野球

岩本大地 (石岡一高)は今年のドラフト候補!? スカウトの評価は!? 出身中学、球速、特徴は?? 憧れは吉田雄星

 

今年の春のセンバツでは21世紀枠で出場する石岡第一高校

 

その中にプロ注目の逸材がいる

 

岩本大地

 

150キロに迫るストレートを武器に今年のドラフト候補の一人

 

甲子園のマウンドで全国の強豪相手に勝負を挑む

 

今回は21世紀枠で出場する石岡一高の岩崎大地投手をPICKUP

 

岩本大地投手のWIki的プロフィール

 

名前 岩本大地 (いわもとだいち)

出身地 茨城県石岡市

生年月日 2001年生まれ (17歳)

身長 174cm

体重 80kg

ポジション 投手

 

岩本大地投手の経歴

https://goo.gl/images/dQZb4d

石岡市立小幡小学校→石岡市立八郷中学校→石岡第一高等学校(造園科)

 

小学校2年生から軟式野球を始め、中学校では八郷中の軟式野球部にで所属し、

 

中学3年生のときには茨城オール県南クラブに選抜され、全国大会でベスト4を経験。

 

石本投手には進学する際に私学からの誘いがあったものの、小学校から石岡一高の試合を見てきたこともあり、石岡一でプレーをしたいという希望から、石岡一高を選んだ。

現在石岡一の主将を務める酒井選手とはオール県南でのチームメイト。

お互い甲子園を目指し、誘い合っての進学したというエピソードも。

スポンサーリンク
 

中学卒業後は茨城県立石岡第一高校に進学。

 

石岡一に進学して、まもなく1年生の春からベンチ入り。

 

岩本投手は一年生ながらストレートは140キロを超えており、

石岡一の川井監督は岩本投手のことを、指導者になって見た中での一番のピッチャーであると語っているだけに、

入学した時点で球速が140キロを超えている自体すごいことで、投手としてのポテンシャルの高さは入学当初から光るものがあった。

 

茨城県大会準々決勝で先発を任され、完封勝利を果たすなどし、

 

秋の新チームからチームのエースとして。

 

https://goo.gl/images/icdzVY

2年生の春の県大会では当時自己最速の146キロと投手として着実に成長をみせている。

 

しかし2年生の春に右肩の故障し、7月にも右足の怪我もあり、その影響もあってか2年生の夏の大会は4回戦で敗戦。

 

しかし秋の新チームになり、エースとして躍動する。

 

秋の大会では明秀日立、土浦日大、藤代には惜しくも敗れたものの、県の強豪を力投をみせ、
3試合での防御率が2点台と、特に土浦日大戦では912奪三振は圧巻のピッチングを披露し、茨城県大会でベスト4に進出する立役者として貢献。

 

秋の大会では、投手としての一段と成長する姿を見せる活躍。

 

https://goo.gl/images/nvQPbv

そして3月に開催される甲子園センバツ大会では21世紀枠での出場を果たした。

 

小柄であるが、ポジションの高さからプロ注目の投手の一人。

 

今年のドラフト候補選手である。

 

岩本大地投手の特徴

 

最速147キロを誇る右の本格派

 

https://goo.gl/images/nJEiYt

岩本投手は身長174センチと小柄な部類に入るが、鍛えられたがっちりとした体格で、しっかりと体全体を使った躍動感のある投球フォーム。

スポンサーリンク
 

鍛えられた安定した下半身があるからこそ、力のあるボールを投げることができ、しっかり腕を振れて、安定間のある投球フォーム。

 

持ち味のストレートのキレがあり、伸びも十分。

 

https://goo.gl/images/eCFmF2

最速は147キロだが、140キロ台のボールをコンスタントに投げれる馬力のある投手。

 

変化球は100キロ台のカーブ、カットボール、スライダー、チェンジアップと球種も多彩。
持ち味のストレートを主体に、スライダーとチェンジアップを決め球にも使える。

 

しかしやはり最大の魅力はストレート。

 

https://goo.gl/images/vYMyYg

制球力は課題であり、投球のばらつきがあるものの、投げっぷりの良さは魅力の一つ。

 

今年一年でまだまだよくなるはず。ストレートも150キロ超えも時間の問題か。

課題であるコントロールの制度が上げることができれば、投手としての引き出しも増え、投手としての総合力も高まる。

投手として全体的なレベルアップが期待できる。

 

小柄であるが、ポジションの高さでプロ注目の選手。

 

今年のさらなる飛躍が期待される楽しみな選手だ。

 

 

岩本投手は2019年ドラフト候補 スカウトの評価は

 

https://goo.gl/images/ejEfXG

最速147キロを投げる岩本投手はプロ注目逸材。

 

やはり持ち味でもストレート、そして三振をとれる点は魅力。

 

今年のドラフト候補選手としても注目されています。

 

現時点で具体的にプロのスカウトからのコメント等はないものの、素材のよさポテンシャルの高さでの評価されているはず。

ドラフトでは確実に指名されるかは定かではないものの、将来性を見込まれての指名される可能性は十分ある。

スポンサーリンク
 

今年の3月の選抜での投球内容次第では評価も上がるだけに、岩本投手にとってはターニングポイント。

 

https://goo.gl/images/36anRq

甲子園のマウンドで躍動して、自身の評価を高める投球、大車輪の活躍を期待しましょう。

 

岩本大地投手の憧れは吉田輝星

 

https://goo.gl/images/whqX8a

今年の選抜大会には21世紀枠で出場する石岡一高のエース岩本投手。

 

今年のドラフト候補選手にまで成長することができたのは憧れの存在の影響もあったみたいですね。

 

それは昨年の夏の甲子園を沸かせ、今年日本ハムファイターズに入団した吉田雄星投手。

 

https://goo.gl/images/veZDyA

岩本投手は二年生の夏の大会でコールド負けを経験したことにより、自身の投球を見直しきっかけとなり、

その際に憧れである吉田輝星投手の投球フォームを参考に、投球フォームの改善に取り組んだとのことです。

吉田投手と自身と体格や投球スタイルの共通点もあったことによりお手本にし、ストレートに頼りすぎていた自身の投球スタイルの改善に繋がったとのこと。

スポンサーリンク
 

同じ農業高校である吉田投手の甲子園での活躍は励みになり、吉田投手の動画を繰り返し見て、

 

憧れの吉田投手を目指し、下半身強化や走り込みにも積極的に取り組んだことにより、秋の大会で躍動に大きく貢献できたのこと。

 

現在のドラフト候補まで成長できたのは憧れの存在があったからこそかもしれませんね。

 

岩本大地投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

3月のセンバツでは21世紀枠での出場ですが、そんな中でもプロ注目の岩本投手。

 

念願の甲子園出場となりますが、持ち味のストレートで躍動する姿を。

 

プロのスカウトを虜にするような投球を期待しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です