上田綺世 五輪日本代表FWの評価やプレースタイルをPICKUP!!




五輪日本代表の次世代のストライカーのプレースタイルは??

上田綺世

大学生ながらアンダー世代の日本代表として結果を残している、

期待のフォワード。

今回は次世代の日本代表候補、上田綺世選手のプレースタイルをPICKUP!!

上田綺世選手のWiki的プロフィール

名前 上田綺世 (うえだ あやせ)

出身地 茨城県水戸市

生年月日 1998年8月28日(20歳)

身長 182cm

体重 76kg

ポジション フォワード

上田綺世 五輪日本代表FWの評価やプレースタイルをPICKUP!!

将来の日本代表候補。

https://images.app.goo.gl/qVYEAsUJDhKeHSuA6

そして、来年の東京五輪日本代表候補でストライカーとして注目株。

上田綺世

現在は法政大学に所属しながら、

2021年のJリーグ鹿島アントラーズに入団が内定するなど、

世代屈指のストライカー。

昨年、森保監督が日本代表監督に就任し、五輪の監督の兼用している中、

上田綺世選手は五輪代表では最多の15得点をあげ、

https://images.app.goo.gl/Tqw4L9a8hcS53kaN9

一躍、五輪代表のエース候補として名乗りを上げた。

上田綺世選手は、大学生として日本代表へ選手と果たすなど、

これからの活躍が期待されているが、

上田綺世選手はどんなプレースタイルを持った選手なのだろうか。

スポンサーリンク

今回は次世代の日本代表候補、上田綺世選手のプレースタイルをPICKUP!!

https://images.app.goo.gl/fruFitDmXdVUR4qj8

上田綺世選手は主にセンタフォワードのポジション。

プレースタイルは相手ディフェンダーとの駆け引き、裏への抜け出しや、

味方選手との連動の中からゴールを狙うストライカー。

ドリブルで仕掛け、個人技や試合を組み立てるながら勝負するタイプではなく、ペナルティーエリアで動き出しで違いを作って得点を狙う選手。

身長182センチと長身を生かし、

50mを5秒台で走るスピード、

そして、跳躍力、パワーも兼ね備えており、

特に動き出しで勝負でき、連動性の高いプレーもできるだけに 総合力の高さもある。

決定力は世代屈指。

その決定力は昨年の5月からのトゥーロン国際、8月のアジア大会で持ち味を発揮し、

森保監督が主任後、五輪代表候補選手の中で最多得点を挙げるなど、

 一躍を飛躍を遂げた。

https://images.app.goo.gl/MaxNVPYUZNEzWhzj6

これからプレースタイルに磨きをかけ、さらなる飛躍が期待される選手だ。

茨城県出身の上田綺世選手は、父の影響で始めたサッカーで頭角を現し、

現在、入団が内定している鹿島アントラーズのジュニアユースのノルテに在籍。

しかしながら、中学生から鹿島のユースへ昇格を夢見ていたが、

中学時代の成長期もあり、成長痛に苦しいみ思うようにサッカーをすることもできなかったこともあり、

クラブのユースは卓越した実力のあるものだけが昇格できる狭き門。

上田綺世選手は、ユース昇格できず、挫折を経験。

https://images.app.goo.gl/sjgY7v1JqkdYCLPJ9

上田綺世選手はJのユースではなく、高校サッカー界へ。

入学した鹿島学園では10番をつけ、高校サッカー選手権大会にも出場するも、Jリーグのスカウト注目されず、声がかからず。

スポンサーリンク

その後、法政大学へ進学。

この大学進学が上田綺世選手の転機となる。

大学進学まではフィジカルの成長苦しんでいたが、

それまで小柄だった身長も大学進学時には180センチ台になり、身体的に成長したことによりプレースタイルが活きるように。

 一年生から主力として活躍。

https://images.app.goo.gl/s1UHyQdYXZ1cDTHd9

成熟したフィジカル面、そしてストライカーとして得点にこだわることで結果を残し、

大学2年生の時には法政大学を42年ぶりの全日本大学サッカー選手権大会で優勝に貢献。

大学屈指のストライカーとしてプロ注目の存在へ。

もともと身長が低かった上田綺世選手は、

体格に勝る相手に対して、一瞬で抜け出すプレーや、動き出しで得点を狙うことを意識し、己のプレースタイルを磨きていた。

しかし大学に入り、身長が伸び、フィジカル的に成長もあり、

ヘディングや体格を生かしたプレーをこなせるようになったことが、

プレースタイルの幅を広げ、スピードとパワーを兼ね備えたことにより、

大学の枠を飛び越えて、U-世代の日本代表でも得点を量産できる選手と変貌を遂げた。

https://images.app.goo.gl/FLG8zTc8mWWCP13P6

上田綺世選手は10代に培っていたプレースタイルが、大学生になり身体的な成長と合わさり、ストライカーとしての総合力のあげたことにより、飛躍に繋がった。

アンダー世代でも結果を残している注目株は、

今年のコパアメリカで東京五輪世代メンバーで、構成された日本代表にも大学生として唯一選出されている。

大学での飛躍が、アンダー世代の日本代表にまで名を連ねる存在に成長した。
大学生ながら、結果を残してきたからこそ。現在の立ち位置。

東京五輪代表として昨年から結果を残し、

 活躍が期待されるが、まだ代表メンバーが確定しているわけではない。

東京五輪のメンバーの枠は18人。

東京五輪のエース候補として期待されていたジュビロ磐田の小川航基選手が怪我から復調してきていることもあり、

https://images.app.goo.gl/ZhTo8mVM4qG5VjYT8

これから序列は変わってくるかもしれないが、上田選手は現時点では一歩リードか。

松本山雅FCの前田大然選手やコンサドーレ札幌の岩崎悠人選手とライバルとなる選手も結果を残しているだけに、

https://images.app.goo.gl/Goafftt1sc4Jux6U6

そして東京五輪本大会では久保建英選手や堂安律といった日本代表の主力組、そしてOA枠も加わってくるはずなだけに、

今年は勝負の年となる。

五輪世代で結果を残し、東京五輪のエースストライカーとして期待が高まっている。

スポンサーリンク

そして将来的にA代表へ本格的に選ばれる存在になってもらいたい。

https://images.app.goo.gl/KYKaooV71YyLX5FF6

大学生ながら日本代表に名を連ねるだけのポテンシャルを秘めている選手なだけに、この後の大化けすることを期待できる。

上田綺世選手は世代代表では最多得点をマークしていることもあり、

森保監督も高く評価してる。だからこそ、コパアメリカでも召集されたわけだが、今回のコパアメリカの日本代表は五輪世代の底上げ。本当の日本代表ではないだけに、

この機会を成長するために活かして、本当の日本代表へ選出される存在になってほしい。

現在、開催されているコパアメリカの日本代表では第一戦のチリ戦で先発出場を獲得。

幾度となくチャンスがあったが、決定器で逃してしまっていた。

https://images.app.goo.gl/rrXab5ajMAFa5T5F7

何度も決定的な場面を外していただけに、批判的な声も上げっていたが、

しかしながら、持ち味の裏抜けの動きを見せ、シュートチャンス得る場面はあり、

確かに得点を決めるべきところで外していたが、

強豪チリ相手に随所に持ち味はみせていた。

劣勢の状況でチリから押される場面でも、そして前線からのプレス、守備の時も両サイドが戻れない時にカバーに入るなど、

厳しい状況の中、対応しているチームに貢献しようという動きをしていたことは評価できるであろう。

しかし、いきなり前回優勝のチリ相手は厳しいところもあるが、

悔しい敗戦となったが、

トップレベルの南米勢との戦いから学ぶべきことは多いだろう。

上田綺世選手はチリ戦では得点を奪うことはできなかったが、

動き出しの部分でやれる感覚を持ったはず。

今回の経験をしっかり糧にして、チリ戦で見せた動き出しを続けて、チャレンジしてもらいたい。

大事なのは自分を信じること。

貪欲に求めれば、自ずと結果がついてくるだろう。

https://images.app.goo.gl/vZaBCFfV7Fg2VFQ96

上田綺世選手にとって、コパアメリカが選手として覚醒する機会になってもらいたい。

次世代の日本代表候補。

さらなる高みを目指して欲しい。

上田綺世選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

世代屈指のストライカー、上田綺世。

今回のコパアメリカでの経験を成長に繋げて欲しい。

ストライカーとして飛躍を。

日本代表を背負う選手に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする