サッカー

南野拓実(リバプール)の経歴 高校・年俸・海外の反応

 

日本サッカー界の顔となった男

 

南野拓実

 

2020年からプレミアリーグの強豪リバプールに、

 

移籍を実現させたサッカー日本代表。

 

世界最高のクラブへの入団には海外の反応にも注目。

 

そして、そんな世界一のクラブで輝きを放つことができるか。

 

そんな現在注目の日本人フットボーラーの気になる経歴。

 

今回はサッカー日本代表の南野拓実選手の出身地、

 

中学・高校、そして年俸やリバプール移籍の海外の反応をPICKUP!!

 

南野拓実選手のWiki的プロフィール

名前 南野拓実 (みなみの たくみ) Takumi Minamino

出身地 大阪府泉佐野市

生年月日 1995年1月16日(25歳)

身長 175cm

体重 67kg

ポジション MF・FW (ミッドフィルダー・フォワード)

南野拓実(リバプール)の経歴 高校・年俸・海外の反応

 

https://images.app.goo.gl/A8EAz2PUWkSMji7F9

 

世界一のクラブでさらなる飛躍を目指す

 

日本が誇る若きフットボーラー

 

南野拓実

 

2020年、昨シーズン、CLを制した世界一のクラブ、

 

イングランドの強豪、リバプールへの移籍が実現。

 

2010年代以降、日本人がビッククラブへの入団することは増えてきたとはいえ、日本人が世界一のクラブに入団するという日本人としては本当に誇らしいこと。

 

日本サッカー界の成長を感じているが、現在の彼の活躍には素晴らしい。

 

今回の世界最高のリーグ、世界最高のクラブで

 

輝くをことを目指す、南野拓実選手の挑戦に期待。

 

今回はリバプールへの移籍が実現した南野拓実選手を経歴、

 

年俸・海外の反応などをPICKUPしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

南野拓実選手ってどんな選手?? 中学・高校・プロキャリア

 

出身高校はどこ??

 

https://images.app.goo.gl/TdLB37jzuC6ZSkVV6

 

南野拓実選手の出身は大阪府泉佐野市。

 

小学生時代は大阪府の熊取待ちで活動しているゼっセルFCでプレー。

 

(当時にチームメートには室屋成も在籍しており、室屋選手とは幼馴染でも有名)

 

出身中学は泉佐野市第三中学校。

 

南野選手は中学入学と同時にセレッソ大阪のジュニアユースでプレー。

 

中学3年生の時には全国クラブユースサッカー選手権でベスト8、得点王。

 

その後、中学卒業はセレッソのジュニアユースからユースへ昇格。

 

気にになる南野拓実選手の出身高校であるが、

 

大阪府の天王寺区寺田町にある私立である興國高校。

 

南野選手はセレッソの下部組織に所属していたこともあり、高校の部活には所属しておりませんが、興國高校はサッカーの強豪校のようですね。

ちなみに興國高校は男子高のようですね。

 

高校卒業を待たずに201317歳でセレッソ大阪のトップチームに昇格し、

 

当時から高校生とは思えない物怖じしない強気なプレーをみせ、非凡さ才能を遺憾無く発揮。

 

世代別日本代表でも10番を背負うなど、当時から逸材として大活躍。

 

ルーキーイヤーでカップ戦を含めて、38試合8得点をマークし、

 

Jリーグヤングプレーヤー賞を受賞。

 

2015年に21歳でオーストリアのザルツブルグに移籍し、チームの主力として活躍。

 

4年間で136試合で42得点。

 

そして、20201月にプレミアの強豪、リバプールへ移籍。

 

ノリに乗っているサッカー日本代表。

 

現在の活躍は日本のエースといっても過言ではない。

 

2022年カタール大会では日本の主役になれる存在だ。

 

 

スポンサーリンク

南野拓実 フットボーラーとしての年俸

 

https://images.app.goo.gl/JYg2kTGboP5dTNfB9

 

憧れのプレミアリーグの地に立った南野選手。

 

世界最高のリーグの一つでもある環境でプレーできるのは、フットボーラーとして最高の瞬間を味わっていること。

 

今後、日本サッカー界を引っ張っていく存在である南野選手であるが、やはり気になるのが、フットボーラーとしてのサラリー。

 

南野選手の年俸、これまでの年俸推移はどんな感じなのでしょうか。

 

南野選手がプロキャリアをスターとしたのが2012年。

 

当時はまだ高校生で17歳で年俸は約360万円でプロキャリアをスタート。

 

セレッソ大阪時代の年俸。

 

2012年、年俸約360万円。

2013年、年俸約360万円。

2014年、年俸約1000万円。

 

2015年にオーストリアリーグ、ザルツブルグへ移籍。

 

セレッソからの移籍金は約120万ユーロ。(日本円17280万円)

 

ザルツブルグ時代の年俸。

 

2015年、年俸約2000万円。

2016年、年俸3000万円。

2017年、年俸5800万円。

2018年・2019年は約1億3000万円。(2018年から3年契約を締結)。

 

17歳から着実にサッカー選手としての地位を確立し、もちろんサッカー選手としての評価でもある年俸面でもJリーグ時代から着実にアップしていますね。

 

今回移籍したリバプールでの年俸はまだ定かではありませんが、

 

世界最高のリーグでプレーするまでに成長しただけに、リバプールでの年俸も倍レベルでアップしていることでしょう。

 

リバプールとの契約は2024までの4年契約。

 

世界一のクラブで活躍できれば、これまで以上のサラリー(年俸)を手にし、

 

世界屈指のフットボーラーとしての地位を確立して欲しいところですね。

 

貪欲に上を目指して欲しい。

 

 

 

スポンサーリンク

リバプール移籍での海外の反応

 

https://images.app.goo.gl/a3NNSdfpETgyiXWu6

 

今回は南野選手のリバプールへの移籍には日本でも大注目となった。

 

それだけ南野選手のリバプール加入はすごいことであり、

 

前述させていただきましたが、日本人が世界最高のクラブへ入団を果たすということはそんな時代が来たもんだとサッカーファンにとっては最高の瞬間である。

 

過去に香川真司選手がマンチェスター・ユナイテッドへの入団した際も同様の喜びがあったが、

 

今回の移籍劇もサッカーファンにとってはたまらないもの。

 

世界最高のクラブに入団した南野拓実選手だが、

 

今回の移籍は高い評価が受けていたからこであり、海外の反応も素晴らしいものになっている。

 

リバプールは南野選手がC大阪時代から興味を示しており、当時からリバプールのスカウトを派遣していた経緯もあるとのことで、

 

プロキャリアをスタートした17歳からJリーグで非凡な才能を発揮し、

 

セレッソ時代はマンUとの親善時代で華麗なシュートを決めるなど、当時から世界が注目を浴びることは確かにあった。

 

そして、ザルツブルグへ移籍後もその活躍を見守り続けて来た。

 

当時からリバプールは南野選手がもつ才能に気づいていたということでしょう。

 

決め手となったCLでのゴール

 

https://images.app.goo.gl/UWvqiravfiN3Y9sY6

 

今季のCLグループリーグでのアンフィールドでの活躍により、

 

南野選手がリバプール移籍が本格化し、今回の移籍が実現。

 

その試合はザルツブルグは敗れたものの、CLでの1ゴール1アシストという結果により、現地ファンのみならずメディアを含めて、海外の反応も大絶賛。

 

特にリバプールファンから獲得を進言されるほど、その評価は以上なまでに高く、海外からの反応はすさまじいものであった。

 

ましてはリバプール内でも南野選手の獲得を進言するような報道もあるほどであった。

 

南野選手自身もザルツブルグからのステップを目指していたものの、なかなか移籍を果たすことができずにいたが、

 

昨年のCLでの活躍で一気に、評価をあげ、南野選手自身の目標であったリバプール移籍を己の実力で掴んで見せた。

 

ザルツブルグは若くて才能のある選手が集まりクラブで活躍後、他クラブへ移籍し、ビックラブへ羽ばたく流れはあったが、

 

南野選手のリバプール移籍はザルツブルグから直接ビッククラブへ移籍するのは初めてということで、日本だけではなく、海外からも高い評価を受けていたのは間違いない。

 

リバプールは南野選手の獲得はマーケティング観点からもプラスの面しかないだろう。

 

日本企業がスポンサーになれば、チームも潤いだけに、今回の南野選手の移籍はクラブ全体を見せても、価値のある移籍と言えるだろう。

 

5日のFAカップで先発デビューを果たし、

 

ゴールなど、目に見えた結果は残せなかったが、南野選手のプレーにはイギリスメディアも悪くない評価をしている。

 

チームに合流して間もないことを考えれば、十分。

 

今回のリバプール移籍は即戦力としてではなく、今後の将来性を見込んだ移籍。

 

複数のポジションでプレーでき、

 

リバプールの戦術にもフィットするプレースタイル。

 

今回の移籍劇について海外の反応、そしてくロップを含めて、

 

チーム内からも高い評価を受けているだけに、

 

これから徐々にチームの馴染んで、結果で示してくれることだろう。

 

世界一のクラブで輝きを見せるか。

 

 

 

南野拓実 ポジション・プレースタイルをPICKUP!! 日本エース候補のポジションは?? どんなプレースタイル?? 昨年、サッカー日本代表新体制から 日本代...

スポンサーリンク

南野拓実選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

世界最高のクラブ、リバプールでの活躍が期待される南野選手。

 

セレッソ時代から期待のホープとして注目を浴び、

 

海外へ移籍し、地道に結果で示してきたからこそ、

 

世界最高のクラブに評価される選手に成長。

 

現在は日本屈指のフットボーラーとなった。

 

今後の活躍に期待。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です