イチロー

イチローと野茂英雄 対戦成績は?? 偉大なる二人をPICKUP!!

 

メジャーリーグでの日本人の評価を上げた偉大な二人。

 

イチローさんと野茂英雄氏。

 

日米で数々の偉業を成し遂げてきた日本が誇るスター選手。

 

そんな偉大な二人の対戦成績は??

 

気になる方いるんじゃないですかw^^??

 

今回は、メジャーの道を切り開いたレジェンド、野茂英雄氏とイチローさんをPICKUP

 

イチローさんのWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/q3P4Cw8tPGje5jpq7

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県豊川市

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重 72kg

ポジション 外野手

野茂英雄氏のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/M6fwzMHcLUyRCWh56

名前 野茂英雄(のも ひでお)

出身地 大阪府大阪市港区

生年月日 1968年8月31日(50歳)

身長 188cm

体重 99キロ

ポジション ピッチャー

イチローと野茂英雄 対戦成績は?? 偉大なる二人!!

 

今回は日本が誇るべき偉大な二人、イチローさんと野茂英雄氏の特集。

 

https://images.app.goo.gl/yWYMd7nWegxLvGY48

二人が日本、メジャーリーグで残してきた足跡は今では伝説だ。

 

当時はまだ、メジャーリーグへの挑戦の前例は少なかった時代。

 

メジャーリーグは野球の最高峰のリーグ。

 

それは今変わらず普遍的なことで、野球をする者の憧れであり、

 

自然と世界最高のリーグに興味を持つのは普通なことなのではないでしょうか。

 

今や、メジャーリーグでも日本人の扱いが時代とともに変化。

 

特に2000年代に入り、日本人選手への扱いも変わってきましたよね。

スポンサーリンク
 

30年くらい前までは、メジャーリーグは雲の上の存在というか、

 

全くレベルが違うものというくらいでしたからね。

 

https://images.app.goo.gl/vR3EdoibMUwZKr8S6

当時の日米野球では日本人選手結構、コテンパンにやられていましたからねw

 

やはりメジャーリーグは選手の個人個人のスケールの大きさは今も昔も変わらず豪快。

 

そのプレーに魅了された。

 

https://images.app.goo.gl/1GWFRxrRQQDiAyij9

それも見たら、野球選手なら憧れを抱くのは普通なことでしょう。

 

現在はメジャーリーグには日本人選手がプレーするのは普通になり、

 

今やメジャーのチームの格を任せられるほど。

 

https://images.app.goo.gl/HJyg7DnjJZCDy75h9

それだけ日本人選手の実力も上がり、今や普通のことになりつつありますね。

 

昔はそんな感じではありませんでしたがwそれだけ時代ともにメジャーリーグのグローバル化が進んだことも要員としてあるわけで、

 

でも日本人がここまでメジャーリーグを身近にした存在がいるわけですよ!!

 

それは野茂英雄氏。

 

https://images.app.goo.gl/f2LkB8kjX17PvzNX8

野茂しこそ、メジャーの道を切り開いたパイオニア。

 

当時、メジャーリーグへの移籍ルートが確立されておらず、

 

それに当時はまだメジャーリーグと日本プロ野球には大きなレベルの差があった時代。

 

そんな大きな壁がある中、

 

当時、野茂氏は日本人最高の投手であり、

 

https://images.app.goo.gl/hZcxoEjkRpM3MX5g9

所属していた近鉄バファローズを任意退団し、マイナー契約でメジャーに挑戦。

 

当時は野茂氏への批判的な声、メジャーに通用するわけがないと否定的な声が多かった中、厳しい批判にも屈せず、我が道を行く野茂氏。

スポンサーリンク
 

マイナーから実力を示し、5月にメジャーに昇格。

 

https://images.app.goo.gl/DMhvBQXWAXWrd6ez5

豪華なフォーム、トルネード投法でメジャーの強打者たちをねじ伏せる投球。

 

メジャー挑戦1年目からオールスターゲームで先発に抜擢されるなど、

 

https://images.app.goo.gl/N595tU3usS5v3eat9

シーズン奪三振賞を獲得するなど、圧巻のパフォーマンス。

 

野茂フィーバー、トルネード旋風を巻き起こし、アメリカ全土を席巻。

 

当時、メジャーリーグは前年のストライキでワールドシリーズが中止になるなど、

 

ファン離れが加速していた時に、メジャーの人気回復に大きく貢献したと言われており、今でもメジャーリーグを救った存在として伝説的に存在として、その活躍が高く評価されている。

 

野茂氏本人は、

 

たまたま最初なだけだったと語っているが、

 

 

https://images.app.goo.gl/DCJ8FhcPsKr2gUtbA

たまたま野茂氏が最初だったとはいえ、野茂氏の実力等あったからこそ当時の状厳しい状況の中、道を切り開くことができたのではないでしょうか。

スポンサーリンク
 

その後、複数球団を渡り歩き、2度のノーヒットノーランを達成するなど、

 

https://images.app.goo.gl/yWYMd7nWegxLvGY48

その後の日本人選手のメジャーリーグ挑戦の礎を作った偉大なピッチャーだ。

 

野茂氏の活躍があったからこそ、その後の日本人投手が続々メジャーに挑戦。

 

長谷川滋利氏や吉井理人氏、木田優夫、そして大魔神佐々木主浩氏など、徐々に日本人のトップレベルの投手たちがメジャーに挑んでいく道を切り開いたのは,

 

間違いなく野茂氏の存在があったからこそ。

 

https://images.app.goo.gl/9Tr7L5fK6YKf7AXA7

今や、日本人投手の評価は高い。

 

メジャーのローテーションに一角を任せらる実力を日本人選手は示している。

 

その功績は計り知れない偉大なもの。

スポンサーリンク
 

 

そして、野茂氏がメジャー挑戦してから6年後、

 

日本人最初の野手での挑戦し、

 

メジャーでもスーパースターとして君臨したイチローさん。

 

https://images.app.goo.gl/5mSoNVJvgJRXqRoEA

日本で7連続首位打者を獲得し、メジャーリーグに挑戦。

 

メジャーリーグで日本人最高野手の実力を遺憾なく、発揮。

 

ユニークな野球スタイルでヒットを量産、そして走攻守で華麗なプレーを連発し、アメリカを席巻。

 

メジャー1年目からタイトルを総ナメ。リーグMVPを獲得するなど、

 

https://images.app.goo.gl/utnPwbYHASTBR6c77

日本人野手の実力を示してくれた。

 

イチローさんはその後も、メジャーのトップに君臨。

 

メジャーリーグでも大活躍をし、10年連続200安打、10年連続ゴールドグラブ、10年連続オールスターゲームに選出、

 

メジャー通算3000本安打達成するなど、

 

https://images.app.goo.gl/CFFTDMYWtVpGAqUW9

メジャーでも圧倒的な実力を発揮。野球最高峰の舞台でも大活躍した偉大なる選手。

 

イチローさんもメジャーで日本人野手の評価を上げた第一人者と言ってもいい。

 

同年にメジャー挑戦した新庄剛志氏もメッツで大活躍。

 

https://images.app.goo.gl/C9Z8xi5yCms3vHw67

その活躍ぶりを忘れてはならないが、

 

やはりイチローさんが野手として最初の挑戦であったからこそ、

 

間違いなくメジャーリーグを身近な存在にしたことは間違いない。

 

その後は松井秀喜氏、井口資仁、城島健司、福留孝介など、

 

https://images.app.goo.gl/7BRpAuRhjcMdjyA27

日本を代表する選手たちが続々メジャーに挑戦。

 

https://images.app.goo.gl/AtP1BuT1wgb97h8A8

やはり野茂さん、イチローさんや松井秀喜さんの活躍により、当時は日本人選手への評価がうなぎのぼり。日本人選手が高額な契約を勝ち取るまでに。

 

その環境を作ったのは間違いなく、野茂氏とイチローさんでしょう。

 

野茂氏がメジャーでの道を開き、イチローさんが日本人への評価を確立させたのだ。

スポンサーリンク
 

偉大な二人の日本人最高の選手。

 

この二人の功績は時がたてばたつほど、残してきた功績が際立ってくるでしょう。

 

そんな偉大な二人の対戦成績ですが・・・・・

 

だいぶ前置きが長くなってしましましたね。ていうか長すぎでしょw

 

いやいや、やっぱ書き出すと止まんなくなりますよね。好きなことって^^w。

 

メジャーで偉大な功績を残した二人は対戦機会はあまり多くはないんですよね。

 

野茂氏とイチローさんも初対決は、日本時代の93年。

 

https://images.app.goo.gl/Pv6TQstSkQphQNb2A

その初対決で、野茂さんからイチローさんはプロ初ホームラン。

 

まだブレークする前の年、登録名が鈴木一郎の時に放ったホームラン。当時は野茂氏は日本人最高の投手の人でしたら、
そんな投手からライトスタンドに豪快に振り抜いた一撃でした。

 

 

日本での対戦成績は13打数4安打、打率38厘というデータが残っていますが、

 

イチローさんが大ブレークした94年。翌年には95年には野茂氏はメジャーに挑戦。

 

1996年の日米野球の際に、メジャーリーガとなった野茂氏といイチローさんは対戦経験も。

 

https://images.app.goo.gl/Wty6k91wUiv4wwrj7

メジャーリーガーとなって凱旋。この時の対決はイチローさんがセンター前にヒット。イチローさんはこの日米野球で大活躍し、一躍メジャーでも注目の存在へ。

 

https://images.app.goo.gl/LGWCB2Z46jDYxvL89

イチローさん自身もこの96年の日米野球の経験によりメジャーリーグへの想いを膨らますことに。

 

その後舞台をメジャーに移しての2001年の5月。

 

イチローさんとパイオニア野茂氏のメジャーで初対決が実現。

 

初対決は、2打数ノーヒット。

 

https://images.app.goo.gl/1xt5hgfUP53fE8kT6

さらにイチロー氏へ背中にデッドボールなど、

 

https://images.app.goo.gl/7NpcnDtDQ53VBLiK8

当時は日本最高の選手同士の初対決に日本では大いに湧き、注目があつまりましたね。GW期間でしたらなおさらw.。初対決のシアトルへのツアーが組まれるほど。

 

その後も複数回対戦。

 

https://images.app.goo.gl/YXaNvimq5uqKZ3xy9

あまり対戦することは本当になかったですが、最後は2008年。

 

https://images.app.goo.gl/9JNBU3JKHns4pFus5

二人のメジャーリーグでの対戦成績は,

 

12打数4安打、打率.3331二塁打、1打点、1四球、1死球、2三振

 

対戦成績ではイチローさんが打っている印象ですが、対戦自体が自体が少ないんですよね。
やはりイチローさんが日本で活躍したすぐに野茂氏がメジャー挑戦していることもあり、

スポンサーリンク
 

対戦成績はイチローさんが勝っていますが・・・、あまり機会が少なかったのは残念。

 

そして2008年のオフに野茂英雄氏が現役引退を表明。

 

そして11年後、メジャーで数々の偉業を成し遂げ、イチローさんも2019年に現役引退。

 

接点がすくなかった二人。もう少し対戦する姿を見たかった・・。

 

しかし、日本人の道を切り開いた野茂氏。

 

https://images.app.goo.gl/bQkZQHexMeLYJXos9

そして日本人野手の基盤を作ったイチローさん。

 

https://images.app.goo.gl/LnKXYmpejqnMXUKt8

二人が残してきた功績はやはり計り知れない。

 

メジャーリーグを日本人にとって身近なものにしてくれたのは間違いない。

 

さらに、メジャーリーグの国際化が大きく貢献してくれたはずだ。

 

その偉大さはこれからもっと偉大なものになるはず。

 

https://images.app.goo.gl/1k4jtGGSnFVYBiyx5

 

偉大な二人。

 

スポンサーリンク
 

イチローさんと野茂英雄さんに関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

イチローさんと野茂英雄氏が残してきた功績。

 

偉大な二人の対戦成績はイチローさんに軍配していますが、

 

そんなことより!!、

 

二人が日本プロ野球への多大なる貢献は計り知れないもの。

 

本当に時代を彩った最高の選手でしたね。

 

そのこれまでの偉業はこれからも語り継がれるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です