メジャーリーグ

大谷翔平 サイ・ヤング賞受賞へ!! 復帰は2020年!?その凄さとは!?【投手編】

 

将来のサイヤング賞候補

 

昨シーズン23歳の若者は海を渡り、憧れのメジャーリーグへ。

 

現代のメジャーでは誰も成し遂げたことがない偉業、

 

二刀流としてメジャーリーグに挑び、野球の本場アメリカを席巻。

 

ファンのみならず、野球のトップレベルのメジャーリーガーすら虜にしてしまった。

 

大谷翔平。

 

日本が誇るスーパースター。その存在は唯一無二。

 

昨シーズンは話題を独占したが、惜しくも右肘の怪我により投手としては不本意なシーズンだっただろう。

 

圧倒的なパフォーマンスをみせ、期待に溢れていただけに残念だった。

 

しかし彼はスケールアップして帰ってくる。

 

投手として復帰の時、彼はどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

 

今回はメジャーリーグを席巻した投手としての復帰が待たれる、大谷翔平選手をPICKUP

 

大谷翔平選手のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

名前 大谷翔平 (オオタニ ショウヘイ) Shohei Ohtani

出身地 岩手県奥州市

生年月日 1994年7月5日 (24歳)

身長 193cm

体重 90kg

ポジション 二刀流(投手・外野手・DH)

 

大谷翔平選手・2018シーズン投手編

 

世界のオオタニへ

Embed from Getty Images

2018年シーズンはメジャーリーグのアナハイムエンジェルに入団し、メジャーリーグに大旋風を巻き起こした大谷翔平選手。

 

そのプレー、存在にアメリカの全土が注目。

 

初登板で初勝利を挙げ、本拠地開幕戦でもホームランを放つなど大活躍。

 

開幕前の懐疑的だった周囲の声を吹き飛ばす活躍。

 

その投球はスラットした体型からは想像もできないパワーを生み、

 

投げては165キロの速球を投げ、キレのあるスライダーやスピリットを駆使してメジャー強打者をねじ伏せる。

Embed from Getty Images

大谷選手は投手としてもその才能みせつけた。

 

しかし強靭なパワーを生む力は右肘の大きな代償となっていた。

 

昨シーズンオフ、トミー・ジョン手術を行い、復帰が待たれる。

大谷翔平選手の特徴・凄さ (投手編) 復帰は2020年か!?

スケールアップして帰ってくる

 

Embed from Getty Images

 

トミージョン手術後、大谷投手はどうパワーアップして戻ってくるだろうか。

 

大谷翔平選手は投手として最大の魅力スピードボールが魅力。言うまでもないですがね笑。

メジャー一年目は最速163kmのストレート、変化球もスライダー、スピリットなどのキレもいい。投手として生命線。

昨シーズンのピッチングでは特にスピリットが際立っていた大谷投手のピッチングの支えていたになっていたといってもいい。

アメリカではあまりスピリット投げるピッチャーが少ない。どちらかといえばチェンジアップが主流であり、スピリットは肘の負担が大きいとされている。日本人選手はスピリット、いわゆるフォークボールを投げる投手が多い為、アメリカでは有効になっている現実もあるが、大谷投手のスピリットは冴えわたっていた。

 

大谷選手の魅力はそのストレートであるか課題もそのストレートである。

しかしスピリットに頼らなければならない理由として大谷投手が投げるストレートに課題かもしれない。

大谷選手のストレートは確かに速いが、キレがあるとは正直言えない。ストレート回転がメジャー平均より低く、打者として打ちやすい状況。ただ速いだけではメジャーの強打者には対応されてしまう。

日本では甘くはいればヒットで済むが、メジューではそうはいかない。ボールが甘く入れば、確実にホームランにされしまうレベルの高さ。

大谷投手もストレートが甘く入り、ホームランにされた場面は日本よりはやはり多かった。大谷投手がストレートが速いピッチャーだと認識がある分、打者もストレートを意識していることもあるだろうが、大谷投手の投げるストレートは確かにテレビ越しで見てても速いボールだが軽いように見える。

大谷翔平投手は193cmと長身である。手足が長い分、末端気味の投げる投球フォームなだけに力の連動が悪い可能性がある。大谷翔平選手もダルビッシュのようにコアを意識したフォームになってくればストレートの質も上がろうだろう。ダルビッシュ投手も復帰してのストレートの質は格段に球威も良くなり、球速も上がっている。

大谷投手は投球フォームの課題を復帰まで改善してくるはず。そして、圧倒的なストレートを手に入れて帰ってくる。

Embed from Getty Images

投手としては2020年に復帰すると予想されているが、それまで自分自身投手として何が足りないかは、見つめ直す機会になるだろう。大谷選手はクレバーで自分の立ち位置、課題をしっかり理解しているだろう。

ただでさえ十分すごい選手なのに、飽くなき向上心はアスリートとして素晴らしい限りだ。

 

間違いなくとてつもない投手に。期待して待っていましょう。

大谷翔平投手はサイ・ヤング賞候補!?

 

メジャー最高の投手へ

Embed from Getty Images

大谷翔平選手は歴史に残るスター選手。メジャーリーグの中でも大谷翔平選手ほどの才能を持った選手はいないと言われている。

今シーズンは打者としてプレーに専念するが、果たしてどんな成績を残すか楽しみであるが、打者としてフルシーズン出場した場合、とてつもない成績を残せるだけの才能を持っているだけに今シーズンの大谷翔平選手は気になるところだ。40本近く打つのではないかと言われている。末恐ろしい才能の持ち主。

 

そして投手としても最高のポテンシャルの持ち主。

Embed from Getty Images

投手として復帰し、怪我なくプロシーズ臨むことができればメジャー最高投手に送られる、サイ・ヤング賞を狙える選手だ。

ましてや復帰後サイ・ヤング賞を受賞する可能性だってある。

 

才能の伝説的にやばいだろう。

 

投手復帰するときには圧倒的なパフォーマンスを見てせくれるだろうか。

 

大谷翔平選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

Embed from Getty Images

大谷翔平選手がさらなる進化を遂げたとき、どれもたどり着けない領域となる。

 

そして二刀流としてさらなる進化。

 

大谷翔平、完全態となる。

 

その時、我々は伝説をこの目で見ることになる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です