野球

前川夏輝(なつき) 津田学園の主砲はドラフト候補!? 特徴は??

 

津田学園の主砲は、2019年ドラフト候補!?

 

前川夏輝。

 

津田学園の攻撃の要、四番として昨年の秋から飛躍をとげたスラッガー。

 

3試合連続ホームランを放つなど、注目選手。

 

今回は津田学園の注目選手、前川夏輝選手をPICKUP!!

 

前川夏輝選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/KRwamL

名前 前川夏輝 (まえかわ なつき)

出身地 三重県津市

生年月日 2001627

身長 178cm

体重 86kg

ポジション 二塁手・一塁手

前川夏輝(なつき) 津田学園の主砲はドラフト候補!? 特徴は??

 

 

https://images.app.goo.gl/ohm1dFkky8AnCpta6

 

津市立白塚小学校(白塚バッファローズ)→津市立一身田中学校(津ボーイズ)→津田学園高校

 

前川選手は小学校4年生からを白塚バッファローズでソフトボールを始める。

 

小学校3年生まではサッカーをしており、膝の怪我によりソフトボールに打ち込んでいた弟の影響もあり地元のソフトボールチームでプレー。
そのきっかけにより中学から野球の道へ。

 

中学時代はシニアで津ボーイズでプレー。

 

ポジションはサードで、中学から始めた硬式野球では選手として頭角を現し、全国大会も経験。中学生ながら注目の存在だった。

実力が認められ、多くの強豪校から誘いがあったものの、その中の一つでもある津田学園の佐川監督の人柄に惹かれ、津田学園を選ぶ。

 

スポンサーリンク
 

 

中学卒業後は、三重県の津田学園へ進学。

 

津田学園では1年生の夏からベンチ入りするなど、1年生のときには津田学園は県大会を勝ち上がり甲子園に出場甲子園メンバーとしてベンチ入りを果たしている。(試合には出場していない)。
一年生ながら高いポテンシャルを魅せていたが、レギュラーは獲得できずにいた。

 

2年生の夏には出場できずにチーム初戦敗退。

 

そして同年の秋になり、選手として飛躍することに。秋の新チームになってからセカンドのレギュラーを獲得。

 

https://goo.gl/images/FiAoF6

持ち前のポテンシャルを発揮し始め、主に4番を務めるまでの存在に。強打を発揮する強打を放つ津田学園の攻撃の要へ急成長を遂げた。

 

レギュラーを獲得してから13試合でホームラン4本、打率、439、打点16を記録するなどチームを牽引。
東海大会では、3試合連続ホームランを放つなど選手としても急成長をみせる活躍。

 

チームの4番として東海大会を準優勝に導き、今年2019年の選抜甲子園にも出場に大きく貢献。

 

津田学園の攻撃の柱として3月に開催される春のセンバツではチームキーマンとして活躍が期待される存在であったが、

 

チームは初戦で敗退と悔しい結果。

 

しかし夏の甲子園には再び、帰ってきた。

 

https://images.app.goo.gl/bGWaZA4J9QPWSRRY8

津田学園の4番として、チームの甲子園上位進出に貢献できる打撃を見せるか。期待が高まる。

 

同チームのエースで148キロを誇る前祐囲斗投手と共に注目選手。

 

そして智辯学園の1年生の4番、前川右京選手は弟と甲子園で兄弟対決が実現なるか。

 

 

前川夏輝選手の特徴

 

東海地区屈指の右の強打者

 

https://goo.gl/images/w1A98K

178センチ、86キロとガッチリとした体格から強打が魅力の津田学園の四番。

 

ドシッとした下半身でクセのないな打撃フォーム。

バットを少し揺らしながら、足を上げてタイミングをはかる。無駄な動きを省いたシンプルなスタイル。タフなエンジンでパワーが持ち味。

大きな反動で飛ばすタイプではないが、それはパワーがあるからこそできること。

 

しっかり振り切ることができ、力強いスイングから強烈な打球を弾き返す、

 

https://goo.gl/images/FiAoF6

高校生トップクラスの強打を誇るセカンド。

 

前川選手自身は、ホームランバッタではないと語っているものの、パワーが持ち味で右打者ながら右中間へのホームランを打てる馬力のあ理、体の強さも魅力だろう。

 

入学当初から身体つぐりを徹底し、72キロから86キロへ増量ひ、パワーアップにも成功している。

体格も一回り大きくなり、技術、体力とも成長著しい。ここ数年のトレーニングの成果で着実に成長遂げている。

 

スポンサーリンク
 

 

前川選手が一気に飛躍したのは昨年の秋。

 

選手として一年からベンチ入りするなど、潜在能力の高さは示していたが、出場機会は数えるほどであった。

それまで腐らず練習に取り組む姿勢には監督も評価している。練習では3キロのバットを素振りに使うなど毎日の振込を欠かさなかったことが飛躍につながった。

 

柔軟なバッティングもできる一面も。

 

https://goo.gl/images/FiAoF6

パワーだけではなく、コースに逆らわないバッティングができ、広角に打ち分けるだけの対応力もある。

 

遅咲きではあるが、これから注目の存在。

 

3月に開催されるセンバツでのプレー次第では、一躍注目の株へと躍り出るかもしれない。

 

前川夏輝選手はドラフト候補!? スカウトの評価は!?

 

https://goo.gl/images/rp4trL

昨年の秋の県大会、東海大会で一躍成長を遂げたこれからが期待の前川選手。

 

東海大会で3試合連続ホームランを放つなど、一躍その名を知らしめた。

 

しかしプロのスカウトからは具体的な評価はなく、現時点では見守っているというのが現状だろう。

 

まだ高校通算10本塁打ではあるが、昨年の秋の新チームからホームランを連発するなど飛躍を遂げただけに、これからが注目といったところか。

スポンサーリンク
 

前川選手のポジションはセカンド。長打が打てるセカンドとして魅力に映るはず。

 

秋のドラフトまでに選手としてプロのスカウトの目に止まる活躍ができるかが鍵となる。

 

現在は注目度は高くないものの、まだまだ成長過程であるし、今年のドラフトにかかるのがゴールではない。
大学へ進学し、選手としてスケールアップし、プロを目指すこともできる。

 

これから楽しみな存在と言えるだろう。

 

打てるセカンドは貴重価値な存在なだけに、

 

まずは3月に開催されるセンバツでのプレーを注目していきましょう。

 

スポンサーリンク
 

前川夏輝選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

右のスラッガーとして注目存在へ期待が高まる前川選手。

 

津田学園の四番として急成長した作の年の秋。今年のどこまで成長を魅せてくれるのか楽しみな存在。

 

エースの前祐囲斗投手と共に津田学園の躍進をみせつけてくれるだろうか。

 

甲子園で大活躍し、一躍ドラフト候補へ

 

今後の活躍、動向に注目しましょう。

 

POSTED COMMENT

  1. 右京ファンクラブ会員2 より:

    即訂正 ありがとうございます
    バッファローズにメンバーが増えますように

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です