イチロー 2009年WBC伝説の決勝タイムリーをPICKUP !!




今や伝説の名場面!!

イチロー。

第2回WBC2009年大会での活躍ぶりは、

ドラマチックで伝説的!!

日本最高のスーパースター。

今回はイチロー選手の伝説となったWBC2009年大会をPICKUP!!

イチロー選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/MfnM5HUtFG939aMF8

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県豊川市

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重 72kg

ポジション 外野手

イチロー 2009年WBC伝説の決勝タイムリーをPICKUP !!

https://images.app.goo.gl/Ph2Er5sXXwsSWpHx6

今や、伝説の名場面となった2009WBC。

今回はイチロー選手の第2回WBCを振り返ってみましょう。

前回大会2006年大会は日本が初優勝に貢献し、日本をプレーで引っ張ったイチロー選手。

https://images.app.goo.gl/ovyQEr6fbngMencU8

そんな第二回大会も日本を中心的存在として再び、日本代表へ。

イチロー選手も第二回WBCには前回大会同様、並並ならぬ闘志での参加。

2009年までメジャーで8年連続200安打、8年連続ゴールドグラブ賞、そして8年連続オールスター出場など、

メジャーリーグでのスーパースターとして確固たる地位を気づいていたイチロー選手。

https://images.app.goo.gl/uoXLMRWhtacmwx627

今回の第2回WBC参加する上での意気込みも十分で、守るのではなく、再び優勝を奪いにいくと、WBCへの強い気持ちを持っての参戦。

前回大会では普段のイチロー選手とは違う一面、感情を爆発させる姿はファンのみならず、

https://images.app.goo.gl/Sh6cDDFjqefNhUVP7

チームメートを熱くしたものだ。2009年大会も同様ですよね。

そんな第二回WBCは前回大会優勝しこともあり、

そして今大会は日本人メジャーリーガーが日本代表へ集結。

そして今やほとんどがメジャーリーガーになるほどのスター選手たち。

2009年のWBCは過去最高タレント軍団であった。

https://images.app.goo.gl/e5wjp5TA2W9CAVed8

宮崎で開催された日本代表のキャンプの時点からファンが押し寄せるほどフィーバー。

やはり注目度ナンバーワンのイチロー選手は、練習一挙手一投足に注目。

https://images.app.goo.gl/e5wjp5TA2W9CAVed8

練習で見せる華麗な守備、打撃も最高のプレーでやはりスーパースターというのは別格なのだと。

しかしながら、第二回のWBCではイチロー選手は開幕前から不振だったんですよね。

そんな誰もが注目するスーパースター、イチロー選手。

どこに行ってもスーパースターを一目見ようとファンが押し寄せるほどの大会前からの盛り上がりぶり。

迎えたWBC開幕。初戦、中国戦。一番ライトで先発のイチロー選手。

結果は5打数ノーヒット。

https://images.app.goo.gl/YeiMndVyo5V9Wrff6

初戦の中国戦がノーヒットだったものの、守備で見せ場を作るなど、初戦ということもあり、緊迫した状況の中、チームの勝利に貢献。

迎えた第2戦。宿敵韓国戦。

一回表、イチロー選手が打席のポーズのオーラに、スタジアムのファンは一瞬で虜に。

https://images.app.goo.gl/46J87YSi7j7CdbYD9

第一打席の2球目のカーブを捉え、ライト前ヒット。

https://images.app.goo.gl/aXC5ketV5XYasUbC8

第2打席はバントヒット、

https://images.app.goo.gl/9mjxJ5m5ijuKKt1bA

そしてセンター前と、この試合、イチロー選手は5打数3安打。

https://images.app.goo.gl/vmQSqNAKXGopPBCo7

スーパースターのヒットに日本代表は勢いづき、一回に一挙5得点をあげ、この試合、日本代表は打線が爆発。12点を取り、韓国にコールド勝ち。

続く韓国戦は4打数1安打とチームは敗戦。

前回大会も一次ラウンドは調子は今一つで、徐々に調子をあげると予想されていたが・・

しかし、第2回のWBCは打撃不振が続くことになる・・・・。

https://images.app.goo.gl/g4wfrVqoXWHZ1uyH7

なかなか思うような打撃、そしてイチロー選手らしさは鳴りを潜め、

ここまで長引くとは誰も予想していなかった。日本代表でのプレッシャー。

イチロー選手はこれ以上、不信が長引くならば、スタメンから外すことを原監督に直訴する予定だったという。

それほど、日本の連覇というプレッシャーと戦っていた。

しかし、原監督はイチロー選手を起用することに一切の迷いはなかったという。

https://images.app.goo.gl/Csir5Ep2bDuFSARz5

イチローという偉大な選手が、背中で野球への真摯な取り組み方により、その存在の大きさを感じていた原監督。

イチローさんが復調すれば、さらにチームの結束が高まる。

https://images.app.goo.gl/6wAka3Bxxpr5EXxV7

偉大な選手を信じて起用し続ける。イチロー選手を外す理由はなかった。

そんな不信に苦しむスーパースターの復調を盛り上げようとチームメートも動き、練習でイチロー選手のユニフォームの着こなし、オールドスタイルを皆で真似るなど、

それにより応えるかのごとく、イチロー選手は徐々に復調していくのだ。

そして迎えた敗者復活戦。対戦相手キューバ。

復調を目指すイチロー選手。

やはり持ち味である積極性のある攻撃的な打撃は鳴りを潜め、探り探りの打撃。

https://images.app.goo.gl/7SrozX3nT2Q3PY8G8

5回のチャンスを広げたい場面でもバット失敗をするなど、

https://images.app.goo.gl/mP4QSCKx2FYhirj2A

苦しむイチロー選手。

https://images.app.goo.gl/pbgZuyD56psWwBLS6

この瞬間、心が折れかけたというほど深刻な状態。

しかし迎えた次の打席でしぶとくライト前ヒット、そして次の打席もセンターオーバーの三塁打を放つなど

https://images.app.goo.gl/zvwonZ8uhVMijPTUA

この試合キューバ戦では5打数2安打と

https://images.app.goo.gl/tpjeia2Jx98mxbQv9

打撃復調に光が見え、ようやく。

続く韓国戦は勝利し、準決勝進出を決めるも5打数1安打。

続くアメリカ戦も5打数1安打。日本はアメリカを下し、2大会連続決勝の舞台へ。

しかし、なかなか並みに乗れないイチロー選手。

https://images.app.goo.gl/mEFewSwtW46jWEbi8

2次ラウンドに来て、13打席目での初ヒットを放ち、らしさを取り戻しつつあり、長いトンネルを抜け出したイチロー選手は、

決勝という舞台で本物のイチローを取り戻すのだ。

https://images.app.goo.gl/SYAM28GaMxnsZ4Qm8

決勝の相手は韓国。

第一打席はセンター前、

https://images.app.goo.gl/9Yt8t12zcsfEMJND8

3打席はバントヒット、

https://images.app.goo.gl/8qhPonY4gG7g8ftf6

続く打席もライトオーバーのツーベースと、

https://images.app.goo.gl/QQsdvrXJ2BV4u4d5A

決勝という舞台で本来の姿を完全に感覚を取り戻しイチロー選手。

9回までリードした日本、しかし9回のマウンドに上がったダルビッシュ投手が同点タイムリーを打たれ、
試合は延長戦に。

そして10回表ツーアウト、ランナー1、3塁で迎えた場面でこの試合、第6打席目。

そして、やはりスーパースターの真骨頂を。

https://images.app.goo.gl/ohrrXXchJprmffzh9

伝説の名場面となる。

最高の場面で回って来た絶好の場面、2ストライク2ボールで迎えた8球目。

見事センター前にに華麗にヒットを放ち、

https://images.app.goo.gl/u8wAw8FAU3iMqLcd9

見事なまでの勝ち越しタイムリー!!

https://images.app.goo.gl/42A8qe7BCfidKcS37

この勝ち越しタイムリー

第二大会WBCは一次ラウンドから不振が続き、なかなか本来の打撃ができず、

苦しんでいたイチロー選手。

https://images.app.goo.gl/jStuq6BzyoRmACRY7

決勝タイムリーを放つわけだが、その決勝タイムリーを打つ、5球目の前の低めのファールを打った際に、次打てると確信したという。

イチロー選手の持ち味は攻撃的な打撃スタイル、低めのボールをヒットにできるという感覚を持ったことにより、

あの瞬間、イチロー選手の打撃が完全に復調した瞬間であった。

https://images.app.goo.gl/EseEimuQqPx5f6vx6

最初から絶不調で全く打てない日々の中、イチローをはじせ!!という声もあった。しかし、徐々に復調。

特に決勝での試合展開はイチロー選手が打つために用意された最高のステージのようだった。

https://images.app.goo.gl/uitcbbvWESjm9RRn9

9回に同点に追いつかれる緊迫の展開、しかしながら決勝の舞台、そいて緊迫の展開、ここぞ!!という場面で結果を出す!!

千両役者、スーパースターイチロー。

やっぱイチローなんですよねw!!

https://images.app.goo.gl/yp3JKvYLxJCxfUeb7

そんなイチロー選手の勝ち越しタイムリーの2点を守り抜き、日本はWBC二連覇を達成。

https://images.app.goo.gl/2Ku5GtaXgG1fSvoPA

https://images.app.goo.gl/ix7movxhpAnnbUX49

今までWBCは4回開催されているが、やはり2009年のWBCが最高であった。

https://images.app.goo.gl/vWkpa88sSnkNY2Ez7

日本代表の選手たちもここまでの顔ぶれが揃うことないと思うほど豪華だ。

https://images.app.goo.gl/nyFZy3XuSewEdfKNA

それだけこの大会の内容も濃く、やはりイチロー選手が決勝タイムリーを放ちまでの経緯は台本が用意されていたかのような展開には本当に痺れたものだ。

2009年のWBCは最後のイチロー選手の決勝タイムリーで全て持って行った感じでしたね。

https://images.app.goo.gl/oNiJY6GcjogRA2vx9

イチロー選手はこの大会、不振を極めるわけです。決勝までの成績は38打数8安打、打率.210とイチロー選手らしからぬ成績。

決勝で4安打の固め打ちで打率.300で大会を締めくくるという。さすがの一言。

しかしながら、2009年のWBCは成績以上に、やはりイチローという男はすば抜けた存在であることを再認識すると共に、

ここぞ!!の場面で全て持っていくのは、ずるいというかw、さすがという言葉以外見当たらないほど。

史上最高のスーパースター、イチロー!!

彼を超える存在は現れないのではないだろうか。

WBCという国際舞台でも一人、輝きを増すのがやはりスーパースター。

されほど偉大な存在だ。

イチロー選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

2009年のWBCは本当に盛り上がりましたよね。

今や、決勝でのタイムリーは伝説。

イチローの大会って最後になるんですよね!!

やっぱり最高のスーパースター!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする