レジェンドプレーヤー(プロ野球)

松井稼頭央 メジャー時代の成績は?? 大きかったメジャーの壁

 

球界最高のショートのメジャー時代の成績は??

 

昨年、現役を引退したレジェンド。

 

松井稼頭央

 

球界最高の身体能力からの華麗なプレーでファンを魅了した

 

日本球界最高の選手の一人で。

 

現役時代、挑戦したメジャーリーグは

 

彼の現役生活の中で、もっと試練の日々。

 

大きかったメジャーの壁。

 

今回は松井稼頭央選手のメジャー時代の成績、活躍ぶりをPICKUP!!

 

松井稼頭央選手のWIki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/k8hbwNafkrFS7wFj6

名前 松井稼頭央 (まつい かずお) 本名 和夫

出身地 大阪府東大阪市

生年月日 1975年10月23日(43歳)

身長 177cm

体重 85kg

ポジション ショート

松井稼頭央 メジャー時代の成績は?? 大きかったメジャーの壁

 

球界最高の身体能力が挑んだメジャー挑戦

 

https://images.app.goo.gl/NtPM5d6ndfcENAse6

 

日本プロ野球史上最高のショート

 

松井稼頭央

 

現役時代の華麗なプレー、しなやかで身体能力を生かしたプレーは

 

数多くの野球を虜にし、野球少年の憧れを集めたスター選手。

 

昨年現役を引退を表明し、日米で活躍し、25年間という現役生活に幕を閉じた。

 

日本プロ野球の残る最高の選手の一人でもあるが、

スポンサーリンク
 

今回は松井稼頭央氏のメジャー時代の成績や活躍ぶりPICKUP!!

 

松井稼頭央選手は2003年にメジャーリーグへ挑戦を表明するのだが、挑戦までの活躍を少しばかり、振り返っていきましょう。


大きかったメジャーの壁

 

https://images.app.goo.gl/t1hj66jGrNr3CzPY7

 

松井稼頭央選手は94年にプロの世界へ。

 

プロ入り3年目にレギュラーを定着し、

 

ライオンズのリードオフマンとして大ブレイク。

 

https://images.app.goo.gl/aoa1VkhPP9687d1B8

持ち味の球界屈指と称された身体能力で華麗なプレーで、一気にスターダムに。

 

プロ入り後、ライオンズの攻守の要として大活躍。

 

https://images.app.goo.gl/y82LP7Tv11D71kSB9

 

松井稼頭央選手は2003年のオフにFA権を行使して、メジャーリーグ挑戦を表明。

 

メジャーリーグからの松井選手に対しての評価はとても高いものであった。

 

松井選手がメジャーリーグから高評価を獲得したのが96年の日米野球。

 

メジャーリーガーに比べて小柄であるが、

 

https://images.app.goo.gl/7b4TeSgn82VSdJni9

抜群の身体能力を生かしたプレーで際立つ存在。

当時の日米野球での活躍は素晴らしいもので、メジャー関係者からの同時に出場していたイチロー選手、松井秀喜選手とともに松井稼頭央選手は高評価を獲得。

 

メジャーリーガー達から松井秀喜をゴジラ・マツイ、

 

そして松井稼頭央選手に対しては、リトル・マツイ。と呼ばれ、

 

特にW松井対する評価は高いものであり、当時の日米野球のメジャーチーむを率いた監督からも、連れて帰れりたいのははゴジラ、そしてリトルと言われてるほど。

 

メジャー移籍前から選手としての可能性を高く評価されていた松井稼頭央選手。

 

その後も年々、選手として飛躍を遂げ、

 

https://images.app.goo.gl/7b4TeSgn82VSdJni9

球界の屈指のリードオフマンから、球界屈指の強打者へと成長。

 

そして松井稼頭央選手メジャーでの評価をさらにあげたのが、

 

2002年に開催された日米野球。

 

2002年の松井稼頭央選手は打率.332 36本塁打 33盗塁をマーク。

 

スイッチヒッター初のトリプルスリーを達成した年でもあり、

 

https://images.app.goo.gl/4GrkU1jmeAvJ3bpv6

松井稼頭央選手自身の最高のシーズン。

 

そんな年に開催された日米野球で大暴れ。

 

1試合で両打席でホームランを放ちなど,圧巻のパフォーマンス。

 

メジャー選手を唸らされる活躍ぶり。

 

https://images.app.goo.gl/mtAYLrpYN3MDU64X6

メジャー相手に2ホーマーを叩き込み、それまで高かった評価をさらに上げることに。

スポンサーリンク
 

2002年日米野球はオフに松井秀喜選手がメジャーリーグ挑戦を表明しており、

 

当初の注目は当然、日本最高の長距離砲となっていた松井秀喜。

 

しかし日米野球の活躍で走攻守でハイレベルのパフォーマンスを見せる松井稼頭央選手の方は評価を獲得するという、

 

それだけ際立った活躍をし、メジャー大注目の日本人選手へ。

 

https://images.app.goo.gl/hJoyzZ1rN2EVrxTP8

松井稼頭央選手がメジャー挑戦になれば、争奪戦になると言われるほど。

 

そして翌2003年のオフ、松井稼頭央選手はメジャーリーグ挑戦を表明。

 

そしてニューヨーク・メッツに移籍。

 

https://images.app.goo.gl/YePmAoVhfWjoC2FZ8

リトル松井のメジャー挑戦はアメリカでも話題となった。

 

移籍したメッツは最大限の待遇で松井稼頭央選手を出迎えた。

 

メッツはショートの定位置には若手有望株の、のちにメジャーを代表する選手になるホゼ・レイエス選手をセカンドにコンバートしてまで松井選手を獲得に動いた。

 

https://images.app.goo.gl/fpYBBzQwpcTdZY527

それだけ松井稼頭央という選手はメジャーでプレー前から全米を席巻していた。

 

それだけ盛り上がりを見せていたのはやはり偉大な二人の存在があったこともある。

 

イチローと松井秀喜という日本最高の選手二人がメジャーを席巻。

 

https://images.app.goo.gl/hvrqCkVgj653Gw949

 

2001年にイチロー選手がメジャー挑戦。シアトル・マリナーズ一年目から大活躍。

 

リーグMVP、首位打者、盗塁王、ゴールドグラブなど、

 

タイトルを総ナメし、アメリカの衝撃を与え、

 

そして2003年に松井秀喜選手がニューヨーク・ヤンキースへ移籍。

 

ヤンキースの主力として勝負強い打撃でチームを牽引し

 

ワールドシリーズに導くなど大活躍。

 

 

その経緯もあり、日本人野手への評価は高騰。

 

日本から次にどんな選手が来るのか特集が組まれるほどであった。

 

そして松井稼頭央選手は日本人野手初のメジャーリーガーとして挑むこともあり、

 

Embed from Getty Images

 

日本人初の内野手がメジャーの舞台でどんな素晴らしい活躍をしてくれるだろうと期待値が高いものであった。

スポンサーリンク
 

そして迎えて2004年シーズン。

 

オープン戦では低調なパフォーマンスであったが、シーズンに入り、

 

Embed from Getty Images

 

松井稼頭央選手はいきなりメジャーに衝撃を与えるパフォーマンスを見せる。

 

敵地、アトランタで迎えたメジャー開幕戦。

 

一番ショートで出場した松井稼選手。

 

初打席初球ホームランをセンターに叩き込み、衝撃メジャーデビュー。

 

https://images.app.goo.gl/v2ET89cys5ojYCtv7

メジャーのルーキーが初打席初球ホームランはMLB史上14人目であるが、開幕戦では史上初。開幕戦で大暴れし、猛打賞をマーク。

 

衝撃的なメジャーリーグに全米が驚いていた。

 

https://images.app.goo.gl/mbF4CvQj3cr6xtHH6

また日本からすごい選手が来たぞ!!と絶賛の嵐。

 

