野球

佐々木朗希は大谷翔平を超える!? 江川やダルビッシュも超えも!?

 

令和の怪物は大谷翔平を超える!!

 

佐々木朗希

 

大船渡高校のプロ注目のドラフト最大の目玉は、

 

史上最高の才能と呼び声高い、

 

大谷翔平を超えるとも言われている。

 

これまで野球界の怪物たちを超える存在になれるか。

 

今回はプロ大注目のドラフト候補、大船渡高校の佐々木朗希投手をPICKUP!!

 

佐々木朗希投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/vbZsnfbkkdDiFmMq5

名前 佐々木朗希 (ささき ろうき)

出身地 岩手県陸前高田市

生年月日 2001年11月3日 (17歳)

身長 189cm

体重 81kg

ポジション 投手

佐々木朗希は大谷翔平を超える!? 江川やダルビッシュも超えも!?

 

https://images.app.goo.gl/ATwCmY42mdXg1GUC6

 

新時代を背負う史上最高の逸材。

 

佐々木朗希

 

現在、高校生ながら、野球界の話題を独占するほどの注目度。

 

日米スカウトを釘付けする高校生は、

 

高校生というまだ10代という現時点でも別次元の才能を発揮している。

 

高校生ながら最速163キロのストレーチを投げ、

 

高校時代160キロをマークした大谷翔平選手を超える球速。

 

高校生のレベルを超えた最高のポテンシャルは本当に規格外。

 

https://images.app.goo.gl/FueNnqJftTaW185JA

 

高校野球の枠を超え、野球界史上最高の才能と呼び声高い佐々木投手。

 

本当に史上最高といっても過言ではない。

スポンサーリンク
 

これまで、大谷翔平選手が史上最高の才能と言われていた。

 

大谷翔平選手が見せる投打ともに規格外の強烈なパフォーマンス。

 

大谷翔平選手のような選手は、いっときは現れないのではと言われていたが、佐々木朗希投手という早くも新たなる才能の登場。

 

投手としての才能は大谷翔平投手を超えていると言われるほどだ。

 

史上最強の投手になれる逸材ということだろう。

https://images.app.goo.gl/64k4WYmStp47Vd6i8

 

佐々木投手は現時点でも投手として完成度を高さを誇る。

 

大きく足を上げる躍動感ある美しいフォームは見事だ。

 

しっかり体幹を強くなければ、ここまで足を上げることはなかなか難しいはずだが、長身で細身であるが、身体のコアもしっかり鍛えられているからこそだろう。

https://images.app.goo.gl/8RG3k9koWRXbKnyt6

 

本当にしなやかでバネを持った素晴らしい投球フォームだ。

 

投手は細身の方がいいとされている細いの方が力の伝達する上で効率が良いとされており、現在の佐々木朗希投手の体つきは投手としての最適な身体。

 

10代にして現在のレベルなだけに、プロの世界へ入ることで、

 

身体的、そして技術的な向上は間違いないだけに、

 

夢の170キロを超えるストレートも夢ではない。

 

https://images.app.goo.gl/RKNMu2PoYCoAZf2r9

 

しかしながら何度も言ってしまうが、高校生として現時点を考えても、

 

完成度の高さは凄まじい。異次元の存在。

スポンサーリンク
 

https://images.app.goo.gl/kQxt7RyK3gaKNv2y6

 

谷翔平選手の高校時代は身体的にもまだ出来上がっておらず、

 

少しばかり力感のある投げ方で佐々木朗希投手ほど完成度はなかった。

 

しかし佐々木投手はフォームは大谷翔平投手よりダイナミックではあるが、

 

力感もなく、力任せに投げず、しなやかで非常に安定感がある。

 

大谷翔平投手はしなやかさと荒削りさが織り混ざっており、伸び代は大谷翔平選手はすさまじいものであったが、現時点の完成度を考えれば、

 

佐々木朗希投手は大谷翔平選手を超える投手へとなるのだろうか。ヤバい。

 

佐々木朗希投手は大谷翔平選手のようにプロ入り後のさらに伸び代が見せることは、これからの環境にも影響するだろう。

 

大谷翔平選手のような理解のある大事に育ててくれる環境が大事だろう。

 

当然、これだけに逸材なだけに、どの球団も大事に育てるだろうが、プロ入り後はじっくり今後を見据えた怪我を作りができる球団へ行って欲しいところだ。やはり日本ハムのようなチームに行って欲しいところ・・・。

 

佐々木投手が持つ素晴らしい才能は大谷翔平という史上最高の才能と比較されているが、

 

どちらかといえば、ダルビッシュ投手のようなタイプになるという意見もある。

https://images.app.goo.gl/xv96MhJxerF6dLVw8

 

ダルビッシュ投手は高校時代、

 

しなやかさな投球フォームと多彩な変化球を武器に当時プロの注目の的であった。

 

プロ入り2年目から球界を代表する投手へとなり、

 

日本時代は誰も打つことができない完成度を誇り、無双レベルであった。

 

その後、メジャーリーグへ。

 

メジャーでもトップクラスのスターターとして活躍しているだけに、佐々木朗希投手もダルビッシュ投手のような投手になれる逸材。

スポンサーリンク
 

そして令和の怪物と言われる佐々木朗希投手。

 

ここでやはり名前が挙がってくるのが元祖、怪物江川卓氏。

 

江川氏は読売ジャイアンツで活躍した名投手。

https://images.app.goo.gl/4mfzJMpMckNGnp979

 

江川卓氏は作新学院時代、怪物と言われた野球ファンなら誰もが知る選手。

 

特に高校時代が凄まじかったと言われ、4試合連続ノーヒットノーランを達成するなど、

 

当時の高校生が打つこともバットに当てることもできないほどのボールを投げていたと言われている。

 

江川氏のプレーは現在の私たちがリアルタイムで見ることができていないだけに、

 

そして当時はまだスピードガンもない時代もあり、現代とは比較するのは難しいところではあるが、

 

しかしながら、皆、口を揃えて江川の高校時代はすごかったと語る声も多い。

https://images.app.goo.gl/gppieHP1Ejs1dJ2A7

 

江川氏の高校時代は練習試合を含めて110試合無失点という大記録を作り、3年生の春の甲子園に出場した際は日本中が大注目と言われている。

 

その後、法政大学、読売ジャイアンツのエースとして活躍。

 

江川氏は実働は9年間のプロ生活ながら135勝は群を抜いた成績だけに、本当に一人だけ規格外の選手であったのだろう。

大学時代に江川氏は右肩を疲労骨折をしている。その怪我から完全復活することはできなかったとのち江川氏は語っており、大学時代の怪我がその後の野球人生に影響を及ぼしている。

もし怪我がなければ、史上最高の投手として名実ともにもっと名を馳せていたかもしれないですね。

佐々木投手も怪我で潰れてしまうようなことはない事を願いたい。

スポンサーリンク
 

偉大な選手と比較されほど、青天井の可能性を秘めた佐々木朗希投手。

 

時代を彩ってきた名投手たちを私たちの記憶から蘇らせるほどの才能を持っている。

 

しかしながら、大谷の方がすごい、江川の方が上だということを私たちが考えることができるのもまたそれも楽しみの一つであり、

 

それだけ、佐々木朗希投手が今後さらに素晴らしい投手へと駆け上がることを誰もが待ち望んでいる。

 

大谷翔平選手とダルビッシュ投手、そして江川卓氏、3人も最高の才能を持った選手。

 

3人を超えるレベルの才能を持つ佐々木朗希投手。

 

これから私たちの想像を超える成長曲線を見せてくれるはずだ。

 

https://images.app.goo.gl/nD9vEPvbABm62hLdA

 

史上最高の逸材は史上最高の投手へ。

 

私たちはその目撃者になる。

 

 

スポンサーリンク
 

佐々木朗希投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

新時代の新たなる怪物、佐々木朗希投手。

 

江川卓、ダルビッシュ有、そして大谷翔平を超え逸材か。

 

史上最高の才能を持つ逸材は、

 

今後どんな選手へと成長するのか期待が高まる。

 

しかしながら、これだけの逸材。

 

怪我しないことを願いたい。

 

順調に。ゆっくりでも構わないから、

 

その才能を一歩一歩伸ばして欲しいですよね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です