イチロー

イチロー 殿堂入りは史上二人目の満票で確実!? 選出はいつ頃??

 

スーパースターの殿堂入りは史上二人目の満票で確実!?

 

イチロー、

 

今年現役を引退した偉大なる存在であり、

 

野球史上最高のプレーヤー。

 

彼が残してきた功績はこれからも語り継がれる伝説。

 

日本人初のアメリカでの野球殿堂入りへ。

 

今回は偉大なる存在、イチローさんの殿堂入りについてPICKUP!!

 

イチローさんのWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/uBZhd6K1Kr4iSyC46

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県春日井郡豊山町

生年月日 1973年10月23日(45歳)

身長 180cm

体重 72kg

ポジション 外野手

イチロー 殿堂入りは史上二人目の満票で確実!? 選出はいつ頃??

 

日本人初のメジャー殿堂入りへ

 

https://images.app.goo.gl/pzqFMLYNon9jEpGm7

 

今年、2019年の3月21日、

 

日本が誇るスーパースターが現役を引退。

 

イチロー

 

日本、メジャーで数々の栄光を掴んできた最高の選手。

 

引退時代となった日本でのメジャーリーグの開幕シリーズ。

 

鳴り止まないイチローコールはその瞬間は忘れることができない。

スポンサーリンク
 

7年ぶりとなった日本での凱旋試合。

 

https://images.app.goo.gl/2iv4LeXTUq2h4MKG8

 

2018年に5月にロスターを外れ、

 

2019年再びメジャーの舞台でプレーするために、練習を続け、

 

迎えた2019年シーズン。

 

マイナー契約から望んだ今シーズンであったが、

 

再び華麗なプレーを見せてくれるのかと期待していたが、オープン戦で結果を残すことができず。

 

スプリングトレーニング終盤に球団から東京ドームでの開幕戦後の契約はないと告げられ、

 

そして結果を残すことができず、周囲の予想、覆すことができなかった。

 

そして、引退を決めた。

 

そして迎えた日本開幕戦。

 

現役引退を表明。

 

日本という場所で鳴り止まないイチローコール。

 

https://images.app.goo.gl/8TJPwf8YYYLFUE9x5

最後になるかもしれないと思ってはいましたがけど、本当に引退ということが現実になるのはやっぱり寂しいものでしたよね。

 

それだけ偉大なバットマンの最後の姿

 

https://images.app.goo.gl/8UrFmWSvqAxH1vHPA

 

イチローさんにとって特別な瞬間でもあり、

 

私たち野球ファンからも特別な瞬間であり、

 

これからも偉大な存在であることは変わりない。

 

最後まで鳴り止まないファンの声援に包まれながら、

 

https://images.app.goo.gl/n28wfk3bKkHDFzUd9

 

28年に及んだ現役生活、

 

希代ヒットメーカー、

 

イチローという平成という時代の象徴的存在。

 

現役生活に終止符を打った。

スポンサーリンク
 

現役時代の数々の栄光。

 

1991年プロ入り後、プロ入り3年目、1994年に彗星のごとく、登場し、

 

NPB初のシーズン200本安打を達成。

 

https://images.app.goo.gl/nqKmPBpj3ZvtmUdy7

 

日本プロ野球界を席巻。

 

天才的なバッティングでヒットを量産。

 

そして塁上を華麗に駆け抜け、守備でもその軽やかさ、

 

https://images.app.goo.gl/GACe3Uc77vhYdqK47

全てのプレーが誰もが魅了された。

 

その後は日本で前人未到の7年連続首位打者。

 

日本での通算打率.353という驚異的な数字を残した、

 

日本プロ野球史上最高の選手。

 

https://images.app.goo.gl/w1HCgJTvpSsAo6vU9

圧倒的な存在感で2001年メジャーリーグへ。

スポンサーリンク
 

メジャー挑戦1年目からアメリカの度肝を抜くプレーで、メジャーも席巻。

 

ルーキーイヤーから首位打者や盗塁王、ゴールドグラブなど、

 

タイトルを総ナメ。

 

https://images.app.goo.gl/YovShbNFKbbbXLTB6

アメリカ、メジャーリーグの舞台でもスーパースターに君臨。

 

シーズン最多安打や10年連続200安打、10年連続ゴールドグラブ、

 

10年連続オールスター出場など、

 

メジャー19年間で積み重ねたヒットは3089本、そして509盗塁。

 

日米通算4367本という世界記録を樹立。

 

数えきれないほど、栄光を手にしてきたイチローさん。

 

 

https://images.app.goo.gl/yPsFHh5Uc6cGMRZs8

現役を引退したが私たちにとって、スーパースターであることは変わりない。

 

少しばかり、前置きが長くなってしまったが、

 

イチローさんのアメリカ野球殿堂入りはいつになるのだろうか。

 

日本が誇る偉大なヒットメーカーの殿堂入りですが、

 

日本人初のアメリカ野球殿堂入りは確実視されている。

 

https://images.app.goo.gl/yPsFHh5Uc6cGMRZs8

 

2019年に現役を引退となり、

 

イチローさんが残してきたプレーは、メジャーで数々の金字塔を打ち立て、

 

ホームラン全盛期だった時代の中で、野球の本質をプレーで見せつけ、本来の野球姿を体現したプレースタイルでアメリカの野球ファンを魅了。

 

ファンのみならず、プレーヤー達も唸らせた現役時代のプレー。

 

メジャー史上最高の選手の一人として賞賛されており、

 

現時点でもイチローさんのアメリカ野球殿堂入りは99.9%と言われてるほど。

 

そんなイチローさんがアメリカでの野球殿堂入りの資格を得るのが2025年。

 

https://images.app.goo.gl/2idsFVRcTcdaVhfWA

 

殿堂入りの資格を得られるのは最後のメジャーリーグでの出場から5年経過が必要であり、

 

毎年実施される全米野球記者協会の投票により、殿堂資格を得た最初の10年間から投票率75%以上の投票を得ることが殿堂入りの条件となっている

 

その間の期間で10%を下回ると投票資格を喪失するなど、

 

もちろん再度投票機会を得るチャンスはあるなど、少しばかり複雑な制度ではあるが、

 

現在のメジャーでは日本みたいに2000本安打や200勝といった具体的な基準があるわけではない。

スポンサーリンク
 

数字もある程の評価対象になってはいるが、

 

プレーヤーに現役時代の偉業や存在価値などが重要視されるのだろう。

 

140年以上のメジャーリーグの歴史の中で、アメリカ殿堂入りを果たしたのは現在で230人。

 

限られたものしか、踏み入れることのできない領域であり、最高の名誉であり、

 

https://images.app.goo.gl/TA825aWL6ekyiTQT8

 

野球の本場、アメリカメジャーリーグという最高の環境の中でも特別な場所とされている。

 

イチローさんのメジャー19年間での実績、

 

これまで数々のメジャー記録を塗り替え、メジャーで3089本など、

 

実績的には間違いなく、即殿堂入りとなるはず。

 

https://images.app.goo.gl/ec7RVwtWr5xpUK4F9

 

メジャー挑戦した2001年からの10年連続200本安打を達成した時点で、殿堂入りは間違いないと言われている程。

 

そして薬物などとは無縁ということもあり、クリーンなことも評価されており、

 

2025年には間違いなく有資格1年目での殿堂入りは確実視されている。

 

それだけ、アメリカの地でイチローさんが残してきた功績は高く評価されているということ。

 

そして期待されてるのが最多得票での殿堂入り。

 

最多得票、いわゆる満票で殿堂入りを果たしたのがヤンキースで652セーブをマークしたメジャー最高のクローザー、マリアーノ・リベラ氏。

 

https://images.app.goo.gl/HtGabqUSLYuA5hJY8

リベラ氏は現役時代19年間プレーし、3回のセーブ王、最優秀救援投手6回、5度のワールドチャンピオンなど、輝かし実績で有資格1年目に満票で殿堂入り。

 

2位はマリナーズの2016年に殿堂入りを果たしたケングリフィーJr氏。

 

https://images.app.goo.gl/Z7w6adPjmDuE8PZ9A

440票のうち、437票を集めるメジャー史上最高投票率993%。

 

グリフィー氏は現役時代、630本塁打を放ち、3度のホームラン王、

 

10年連続ゴールドグラブ、10年連続オールスター出場など、

 

https://images.app.goo.gl/gJzQgZgfS17w1ah28

1990年代から2000年代に活躍したメジャー最高のスーパースターの一人。

スポンサーリンク
 

グリフィー氏がプレーした1990年代からステロイドが蔓延した時代。

 

その時代はホームラン量産時代であり、現在のようにフライボール革命のような理論ではなく、

飛ぶボールやステロイド使用に急激にホームランが激増した時代であった。

 

そんな時代を沸かせた存在、98年に驚異的な本数でのホームラン王争いをした

 

マーク・マグワイア氏、

 

https://images.app.goo.gl/3BR4qJbv6k2JCTqZ6

 

サミー・ソーサ氏、

 

https://images.app.goo.gl/gxoEajHHdeou4frt5

 

そして、メジャー最多の本塁打数762本を放ったバリー・ボンズ氏、

 

https://images.app.goo.gl/EBp4tLhrmEdGtchc8

ヤンキースで共にプレーしたアレックス・ロドリゲス氏も、

 

https://images.app.goo.gl/tk3vcQfxUQfv7hNb9

素晴らしい実績を残してきた4人は未だにステロイド使用により、野球殿堂入りができておらず、今後も殿堂入りできるかわからない状況。

 

そんなステロイド使用が目立った時代に、

 

ステロイド使用した選手が大きな筋肉を手に入れ、体格が変わっていく中、

 

グリフィー氏は現役時代引退するまで体格が変わらず、

 

https://images.app.goo.gl/QKg16rjCxucAgWz88

薬物とは無縁でだったグリフィー氏が圧倒的な投票数を獲得し、殿堂入り。

 

そんなケン・グリフィー氏はイチローさんの憧れの存在であることは知られているが、

 

https://images.app.goo.gl/2wmYTXp5dWRjxmbh7

そんなイチローさんが憧れの存在を超える投票数を獲得し、殿堂入りを果たすのか。

楽しみですよね。

スポンサーリンク
 

イチローさん自身は何度もアメリカ野球殿堂の地、クーパーズタウンに何度も訪れ、

 

これまで偉業を成し遂げてきた偉大な選手にたち敬意を払っていることも知られている。

 

その姿は野球殿堂関係者からも信頼されており、現役時代の華麗なプレーだけではなく、

人間的にも高く評価されているイチローさんのメジャーでの殿堂入りの瞬間に期待が高まる。

 

グリフィー氏を超える投票数で、

 

そして、ヤンキースのクローザーとして大活躍したマリアーノ・リベラ氏以来となる史上2人目の万票での殿堂入りへ。

 

偉大な先人たちに敬意を払うイチローさんが、

 

今後は自ら、その領域に踏み入れることになる。

 

https://images.app.goo.gl/CyGf5AVeqdZTKd1Z9

 

2025年、日本人初の殿堂入り、

 

Hall of Famerが誕生する。

 

あわせて読みたい
イチロー 草野球はガチ!? 対戦できるかもよ?? 草野球デビューは本気!? 全国リーグ設立へ!! そして草野球を共にプレーするチャンスかもよ イチロー ...

スポンサーリンク
 

イチローさんに関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

我らがスーパースター、イチローさん。

 

今年、現役を引退した史上最高の選手。

 

日本人初のアメリカでの殿堂入りが、

 

確実視されているだけに、

 

その時が待ち遠しいもの。

 

本当に偉大すぎる存在だ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です