ドラフト

立野和明(東海理化)は2019年ドラフト候補!! 社会人屈指の素材

 

社会人屈指の好投手は2019年ドラフト候補!!

 

立野和明

 

東海理化の右の本格派。

 

社会人屈指の素材として非常に楽しみな存在だ。

 

今回は2019年ドラフト候補、東海理化の立野和明投手をPICKUP!!

 

立野和明投手のwiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/5pKsx95rbyudFdk2A

名前 立野和明(たてのかずあき)

出身地 愛知県豊山町

生年月日 1998年4月3日(21歳)

身長181cm

体重 77kg 

ポジション 投手

立野和明(東海理化)は2019年ドラフト候補!! 社会人屈指の素材

 

https://images.app.goo.gl/55eP7KqNqyHkcqLP9

 

2019年注目の社会人

 

立野和明

 

150キロを超える社会人屈指の右の本格派。

 

今年は高校生に目が一がちになるが社会人のいい素材の投手がいるということ。

 

今回は2019年ドラフト候補、立野和明投手をPICKUP!!

スポンサーリンク
 

社会人屈指の素材型右腕

 

https://images.app.goo.gl/8Yt7ZDPxBQw3y8nF9

 

立野和明投手は社会人屈指の好投手。

豊山小学1年の時に野球を始め、豊山フェニックスでプレー。

 

豊山町はイチロー氏の出身で有名であり、立野投手は小学時代にイチロー氏主催のイチロー杯争奪学童軟式野球大会に出場経験有り。

 

豊山中学時代から硬式野球へ。東海チャレンジボーイズに所属。

 

https://images.app.goo.gl/a89UNNbFS5aPJW1N7

 

中学卒業後は中部第一高校へ。

 

立野投手は一年の秋からベンチ入りを果たし、2年生に秋からエースとして活躍。

 

3年生になると春の大会で10奪三振をマークし、球速の141キロをマークするなど、

 

プロからも注目される存在へ。

 

3年生の時には夏の県大会で1試合11奪三振をマーク。

 

しかし、高校3年間で甲子園出場とはならず、

 

プロ注目の存在であったが、全国的には無名の存在。

 

高校3年生の時点ではプロ志望届を提出せず、社会人野球の道へ。

スポンサーリンク
 

高校卒業後、東海理化へ。

 

https://images.app.goo.gl/yttyameoPWQxvDfA6

 

社会人1年目からリリーフとして活躍し、

 

2年目は先発として、東邦ガスの補強選手として、都市対抗野球大会でプレーし、

 

最速147キロをマークするなど、11月の日本選手権で150キロを計測。

 

その後は社会人日本代表にも選出されるなど、

 

高校時代は全国的には無名ながら、社会人野球で成長し、

 

そして2019年社会人投手としてドラフトでも注目の存在だ。

 

 

スポンサーリンク

立野和明投手はどんな選手?? 特徴は??

 

最速150キロを超える右の本格派。

 

https://images.app.goo.gl/HCBGgEJMkXb1a7c36

 

セットポジションから力のある勢いのあるストレートが持ち味。

 

ボールを勢いや角度がいい。素材的の素晴らしい選手だ。

 

最速は152キロ。

 

高校時代から140キロを超えるストレートを投げていたが、社会人野球に進み、球速も10キロ以上をアップさせるなど、

 

一段と投手として力強さを手に入れていている。

 

変化球はカーブ、スライダー、フォーク、カットボール、ツーシーム、と多彩だが、

 

投球スタイルは持ち味のストレートが主体。

 

立野投手の投げるストレートには力があるのは魅力。

 

https://images.app.goo.gl/TcdqtF8xDMqs6kt28

 

常時140キロを超える力のあるストレートを投げ、荒削りさはなく、フォームにもクセがない印象だ。

 

立野投手自身もストレートには手応えを感じており、調子がいいときはストレートのみで勝負できると語るほど。

 

目指すは藤川球児投手のような初速と終速の差がないノビのあるストレートを手に入れること。

 

投球には安定感をあり、自滅するようなタイプではなく、比較的コントロールはある方だろう。

 

しなやかさや柔らかさが際立つタイプではないが、肩周りの柔らかな印象で、腕のしなりがいい。

 

高校卒業後、着実に力をつけているだけに、将来性のある楽しな投手。

 

現時点でも社会人投手としてはトップクラス。

 

非常に将来性のある投手と言えるだろう。

 

 

スポンサーリンク

立野和明投手は2019年ドラフト候補

 

https://images.app.goo.gl/uRxev7eKJUWSNbxW7

 

社会注目の右腕には2019年のドラフト会議でも注目の存在か。

 

立野投手へのプロのスカウトからの高い評価を得ている。

 

高校から社会人にかけての成長した姿には魅力的であり、これからまだまだ飛躍できるという点には将来を素材型の投手として期待大。

 

プロのスカウトの中にはドラフトでは上位候補。

 

今年のドラフトは高校生の好投手が多いだけに、一巡目は競合が予想されるが、

 

立野投手は全ての国内球団が視察するなど、注目の存在と言えるだろう。

 

早い段階での指名となると予想され、球団によっては一位指名を示唆する球団もあるほど。

 

立野投手は高卒3年目の21歳ということもあり、同年代となる大学3年生と比べても、十分の伸び代を期待する声も。

 

今後の成長にも期待が持てるだけに、

 

2019年のドラフトでは上位指名は確実か。

 

注目されたドラフト会議では北海道日本ハムファイターズ2位指名を受けた。

 

当然、即戦力として活躍が期待。

 

プロ1年目からファイターズにローテーションの一角になれるような素材なだけに、

 

早い段階でのアジャストできるかが鍵である。

 

非常に素材的にも将来性があるだけに、楽しみな素材だ。

 

スポンサーリンク

立野和明投手に関するまとめ

 

2019年のドラフトでは高校生投手が豊作の中、

 

立野投手は、社会人投手としてトップクラスの実力の持ち主。

 

将来的にも期待を持てる投手。

 

どんな展開が待っているのか楽しみだ。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です