Jリーグ

前田大然 スピードが武器!! 快速FWの評価やプレースタイルをPICKUP!!

 

スピードが武器!!

 

Jリーグ屈指のスピードスター。

 

持ち味のスピードを活かし、ピッチを駆け巡る

 

東京五輪世代の期待のフォワード。

 

ワイルド韋駄天。

 

前田大然

 

コパアメリカで代表初選出。

 

今大会で結果を残し、A代表本格参戦だ!!

 

今回は、松本山雅FC所属のJ屈指のスピードを誇る前田大然選手をPICKUP!!

 

前田大然選手のwiki的プロフィール

 

名前 前田大然 (まえだ だいぜん)

出身地 大阪府南河内郡太子町

生年月日 1997年10月20日(21歳)

身長 173cm

体重 67kg

ポジション FW フォワード

前田大然 スピードが武器!! 快速FWの評価やプレースタイルをPICKUP!!

 

ワイルド韋駄天。

 

 

 

J屈指の快速はコパアメリカで持ち味のスピードで飛躍を目指す。

 

東京五輪世代の期待のスピードスター。

 

前田大然

 

持ち味のスピードを活かし、

 

獲物をだけ狙う野生の猛獣の如く、野性味溢れるワイルドな風貌で、

 

見た目はラガーマンみたいだがw、

 

ピッチを駆け巡る韋駄天。

 

貪欲にゴールだけに突き進む、J屈指のスピードスター。

 

201年、松本山雅FCでJリーグデビュー。

 

翌年の水戸ホーリーホックへレンタル移籍し二桁得点を挙げ、ブレイク。

 

2018年に古巣に復帰。松本山雅FCでさらなる飛躍を目指す。

 

トップスピードに乗った彼は相手ディフェンスの驚異。

 

https://images.app.goo.gl/HSjPMJpkZpjdvThaA

爆発的なスピードを武器に勝負を仕掛ける、これからが期待のストライカー。

スポンサーリンク
 

今回はJ屈指のスピードを掘る前田選手のプレースタイルをPICKUPしていきましょう。

 

前田大然 評価は?? 武器はスピード!!

 

前田大然選手は持ち味のスピード。

 

ドリブルで果敢に仕掛けるJ屈指のスピードスター。

 

https://images.app.goo.gl/mmxNSZV28aQT7FLn9

そのスピード、推進力の力強さは目を見張るものがある。

 

前田選手の持ち味のスピードは、50メートルを5秒9で走る俊足の持ち主。

 

その一瞬の瞬発力、スプリント力はJリーグ屈指。

 

https://images.app.goo.gl/aXpBN6M7Qd8KAEXb9

1試合でのスプリント力はリーグでもトップクラスの数値を叩き出し、突出している。

 

縦への推進力、爆発力なスピードは前田大然選手の最大の持ち味。

 

足元の技術はうまくはないものの、トップピードの乗れば脅威。

 

フィジカルも兼ね備えているだけに、競合いに負けない強さもある。

 

やはり競合いでもスピードと力強さを発揮し、一対一でも勝負できる馬力の強さは魅力的。

 

前田選手はパワフルなストライカーだ。

 

https://images.app.goo.gl/P4qhTkSVfaHK15Jw7

貪欲にゴールへ突き進む推進力を持っている選手だ。

 

そして前田選手は前線からの守備意識も高く、

 

持ち味のスピードで前からのプレッシャーは効果的。

 

前田大然選手のスピードは驚異だ。

 

しかし、前田大然選手はフォワードとして課題も多い。

 

もっと得点を奪える選手になって欲しいところ。

 

ただ確かにスピードはJリーグ屈指であるが、

 

前述した足元のテクニックは高くなく、シュート精度はある方ではない。

 

前田選手がさらなる飛躍するために、

 

https://images.app.goo.gl/Ky4ar5QvtmAsqdn58

まずゴールを奪う力を身につけなければならない。

 

ゴールへのフィニッシュの制度は前田大然選手の1番の課題といってもいい。

 

そして得意のスピードは見事だが、

 

裏抜けの動きがうまくない。持ち味のスピードを生かすためには攻撃の引き出しが少ないだけに、ドリブルも単調になってしまう。

スポンサーリンク
 

シュート精度が低いのが、Jで突き抜けらない要因と言えるだろう。

 

相手が得意のスピードは相手の脅威になるが、スピードを活かすようなもう一つアクセントが欲しいところではあるが、

 

しかし前田選手のスピード、縦への突破力は魅力的。

 

https://images.app.goo.gl/1UtSiXQuqDLNTgwC7

持ち味のスピードを活かすには、ポジションはトップ、前線ではなく、サイド、ウインガーとしての力を最大限に活かせるように感じるが、

 

現在、バルサBへのレンタル移籍の噂が浮上。

 

爆破的なスピードをもつ前田選手をバルセロナは高く評価しているということか。持ち味のプレースタイルが評価され、それだけスピードは魅力的なのだろう。

 

しかしながらチームには前田大然選手のスピードは大きな武器になる。

 

現在、前田選手はアンダー世代の日本代表のメンバー。

 

今回の6月のコパアメリカの日本代表に選出されているが、コパアメリカは若手主体。

 

来年の東京五輪のメンバーの底上げを兼ねており、だからこそ、若手主体のメンバー。

 

前田選手はまだまだA代表レベルにはないのが現状。

 

前田大然選手がさらなる飛躍を目指すために、もう二皮くらい成長して欲しい。

 

持ち味のスピードを魅せつける最高の機会。

 

https://images.app.goo.gl/Xn4nrV5vjEx91MaW7

今回選ばれたコパアメリカでは経験値を伸ばすには最高の舞台だ。

 

今回のコパアメリカのメンバーには、

 

岡崎慎司選手が代表に選ばれており、

 

岡崎選手の高い経験値は今回の若手主体のメンバーに大きな力なるはず。

 

https://images.app.goo.gl/XBtM2ambsuukveNP6

 

岡崎選手はドイツ、プレミアで活躍、日本代表を長年引っ張ってきた、

 

今や、レジェンドクラスの日本屈指のストライカー。

 

岡崎選手は得点能力は高くないものの、泥臭く、

 

周りを使うのもうまく、裏抜けもうまく総合力の高いストライカーなだけに、

 

前田大然選手には岡崎選手は大きな手本になるはずだ。

 

しかし前田選手はJ屈指のスピードを持っているからこそ、

 

シュート精度を向上が必須だ。

 

一対一は強さはあるだけに、フィニッシュの精度が上がれば、得意のスピードと得点力を身につければ、鬼に金棒。

 

J1で二桁得点を取れるような存在にスケールアップして欲しいところだ。

 

https://images.app.goo.gl/JiEFuUAxMDAVuH688

スピードを活かし、さらなる飛躍を遂げれば、面白い存在になる。

 

今回のコパアメリカでは南米の強豪国相手。

 

アンダー世代には経験できないレベルの選手たちとのマッチアップが待っている。

 

勝敗ももちろん大事だが、選手として飛躍するために最高の機会といってもいい。

 

コパアメリカで大きく変わる大会になるかもしれないだけに、

 

前田選手には結果にこだわって、貪欲にゴールを奪って欲しい。

 

持ち味のスピードは十分通用するだろう。

 

今回スタメン出場する期待をあるはずなだけに、二列目には中島翔哉選手、久保建英選手といった創造性溢れる選手がいるだけに、

 

前田選手を持ち味のスピードを引き出してくれるはずだ。

 

前田大然選手は、現在の日本代表にはスピードタイプのFWは少ない。

 

先日、エルサルバトル戦で2ゴールを挙げた永井選手もスピード活かした選手。似たタイプだが前田選手は永井選手を超える存在になれば、

 

A代表に割って入るチャンスは大いになる。

スポンサーリンク
 

スピードに特化した選手は森保監督の好みの選手。

 

前田大然選手の得意のスピードと競合いで勝負を仕掛ければ、チャンスはある。

 

ノーマークの存在である前田選手は持ち味のスピードは南米勢には力を発揮する予感。

 

特に得意のスピードでファーストチャンスをいかにものにするか。

 

https://images.app.goo.gl/uva1DvjvzC5cyWSj7

案外、コパアメリカでは面白い存在としてブレイクするかもしれない。

 

前田選手自身もコパアメリカで、

 

持ち味のスピードだどこまで通用するのか、試してみたいところだろう。

 

今回の代表で大きな成長する場になってもらいたい。

 

前田大然選手は昨年のアジア大会では準決勝で相手選手から悪質なタックルにより、約2ヶ月戦線離脱するなどしただけに、気をつけてもらいたいところだ。

 

きっかけをつかめば、大化けの予感。

 

https://images.app.goo.gl/tY1as4UZwBLdbjTJ6

前田大然選手のスピード、そして身体能力を活かした、そのポテンシャルの高さを輝きを放てば、面白い存在になる。

 

持ち味のスピード、そして競合いに負けない強さを、

 

コパアメリカでも魅せてくれ。

 

飛躍する最高のチャンス。

 

期待している。

 

スポンサーリンク
 

前田大然選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

J屈指のスピードを誇る前田大然選手。

 

現在は、東京五輪世代ではあるが、

 

今回のコパアメリカでは持ち味のスピードを最大限活かし、

 

ワイルド韋駄天が日本代表を引っ張る存在へ。

 

さらなる飛躍を期待したい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です