イチロー伝説!! 高校時代から伝説的天才!? 通算打率や成績の凄さ!!




今や伝説の存在とったイチロー選手。

日本プロ野球、メジャーリーグで数々の偉業を成し遂げた

スーパースターの高校時代。

高校時代のエピソードや成績を見ると、

やはり高校から伝説的天才ですね。

今回はスーパースター、イチロー選手の高校時代をPICKUP

イチロー選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/GpwayTBqe4hkE9zR9

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県豊川市

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重 72kg

ポジション 外野手

イチロー選手の幼少期

プロ野球選手を夢みて

幼きイチロー少年は、父親と二人三脚で野球の練習に明け暮れる日々。

そして有名なのがバッティングセンターに通い、小学生から木のバットを使い、軽々と120キロのボールを打ち返すイチロー少年。

https://images.app.goo.gl/AkzB9JXxtgKgzwvn6

小学生からプロ野球を意識しての取り組みで、バッティングセンターの打席の前に立ち、150キロを想定して打っており、
1年360日以上、バッティングセンターに通い、選球眼を養うためにボール球にも手を出さないなど、当時からプロ意識しての練習。

スポンサーリンク

有名な話で同じバッティングセンターに侍ジャパンの監督、稲葉篤紀氏も通った施設。

https://images.app.goo.gl/HvvXBiSdrS6XKQAa7

稲葉さんとイチくんと呼び合う二人。

葉氏は中京高校の野球部、同じ隣で打っていたこともあったそうで、稲葉氏はすごい少年がいるなーと、のちにそれがイチロー選手であることは有名な話にですね。

その後、稲葉氏は法政大学へ進学後、ヤクルト、日本ハムでプレー。

WBCでイチロー選手とチームメート。稲葉氏も現役時代2000本安打を達成する選手として日本プロ野球で活躍した人気選手。

そんなイチロー選手と稲葉さんが同じバッティングセンターに通っていたのは狭い世界というか一度繋がった縁はどこかでめぐり合うのですね。

そんな日々野球の練習で、中学時代の卓越した野球センスを見せていたイチロー少年

https://images.app.goo.gl/p2qz9A62UHJfWd9m9

豊山中学3年生の時に、ナゴヤ球場で開催された全国大会エースとしてに出場。

そして、その大会には松井秀喜少年も。

松井少年も同じ大会には石川県代表で出場していた根上中学2年で大会に出場しており、イチロー選手の中学が勝てば、次の試合に当たる予定あったが、大会で準々決勝敗退。

なお、松井秀喜少年の根上中学は決勝まで進出。

中学時代は対戦は実現しなかったが、日本が誇る好打者と強打者は中学時代から縁があり、そんな松井秀喜氏とは高校時代にも縁があるんですよね。これは後ほど。

イチロー少年は進路の際に迷っていたそうですね。

プロ野球を夢見ていたイチロー少年は中学時代のイチロー少年は学業も優秀であり、勉強でいくのか、野球でいくのか、中学卒業後の進路を当時は迷っていたとのこと。

その中、プロ野球選手を多く輩出している地元愛知の強豪、愛工大名電高校を選択。

イチロー選手は中学の時点で数々の強豪校から誘いを受けており、それは地元、今年センバツ優勝した東邦高校や中京、亨栄など、そして県外からは当時の高校野球の象徴出会ったPL学園からも勧誘を受けていた。

https://images.app.goo.gl/EzDGC9VLxBeD4SJ96

甲子園常連校でもあったが、愛工大名電の監督、中村監督がそれまで13人のプロ野球選手を輩出していること、そして選手起用にも配慮があり、

無理させず故障させない環境作りをしていたことにより愛工大名電に進むことに。

スポンサーリンク

そしてイチロー少年は高校野球の舞台に立つ。

高校時代 愛工大名電へ プロを目指して

宇宙人

進学した愛知工業大学名電高等学校に入学した当初は、身長が171センチ、体重63キロ。

まだまだ体格はできていなかったが、身体が大きな先輩たちより、誰よりもボールを遠くに飛ばしていた天才。

ずっとバッティングセンターで通い続けていたのは有名な話ではありますが、軟式ボールを打ち続けていたイチロー青年にとって、
高校から変形しない硬式ボールに変わることは捉えることが簡単だったそう。

