メジャーリーグ

田中将大 高校時代は世代最強!! 成績,活躍ぶりをPICKUP!!

 

 

高校時代は世代最強投手!?

 

メジャーリーグでもトップのスターターとして活躍し、

 

今や、日本最高峰の偉大な投手へと成長を遂げた。

 

田中将大

 

ヤンキースという名門でも抜群の存在感を放つ、

 

気迫あふれる投球は圧巻だ!!

 

そんな偉大な投手が高校時代はどんな成績、活躍ぶりだったのか気になるところ。

 

今回はヤンキースの田中将大投手の高校時代の成績をPICKUP!!

 

田中将大投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/5LgzbpnJTUUYqTus8

名前 田中将大 (たなか まさひろ)

出身地 兵庫県伊丹市

生年月日 1988年11月1日(30歳)

身長 190cm

体重 97kg

ポジション 投手

田中将大投手 高校時代は世代最強!! 成績,活躍ぶりをPICKUP!!

 

日本の代表するスターター。

 

https://images.app.goo.gl/qQbsfaJCKfweC6Mn8

現在、メジャーリーグ名門ニューヨーク・ヤンキースに在籍する田中将大投手。

 

今や名門、ヤンキースのエースといってもいい存在。

 

日本を代表する、いや日本最高の投手に成長した。

 

柔らかい力感のないフォームから低めを丁寧につくピッチング。

 

https://images.app.goo.gl/Ej3faSg6DswvzjTAA

マウンド上での姿はたくましい限りだ。

 

勝ち星に恵まれない時も多いが、そんな中冷静な投球でヤンキースを牽引している。

スポンサーリンク
 

今や、上質な投球術は目を見張るものがあるが。

 

元々は感情を前面に出す、闘魂

 

https://images.app.goo.gl/Ej3faSg6DswvzjTAA

特に日本時代はダイナミックな躍動感ある投球フォームから豪速球を投げるワイルドな投球スタイル。

 

今や徐々に投球スタイルも変わり、状況に応じたピッチング、

 

適応能力の高さで豪快なイメージとは違う投球もできる繊細なピッチングでクレバー投手に成長しているが、

 

田中将大投手は、熱き想いを胸に秘めた魂の投手だ。

 

https://images.app.goo.gl/dvHFVRNRTJq5ZmnL9

今や、本当に日本を代表するエース級のピッチャーに成長した。

 

そんな今回の特集は田中将大投手の原点である学生時代。

 

https://images.app.goo.gl/tQ1UAqoYi3UjQBCe8

高校時代の田中将大投手を振り返って行きましょう。

 

一体どんな選手だったのでしょうか??

 

 

高校時代の前にちょこっと、その前の話を^^w

 

田中将大投手は、兵庫県出身。

 

幼少期は小学時代は現在、読売ジャイアンツで活躍している坂本勇人選手と同じ野球クラブに在籍。

 

https://images.app.goo.gl/wV5TwMUSoXNb4E9m8

今や坂本勇人選手も日本を代表するスター選手に成長。小学時代のチームメートがプロ野球選手になり、

 

https://images.app.goo.gl/mW3HAy6zZDquURrH9

ましてや共に日本を代表する選手になるとは。やはり人は環境でしょうか。

 

そんな当時は坂本選手が投手、田中将大投手は小学時代はキャッチャー。

 

まあ二人がバッテリーを組んでいたことは有名な話ですよね〜。

スポンサーリンク
 

投手を始めてたのは中学1年生から。

 

小学時代はキャッチャーであったこともあり、地肩が強い田中投手は投手も兼任するように。

 

その後は投手としての才能を開花し始め、

 

もともとの器用さもあり、投手としての上達具合も良く、すぐに変化球を取得するなど、素材の良さでみせていた田中少年。

 

この投手へのコンバートが投手、田中将大を誕生、

 

その後、球界最高の投手への原点ですね。

 

https://images.app.goo.gl/cs5hTFSoWKiqro318

しかし、中学時代は素質の良さはみせていたが、当時はまだまだ無名なそ存在であった。

 

田中投手は駒大苫小牧高校へ進学。

 

もともとは田中投手は奈良県の強豪校、智弁学園への進学を予定していたそうですが、

 

当時田中投手は智弁学園の監督に気にかけてもらっていた事もあって、智弁学園への進学であったが、

 

その監督が異動になったため、智弁学園への進学が白紙になってしまったとのこと。

 

そんな田中投手が遠く離れた北海道の駒大苫小牧高校を選択。

 

進学へのきっかけは当時の中学時代の宝塚ボーインズの監督が勧めてくれた一つが駒大苫小牧。直接足を運び、監督や学校の雰囲気を見て、練習の素晴らしさに感激。

自分が人間としても成長している場所に行きたいと考えている中、駒大苫小牧がその場所だと思い、出身の兵庫県から遠く離れた北海道へ。

 

駒大苫小牧高校への進学を決めたとのこと。

 

田中投手自身の目指す野球人として、そして人としての成長できる場を中学の時点で考えていること自体素晴らしいことで、

 

当時から自分が目指すべき道をしっかり決めていたのでしょう。

 

 

現在のヤンキースでの活躍している田中投手。

 

https://images.app.goo.gl/rtT69Qw2ZjpkWXL39

アドバイスにより中学時代から投手を始め、進学先を変更や、その後の監督さんからの勧めなど、いろんな事情が絡み合っての駒大苫小牧へ進学。

そして現在の姿。

駒大苫小牧高校に進学していなかったら、その後の活躍ぶり、甲子園、プロ入り後の活躍、そして現在のヤンキース田中将大は誕生していなかったのかもしれません。

人生は良くできていますよよ。巡り合わせって大事ですよ。ほんと。

 

そんな駒大苫小牧高校へ進学した田中投手は1年生の時からベンチ入りを果たすものの、

 

その年の駒大苫小牧は夏の甲子園大会に出場。

 

https://images.app.goo.gl/6tP9tBxmHNbqK3Ur9

しかし、田中投手は甲子園メンバー入りはできず、ベンチ外。

 

そんな1年の夏の甲子園には同級生、現在ロサンゼルスドジャーズで活躍する、

 

前田健太投手が1年生ながら、甲子園のマウンドに立ち、躍動。

 

https://images.app.goo.gl/pvzYN1zVDgAfXEcu8

その姿を実家に戻っていた田中投手はテレビでたまたま観戦。

 

前田健太投手は同じ関西出身で、中学時代から存在を知る仲。

 

現在は共にメジャーリーガーとなっていはいるが、

 

https://images.app.goo.gl/MqPeELx3smr1PBNC8

当時、中学時代の前田健太投手は抜群の野球センス有名な存在。

 

中学時代に開催された試合、ボーイズリーグの全国大会で大活躍。

 

その大会では田中投手は、試合を運営するボールボーイを勤めており、マウンドで躍動する前田投手を見て、俺だってできるという、悔しい気持ちを持っており、

スポンサーリンク
 

当時は頭一つ抜きん出た存在だった前田投手。

 

そんな前田投手に負けたくないという気持ちで、

 

https://images.app.goo.gl/WgcanNgj4mw2bL9o8

ひたすらトレーニングに取り組み、

 

のちに高校野球を席巻する世代最強の投手へと成長する。

 

https://images.app.goo.gl/7Y6ZubnBKvCizuHKA

 

田中投手は入学当初はキャッチャーも務めていたが、

 

その後、秋の大会以降は投手一本に。

 

そして日々のトレーニングの成果により、秋の大会から先発機会を任されるようになり、好投。

 

その後も2年生の春の選抜に出場した甲子園。

 

https://images.app.goo.gl/UVcVKymsqLR6KnzG8

3番手扱いながら、先発。初の甲子園のマウンドを経験するなど、着実に成長。

 

チームも甲子園選抜大会で優勝。

 

その後夏の甲子園で、田中投手は一気に覚醒し、全国にその名を轟かせる。

 

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です