これからシーズンでどんな活躍をしてくれるのか期待は高まる一方であったが・・・・・。

 

https://images.app.goo.gl/BXesF1K4PSUBcsVK6

 

しかし、ここから松井稼頭央選手は苦戦し、メジャーでの試練の日々を迎える。

 

4月開幕から好調を見せたものの、

 

徐々にメジャー特有のストライクゾーンや攻め方に苦戦。

 

開幕戦で見せたような打撃ができず、打率も急降下。

 

特に外角のボールに苦戦。引っ掛けるバッティングを繰り返してしまい打撃不振に。

 

特にメジャーで松井稼頭央選手を苦しめたのが守備。

 

https://images.app.goo.gl/qjWuDb88KsUhUAyQ8

守備に定評があったショートの守備でもエラーを連発

 

ライオンズ時代は西武ドームが人工芝。そしてメッツのシェイスタジアムは天然芝。

 

今までと違う環境での守備機会もあり、持ち味の身体能力、そして強肩を生かすことができず守備面でも苦戦を強いられていた。

 

徐々に復調を見せる場面もあったが、

 

7月のヤンキースとのサブウェイシリーズでは2本ホームランを放ちなど、

 

初めてのメジャーの舞台で片鱗ぶりは見せたものの、その後もシーズン通して苦戦。

 

https://images.app.goo.gl/oUWBuDSJ3wZPbWkRA

日本時代のような打撃はできず。

 

そして8月には腰を痛め、戦線離脱。

 

メジャー挑戦1年目は、

 

114試合で、打率272 7本塁打、そして持ち味の俊足も生かせず17盗塁

 

松井稼頭央選手のメジャー1年目は不本意なシーズンとなり、また期待された活躍ができなった。

 

翌2005年は前年の怪我や苦戦したことにより、奮起を目指し挑んだ2005年シーズンであったが、

 

開幕戦で初打席でホームランを放つなど、

 

https://images.app.goo.gl/DR2W9ojjFBEvsfoY6

今シーズンは一味違う活躍を予感せるパフォーマンスであったが、再び怪我に戦線離脱。

 

そして復帰後も再び、度重なる怪我により、

 

定位置として与えられていたショートのポジションを剥奪。

 

セカンドにコンバートされるなど、

 

https://images.app.goo.gl/noo3ttuQcBhq1h449

メジャー2年目は成績もルーキーイヤーを下回るなど、再び苦しいシーズンとなった。

スポンサーリンク
 

メジャー3年目、2006年シーズンもオープン戦から怪我でマイナースタート。

 

復帰戦でホームランを放つも、打撃不振に陥り、打率.200

 

https://images.app.goo.gl/4md9Yg47henkWtiu6

メジャー移籍後、日本時代のようなプレーができず、輝きを失ってしまっていた・・・

 

そんな松井稼頭央選手への評価は年々厳しいものとなり、

 

翌年2007年はロッキーズにトレード。

 

https://images.app.goo.gl/RMxXnwi9bQP9mF9d8

メッツでの日々は期待された活躍ができなかった。

 

メッツの本拠地ではブーイングが起こるなど、辛口なニューヨーカーをうならせる活躍ができず、

 

そして怪我に泣かされ、初めてメジャーの舞台であったメッツでは苦しい日々となった。

 

ロッキーズ移籍後はマイナーでプレーとなり、

 

https://images.app.goo.gl/vw2eSmZXDPuzUqqJA

日本時代の輝かしい活躍は何処へやらという存在にまでなっていたが、

 

しかし松井稼頭央選手はマイナーという環境に腐らず、

 

ストイックに野球と向き合い続け、シーズン終盤にメジャー復帰。

 

出場32試合で、打率345 2本塁打 19打点 8盗塁をマークし、

 

https://images.app.goo.gl/PK32dEaiJxTjBrmA9

初めてメジャーでらしさを発揮。

 

翌2007年は怪我で出遅れるものの復帰後はロッキーズの2番打者として攻守に活躍。

 

ロッキーズの快進撃の立役者として活躍し、ワールドシリーズに出場。

 

ワールドシリーズでは日本時代のチームメート、松坂大輔投手とメジャーの舞台で初対決。

 

https://images.app.goo.gl/ZaZ7sQQ2GhttgmRKA

ワールドシリーズ日本人対決を実現。

 

ワールドシリーズ制覇とはならなかったが、

 

2007年は出場試合が104試合であったが,いぶし銀の活躍。

 

https://images.app.goo.gl/6cfVPKcati3VnnX19

二塁の守備は安定し、ロッキーズの攻守の要として存在感を発揮するまでに。

 

2007年はワールドシリーズを経験するなど、メジャーで素晴らしい経験をした。

 

https://images.app.goo.gl/aUfSnXkSgV5td9BPA

 

しかしながら、松井稼頭央選手のメジャー時代は怪我との戦いであった。

 

2007年のオフにFAとなりヒューストン・アストロズに移籍するも、

 

移籍一年目から怪我。

 

アストロズ1年目2008年は打率.293

 

そして2009年は123試合に出場するもこの年も怪我、

 

日米通算2000本安打達成するも、シーズン打率.250と低迷。

 

https://images.app.goo.gl/pi4CAWpHCorUAkT16

翌年2009年もこれまでの度重なる怪我により、チーム内での評価を獲得できず。

 

出場機会が限定。そして、シーズン途中に戦力外。

 

https://images.app.goo.gl/svx1xUuibruK8PHV6

その後古巣のロッキーズとマイナー契約を結ぶものの、メジャー復帰はできず。

スポンサーリンク
 

その年のオフに日本球界復帰。

 

日本最高のショートストップはメジャーの舞台で、その片鱗ぶりも見せることもできず。また度重なる怪我により、メジャーの環境に苦戦。

 

メジャー7年間の成績は、

 

630試合 打数2302 安打615本 打率.267 32本塁打 211打点 102盗塁

 

と物足りないものであった。

 

正直、松井稼頭央選手のメジャーで活躍できなかったのは予想外であった。

 

日本時代の松井稼頭央は誰よりもメジャー関係者をうならせたこともあり、全く活躍していないわけだはないが、

 

毎年のように怪我を繰り返し故障者リスト入りしたのは痛かった。

 

当初ショートの守備からコンバートしたセカンドでも存在感を示したが、打撃も期待はずれ。

 

メジャー7年間は寂しいものとなった。

 

松井稼頭央選手が挑んだメジャーでは特に守備で苦戦。

 

https://images.app.goo.gl/PCiipW2bqxBeNgpZ8

日本時代は華麗な守備、とずば抜けた身体能力、


そして強肩で守備でも輝きを放っていた松井稼頭央選手であったが・・・。

 

メジャーではその面影はなかった。

 

メジャーの内野はあたりも強く、スライディングでの交錯も多い。

 

https://images.app.goo.gl/8MzXDUxHDaGsu5Ke9

 

持ち味の守備も激しいボディーコンタクトが強いられることもあり、

 

怪我のきっかけになっていた。

 

その影響もあり、華麗さが魅力だった守備では萎縮し、エラーを連発していた印象。

 

日本では球界最高と言われた身体能力の持ち主。

 

https://images.app.goo.gl/DKgoRbtFxug3uiC68

しかしメジャーリーグの舞台では松井選手は平均以下という現実が待っていた。

 

松井選手を超える身体能力を持った選手はゴロゴロいた。

 

特にメジャーのショートは身体能力に特化したものが与えられるポジション。

 

https://images.app.goo.gl/pFwNDWCjhgcNV6rY8

そう、バケモノレベルしかいないのがメジャーの内野。

 

そんなバケモノだらけのポジションで松井選手はメジャーで、

 

実力を発揮することすらできなかった。

 

やはり度重なる怪我により、そしてメジャーへの入団の経緯の高評価が、

 

https://images.app.goo.gl/CV4xPnWY9MEXCrPo6

松井選手にプレッシャーとしてのしかかっていたのかもしれない。

 

そして、打撃でも日本時代のような活躍をメジャーで見せることはできなかった。

 

https://images.app.goo.gl/vw2eSmZXDPuzUqqJA

特に苦戦していた守備での影響は打撃にも大きな影響を与えていた。

スポンサーリンク
 

メジャー移籍前の長打力を増したライオンズ時代のような姿はなく、

 

https://images.app.goo.gl/4WVVoRzqQnj3WoNG9

2002年には36本塁打を放ち、これからどんな選手になっていくのかと思っていたが、メジャーでは二桁本塁打も打つことができなかった。

 

しかしながら、松井稼頭央選手は、

 

メジャー挑戦で自分自身を知る機会となっていると語っている。

 

https://images.app.goo.gl/a8oL91T2NV7Eq4f79

メジャー挑戦で全てにおいて力不足を痛感し、メジャーに挑戦せずに日本にいたら、勘違いしたままであったと語っているだけに、

野球の最高峰の舞台をマジマジと体感したことのより、自分の本当の実力を知ったのだろうか。

 

メジャー移籍前の松井稼頭央選手は凄まじものがあっただけに、

 

https://images.app.goo.gl/HWtdkfctwBUCD1nY6

メジャーで活躍できなかったのは本当に予想外であった。

 

度重なる怪我は打撃にも影響を与え、日本時代のような猛打を見せることはできず。

 

それは日本復帰後も打撃はなりを潜めた。

 

楽天移籍後もライオンズ時代のような打撃はできず、平凡な選手となっていたことは寂しいものであった。

 

それだけメジャーリーグという環境はハード、身を削るほどの化け物が集まる環境。

 

それは松井稼頭央選手だけではない。

 

その後、挑戦した日本人内野手はメジャーの内野の中で日本時代のような活躍をしたものはいない。

 

https://images.app.goo.gl/sUPSzGVxdFTT5Z2x9

これまで数多くの日本人内野手がメジャーへ挑んでいるが、活躍したのは数年だけ。

 

ヤクルトで44本塁打を放つなど、球界屈指のスラッガーとして活躍した岩村明憲選手も

 

https://images.app.goo.gl/h1MRHPFNsk4HoVPv9

メジャー移籍後は自己最高が7本塁打と二桁すら打てなかったという事実。

スポンサーリンク
 

現在も日本人内野手がメジャーの舞台で大活躍した例はない。

 

それだけメジャーの内野で活躍するのは至難の技なのだ。

 

バケモノレベルの身体能力がなければ、務まらないポジション。

 

松井稼頭央という球界最高の身体能力を持った選手ですら、

 

https://images.app.goo.gl/SnJYLAkZ7GMwomaj8

通用しなかったという事実。

 

それだけ松井稼頭央という存在は日本球界では最高の最高を持った選手。

 

そんな選手が通用しなかったのだから。

 

メジャーリーグはすごいところであると再認識するきっかけになったが・・・・。

 

松井稼頭央選手は日本時代は球界の顔にまで成長していたほどの選手。

 

さらなる高みを目指し、挑んだメジャーの舞台。

 

そのメジャーでの日々は苦しいものであった。

 

しかし、己をレベルの高い環境に挑戦したいという気持ちは普通であろう。

 

自分の高みを目指し、挑んだことに意義がある。

 

松井稼頭央選手という存在は日本最高の選手であったことは変わりない。

 

これからも語り継がれる最高の選手だ。

 

https://images.app.goo.gl/d2jqqPvCMPQnRfzi6

しかし、怪我がなければもう少しやれたのではないかと・・・、考えてしまうのは事実・・・。

 

それだけ最高の才能を持った球界最高の選手であっただけに、

 

メジャー時代は寂しいものであった。

 

スポンサーリンク
 

松井稼頭央選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

球界最高のショート、松井稼頭央選手。

 

現役時代、さらなる高いを目指してのメジャー挑戦。

 

結果は怪我やメジャーの環境に適応できず、

 

活躍することはできなかったが、

 

挑んだ勇姿は忘れない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です