実力が秀でていた天才イチロー青年は1年生からレギュラーを獲得。

入学当初から抜群のポテンシャル、才能を遺憾なく発揮。

特に集中力はずば抜けていたそうで、練習に取り組む姿勢は他の生徒を圧倒したそう

https://images.app.goo.gl/QvTMm3cmHggxVi5F7

有名なのが、愛工大名電のグランドの奥に墓地があり、幽霊が出るという噂。

それはイチロー青年が墓地の場所に人目をないところで黙々と練習をおこなっていたことが発展した話。

みんなと一緒の時にはできるだけ手を抜いてサボることばかり考えていたという。

やらされる練習ではなく、自分自身にとって必要な練習だけはかなり意識的に取り組んでいたとのこと。

明確なビジョンんがあったイチロー青年は、人に練習するところを見せずに自分の目標に向けて、練習に打ち込む。現在の素晴らしい実績を作ったイチロー選手の原点ですよね。

当時から自分の目標にひた走る、明確なビジョンがあったからこそ、それに集中し、純粋に野球が大好きだからこそ、己の練習に打ち込んだんですね。

だから全体練習の際にはサボっていたと語っていたのでしょう。

https://images.app.goo.gl/ZMdkRwgsxh68Aefs5

イチロー選手本人にとって努力と思っていなかったかもですね。

好きなだから、上手くなりたい。ただその純粋な気持ち。当時からやはり天才的な一面を

日々の積み重ねがすごいところにまでたどり着く。

細かいことの積み重ねるのが、とんでもないところへいくただ一つの道、とイチロー選手の名言の中でもあります。

https://images.app.goo.gl/DYZpdaQbY6GgNVJs8

自分自身の純粋な気持ちで行動。それは高校生になっても変わりませんでした。

スポンサーリンク

愛工大名電の進学した鈴木青年は試練にぶち当たります。

高校時代のイチロー青年にとっ寮生活は地獄だったそう。

寮生活の鈴木青年は高校時代は寮。現在も行われているかは定かではありませんが、1年生、2年生の時は掃除洗濯の役割があり、
当時寮にある洗濯機は数が限られていて、順番待ちでなければ使えない状況。

https://images.app.goo.gl/vNzhrmL2BBCJFaGc8

練習があとは食事、その後は11時までが自由時間だったそうで、その時間を練習にあてたかったイチロー青年は、11時まで練習をに当て、その洗濯掃除を後回しにして朝早く起きて取り組んでいたそう。

少ない時間も自分の練習に当てようとしていたんですね。

だからイチロー青年は高校に入寮して3年生になるまで、午前3時に起きていたとのこと。

寮生活の合間に、野球部の隣の競技場に抜け出し、足場が不安定な砂場で素振りをし、限られた時間で効率よく練習を行い、

厳しい環境の中でも明確な目標に向かって行動していた。イチロー青年は他の生徒と意識レベルから全く違う存在だったそうですね。

イチロー選手自身、高校時代に比べたら、プロでの生活は天国だと語っています。

それだけ高校時代の環境は厳しいものだったのでしょう。

それにイチロー選手は高校1年生の時に一度だけ野球を辞めたいと口にしたことがあります。

愛工大名電高校は年一度、長野県の松商学園と練習試合を開催している。その時1年生ながらピッチャーとして登板したイチロー青年。

https://images.app.goo.gl/Ec39JnFA25QtPjrL8

自信を持って投げたボールが通じず、打ち込まれて、子供の頃から野球だけに打ち込んできた自信とプライドが失ってしまいました。
それに慣れない寮生活。うるさい先輩たちとの人間関係も重なり、いろんなことが重なりことにより父親に野球を辞めたい伝えそうですね。

イチロー選手にもそういう気持ちになったこともあるわけで辛い時期は誰しもあるわけですよね。

しかし弱音を吐いたのはその時だけ。

類い稀なる才能を1年生から発揮、

レギュラーを掴み活躍していたイチロー青年は、練習試合も含めてだが、

64試合 打率.458 100安打 81得点 5本塁打 79打点 49盗塁

1年生ながら素晴らしい成績を残している。

2年生になって主力へ。

そして2年生のイチロー選手と星稜高校に進んだ松井秀喜氏とここで初めて直接対決。

愛工大名電と星稜高校は一年ごとに定期戦を行っており、練習試合で3番レフトで出場したイチロー選手は2試合6安打を放つ。

一方、松井秀喜選手は1年生ながら早くも4番を務めていた。

https://images.app.goo.gl/RSan18UE4FhS9Her9

松井秀喜氏は進級するとともに高校野球界に名を刻む名スラッガーになるわけですね。

イチロー選手が2年で松井秀喜氏が一年の時には練習試合の時に少しだけですが、ファースト上での会話もあって、学園が上がっても風呂場で一緒になったり、その後の大部屋でも将来の展望について話をしたり、

スポンサーリンク

プロに入ってからも二人は対極ですが、日本のプロ野球の顔として平静を象徴するスーパースターとして活躍。

https://images.app.goo.gl/oGcaCGfmFfBeZxLn9

昔から何かと縁があった2人。平成の時代、二人をみて育った人は多いはず。

イチロー選手は2年生の夏の甲子園に出場。

3番レフトで先発。1安打を放ったものの、初戦敗退。

https://images.app.goo.gl/nFRB38R8efuKydpe7

その後、イチロー青年は高校2年生の時に通勤時中に自動車にはねられ、全治1ヶ月の怪我をおい、当時寮からマイクロバスが出ていたものの、

イチロー青年は足腰を鍛えるために自転車で通勤。その途中に車にはねられ、大怪我ではなかったが、ふくらはぎの肉離れ。

その怪我もあり、投球がうまくできず、一次打者に専念することに。

https://images.app.goo.gl/xNHw7yPALFkB4iuJ9

イチロー選手は投手としてプロ入りを目指していた。高校入学後は140キロを超えるストレーとを投げ、スライダーも切れ味もよく、三振を狙う投手であったが・・

この怪我もあり一時打者へ専念したことにより、一層打者としての類い稀なるセンスが覚醒。

2年生の時の成績は、

48試合 打率.463 90安打 55得点 3本塁打 62打点 31盗塁

1年生の時からハイレベルな成績を残し続けて、

その非凡な打撃を見せるイチロー選手にはプロも注目をするように。

https://images.app.goo.gl/Ngp2sxWaNbcxsRiA6

当時のオリックスの三輪田スカウトは打者イチロー選手を高く評価、イチロー青年が出場するたびに視察に行っていたとのこと。

三輪田スカウト曰く、ボールのほとんどを芯で捉えており、その凄さを見たことにより、他の選手より目立ったいたイチロー青年をスカウトのリストに入れておいたそうです。

3年生の春、センバツ甲子園大会。エースで4番を務めるイチロー青年。

https://images.app.goo.gl/MeoneGJqpLYnpVDa9

一回戦の相手、松商学園。試合が第一試合に組まれてることもあり、イチロー選手は試合に臨むためのコンディション作りのため、2時からウオーミングアップしていたそうです。

これはイチロー選手はおきて最高のパフォーマンスができるのが6時間後であるという認識のもとからだと思います。これはオリックス時代のそのような意識で取り組んでいたそうなので、高校時代からだったのですね。

スポンサーリンク

にしてもほぼ徹夜。意気込んで臨んだ試合でしたが・・

https://images.app.goo.gl/QQ7eV89nULQzB7T48

しかし結果は一回戦は敗退

https://images.app.goo.gl/kVSW5NyT95axpFT58

イチロー選手自身も5打数ノーヒット。意気込みすぎたののでしょうか。

https://images.app.goo.gl/rKWtNppVGX3qVZo69

しかし当時イチロー選手をマークしていたオリックスの三輪田スカウトは甲子園で低調なパフォーマンスだったイチロー選手のことを他球団に知られずに済むと喜んだという。

活躍してもらって他球団のスカウトの目に止まってしまうから、取られてしまうということでしょうか。全国的に知られた存在ではなく、隠れた逸材だったわけですね。

しかしイチロー青年は甲子園で敗退しようとも、天才は全く動じず。

https://images.app.goo.gl/HXHXgq2dqVLzjPeU8

練習に打ち込み、バットを振り続ける邁進する日々。

どんどん凄みが増すイチロー青年は、高校時代数々のすごい逸話がありますね。

愛工大名電の中村監督には、センター前ならいつでも打てますと豪語したり、

レフトの守備の際にワザとランナーを走られてホームで刺すなど、他の高校生とは違うレベルでプレーを披露していた天才イチロー青年。

そんなイチロー選手は高校時代は宇宙人と呼ばれていたのは有名な話ですよね。

スポンサーリンク

高校3年生の時に愛知県大会で、エースで4番で大会に臨む愛工大名電高は、順調に勝ち上がり、準決勝まで進出。

準決勝では場外ホームランを放つなどチームを牽引する大活躍を見せていたが、

準決勝で東邦高校に敗戦。甲子園出場することはできなかった。

周りの選手が泣いている中、イチロー青年は涙ひとつ流さなかった。

イチロー選手にとって高校時代の目標は甲子園出場ではなく、プロになること。

https://images.app.goo.gl/6EFspM5jGWtCDNoQ8

2年生の夏と3年生のセンバツには甲子園に出場しているが、イチロー青年にとって、あくまでプロのスカウトの目にたまるための場所。
要するにプロのスカウトの目に止まる活躍を見せればいいと踏んでいたイチロー青年は、甲子園に行くより夏の県予選でプロのスカウトに認めてもらうことが目標であった。

イチロー選手自身は打率10割を本気で目指していたと強気気持ちで望んだ大会。

https://images.app.goo.gl/7oDz77Ngm7MNF3YA6

それはプロ野球選手になるため。

その夏の愛知県予選では計6試合で、24打数18安打、打率.625と驚異的な数字をマーク。

そして高校3年生の夏までの成績は、

39試合 打率.530 79安打 11本塁打 70打点 51盗塁 

高校三年生の時は過去2年間より素晴らしい実績を積み重ねて見せた。

イチロー青年はこれで間違いなくプロに行けると確信を持ったという。

そんなイチロー選手は高校時代の3年間の成績は、

537打数269安打 19本塁打 打率は.501 盗塁も131個、と脅威的な数字をマーク。

高校時代の出場試合数は151試合。イチロー青年は151試合で269本ヒットを放っています。

平均すると1試合1.78本。ほぼ毎試合複数安打を記録していたことになります。

数字だけ見るとメジャ−2004年シーズンのような成績。高校時代から伝説的な成績。

高校3年間の成績は異次元。やはり高校時代から伝説的天才だったということですね。

https://images.app.goo.gl/qQyY3wzvNXv88BVJ9

プロに行くために愛工大名電高校に進学を選択したイチロー青年。

スポンサーリンク

そして晴れてドラフト4位でオリックスブルーウェーブから指名を受け、入団。

イチロー青年はプロ入りへの自信はあったが、全く想定外からのチームからの指名、ブルーウェーブの指名に当初は戸惑いもあったとのこと。

子供の頃から地元ドラゴンズを見せて育っていたイチロー青年にはドラゴンズ入団が夢であり

しかしそのドラゴンズはイチロー青年への評価は低く、獲得する気はなかった。

イチロー選手には日本大学からオファーを受けており、大学進学を考えたものの、当初の目標であったプロ入りの夢を掴んだわけだから、愛工大名電の中村監督の説得もあり、プロ入りへ。

そして入団。目標のプロ野球選手のなることを見事達成して見せたイチロー選手。

https://images.app.goo.gl/gguy8XQSQ9kF2QFe9

幼き頃からの練習、高校時代になってもその目標は変わらず、昇きな姿勢で高校3年生休まず、3年生の夏大会に負けた後も、
変わらずどんな時もコツコツと自分自身と向き合い、邁進していたからこそ。

目標のプロ入りをつかんだ。

https://images.app.goo.gl/khsZ2htKQs3uc6Vr8

プロ入り後も明確なビジョン、3年目まで一軍で大暴れする準備を着々と。

そして3年目、スーパースターへと駆け上がる。

https://images.app.goo.gl/WDiQb8RHtkweNmyP7

そして世界のイチローへ。

イチロー選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

生きる伝説イチロー選手の高校時代。

高校時代から卓越した才能をみせ、

自分の夢への直向きな思いが、

現在の伝説的な存在へ導いたのでしょうね。

しかし高校時代からやはり伝説ですな^^。

読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする