野球

根尾昂(中日) プロでの評価は?? 二軍成績は??

 

プロでの評価は?? 二軍成績は??

 

現在の評価が気になるところだ。

 

高校野球のスターとして鳴り物入りでプロ入り。

 

次世代のスター候補

 

根尾昂

 

二軍で奮闘中だが、素晴らしい才能を持った選手。

 

大丈夫!!根尾さんなら、必ず!!

 

今回は中日ドラゴンズの期待の新人、根尾昂選手をPICKUP

 

根尾昂選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/PTUZhZG1ZH5tKZez8

名前 根尾昂 (ねお あきら) Akira Neo

出身地 岐阜県飛騨市

生年月日 2000年4月19日(18歳)

身長 177cm

体重 80kg

ポジション ショート

根尾昂(中日) プロでの評価は?? 二軍成績は??

 

次世代のスーパースター候補

 

https://images.app.goo.gl/pgoCiKVgQkGHhMRi6

 

昨年のドラフト会議で中日ドラゴンズへ入団した期待の黄金ルーキー、根尾昂選手。

 

根尾選手は中学時代から、スーパー中学生として注目の存在で、

 

その後、大阪の強豪、大阪桐蔭高校へ進学。

 

https://images.app.goo.gl/bLJeQbWqkLSzk6pc7

https://images.app.goo.gl/hb4CYh6P69TVnDMR8

 

大阪桐蔭の投打の要として、そして顔としてチーム黄金期を支える大活躍。

 

4季連続甲子園出場、そして春夏連覇を達成。

 

進学後も類い稀なる野球センスを誇る最高の逸材だ。

スポンサーリンク
 

数々の栄光を掴み、鳴り物入りでプロの世界へ。

 

https://images.app.goo.gl/bLJeQbWqkLSzk6pc7

新時代のスター候補として今後の活躍が期待される楽しみな存在だ。

 

根尾選手 評価は?? 二軍成績は??

 

 

今年、注目度ナンバーワン選手として中日ドラゴンズに入団した根尾選手。

 

高校時代はショート、ピッチャーと二刀流として活躍。

 

https://images.app.goo.gl/UmPDVGGvyW95es358

 

投打に渡り大阪桐蔭高校の主力として、昨年の高校野球の顔として大活躍をみせ、高いパフォーマンスで即戦力として高い評価の期待される逸材。

 

そんな根尾選手はドラゴンズでは打者としてプロ野球キャリアをスタートさせた。

 

高校時代は華麗なバットコントロールで広角に打ち分ける高い技術を誇り、

 

https://images.app.goo.gl/pi7dk7VBHzWmAYhQ9

 

それに加え、

 

力強いスイングで一発も放つことができる長打力を持ち合わせている。

 

https://images.app.goo.gl/JFFXncY9DKsuL9kZ6

走攻守揃った攻撃のオールラウンダーとして、とても引き出しが多い器用な選手だ。

 

スポンサーリンク
 

そのプレーはしなやかで華麗さもあり、柔らかいバット使いは魅力。

 

プロでは打率を残せる好打者タイプに成長していくだろう。

 

高い評価を受けているが、課題はある。まずは木製バットに慣れることが最初の課題。

 

https://images.app.goo.gl/rrGymmyyt75Soe8s7

 

高校時代は長打力も持ち味でここぞの場面での勝負強さは光るものがあったが、

 

金属バットの力は計り知れないものがある。まずはその壁を乗り越えていけるかだ

 

しかし持っている素質は素晴らしいものがある。

 

早い段階でのアジャスト、適応能力も期待できる。クレバーさも兼ね備えているだけに心配はしていないが・・・

 

プロではどのような活躍を見せることができるか非常に注目されているが、

 

怪我もあり、キャンプは二軍スタート。

 

出遅れたが、練習試合ではレフトにプロ初ホームランを放ち、話題を呼んだが、

 

現時点ではプロのレベルにない。

 

https://images.app.goo.gl/DZ9aQRcmp71uF9SN6

 

まだまだ二軍でも結果が出ていない状況であったが徐々にヒットが生まれ始めている。

 

そして2軍でプロのボールへの対応し、慣れることが次なる課題だろう。

 

そして適用するために日々練習に明け暮れているといったところか。

スポンサーリンク
 

今年からショート1本。

 

https://images.app.goo.gl/pvECgumSdBUZ64hZ8

 

 

根尾選手は高校時代は様々なポジションをこなしていた為

 

専念してのプレーは実質1年目といってもいい。

 

これまでは高いポテンシャルでプレーしてきたが、これからはショートとしてしっかりプレーの制度を磨き上げていかないといけない。

 

バッティングに注目がいくが、やはりバッティング支える上でもショートの守備でリズムを掴むことは非常に大事なこと。

スポンサーリンク

 

 

まだプロ入りしたばかり。まずはプロの環境に慣れること。

 

現在、開幕は二軍スタートとなったが、まずは打撃だ。

 

https://images.app.goo.gl/X8kEGGceHJGXjrzU8

 

じっくりプロの投げるボールに慣れることが先決。

 

根尾選手は春先からプロの投げるボールへの対応に苦しんでいた

 

https://images.app.goo.gl/3bNRw8NbgFn13bNU8

 

しかし、根尾選手はしっかり振るということに重点。

 

それにより三振も多い状態ではあるが当てに行くのではなく、自分の形、ポイントでスイング、まずは振ることを心がけている。

 

結果は出ていない日々。

 

しかし、打撃も守備面でも課題も出てきている状態だ。

 

しかし、いい傾向だ。

 

https://images.app.goo.gl/2uPq3Km4dQrCiNhu5

自分の現在地を知ることができている。

 

スポンサーリンク
 

根尾選手はクレバーな選手だ。

 

https://images.app.goo.gl/NaFptfiE9vuYh3mo6

 

しっかり自分の立ち位置を理解し、何が足りていないのか真摯な姿勢で取り組むはず。

 

必ず、克服しアジャストしてくる。これからのプロ野球界を背負う男。

 

じっくり焦らず邁進して欲しいところだ。

 

そんな根尾選手はプロ1年は一軍を目指して、2軍で奮闘中だ。

 

https://images.app.goo.gl/Vt8U9SFHnYr4eaHu6

春先はプロの投手のレベルに苦戦。さすがに高校屈指のスターとして活躍し、入団当初は即戦力という声もあったのも事実ではあるが、プロの壁に。

 

現在、2軍での成績は

108試合 444打数86安打 打率.210 2本塁打 33打点 9盗塁

 

高校時代、優れたバットコントロールに定評があった根尾選手の打率は.210と打率が2割前半は寂しい事実はあるが、

 

根尾選手はしっかり自分自身の課題と向き合いながらプレーに臨んでいる。

 

https://images.app.goo.gl/GdWob6V8qeFztrie6

ボールに対して当てにいかず、しっかり振ることをテーマに打席に入り、自分のスイングをすることを心あげている。確かに三振はリーグワーストの127三振と多い。

しかし、持ち味である力強いスイングを心がけ、徐々にではあるが結果が出始めている。

スポンサーリンク
 

根尾選手は徐々にプロの投手のレベルになれ、

 

7月の打率は3割を超えるなど、結果が出始めている。

 

https://images.app.goo.gl/AXR1xX76Ttf23csw8

現在では3番を務めるなど、高校の先輩である藤浪投手から2安打、1試合3安打を記録するなど、試合での複数安打が増えるなど、一歩一歩進んでいると言えるだろう。

 

確かに数字だけ見れば、寂しいが表情も明るい。

 

https://images.app.goo.gl/pWqmJsMfc6WYDd137

しかし根尾選手は下を向かず、自分に貸した課題と向き合い、前を向いており、プロの環境に揉まれながら、邁進している。

 

根尾選手まだプロ一年目であるが、探究心をもち、

 

高いプロ意識を持った選手。

 

じっくり自分の形で結果を残せるようになり、必ず結果で示してくれるはず。

スポンサーリンク
 

今シーズン中の一軍昇格の可能性は限定的な昇格はあるかもしれないが、

 

数年後にはドラゴンズを背負う存在、

 

そして球界を代表する存在に成長していることを願おう。

 

https://images.app.goo.gl/Js2pHwkYShAYnrpJA

現在はそのための準備期間。根尾選手は大切な球界最高の原石の一人。

 

我々も成長をじっくり楽しみにしながら、見守っていきましょう。

 

必ず自らの実力で示してくれるはず。

 

二軍でプロのレベルに慣れれば、間違いなく一軍レギュラーで活躍できる。

 

https://images.app.goo.gl/2uPq3Km4dQrCiNhu5

 

バッティングも守備も基礎固めの重点を置かれることだろう。

 

持っているポテンシャルは素晴らしいものがある。これはいうまでもないが。

 

そして9月29日の阪神戦で一軍の試合に出場。着実に前に進んでいる。

 

素晴らしい原石がしっかり磨き上げて、

 

光り輝くことを願って。

 

来季は楽しみだ。

 

根尾の時代はくる。

 

 

スポンサーリンク

根尾昂選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

鳴り物入りでプロ入りした根尾選手。

 

今後の活躍が期待されるが、まだまだこれから。

 

大丈夫です!!根尾さんなら必ず乗り越えてくる!!

 

二軍で結果を出し、一軍定着へ!!

 

まずはじっくりプロの環境へ慣れて、着実に邁進して欲しい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です