今宮健太 甲子園で覚醒した高校時代はバケモノ!? 高校時代の成績は??




高校時代はバケモノと称されるほどの逸材。

今宮健太

現在は、日本を代表するショートですが、

高校通算62本塁打、そして投げてはMAX154キロ・・・。

そんな選手、なかなかいませんよ笑。

今回は福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の高校時代をPICKUP

今宮健太選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/iJrFm4iGKA8ZMziY6

名前 今宮健太 (いまみや けんた)

出身地 大分県別府市

生年月日 1991年7月15日(27歳)

身長 172cm

体重 76kg

ポジション ショート・サー

今宮健太選手 高校時代はバケモノ!? 覚醒した甲子園

異次元の身体能力

https://images.app.goo.gl/g9KuAYJagHKbyqkL7

ソフトバンクの堅守の要として、今や欠かせない選手に成長した今宮選手。

抜群の身体能力でプロ2年目から126試合、3年目からショートのレギュラーを獲得。

その後はホークスを広い守備範囲、そして抜群の強肩で幾度となくホークスを救ってきた、

日本屈指のショートストップに成長。

2013年から5年連続ゴールデングラブ獲得している名手だ。

https://images.app.goo.gl/sGst3XXBDwiTQXRGA

抜群のポテンシャル、アスリートとしてのアジリティーの高さはプロ野球選手として屈指といっても過言ではない。

プロ入り後は日本を代表するショートで守備の印象が強い今宮健太選手ですが、

高校時代はバケモノだったのはご存知でしたか??

高校時代は高校生屈指のスラッガーとして活躍し、九州ではスバ抜けた存在であったことは知っている方も多いですよね。

今宮健太は大分県の明豊高校出身。

高校入学からずば抜けた身体能力は他の選手も驚くほど。

高校一年生からレギュラーを獲得。

一年生の秋には打者として一番、投手としてエースの存在へ。

https://images.app.goo.gl/3kT1skDZPtu418Dk6

九州大会で決勝まで進出。決勝では完投勝利をあげ、チームを甲子園に導く活躍。

スポンサーリンク

今宮選手は、高校一年生から強豪、明豊高校の投打の要に成長。

https://images.app.goo.gl/kBTysakGGyCUZxsC7

その抜群の野球センスで一人で試合を作ってしまうほどの存在。

https://images.app.goo.gl/B3UqUVMQkueuGNrr7

選手として小柄な身体ながら、爆発力のある突出したポテンシャルを誇っていた。

今宮選手は全身バネできているような異次元の身体能力。

https://images.app.goo.gl/p47azomUGcFhdezn7

しかし、そんな高い群を抜いた素質の持ち主は、チームを九州大会や神宮大会、そして甲子園げ導くものの、いまひとつ上のレベルで勝つことができない状態が続き、

高校生としては他の選手より優れた才能の持ち主手もあったのにも関わらず、高校2年間は今一つの印象に残る活躍ができていなかった。

https://images.app.goo.gl/RVEartwAQo7x4p2S8

ずば抜けた素質がある一方、才能ある選手にありがちな、自由気ままなスタイルで怠慢なプレーが目立つ選手でもあったという。

しかし、そんな今宮選手はある選手に出会ったことにより覚醒するんですよね。

それは花巻東高校の現シアトル・マリナーズ所属の菊池雄星投手。

https://images.app.goo.gl/JS9DF51pS43J81Vs7

高校2年生の春の甲子園センバツ大会に出場した今宮選手は、2回戦で花巻東高校と対戦。

https://images.app.goo.gl/v2hR5xDCuVHuXrm96

当時から高校生屈指のサウスポーとして注目の存在であった菊池投手に、ねじ伏せられ、完封負け。

スポンサーリンク

今宮選手は九州ではバケモノと言われた選手。

https://images.app.goo.gl/MRxPtvLB2UWeXMSTA

そのバケモノがメジャーも注目するバケモノにコテンパンにやられてしまう。

今宮選手は対戦した菊池投手について、「ストレートが来ると100%わかっていても打てなかった」と・・・完敗であった。

そこから今宮選手に火がつくことに。

負けた日から今宮選手の頭の中には打倒、菊池雄星。

https://images.app.goo.gl/rpaue1agHCaiYWsw5

菊池雄星攻略に向けた練習に明け暮れ、特訓の日々を送る今宮選手。

菊池投手の150キロ超えるストレートを捉えるため、高いミート力をつける打撃力を習得を目指し、猛練習。

高校生として群を抜いていた身体能力に磨きがかかり、

打倒、菊池に燃えた猛練習がバケモノだった今宮選手をさらなるバケモノへと成長させることに。

敗戦からの四ヶ月の間にホームラン量産。

高いミート力とリストの強い打撃、そして身体能力を生かした打撃力に磨きがかかり、高校3年間の通算ホームランの約半分の32本を放ち、量産。

並の選手たちでは手がつけられない選手へと覚醒。

https://images.app.goo.gl/fNLDmj4hHfpB64AE8

才能あふれる選手に日々の鍛錬が合わさった今宮選手は選手として凄みを増していた。

高校3年生の夏の県大会では3打席連続ホームランを放ち、

チームを春夏連続甲子園に導く。

夏の甲子園に帰ってきた明豊高校は一回戦の相手、プロ注目の左腕、現ソフトバンクのチームメートの島袋洋奨投手要する興南高校のサヨナラ勝ち、

続く二回戦でも現阪神タイガースの秋山拓巳投手にも勝利、そして3回戦でも現広島カープ所属の庄司隼人選手要する常葉橘にも延長戦の末、勝利。

https://images.app.goo.gl/uNnwmHPsHNFw74D59

夏の甲子園の戦ったチームの対戦相手がのちに全員プロ入りを果たすというなんともドラマのような展開の中、
打倒菊池に萌える明豊高校は接戦を執念で勝ち抜き、準々決勝へ進出。

https://images.app.goo.gl/Gf8PCFEZeDWtVJyc6

今宮選手は3年の春のセンバツの敗戦を機に選手として、そして人間としても成長を見せ、それまで自由気ままな選手であったのが、

チームの主軸としての自覚が芽生え、チームのため、そして対戦相手選手への配慮もできるようになり、精神面での成長にもつながっていた。

スポンサーリンク

そしてついにライバルとの再戦。

妥当菊池。その信念に目を覚ましたバケモノとして再び、ライバル菊池と合間見える。

https://images.app.goo.gl/N27EkEtJw3kSUx8f7

この時のために日々鍛錬をしてきた今宮選手。再び相見えることとなった怪物同士。

そんな注目の怪物対決。

第一打席は今宮選手、センターライナー。そしてに打席目はキャッチャゴロ。

https://images.app.goo.gl/wJ8Tj5y9xbuPqjYf6

この試合アツき戦いが繰り広げれるかと思っていたが、菊池投手が大会中に痛めた腰の痛みにより、まともに登板できずに4回に降板してしまうことに。

菊池投手との対戦は2打数無安打。

今宮選手の思いとは裏腹に勝負はたった4球で終わってしまう、あっけない展開に。

https://images.app.goo.gl/wJ8Tj5y9xbuPqjYf6

菊池投手が降板し、その後は命法リードで9回へ。しかし、粘りを見せる花巻東が同点に追いつき、そしてランナーを背負いサヨナラの展開。

そんな今宮選手は自らマウンドへ再登板。

この試合は今宮選手は先発し、4回3失点でマウンドを譲っていた。

しかしここからが今宮選手がさらに覚醒することになる。

https://images.app.goo.gl/zgJ3mFQNup4JQ4gM6

打者としてバケモノだった今宮選手。このピンチで投手としてもバケモノと化す。

甲子園でのマウンドで150キロ台を連発。

https://images.app.goo.gl/wnWL9WzecS3R6Ypc8

何かギアがもう一段階上がったかのように凄まじいボールがミットに突き刺さる。

MAX154キロを計測。今宮選手は圧巻の投球で、甲子園を沸かせる最高のパフォーマンス。

https://images.app.goo.gl/GQ8g3s3oPrzfkz699

九回での今宮選手の姿は、甲子園でも歴史に残る名場面といってもいい。覚醒をみせた甲子園でのマウンド。

今宮選手も、「一球入魂。こんな小さな身体でも150キロ投げられるって子供達に伝わったかな。」とアツき魂でスター性を兼ね備えた素晴らしい選手へと成長していた。

スポンサーリンク

その後、延長戦の末、敗戦。

https://images.app.goo.gl/sGst3XXBDwiTQXRGA

https://images.app.goo.gl/MufKnz8cDqDPQLyYA

しかし負けた今宮選手は涙を流すことなく、その表情は晴れやかなものでした。

自身の投げたボールを打たれ、敗戦してしまったことに、

「悔いの残る投球はしたくなかった、打った相手がすごかった」と素直に相手を褒め称える今宮選手。

そして試合後の今宮選手は対戦を待ち望んでいた菊池投手について、対戦できてよかった。しかし9回まで戦い対戦したかったと語っており、ちょっぴり寂しいそう表情ではあったが、
https://images.app.goo.gl/okqS7kxZYgFeGK5f9
今宮選手は野球の実力だけではなく、チームメイト、そして相手選手を敬うことができる人間的にも成長見せた3年間だったのではないか。

高校入学当初は自由気ままな選手が、バケモノと呼ばれた選手がバケモノにコテンパンにされ、挫折を経験。

今宮選手の眠っていた闘志に火をつけ、凄まじい選手へと成長。

そしてプレーだけではなく、人間的にも大きく成長した高校時代。

今宮健太選手は高校通算62本塁打を放ち、投げてたMAX154キロの豪速球でプロ大注目の選手へ。

https://images.app.goo.gl/EZZasZpy9t2LX94VA

プロ注目の選手へとなっても、1チームでも指名していただけるのであればありがたいと語っている。
常に感謝の気持ち、謙虚な姿勢は現在プロ野球選手になっても変わらない。

スポンサーリンク

その姿勢があったからこそ、

日本代表するショートストップへと成長できたのかもしれない。

今宮選手今年プロ9年目、27歳。

まだまだ選手としてこれからが全盛期。

高校時代、特に3年生の半年間で異次元の成長曲線を見せた今宮選手。

https://images.app.goo.gl/cqCsVtctPS5YgVWK9

今宮選手の高校時代の異次元のポテンシャルをみた者は、現在の姿は物足りない。

ライバル菊池雄星を倒すこと。この目標が選手としての成長に繋がった。

ライバルという存在があったからこそ、現在の今宮選手があるのだろう。

高校時代の今宮選手はバケモノという言葉がふさわしい選手であった。

2019年シーズンは開幕からこれまでにない打撃を見せている。

再び、覚醒か。

まだまだ成長を期待できる。

さらなる飛躍を期待してきましょう。

今宮健太選手に関するまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする