和田毅 怪我により引退を決断か!? 日本、メジャーでの成績は??




平成を代表するサウスポーも引退が近づいている。

和田毅

常勝軍団ホークスのエースとして礎を作った男は、

近年、怪我により苦しい日々を過ごしている。

もう一度、一軍のマウンドで輝く姿を。

今回は、福岡ソフトバンクホークス、和田毅投手をPICKUP

和田毅投手のWIki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/xppz7vHrYwiC35iq6

名前 和田毅 (わだ つよし)

出身血 島根県出雲市

生年月日 1981年2月1日(38際)

身長 179cm

体重 81kg

ポジション 投手

和田毅投手の経歴・実績

2000年代最高のサウスポー。

https://images.app.goo.gl/p2xiZezQKgdeq9vY9

和田毅投手は、平成を代表する日本最高のサウンポーといっても過言ではない。

高校は島根県のの島根県立浜田高校出身。

https://images.app.goo.gl/K9J2vCd3nWR7JUXx8

浜田高校時代はエースとして2年、3年生の夏の甲子園に出場。

https://images.app.goo.gl/MRBws85gJvgMCAU47

高校時代は特別秀でた投手ではなく、120キロ台のストレートで活躍。

こう見るとしなやかで独特な投球フォームは当時から変わらないですよね。

スポンサーリンク

その後、早稲田大学へ進学。

https://images.app.goo.gl/jyYHhTBvmKx2oFAK7

そして江川卓が保持していた東京6大学リーグ記録443奪三振記録を更新。

早稲田のドクターKと称され、大学4年生まで476奪三振まで記録の大幅更新。

4年生の時には早稲田大学のエースとして52年ぶりの春夏連覇に貢献。

その後の早稲田黄金期の礎を作った早稲田が誇る大学最高の投手。

しなやかさと独特な間合いも持った投球で、驚異の奪三振を誇る大学最高のサウスポーとしてプロからも大注目の選手。

2003年のドラフト会議で、自由獲得枠で福岡ダイエーホークスへ入団。

ホークス1年目ルーキーながらいきなり14勝。

https://images.app.goo.gl/E1M8uJgpSHSqkzuEA

プロ1年目からプロの打者も翻弄する。大学史上最高の左腕の実力を存分に見せつけた。

そして新人ながら日本シリーズ第7戦で完投勝利。

https://images.app.goo.gl/7W82GHSmwJ4FJEHU9

史上初の新人投手の胴上げ投手になるなど、ダイエーホークスを日本一に貢献する素晴らしい活躍を見せた。

プロ入りから5年連続二桁勝利2010年には最多勝やリーグMVPを獲得、

https://images.app.goo.gl/LegTHS4ZMTXEg6Qm8

ホークスのエースとしてメジャー行く前の在籍9年間で7回二桁勝利。

スポンサーリンク

素晴らしい実績を引き下げて、メジャーリーグに挑戦。

ボルティモア・オリオールズに移籍。

Embed from Getty Images

憧れのメジャーリーグの挑戦であったが、移籍してすぐに左肘靭帯を損傷。

トミージョン手術を行い、オリールズではプレーできなかったが、

その後、移籍したシカゴ・カブスへ移籍。憧れのメジャーリーグのマウンドにたつ。

Embed from Getty Images

しかし怪我もあり、日本時代の思うような投球ができず、それに全盛期を過ぎての挑戦もあり、期待ほどの活躍はできなかった。

その後、古巣ソフトバンクホークスへ復帰。

復帰1年目から15勝を挙げ、2度目の最多勝を獲得。

https://images.app.goo.gl/dKbCaeKZLxCx2TeQ9

復活を見せたが、その後近年は怪我に泣かれ、思うようなプレーができていない。

今シーズンは復活が待たれる日本屈指のサウスポー。

今年でプロ生活13年目。ここまでNPBとメジャー合わせて、通算126勝、奪三振1520を挙げている。

最多勝2回、最多勝率一回、そしてMVP。

常勝軍団ホークスの礎を作った立役者。

成績以上の存在感で華のある選手。記憶に残る名投手だ。
同じホークスでプレーした杉内俊哉としと並び称される平成最高のサウスポー。

平成の時代に輝いた個性豊かな上質で極上のサウスポーだ。

和田毅投手 今シーズンで引退か!?

早稲田大学、そしてホークスで数々の栄光を掴んできた和田毅投手。

https://images.app.goo.gl/3RHV4Te9sgegG7h6A
やはり悔やまれるのがメジャーリーグ移籍後、怪我。

夢のメジャーリーグでは苦しい日々を送ってしまった・・・。

移籍したオリオールズでキャンプから左肘違和感を覚え、開幕から故障者リスト。

その後左肘靭帯損傷が見つかり、トミージョン手術を決行。

契約を結んだオリオールズでは登板することなく退団することとなってしまった。

スポンサーリンク

その後もカブスへ移籍し、復調。活躍を予感させる場面もあったが、

日本時代のような活躍できずに。

https://images.app.goo.gl/hvqkmvb1cYApXqby6

メジャーでは登板試合21試合、そして勝ち星も5勝と、怪我により日本時代のような投球もできず、不本意な日々。

和田投手の手術後はストレートが通用しなくなったと語っている。

思うような投球ができない中、それでもメジャーの強打者に対抗。プレー中に投球の幅を持たれるためにカットボールとツーシームを習得している。

メジャー移籍後のすぐの怪我により、マイナー暮らしが長かった和田投手。

Embed from Getty Images

しかしその時の経験は自分自身の野球人生、人生の上で良い経験であったと、苦しかったことを糧に前を向き、しっかり経験を生かして、
その後怪我から復帰し、カブスでメジャーリーグのマウンドで投げることに繋げた和田投手のメンタリティーは素晴らしいものがある。

しかし、和田選手の怪我がなければ、

Embed from Getty Images

極上の投球術をメジャーの舞台でも見ることができたのかもしれない。

それだけ和田投手がマウンドでの魅力的。

豪速球があるわけではないのに、彼が登板する機会があれば見たくなる。

上質で華麗でしなやかさは、見るもの魅了するプロフェショナル。

トミー・ジョン手術は完全復活まで2年かかると言われている。メジャー時代は怪我明けということもあり、思うような投球ではなかった。

その後古巣ソフトバンクに復帰し、復帰位1年目で15勝を上げる貫禄を見せたが・・・

完全復活と思われたが、2017年は開幕投手は務めたものの、怪我、肘頭骨棘切除術と診断され、すぐさま手術を受けて、長期離脱を余儀なくされた。

その後の2018年もキャンプから不調が続き、結局一軍登板がないままシーズン終了。

今シーズンもここ数年の左肩痛からの復活を目指している。

先日、実践復帰登板。3回まで投げるなど、着実に前進している。

https://images.app.goo.gl/V8ZQAwHygb58Gdk17

今シーズンの一群のマウンドへ復帰し、に投げることを目指しているが、現時点でも復帰のメドが立っていないのが現状。
同志でもあるホークスのWエースとして活躍し、ジャイアンツに移籍した杉内俊哉投手も晩年は左肩痛で3年間登板できずに引退してしまった。

スポンサーリンク

和田投手も同じ道を辿るのだろうか。

https://images.app.goo.gl/Uvu6jNEPUjJW5tHX8

現在も苦しい状況が続いている。

このまま、引退となってしまうのか・・。

プロ野球界を引っ張ってきた松坂世代がまた一人・・・。

和田毅投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

平成を代表するサウスポー、和田毅投手。

再び、マウンドへ帰ってくる。

そして軽やかな上質なピッチングを見れることを願って・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする