メジャーリーグ

ブライス・ハーパーはヤンキース!?年俸は史上最高額へ!? 大谷翔平の憧れ!?【MLB】

 

日本プロ野球のFA市場は盛り上がりを魅せましたが、MLBメジャーリーグでは現在移籍市場のイベント、ウィンターミーティング真っ最中。

 

今年は動きが遅いっすね。原因はわかっている笑。

 

あの二人ですよ。ハーパーくんとマチャドくん

 

この二人の契約はMLBのFA史上の最高の大型契約が誕生するのかと言われています。

 

やはり一番は今オフ、FAフリーエンジェント選手の目玉として注目されるワシントン・ナショナルズに所属するブライス・ハーパー外野手でしょ!

 

歴史に残る最高の選手へと駆け上がる19歳でデビューしたスーパースターは、来年どのユニフォームを着ているのでしょうか。

 

今回はメジャーリーグのこれからのスーパースターブライス・ハーパー選手選手をPICKUPしていきましょう。

 

ブライス・ハーパーのwikiプロフィール

名前  Bryce Harper (ブライス・ハーパー)

出身地 アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス

生年月日 1992年10月16日(26歳)

身長 約190cm

体重 約99kg

ポシジョン 外野手

 

ブライス・ハーパー選手の経歴

 

天才

 

この言葉は彼の為にあるのだろう。

 

MLBメジャーリーグ、ワシントンナショナルズ所属で現在FAで注目を集めるブライス・ハーパー選手。

 

ハーパー選手は幼い頃から、天才と称され、驚愕の仰天エピソードがたくさんあり、まさにメジャーの都市伝説男。

 

打ちすぎて年齢詐称を疑われたり、9才にして、助っ人オファーが殺到、

 

12打数12安打・11本塁打と放つなど、←パワプロでも難しいんちゃいます??笑

 

もう天才という言葉しか覚え浮かばないですがw,

 

さらに高校時代にはアマチュア選手としてスポーツ雑誌の表紙を飾るなど、もう高校の時にすでにスーパースター

 

わかりやすく日本でいうと、甲子園で大活躍した現在中日ドラゴンズでプレーしている松坂大輔選手のような存在なのでしょうか。

 

松坂選手もすごかったですがwそんな感じでしょうが、それ以上です高校時代の松坂選手の最上級版みたいな笑。

 

ハーパー選手は2010年のMLBドラフト一巡目、全体一位でワシントン・ナショナルズへ入団。

 

入団2年目の19歳のシーズンで22本塁打を放ち、オールスターにも選ばれ、スターへの階段を着実に成長。

レベルはあれですが、高卒2年目で20本以上放つなんてすごいことですが、あのゴジラ松井秀喜氏も2年目には20本塁打を放っているんですよね。その存在は松坂選手ではなく、日本でいう所の松井秀喜氏のような存在かもしれませんね。

 

圧巻は2015年。シーズン42本塁打を放ち、22歳という年齢でナショナルリーグMVPを獲得。

 

そして今シーズンオフ、FAフリーエンジェントを宣言。歴史の残る選手へと駆け上がる彼の動向に注目ですね。

 

ブライス・ハーパー選手のプレースタイル・特徴

 

ハーパー選手はメジャー史上最高の逸材の人と言われ、なんといっても豪快なバッティングでしょう。

彼の打撃練習を見ていると、あまりにもスイングの速さすぎてちょっと怖さを感じちゃいますよ。それくらいすごいですよ!

 

恵まれた体格から、身体全体を使った豪快なスイング。プレー全てが豪快。そして、見た目も髭を蓄え、長髪にするなど、

見るもの全てを虜にするまさにスーパースター

 

バッティングに注目がいきがちですが、肩も強く、高校時代は捕手で、投手としても活躍。投げては役154キロを記録していますね。

化け物ですね。彼のエピソードを聞くと、すごすぎて笑ってしまいますよねw

 

ブライス・ハーパー選手の移籍先はヤンキースか!?

 

ハーパー選手の移籍先には現在、フィリーズやホワイトソックスなど複数チームが興味をしてしているとされ、その中でもヤンキースではないかとないかと報じられています。

 

ハーパー獲得の契約金は少なくとも10年で総額3億5000万ドル(約400億円)規模と予想され、

 

一説ではその金額近いを用意していると言われています。ハーパー自身、10代で受けたインタビューでヤンキースファンを公言しており、ヤンキースはハーパーと同じポジションでもあるメジャーを代表する強打者で2016年には59本塁打を放った主砲ジャンカルロ・スタントン選手を放出してまでも、獲得に動くのではないかという記事も出ています。

一方、ここにきてロサンゼルス・ドジャーズが獲得するのではないかと報じられています。ドジャーはここにきて、ハーパー選手と同じポジションであるライトのプイグ選手を含めた大型トレードをし、放出。ハーパー選手獲得の為に空けたのではないかという意見もありますが、
やはり報道の中でもあったハーパー選手はヤンキース移籍を望んでおり、そして現ヤンキースのライトで当時マーリンズから獲得したばかりの主砲のスタントン選手はカルフォルニア州出身で西海岸でプレーを望んでいるということもあり、ハーパー獲得の際にスタントン選手を西海岸へトレードするという報道されています。

これは真相は定かではありませんが、すごい話ですよ。

しかしハーパー選手はラスベガス出身。ラスベガスはネバダ州で西海岸寄り。これを考えれば、ハーパー選手が西海岸でプレーを考えることはありえますよね??もしかして、ドジャーズ移籍も可能性としては高いかも。

ハーパー選手の去就が俄然面白い状況ですよ。注目しておきましょう。

 

しかし近年は大型契約が増え、巨額な契約金になるケースが本当に増えましたね。

 

その始まりはメジャーリーグで600本塁打を放ったアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)でしょう。

アレックス・ロドリゲスは2000年オフ、当時所属していたシアトル・マリナーズからテキサス・レンジャーズへ10年300億で移籍。

レンジャーズへ移籍したA-ロッド(彼の愛称)はシアトルに凱旋した時は大ブーイング、球場にお金が舞うなど、同時話題でしたね。

 

それから大型契約で増え、代理人制度により、契約金の高騰など、成績に見合わない契約を勝ち取る選手も出てくるなど、大型契約に問題視する意見も続出していますね。

 

ハーパー選手の契約はどのような内容になるかは定かではありませんが、圧倒的な存在でメジャースーパーでる彼の契約内容は、大型契約になるのは間違いありません。

 

そのハーパー選手の移籍先、契約内容が決まるまで注目していましょう。

 

ブライス・ハーパー選手は大谷翔平選手の憧れ!?

 

そんな注目のハーパー選手ですが、今年、二刀流でメジャリーグを席巻し、新人王を獲得したロサンジェルス・エンジェルス・オブ・アナハイムに所属する大谷翔平選手と打撃フォームが似ていると話題です。

 

大谷選手自身、ハーパー選手に憧れていて、彼のプレーを見るのが好きでビデオでハーパー選手の打撃を研究していると語っており、確かに構える前の肩にバット載せる仕草や、スイング後のフォロースルーは似ている感じはありますね。

 

大谷選手がハーパー選手のプレーを見るのが好きだと聞いた本人は喜んでいましたよね。

 

複数の移籍先が挙がっているハーパー選手ですが、ハーパー選手がネバダ州出身ということもあり、西海岸でもあるロサンゼルス・エンジェルス・オブ・アナハイムに移籍する可能性はありかもしれませんね。

 

大谷選手と同じユニフォームをきて、プレーする姿も見てみたいものですね。

 

噂される移籍候補のヤンキースは髭がダメ、長髪がダメなど紳士球団でも有名ですよね。やはりハーパー選手の魅力は、髭に長髪といったファッショナブルな要素も人気の一つです。

 

エンジェルスのようなチームはアットホームな雰囲気だと言われ、ハーパー選手は出身がネバダ州ですから、西海岸でプレーの方が彼自身マイペースでできる要素は多いのではないでしょうか。

 

エンジェルスでなくても、ア・リーグに移籍して、来年は打者専門で挑む大谷選手とホームラン王の争いが期待できますね。

 

ぜひ大谷選手と共演をみてみたいものですね。

 

ブライス・ハーパー選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

野球の世界最高峰のリーグMLBメジャーリーグ。

 

現在のスーパースターのブライス・ハーパー選手の動向に注目していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です