Ohtani

出身地 岩手県奥州市

生年月日 1994年7月4日(24歳)

身長 193cm

体重 約90kg

ポジンション 二刀流(投手、外野手)

ダルビッシュ有と大谷翔平 最高の二人を比較!!

共に日本を代表する最高の選手。

https://images.app.goo.gl/cN6Q5JubMz9RHk1LA

https://images.app.goo.gl/auQRZjXdhjLqbXBz6

今や戦いの舞台をアメリカ、メジャーリーグへ。

現在の日本プロ野球界の顔にまで成長した二人。

まずはダルビッシュ有。

あらゆる球種を操り、変幻自在の最高の投球術で打者を粉砕。投手として総合力の高さ、その完成度の高さは圧倒的。

https://images.app.goo.gl/q8SQbAnedBKSsDAm6

平成最高のパーフェクトーエース。

そんなダルビッシュ投手は、宮城県の東北高校出身。

1年生からエースととして活躍し、2年生の夏の甲子園ではノーヒットノーランを達成するなど、

高校野球を沸かせたスター選手として日本ハムに入団。

プロ2年目から頭角を表し、一気に日本を代表する選手へ。

https://images.app.goo.gl/So9AfwTBuV4iPqWv9

日本時代7年間で5年連続二桁勝利、その間15勝を4回達成するなど、圧倒的パフォーマンスで日本プロ野球の最高の投手として君臨。

その後、2011年オフにアメリカ、メジャーリーグへ挑戦。

https://images.app.goo.gl/tEM9zMYwc44UTyQVA

近年は怪我に泣かされているが、間違いなく日本最高の投手の一人だ。

スポンサーリンク

そして唯一無二の存在。

投手、打者でこなす二刀流をこなす野球選手としての才能の持ち主。

大谷翔平

https://images.app.goo.gl/wYW493LCnLf82q7L7

新時代の象徴となる新たなるスーパースター。

宮城県の花巻東高校時代から超高校級の選手として、高校生最速の161キロを投げ、

当時から秀でた才能を発揮。

そして打者としても天才の抜群の打撃センスを誇る打者。

投打ともに最高のポテンシャルを持ったダイヤの原石としてプロの世界へ。

2012年に日本ハムファイターズに二刀流選手として、入団。

その才能はプロ1年から、遺憾無く発揮。

打者として高卒新人として開幕スタメンを勝ち取り、投打ともに大気の片鱗ぶり。

そしてプロ2年目。その才能を磨きをかけ、プロ野球史上最高の才能を覚醒。

https://images.app.goo.gl/U34Zi4fMeKYm1n387

異常なまでの成長曲線。

一気に覚醒し、投手として12勝、打者として10本塁打を達成。

プロ4年目には15勝、そして22本塁打。

https://images.app.goo.gl/6uTAQihGCk9BSuUd9

野球史上、最もユニークで、史上最高の才能を持つ男。

二刀流。彼は唯一無二の存在。

その後、活躍の場をメジャーリーグへ。

1年目から、メジャーの舞台でも二刀流として大活躍。

https://images.app.goo.gl/dLMW6BUtNNnYbHXZ8

投手として持ち味である豪速球と鋭い変化球で打者を手玉に取れば、

打者として豪快なスイングから放たれる特大ホームランを連発。

メジャ1年目、投手として怪我で断念したが打者として奮起。

日本人野手新人本塁打記録を更新し最多の22本塁打を放ち、そん異次元のハイパフォーマンスでアメリカを熱狂させた。

https://images.app.goo.gl/AT6wcp5te2E6VdTW7

史上最高の才能を持つ選手だ。

スポンサーリンク

そんな最高の二人、ダルビッシュ投手と大谷翔平選手を比較しながら、関係を振り返ろう。

共に日本を代表する最高の選手だが、そんな二人には様々な共通点がある。

ダルビッシュは宮城県の東北高校。

https://images.app.goo.gl/ko2jVVxXcUoXBQQq6

そして大谷翔平投手は岩手県の花巻東高校。

https://images.app.goo.gl/3bqr3G5czhME9gdN9

共に東北地方の高校からドラフト一位で日本ハムに入団。

現在は大谷投手の花巻東が東方地方屈指の強豪ではあるが、少し前までは東北高校が東北屈指の強豪校のイメージであったが、

共に野球の名門からの甲子園のスター選手として、超高校級プレーヤとしてのプロ入り。

そして入団した日本ハムでは同じ11番。

2011年まで日本ハムに在籍したダルビッシュ投手がメジャーリーグに挑戦。その翌年2012年に大谷翔平選手が入団し、受け継ぐことに。

そして体格。

https://images.app.goo.gl/EbrZg7X3jTPUHntu7

二人は恵まれた体格で、ダルビッシュが196センチ、大谷翔平投手は193センチと長身。共にスラッととした体格も。

プロ入りの後の流れも、ダルビッシュの追いかけるように、

後継者のように日本ハムに導かれている。

そんな二人はプロ入り後の成績にも共通点を類似しているのだ。

プロ1年目の成績、

投手としての勝星がダルビッシュが5勝、大谷投手が3勝と共に一桁台であるが、

2年目に飛躍し、ダルビッシュが12勝、大谷選手が11勝とさらに防御率が共に2点台、そして完封試合3と完投試合2と、

2年目の成績が類似しているのだ。

そしてプロ三年目に弱冠二十歳で開幕当初を務めるなど、

ダルビッシュ投手は3年目には15勝を挙げ、投手タイトルを総ナメ。最多勝、そして沢村賞を獲得。

https://images.app.goo.gl/f7UApcFGoAXXsb4MA

そして同じく大谷選手は3年同じく15勝を挙げ、最多勝、最優秀投手賞を受賞するなど

https://images.app.goo.gl/uzNyGF53zdtpP9dJ9

投手としてのスタイルだけではなく、成績も同じように圧巻の内容。

スポンサーリンク

ダルビッシュの背中を追いかけるかのように突き進んできた大谷選手。

大谷選手はもともとダルビッシュ投手に憧れを抱いており、セットポジションからの投球フォームを参考し、そしてトレーニングについてもダルビッシュから影響を受けている。

ダルビッシュは2010年オフに肉体改造をし、パワーアップに成功。

身につけた豊富な知識やトレーニング方法を積極的に後輩選手にアドバイスをしており、その一人でもあった大谷選手。

https://images.app.goo.gl/YfdM38qphy3xzZpYA

そんなダルビッシュから大谷選手はトレーニングを共に行うようになり、シーズン中も連絡を取り合うようになり、

ダルビッシュからのアドバイスもあり、プロ4年目のオフから肉体改造に着手。

https://images.app.goo.gl/a4JuiuFkp7h4Ho3b7

ウエイトの成果で体重を10キロ増やし、肉体改造に成功。

パワーアップに成功した大谷選手はプロ5年目に目まぐるしい成長を遂げ、

https://images.app.goo.gl/oCnUBvEScReALjPj6

打者として22本塁打を放ち、そして自己最速の165キロを更新するなど、投手としても、驚異的な進化を遂げている。

特にパワーアップの成果は打者として目に見えて成果を出し、

現在は代名詞になっているセンターから逆方向へのホームランを打てるようになっている。

https://images.app.goo.gl/CnuueXJTbVdMxq3Q9

それまで振りまけることがあった大谷選手はトレーニングの成果により、
それまで捉えられなかったボールに対してもスイングスピードの向上により力強い打球を打てるようになり、打者として急激な成長を見せた。

ダルビッシュ投手は大谷翔平選手に対して、投手と打者の両方適切で必要なトレーニングをアドバイスの成果により、

https://images.app.goo.gl/YBfnVnQtnNNC9ghe9

元々の才能にさらに輝かせるきっかけになっているのは間違いない。

ウエイトトレーニング以外でもアドバイスを受ける大谷投手。

投手としての体の使い方や変化球の握りについても、様々な要素について的確なアドバイスを持っている。

https://images.app.goo.gl/qSKEifauxDN9Wdfy6

大谷翔平選手とってダルビッシュ投手は憧れであり、生きた教材なのだ。

当初はダルビッシュ投手は大谷翔平選手の二刀流に対し、

メジャーでは二刀流は通用しないと否定的な声を発しており、当時は自身のメジャー挑戦の際に感じたメジャーリーグのすごさを経験した者としての発言ではあったが、

大谷選手はその吹き飛ばすかのように。

https://images.app.goo.gl/Lq6XgsLMCtqiK63P6

二刀流で結果を出し、異次元のパフォーマンスを見せた。ダルビッシュ投手は批判的な発言はあったが、それは表向き。
実際はダルビッシュ投手も大谷翔平選手を認めており、まだ進化の途中だと常に期待を寄せており、さらなる飛躍を期待している。

ダルビッシュはここ数年は怪我で期待通りの活躍はできていないが、

https://images.app.goo.gl/SHEUyX5o22Ncm99X7

これまでの現役生活の中での培ってきた経験や失敗をものに、自らの経験が、的確なアドバイスを送ることができている。

スポンサーリンク

その実績と経験が伴っている成功体験と様々なアドバイスが大谷選手が選手として飛躍にきっかけに。

ダルビッシュがイチローさんなどにアドバイスを求めたように、大谷選手がダルビッシュ投手に。

大谷選手が、今後ダルビッシュと同じように自身が培った経験を伝えていくはず

そしてまた新たなるスター選手が生まれるのだ。

選手としては比較する上で二人は同じように最高の才能を持ち、素晴らしい向上心を持ったアスリート。

比較すると互いに最高の才能を持った選手ということがわかるはずだ。

そして二人は共に大きな怪我を経験したが、これからも二人の成長は続く。

必ず大きくなって復活する。

最高の二人。

https://images.app.goo.gl/ZqJPdgAzEDBhXbQBA

完全復活を。その瞬間を誰もが待ちわびている。

ダルビッシュ有投手と大谷翔平選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

最高の二人、ダルビッシュと大谷翔平。

これからも日本の顔として野球界を引っ張ってくれるはず。

怪我で苦しい経験したが、間違いなく選手像を大きくして、

完全復活する。

その時をじっくり待とうじゃないか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする