サッカー

堂安律 移籍は?? 久保建英の台頭でポジション剥奪!?

 

移籍はあるのか??

 

久保建英にポジションを奪われてるかも。

 

日本代表の期待の期待の若武者が現在、苦しい日々を送っている。

 

堂安律

 

今シーズンは代表、クラブチームとも期待通りの活躍ができず、

 

伸び悩んでいる。

 

期待値が高いだけに世間の評価も厳しいものとなっているが、

 

ここからが堂安律という男の本領発揮。

 

さらなる飛躍するために移籍しスケールアップを目指して。

 

日本最高の選手になると豪語した男は、

 

このままでは終わらない。

 

久保建英に負けるな!!

 

今回は日本代表の堂安律選手の現在や移籍についてPICKUP!!

 

堂安律選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/TXQ8A9GPjRehHVpe9

名前 堂安律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地 兵庫県尼崎市

生年月日 1998年6月16日(21際)

身長 172cm

体重 70kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

所属クラブ FCフローニンゲン

堂安律 移籍は?? 久保建英の台頭でポジション剥奪!?

 

https://images.app.goo.gl/ypdDbco12QDw2Dy28

 

今や、日本代表の顔になる存在として、

 

成長著しい期待の若手選手。

 

堂安律。

 

170cmと小柄ではあるがフィジカル、ボディーコンタクトに優れて、

 

持ち味のドリブルで積極的に仕掛ける日本屈指のアタッカー。

 

今や、日本代表での存在感は抜群。

 

G大阪の下部組織からトップデビューを果たし、

 

2017年にオランダリーグ1部、フローニンゲンに移籍。

 

移籍一年目からレギュラーを獲得し、9得点をマーク。

 

https://images.app.goo.gl/5MdWpjKrXL5LUfib6

オランダでも一躍、飛躍をとげ、欧州でも若手注目選手の一人として人気銘柄。

スポンサーリンク
 

昨年、A代表に初招集され、

 

現在では日本代表の右サイドのレギュラーを獲得するなど、

 

https://images.app.goo.gl/dZ6CJXBAKRuJjKJ68

もっとも勢いのある日本人選手である。

 

そんな堂安律選手は若手日本選手として、

 

これから日本代表を背負って行くほどの選手ではあるが、

 

現在は少しばかり、スランプに陥っている印象だ。

 

堂安は日本代表や所属のフローニンゲンでは右サイドハーフをレギュラー扱いだが、

 

代表では6試合連続無得点。

 

アジアカップ、その後の新全試合でのパフォーマンスの悪さは明白なものであり、

 

一時期の勢いはなくなっている。

 

https://images.app.goo.gl/fyAAeVRfZaK76YJC9

右サイドハーフでのプレーも行き詰まっており、強引で単調なプレーばかり目についてしまい、現在は一気に評価が下がっている状態とも言えるだろう。

 

堂安選手は元々中央のポジションではあるが、

 

代表でも所属のフローニンゲンでも苦手なポジションで結果を残し、

 

特にフローニンゲンでは移籍1年目9得点をマークし、

 

代表でも得点を奪い、プレーに勢いと強さがあった。

 

https://images.app.goo.gl/4uNCmVoBgqHG75kJ8

右サイドからの勢いのあるプレーは輝いていたのだが・・・・・・。

 

やはり一年目の活躍により、研究され、

 

そして堂安選手自身のサイドからの攻撃のパターンが

 

単調なため、今シーズンは前年の成績を下回っている事実もある。

 

 

今シーズンが前年の9得点から、5得点と、

 

飛躍を期待されたシーズンだっただけに、

 

https://images.app.goo.gl/1EnLomDULcqK2bdB8

クラブチームでも代表でも正直物足りないプレー。

スポンサーリンク
 

特に代表では今年に入り、昨年のようなパフォーマンスはできていないのが現状。

 

堂安選手はもともと個人技が秀でているように見えがちではあるが、

 

周りの選手が連携、サポートがあって活きる選手。

 

https://images.app.goo.gl/4u1D7Kz3Fkm5e5KM9

特にアジアカップから思うようなプレーができず、苦しんで着るようにも見える。

 

守備面でのポジショニングはいいだけに貢献度はあるが、

 

現在の単調な攻撃、

 

そして攻撃の際のポジショニングが良くない。

 

https://images.app.goo.gl/eY2apKf7EZfN3Qgb9

苦手なサイドでのプレーもあるだろうが、攻撃での連動性の中で崩して得点を奪うタイプの選手でありますが、連動性の中での動きも現在はあまり良くない。

 

ロッペンようなアジリティがないだけに、

 

得意であったカットインからのシュートを見る機会が減っており、

 

https://images.app.goo.gl/5JgREuru8m4QLKwd9

現在の不調で、わかりやすい結果。得点が欲しいのだろうが、強引に突っ込んでいるような印象を与えてしまう。

 

現在、不調である堂安選手。

 

ここにきて、若手が台頭してきており、うかうかしてられない状態。

 

特に代表では久保建英選手が台頭だ。

 

https://images.app.goo.gl/iQpY5g7Bb9hAGRJB7

今シーズン、一躍覚醒した久保選手。

 

2019年シーズン開幕から所属していたFC東京の攻撃のキーマンとして才能を開花させ、一気にブレイク。

 

日本の至宝と称されたほどの逸材はJリーグで覚醒。

 

別格の存在感を放ち、

 

先日の代表親善試合で18歳で代表デビューを果たすまでに。

 

https://images.app.goo.gl/c1Q6HF2k3ocit9nk7

攻守において、類い稀なる才能を開花し、代表デビュー戦、そして先日のコパアメリカでも南米の強豪勢でも臆することなく、一人別格の存在感であった。

 

そして久保選手は世界最高のクラブ、レアル・マドリードへの移籍を実現。

 

一気に日本代表の顔になり、日本史上最高の選手へとなると期待されるほどだ。

 

現在の久保選手は間違いなく堂安選手の御株を奪うほど。

 

https://images.app.goo.gl/QGEfqq5h1M4baSDz9

先日、代表デビューしたばかりである久保建英選手は、

 

攻守においてのポジショニングや判断力が優れており、

 

堂安選手が得意ではないプレーが、久保建英選手が得意。

 

一気に右サイドのポジションを奪う可能性は現在の状況では高いだろう。

 

 

https://images.app.goo.gl/ykuCXkqKok7mUJPj7

 

現在の堂安選手の状態では一対一での対応において、

 

カットインできないようなポジショニングを取られて、

 

右サイドでのサポートがなければ、いつものように詰まってしまうのが現状。

スポンサーリンク
 

中央であれば、両サイドの選手との連動性のある攻撃話ターンが再度よりは増えるだけに、

 

現在のプレーの質では堂安選手が右サイドを務めるには、

 

限界が見えてしまっている状態なだけに、

 

もともと得意であるトップ下の方が輝く可能性は高いが・・・・

 

先日の久保選手代表デビューの際には、途中からの出場であった久保選手がトップ下、右サイドハーフが堂安という布陣であり、

 

堂安トップ下、右サイドハーフに久保建英選手という婦人の方が堂安選手のプレースタイル的には合うはず。

 

日本代表の2列目は激戦区。

 

特にトップ下、右サイドは、南野選手や久保選手l、伊東純也選手、

 

そしてコパアメリカで活躍した三好選手といい選手が揃っている。

 

堂安選手自身は競争は当たり前というくらいに捉えているだけに久保選手や若手の台頭はウェルカムなはず。

 

現在の状況からの堂安選手がさらなる飛躍をするきっか絵になる可能性でもあるだけに、

 

https://images.app.goo.gl/kwHXxg49HD9Gcp9K8

自身のプレーを見直す最高の機会だ。

 

堂安選手が現在は確かに以前のようなプレーが苦しんでいるが、

 

堂安選手は課題を克服するために、

 

本来得意ではなかったポジションで成長するための強みを見つけ、昨年のクラブチーム、そしてA代表でレギュラーを獲得したわけだ。

 

堂安選手自身もプレーのする際はトップ下の方がイメージしやすいと語っているだけに、

 

世間の声は堂安選手に対して厳しくなってきたはいるが、

 

成長するための最高の機会だとポジティブに捉えているのではないだろうか。

 

久保建英選手という、

 

新たなる天才の登場に触発されているはず。

 

しかし、このまま消えて行くはずがない。

 

しっかり課題と取り組み、必ず一回りスケールアップする。

 

この手のタイプ選手は一気に爆発する。

 

やはり選手として飛躍するためにステップアップを図ることだろう。

 

久保に負けるな。

 

堂安律選手 移籍先はどこへ??

 

https://images.app.goo.gl/9JUbt29WnHK8wiTK7

 

昨シーズンの活躍でヨーロッパ若手注目選手であった堂安選手。

 

昨年は特にマンチェスター・シティやユベントスなど、欧州ビッククラブからの注目され、

 

今年一月にはシティへの移籍するでは?とお噂があるほど。

 

先日ではオランダの強豪、アヤックスへの移籍するのではと、移籍の噂が絶えない状態であるが、

 

現実として移籍が実現していないのが現状。

 

堂安選手自身は他リーグではなく、

 

オランダ国内でのステップアップを考えているようで、

 

https://images.app.goo.gl/WGfRhfNU1znmpJLaA

やはりアヤックスやPSVへの移籍を目指しているのではないだろうか。

 

先日ではアヤックス移籍が消滅したという報道もあるが、

 

アヤックスは欧州ビッククラブへ移籍するためには、

 

https://images.app.goo.gl/WGfRhfNU1znmpJLaA

最高のステージであることは間違いない。

 

今シーズン、チャンピオンズリーグで躍進したアヤックス。

 

その活躍が認めれ、アヤックスの若手主力たちが次々にヨーロッパ屈指のビッククラブへの移籍を実現しているだけに、

 

https://images.app.goo.gl/xcYb8eR6vxT9toA47

堂安選手のそのような青写真を描いてるのだろう。

スポンサーリンク
 

堂安選手はこの半年間の不振はポジティブ捉え、

 

成長するための機会であると、

 

もっと壁にぶち当たりたいと語るほどだ。

 

常に変化を求めたいと語るだけに早期にステップアップを果たし、

 

また新たなる堂安律を見せて欲しいところだ。

 

https://images.app.goo.gl/Jw6nFmYeJMV7j6H2A

ビッククラブ移籍も久保選手に先を越された形であるが、堂安の覚醒はこれから。

 

世界最高の選手になると豪語した男は、

 

このままでは終わらない。

 

スポンサーリンク
 

堂安律選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今シーズンは代表でもクラブでも物足りない堂安律。

 

苦しい日々を送っているが、成長するためには必要な期間。

 

確かに世間の評価も下がっているが、それは期待の裏返し。

 

この状況で一段とスケールをあげれば、一気に存在を増すはず。

 

それだけにポテンシャルは高い。

 

現在地からステップアップし、さらなる成長を。

 

久保建英に負けるな。

 

堂安律しかないプレーを極めて欲しい。

 

期待している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です