ダルビッシュ有 日本時代は無双!! 日本ハムでの成績は脅威的!!




日本時代は完全無双すぎ。

マジですごかったな〜

ダルビッシュ有

マウンドでの圧倒的な存在感、

完璧なまでの投球術で日ハム時代は驚異的な成績を誇った、

2000年代最強エース。

今回はダルビッシュ有投手の日本時代、日ハムでの成績や活躍ぶりをPICKUP

ダルビッシュ投手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/4A6EnoLt1nvksBtY7

名前 ダルビッシュ有 (だるびっしゅ ゆう) Yu Darvish

出身地 大阪府羽曳野市

生年月日 1986年 8月16日 (32歳)

身長 196cm

体重 約100kg

ポジション 投手 (スターター)

ダルビッシュ 日本時代は無双!! 日本ハムでの成績は脅威的!!

https://images.app.goo.gl/yj8DfpenLhKReeUY7

日本時代はマジで無双

脅威的、いや、マジ神w

っていうくらいの圧倒的存在感。

ダルさん、マジ凄かったです!!

https://images.app.goo.gl/CsKcEKZyU3pVgrVr9

でもメジャーでは・・・・・・・・最近、どうしちゃったんすか!?って感じ。

いや、メジャー時代は今回はいいw、

とにかくすごかった日本時代。

2000年代、いや、平成最強のピッチャーといっても過言ではない。

https://images.app.goo.gl/rkw3ySCF2om6jDFdA

一人だけ、次元が違う感じでしたね。

マウンドに立つ姿はもうね、王様?

いや、ライオンのように。そして吠えまくる。

https://images.app.goo.gl/hkK1vhdMqFSVxMgz7

日本時代は吠えるアツキ魂の投手。最終年は髭を蓄えて、ワイルドな感じでしたからw見た目がすげーって意味じゃないですよW??

スポンサーリンク

成績がズバ抜けていて、もうね・・・、ダルさんの凄さをね、皆さんとやっぱり共有をと。

https://images.app.goo.gl/TPvuqvDEsYj3A9YcA

知って欲しいじゃないですか、ダルさんが日本時代がどんだけすごかったのかを。

そんな今回はダルさんの日本時代、日ハム時代をPICKUPしてますね。

https://images.app.goo.gl/yj8DfpenLhKReeUY7

ダルビッシュ有投手は、平成最強のスーパーエース。

北海道日本ハムファイターズに2004年のドラフト会議で入団。

甲子園のスターとして、鳴り物入りで入団。

https://images.app.goo.gl/44cVZb1qAkabX2vc7

高校時代ももちろん、才能の塊のような選手。

もっと言えば、中学時代から天才的な選手。

中学の時点140キロ後半のストレートを投げるほどの逸材。

そう、本物の天才なんですw。

スポンサーリンク

そんなダルビッシュ投手は、天才投手としてのプロ入り。

プロ1年目から注目の存在。

もちろんその注目度はもう・・・いろんな意味で注目されw,

当時二軍スタートであったダルさんはね、キャンプ中に・・・・・・まあ、いろいろあったわけですがw、この辺はまあみなさんご存知かと思いますので^^w

いろいろあったんですけど・・・・・w、

でも、ダルさんはやっぱりモノが違ったんですよ。

そんな最高の才能の持ち主は、高卒新人として早くも6月に一軍昇格。

初登板で8回まで完封という圧巻の投球を内容。

https://images.app.goo.gl/kKxx2KySnQgsLaLu7

高卒1年目の10代から、やはり待機の片鱗、大物ぶりを遺憾無く発揮。

日本ハム1年目は14試合登板し、5勝をマーク。1年目として上出来なほど。

やっぱダルさんなんですよねw

https://images.app.goo.gl/46vFkc66Uh1snDBi7
その気だるい感じで、本気で野球まだやってないでくらいの余裕というか、簡単に野球をやってのけるそのオーラから感じる天才ぶり。

しかし、そんな天才、ダルさんはプロ2年目がターニングポイントに。

プロ1年目5勝を挙げ、

https://images.app.goo.gl/QS6R53mExKNpgJry7

早くもローテンショの投手とに抜擢されるなど、期待が高まっていたが、

そんなダルさんにも試練が。

2月に右肩を痛めていたがらであったが、早くもローテンションを勝ち取るが、

思うような成績を残すことができない日々。

https://images.app.goo.gl/jQcMYb67QJ6sag2CA

やっぱ、俺天才だわっって感じのダルさんですが、伸び悩んでいる感じ。

まず3月のWBCに臨む日本代表とのプロ野球選抜チームの先発の際、

バリバリのメジャーのスーパースター、イチローさんに軽々とヒットを打たれ、鼻っぱしを折られ、

https://images.app.goo.gl/URN49JRKVZ4yoTkD7

お前なんか足したことないわい!!と貫禄、実力の違いをみせつけれ、

そこから、のちにダルさんは大物になるわけですが、

https://images.app.goo.gl/LWjtNWKGpLZAZZYt5

その後もマスター・イチローが所々、ダルさんの目の前に現れれ、立ちはだかるのです・・・

のちにダルビッシュ投手はイチローさんの引退の際に、感謝をしており、彼にとってイチローさんは指針になっていたのかな??

スポンサーリンク

そんなダルさんは開幕一軍、ローテンションを獲得するも、2月に痛め、

右肩の故障により、挑戦不足もありなかなか成績が残せず、波に乗れない日々。

5月に入っても、結果を出すことができず、

ダルさんはすごいのは、そこで自分に何が足りないか自問自答。

https://images.app.goo.gl/LWjtNWKGpLZAZZYt5


ここままだと平凡な投手のまま、現役生活が終わってしまうと早くも危機感を感じ、

ダルさんは自分自身40歳になって、一度神様に20歳に戻っていいよ、言われて、

戻った2度目の20歳にという設定にして真剣に野球に取り組むことに。

それまでプロ入りまでの20歳まであっという間じゃんと感じた事により、

ダルビッシュ投手は相当危機感を感じのだろう。

ダルさんは中学時代から天才的な選手。高校時代も全く練習していなく、もちろん当時は成長痛もあったこともあるが、

中学時代に投手としての技術的な能力は習得していたほどの天才ぶり。

しかし、プロ入りし、思うような成績を残すことができず、天才選手としてのプライドに
通用しない部分があったことに、

このままではいけないと感じたことが、

https://images.app.goo.gl/YPL41Hm8bBvCJo5s6

ダルビッシュ投手を変わるきっかけに。

そこから練習に対する姿勢、身体のコンディションやそしてサプリメントに関しても徹底するようになり、

人が変わったかのように見違えることになる。

6月から一気にパフォーマンスが向上。投球内容も見違えるほど、

元々のしなやかなに磨きがかかり、さらにトレーニング成果もあり、

https://images.app.goo.gl/zzSixAC5XzcVeDV78

投手としての完成度が増し、力強いストレート、切れ味鋭い変化球で快刀乱麻のピッチング。5月の最後の登板から負けなしの10連勝を果たすなど

スポンサーリンク

とどまる事を知らないダルさん。

天才選手が真剣になった時、覚醒をとげた。

一気に覚醒を遂げたダルさんはチームを日本シリーズに導き、ファイターズを44年ぶりの日本一に。

一躍、好成績を残し、一気にスターダムへ。

https://images.app.goo.gl/9SpXeQW4Ny9KRhXk8

そこからダルさんの快進撃が始まる。

2007年にはさらなる飛躍を遂げ、2007年は155敗防御率1.82 210奪三振をマークし、

圧巻の投球内容。

https://images.app.goo.gl/nJXNV6AfbAd7gyhr8

プロ2年目の後半も最高のパフォーマンスであったが、3年目はさらなる圧巻の投球。

初の開幕投手や、オフに行われた北京五輪の予選でもエースに指名されるなど。

https://images.app.goo.gl/u2LzZccRSGQ7trLj6

他を寄せ付けないほどのクオリティーを誇る投球内容は誰も彼を止めることができなくなっていたほど。

プロ入り3年目から手が付けられない投手へ。

https://images.app.goo.gl/FpEADwrpABT6DENK6

その後の活躍ぶりはさらなる飛躍を遂げ、圧倒的な存在へと成長するのだ。

どれを取ってもすごいのがダルビッシュ投手。

欠点のない、完璧なまでの投手に成長していた日本時代。

ストレートも変化球もマウンドさばきも。本当に最高の投手。

https://images.app.goo.gl/gxDTGfjiZehxsvrD8

そのパフォーマンスは年々凄みを増し、ブレークしたプロ2年目に魅せていたしなやかさでが際立ったフォームであったが、

徐々にトレーニングの成果により、身体的な強さを手に入れ、強さも手に入れていた。

そして日本最終年はこれまで以上にウエイトトレーニングに取り組み、10キロ増に成功し、

身体的な強さ、力強いパワーを手に入れ、出力をあげたダルビッシュ投手は、

しなやかだったフォームはパワーを手に入れ、少しばかりコンパクトなフォームに。

https://images.app.goo.gl/2vToZ7munwrgDN897

身体的なにも筋力が増したことにより、身体に中心を生かしたフォームで、軽く投げてもキレのあるボールを投げれるようになっていた。

そして、持ち味であるキレのあるストレートは驚異的なものへ

もちろんパワーアップしたダルさんのストレートはキレだけではなく、力強いストレートに磨きがかかっていた。

凄みを増すダルビッシュ投手。ストレートは唸り挙げ、そして強い。

https://images.app.goo.gl/iLrFcDiya7zHYwJRA

そして際立ったのはストレートだけではない。

変化球のキレも凄みを増し、キレキレ。

あらゆる変化球をキレ、曲がり幅全てにおいて完璧。

特にスライダーはブーメランのごとく、驚異的なキレで曲がりを誇っていた。

打者がのけぞるほどの変化球、そして剛球と化したストレート。

全てにおいてパーフェクト。

https://images.app.goo.gl/ZKhGe46Q9zrMhWiW8

完璧なまの投手へ変貌したダルビッシュ投手は、日本という枠に収まらないほどの存在へと成長していたのだ。

スポンサーリンク

天才が本気になり、爆発させた才能はもうとどまることを知らないポテンシャル。

急激なまでの成長曲線を描き、一気に日本最高の、いや、日本史上最高級の投手へとなった日本時代。

日ハム時代の成績は、

2005年 防御率3.53 55敗 2完投1完封 奪三振52  94.1

2006年 防御率2.89 125敗 3完投2完封 奪三振115 149.2

2007年 防御率1.82 155敗 12完投3完封 ★奪三振210  207.2

2008年 防御率1.88 164敗 10完投2完封 奪三振208  200.2

2009年 防御率1.73 155敗 8完投3完封 奪三振167  182.0

2010年 防御率★1.78 128敗 10完投2完封 奪三振222  202.0

2011年 防御率1.44 186敗 10完投6完封 奪三振276  232.0

成績はわかりやすいものだけん抜粋させていただきますが、

とにかく日本時代は凄まじい驚異的。

プロ入り2年目から、6年連続二桁勝利、

プロ野球史上初の5年連続防御率1点台、

シーズン15勝を4回、200奪三振4回、

投手として完璧なまでの成績を残し続けるレベルの違う存在であった。

特に日本最終年は凄まじいほど。

2011年は18勝、野茂英雄以来のシーズン250奪三振以上、日本史上初の5年連続防御率1点はやはり別次元。

https://images.app.goo.gl/ZKhGe46Q9zrMhWiW8

ひとりだけ群を抜いた存在。

ダルさんの日ハム時代はイチローさんの日本時代のような圧倒的感を誇っていた。

一人だけピンポン球を投げてんじゃないかなってくらいw

日本時代の通算 

167試合 93勝 38敗 55完投 投球回数 1268.1 奪三振1250 防御率 1.99

ダルビッシュ投手は日ハム時代7年間での93勝と驚異的。

25歳の時点で100勝に近い勝ち星をあげていたのだ。

https://images.app.goo.gl/jApb8tvXWgWccHuGA

ダルビッシュ投手は25歳でメジャー挑戦をするのだが、

スポンサーリンク

もし日本だけでプレーを続けていたらどんな成績を残しただろうか。

2007年から圧巻だった5年間だけで76勝。

30歳くらいまでには170勝をあげることになるほど。30代前で200勝を達成するほどの。

それだけ日本時代は驚異的な存在、成績を残していた。

アメリカに渡り、ここ数年は怪我に泣かされ、らしくないほどのダルさんの現在。

やはり日本時代を知っているものからすれば、本当にどうしたんでよ!!って感じ。

怪我でトミー・ジョン手術もあり、不本意なシーズンが続いているが、

私たちは知っている。

あなたは日本最高の投手であることを。

https://images.app.goo.gl/Zv6t3gqF1akNsEHv7

私たちは知っている。

ダルビッシュこそが最高の投手であること。

このまま、終わらない。

終わるはずがない。

日本時代のようなダルビッシュ投手をもう一度。

ダルビッシュ有投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本時代のダルビッシュ投手は無双。

日ハムでのパフォーマンスには凄まじさがあった。

それだけ驚異的なパフォーマンスを誇ったのだ。

だからこそ、メジャーで苦しんでいる彼を見ると、

寂しさを覚えてしまう。

日本時代の投球をまた見たいものだ。

それだけ、日本時代は最高で最強であった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする