ドラフト

吉田だいき(日体大)は2019年ドラフト候補!! 右の本格派

 

2019年ドラフト候補

 

吉田大喜(だいき)

 

日体大の好投手。

 

力のあるストレートと制球力が魅力。

 

2019年ドラフトで指名され、憧れの舞台へ。

 

今回は日本体育大学のドラフト候補、吉田大喜投手をPICKUP!!

 

吉田大喜投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/ZKnNQWCgTunSCSG99

名前 吉田大喜(よしだ だいき)

出身地 大阪府茨木市

生年月日 1997年7月27日(22歳)

身長 175cm

体重 75kg

ポジション 投手

吉田だいき(日体大)は2019年ドラフト候補!! 右の本格派

 

憧れの舞台へ

 

https://images.app.goo.gl/vrStNfpxtZE1WgH57

 

大学球界屈指の好投手

 

吉田大喜(だいき)

 

力のあるストレートと制球力で侍ジャパン大学日本代表のセットアッパー。

 

2019年ドラフトでは指名が予想される日体大が誇る右の本格派だ。

スポンサーリンク
 

吉田大喜投手はどんな投手?? 

 

https://images.app.goo.gl/7vLvQ5Wb93Jq9Dn18

 

吉田大喜投手は大阪府出身。

 

白川小学5年生から若鮎スポーツ少年団で野球を始め、

 

東雲中学では2年生から投手に。

 

高校は大阪府立大冠高校に進学。

 

高校1年生の夏からベンチ入りを果たし、控え投手として計4試合に登板。

 

2年生の夏は5回戦、3年生の夏は大阪大会4強。

 

高校時代は甲子園出場とはならず。

 

公立の星として、注目を浴びる存在。

 

https://images.app.goo.gl/yi64L4hHoGT12Uzi9

 

高校野球の激戦区、強豪校犇く大阪大会の中で、

 

公立高校として7年ぶりに4強を果たすなど、高校時代から非凡な才能を発揮。

 

吉田投手は高卒からプロ入りを目指し、プロ志望届を提出するも、指名されず

 

高校卒業後、日本体育大学へ進学。

 

https://images.app.goo.gl/GRT9LAxCEH3NteH36

 

日体大では一年生から秋からリーグ戦に登板。

 

一年生秋には、7試合に登板し、3勝、26回を投げ、防御率1.73をマーク。

 

2年生の夏には右肘に怪我で登板機会が少なかったが、3年生には7試合で防御率0.21など、

 

大学4年生の夏には日米大学選手権大会でセットアッパーとして活躍。

 

5イニングで防御率0.00

 

東都大学リーグ4年間の通算成績は、

29試合 4勝 4敗 87回1/3 78奪三振 防御率1.65

 

高い制球力が魅力で安定感のある、大学球界屈指の好投手。

スポンサーリンク
 

吉田大喜投手の特徴

 

https://images.app.goo.gl/fVyC9Ys9ok38ZBm1A

 

吉田だいき投手は大学球界屈指の右の本格派。

 

身長175センチと大きくはないものの、投手としての総合力の高い。

 

ノーワインドアップからゆっくり足をあげ、くせのない安定感のあるフォーム。

 

ゆったりためを作り姿にはソフトバンクの東浜投手を彷彿とさせるが、吉田投手の魅力は力強い球威あるストレートが魅力。

 

ストレートの最速は151キロ。

 

https://images.app.goo.gl/Nz7f1tKotuMUXeAE6

 

ゆったりした投球フォームから腕のしなりを生かしたフォーム。

 

スピンの効いた力のあるストレートは平均以上で、プロレベル。

 

ストレートと力強さは吉田投手の最大の魅力か。

 

リリースポイントの意識を感じる。前目で投げることで打者に球速以上のストレートの体感与えることができ、吉田投手が空振りの取れるスピンの効いたストレートの秘訣となっている。

 

高校時代から146キロをなげる投手として注目の存在であったが、日体大進学後、2年生の時に右肘を負傷を経験。

 

怪我後、チューブを使った地道なトレーニングにより、3年生の時には150キロ大台に到達。

 

怪我を経験したが、怪我をしっかりプラスにつなげて、持ち味であるストレートは速さ、強さの向上させている。

 

変化球はカーブ、スライダー、フォーム、チェンジアップ。

 

吉田投手は高い制球力でコーナーに投げ分ける力を持っている。

 

メインは151キロのストレートとスライダーとカーブ、フォークの主体の投球スタイルで、変化球のどの球種でカウントが取れ、決め球としても使えるレベルにある。

 

速いストレートが投げることができるが、吉田投手の制球力が生命線と言えるだろう。

 

高い制球力のため、ストレートと変化球共に、きっちり投げ分けることができ、荒削りさがない。

 

投手としてまとまりのあり、完成度が高め。

 

大学球界屈指の実力を持った投手と言えるだろう。

スポンサーリンク
 

2019年ドラフト候補 評価とは

 

https://images.app.goo.gl/ZKnNQWCgTunSCSG99

 

2019年のドラフト候補選手として、成長を遂げた吉田投手。

 

今年のドラフトでは使命が予想されるが、いかに。

 

吉田投手は高校時代にプロ志望届を提出し、プロ入りを目指したが、指名されなかった経緯がある。

 

進学した日体大4年間でしっかり、成長を遂げ、今回は吉田投手自身2度目のドラフトとなる。

 

そして注目のドラフトであるが、今年はドラフト目玉選手、そして素材のいい選手が揃っているだけに、一位指名では競合が多くなると予想される。

 

その中で指名を予想するのは難しいが、吉田投手はドラフト上位での使命の可能性は高いだろう。

 

外れ一位などのタイミングで指名と予想。

 

今年は高校生にタレントが多いだけに、大学球界注目の選手は明大の森下投手など、大学球界の目立つ存在は少ないが、

 

吉田投手も大学4年間で投手としての完成度を上げている。

 

即戦力として期待をできるが、2019年のドラフトではいかに。

 

ドラフトはプロとして第一歩。

 

目標だったプロの世界が近づいてる。

 

憧れの舞台へ。旅立つ時だ。

 

そして注目されたドラフト会議ではヤクルトスワローズから1指名となった。

 

吉田投手には即戦力として、一年から活躍することを期待していきましょう。

 

スポンサーリンク

吉田大喜投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日体大の吉田大喜投手。

 

高校時代からの目標であったプロ入り。

 

大学4年間で成長し、夢の舞台への切符を掴む時。

 

プロ野球選手として第一歩。

 

2020年は即戦力として活躍できるか。

 

今後を活躍を見守っていきましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です