野球

田中将大 高校時代は世代最強!! 成績や活躍ぶりが伝説級

 

高校時代は凄すぎて、伝説級!?

 

高校時代は世代最強投手!?

 

メジャーリーグでもトップのスターターとして活躍し、

 

今や、日本最高峰の偉大な投手へと成長を遂げた。

 

田中将大

 

ヤンキースという名門でも抜群の存在感を放つ、

 

気迫あふれる投球は圧巻!!

 

そんな偉大な投手が高校時代はどんな成績、活躍ぶりだったのか気になるところ。

 

やはりその活躍ぶりは今や伝説級といってもいい。

 

今回はヤンキースの田中将大投手の高校時代の成績をPICKUP!!

 

田中将大投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/5LgzbpnJTUUYqTus8

名前 田中将大 (たなか まさひろ)

出身地 兵庫県伊丹市

生年月日 1988年11月1日

身長 190cm

体重 97kg

ポジション 投手

田中将大投手 高校時代は世代最強!! 成績,活躍ぶりをPICKUP!!

 

日本の代表するスターターの高校時代を振り返ろう

 

https://images.app.goo.gl/qQbsfaJCKfweC6Mn8

 

現在、メジャーリーグ名門ニューヨーク・ヤンキースに在籍する田中将大投手。

 

今や名門、ヤンキースのエースといってもいい存在。

 

日本を代表する、いや日本最高の投手に成長した。

 

柔らかい力感のないフォームから低めを丁寧につくピッチング。

 

https://images.app.goo.gl/Ej3faSg6DswvzjTAA

マウンド上での姿はたくましい限りだ。

 

勝ち星に恵まれない時も多いが、そんな中冷静な投球でヤンキースを牽引している。

スポンサーリンク
 

 

今や、上質な投球術は目を見張るものがあるが。

 

元々は感情を前面に出す、闘魂

 

https://images.app.goo.gl/Ej3faSg6DswvzjTAA

特に日本時代はダイナミックな躍動感ある投球フォームから豪速球を投げるワイルドな投球スタイル。

 

今や徐々に投球スタイルも変わり、状況に応じたピッチング、

 

適応能力の高さで豪快なイメージとは違う投球もできる繊細なピッチングでクレバー投手に成長しているが、

 

田中将大投手は、熱き想いを胸に秘めた魂の投手だ。

 

https://images.app.goo.gl/dvHFVRNRTJq5ZmnL9

今や、本当に日本を代表するエース級のピッチャーに成長した。

スポンサーリンク
 

 

そんな今回の特集は田中将大投手の原点である学生時代。

 

高校時代の田中将大投手を振り返って行きましょう。

 

高校時代、どんな選手だったのでしょうか??

 

甲子園を沸かせた世代最強投手だった・

 

https://images.app.goo.gl/tQ1UAqoYi3UjQBCe8

 

高校時代の前にちょこっと、その前の話を^^w

 

田中将大投手は、兵庫県出身。

 

幼少期は小学時代は現在、読売ジャイアンツで活躍している坂本勇人選手と同じ野球クラブに在籍。

 

https://images.app.goo.gl/wV5TwMUSoXNb4E9m8

今や坂本勇人選手も日本を代表するスター選手に成長。小学時代のチームメートがプロ野球選手になり、

 

https://images.app.goo.gl/mW3HAy6zZDquURrH9

ましてや共に日本を代表する選手になるとは。やはり人は環境でしょうか。

 

そんな当時は坂本選手が投手、田中将大投手は小学時代はキャッチャー。

 

まあ二人がバッテリーを組んでいたことは有名な話ですよね〜。

スポンサーリンク
 

田中将大投手が投手を始めてたのは中学1年生から。

 

小学時代はキャッチャーであったこともあり、地肩が強い田中投手は投手も兼任するように。

 

その後は投手としての才能を開花し始め、

 

もともとの器用さもあり、投手としての上達具合も良く、すぐに変化球を取得するなど、素材の良さでみせていた田中少年。

 

この投手へのコンバートが投手、田中将大を誕生。

 

ここから球界最高の投手への伝説が始まった。

 

https://images.app.goo.gl/cs5hTFSoWKiqro318

しかし、中学時代は素質の良さはみせていたが、当時はまだまだ無名なそ存在であった。

 

田中投手は駒大苫小牧高校へ進学。

 

もともとは田中投手は奈良県の強豪校、智弁学園への進学を予定していたそうですが、

 

当時田中投手は智弁学園の監督に気にかけてもらっていた事もあって、智弁学園への進学であったが、

 

その監督が異動になったため、智弁学園への進学が白紙になってしまったとのこと。

スポンサーリンク
 

 

そんな田中将大投手が遠く離れた北海道の駒大苫小牧高校を選択。

 

進学へのきっかけは当時の中学時代の宝塚ボーインズの監督が勧めてくれた一つが駒大苫小牧。直接足を運び、監督や学校の雰囲気を見て、練習の素晴らしさに感激。

自分が人間としても成長している場所に行きたいと考えている中、駒大苫小牧がその場所だと思い、出身の兵庫県から遠く離れた北海道へ。

 

駒大苫小牧高校への進学を決めたとのこと。

 

田中投手自身の目指す野球人として、そして人としての成長できる場を中学の時点で考えていること自体素晴らしいことで、

 

当時から自分が目指すべき道をしっかり決めていたのでしょう。

 

メジャー名門ヤンキースで大活躍している田中投手。

 

https://images.app.goo.gl/rtT69Qw2ZjpkWXL39

 

アドバイスにより中学時代から投手を始め、進学先を変更や、

 

その後の監督さんからの勧めなど、

 

いろんな事情が絡み合っての駒大苫小牧へ進学。

 

そして現在の日本屈指の投手へ。

 

駒大苫小牧高校に進学していなかったら、その後の活躍ぶり、

 

甲子園、プロ入り後の活躍、そして現在のヤンキース田中将大は誕生していなかったのかもしれません。

 

人生は良くできていますよよ。巡り合わせって大事ですよ。ほんと。

スポンサーリンク
 

進んだ駒大苫小牧で覚醒 ~根っからの負けず嫌い~

 

 

https://images.app.goo.gl/6tP9tBxmHNbqK3Ur9

 

そんな駒大苫小牧高校へ進学した田中投手は1年生の時からベンチ入りを果たすものの、

 

その年の駒大苫小牧は夏の甲子園大会に出場。

しかし、田中投手は甲子園メンバー入りはできず、ベンチ外。

 

そんな1年の夏の甲子園には同級生、現在ロサンゼルスドジャーズで活躍する、

 

前田健太投手が高校1年生ながら、甲子園のマウンドに立ち、躍動。

 

https://images.app.goo.gl/pvzYN1zVDgAfXEcu8

その姿を実家に戻っていた田中投手はテレビでたまたま観戦。

 

前田健太投手は同じ関西出身で、中学時代から存在を知る仲。

 

現在は共にメジャーリーガーとなっていはいるが、

 

https://images.app.goo.gl/MqPeELx3smr1PBNC8

当時、中学時代の前田健太投手は抜群の野球センス有名な存在。

 

中学時代に開催された試合、ボーイズリーグの全国大会で大活躍。

 

その大会では田中投手は、試合を運営するボールボーイを勤めており、マウンドで躍動する前田投手を見て、俺だってできるという、悔しい気持ちを持っており、

スポンサーリンク
 

 

当時は頭一つ抜きん出た存在だった前田投手。

 

そんな前田投手に負けたくないという気持ちで、

 

https://images.app.goo.gl/WgcanNgj4mw2bL9o8

ひたすらトレーニングに取り組み、

 

のちに高校野球を席巻する世代最強の投手へと成長する。

 

2年生にして全国区の存在へ

 

https://images.app.goo.gl/7Y6ZubnBKvCizuHKA

 

田中投手は入学当初はキャッチャーも務めていたが、

 

その後、秋の大会以降は投手一本に。

 

そして日々のトレーニングの成果により、秋の大会から先発機会を任されるようになり、好投。

 

その後も2年生の春の選抜に出場した甲子園。

 

https://images.app.goo.gl/UVcVKymsqLR6KnzG8

3番手扱いながら、先発。初の甲子園のマウンドを経験するなど、着実に成長。

 

チームも甲子園選抜大会で優勝。

 

その後夏の甲子園で、田中将大投手は一気に覚醒し、全国にその名を轟かせる。

 

スポンサーリンク
 

 

世代最強投手へ変貌

 

https://images.app.goo.gl/64oXQJhrSJ1rqe9E9

 

夏の甲子園大会にバケモノとなって帰ってきた田中将大投手。

 

2年の春の選抜大会の時点ではもともとキャッチャーということもあり、まだ投球フォームを上体の強さを感じる投げ方であったが、

 

しかしその後は2年生の夏の甲子園大会では、それまで以上に下半身を使えるフォームになり、

 

https://images.app.goo.gl/Zs1TfPVeoBWGXkqw6

 

もともとん躍動感ある投球に磨きをかけ身体の内側を使えるフォームに進化。

 

日に日に成長し、一段の投手としての完成度が爆伸び!!。

スポンサーリンク
 

 

野心をもち続け、その燃えたぎる熱き魂のピッチング。

 

https://images.app.goo.gl/zJHu9HziuTH3PyzQ6

 

燃える闘志を持つ田中投手は凄みを増し、

 

2年生ながら一躍全国的な存在へ。

 

最速150キロ、切れ味鋭いスライダーを武器に圧巻の投手を見せ、

 

https://images.app.goo.gl/CUyt5jjs4RawNbpcA

2年生ながら、一躍、主役の座に躍り出た田中投手は甲子園のマウンドで躍動。

 

駒大苫小牧の夏の甲子園連続優勝。

 

https://images.app.goo.gl/1FT84py5pZM8jeY57

そして春夏連覇の立役者として見事な活躍ぶりだった。

スポンサーリンク
 

 

優勝決定の三振の際のガッツポーズはとても印象深い。

 

https://images.app.goo.gl/FMUQKEWbSZYXjYjj8

 

当時高校2年生ながら初の150キロをマークし、

 

そして雄叫びは今や名シーン。

その瞬間から田中将大は一躍、

 

高校生最高の投手として君臨するのだ。

 

松坂を超える存在としても大注目

 

https://images.app.goo.gl/wtY8pYtmn3RnF7Du6

 

その後も新体制となっても駒大苫小牧の勢い、田中将大投手の存在価値はうなぎのぼり。

 

素晴らしい成績を残す田中将大投手。

 

甲子園での優勝が田中投手をまた一段とスケールを上げ、格上げしていた。

 

その後の国体、秋の神宮大会を優勝。

 

当時の評価は、2年生ながら怪物松坂大輔の再来だと称されるほどの存在に

 

世代最強投手へと躍り出ていた。

 

https://images.app.goo.gl/5TpsRwv34BTMEZeh7

新たなる怪物としてプロ大注目の選手に。

 

日々のトレーニングやあくなき向上心により、一気に成長速度を上げ、

 

そこまで上り詰めるために、相当な野球と真摯に向き合った結果。

スポンサーリンク
 

伝説となった夏の死闘

 

https://images.app.goo.gl/LhYyUS1ukxHS5uhx6

 

そして3年生になり、再び甲子園のマウンドへ帰ってきた田中将大投手。

 

大会注目度ナンバーワン。

 

怪物松坂大輔に匹敵する存在へと成長。

 

最後の夏も貫禄を見せ、決勝まで順調に進出。

 

https://images.app.goo.gl/uu2iadEfDr5csdp6A

 

マウンド上での存在感はもはや、王座の風格で圧巻の存在感となっていた。

 

待っていたのが斎藤佑樹要する早稲田実業。

 

早稲田実業はエース斎藤佑樹投手が躍動し、今大会乗りにって、決勝まで進出してきた。

スポンサーリンク
 

 

そして今や、高校野球史に残る伝説の試合。

 

https://images.app.goo.gl/mVDTRSz8zxncokJA7

延長15回まで決着がつかず、再試合。

 

田中将大、斎藤佑樹、二人の熱き投げ合いに誰もが魅了。

 

https://images.app.goo.gl/SjKmFXY5SDUU4CS28

社会現象になったと言ってもいいほどの盛り上がりを見せていた。

 

再び合間見える田中将大と斎藤佑樹。

 

迎えた決勝再試合。

 

再び、緊迫の投手戦が続大接戦の末、破れ、大会三連覇を逃す、悔しい敗戦。

 

https://images.app.goo.gl/xw7C1wF9iJmfMCQ38

最後の打者となり、斎藤佑樹の魂の投球に三振に屈してしまう田中投手。

 

しかし、三振し、敗戦が決定したその姿は意外にも、一瞬にやけるその表情は、

 

さらっとしており、敗戦し涙を見せる選手が多い中、

 

田中投手には涙はなかった。

スポンサーリンク
 

 

純粋に相手選手を褒め称えるようにゆっくりと戻るそのその姿は、

 

https://images.app.goo.gl/hxY6JTxAN6yRr3Uy5

すでに次のステージを見せ得ているかのような爽やかさであった。

 

その後田中投手は高校生ナンバーワン投手としてプロ野球の世界へ。

 

そんな田中の投手の高校時代の成績は、

 

57試合の登板で353敗、計32923、防御率1.31奪三振458

 

奪三振に至っては横浜高校時代の松坂大輔投手を上回る大記録。

 

そして、甲子園での通算成績は、

 

13試合 80 91.1回 66被安打 31四死球 102奪三振 自責点21 防御率2.07

 

甲子園での実績は、3度優勝を誇り、圧倒的な成績だ。

 

そんな田中投手は高校三年生の夏の最後に負けはしたが、田中投手に敗戦投手になっておらず。無敗。

 

これまた甲子園での活躍ぶりは異次元のパフォーマンスであった。

スポンサーリンク
 

メジャーの名門でもエース。まさに伝説級。

 

 

https://images.app.goo.gl/AKyMFBb3qfWpHhvw7

 

 

その後プロの世界でも1年目から活躍し、プロ野球の世界でも、日本を代表する存在へ。

 

そんな田中将大投手は今や野球の本場メジャーリーグの

 

名門ヤンキースのエースにまで上り詰めてみせた。

 

その現在の立ち位置まで成長してきた、その熱い魂を胸に秘め、己を鼓舞し

直向きな野球への姿勢が彼を野球の最高のステージに導いてくれたのだろう。

 

その直向きさは高校時代から変わらない。

 

https://images.app.goo.gl/NzCofaM5bDPJRzbN6

これからもさらなる飛躍を。

 

円熟期に入った田中将大投手。

 

今や、上質な投球を披露できるようになり、品格まで手に入れ、

 

今や、日本最高の投手だ。

 

https://images.app.goo.gl/PqkFK6r4Ta7YTCQu8

 

さらなる飛躍を期待している。

 

しかしながら、高校時代は田中投手の活躍は伝説級だ。

 

今や、高校時代だけではない。

 

現在輝き続けるその姿は・・・・まだ伝説の途中。

 

まだまだ輝き続ける。

 

しかしこの伝説は高校時代から始まったのだ。

 

スポンサーリンク
 

田中将大投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本を代表する選手に成長した、田中将大投手。

 

今や、球界の顔、

 

メジャー屈指のスターターとして大活躍で

 

すごい選手だが、

 

改めて甲子園を沸かせた頃の田中将大投手、

 

すごかった。

 

現在の田中投手は野球に取り組む姿勢は、

 

プロ入りする前の高校時代に培われたものであろう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です