メジャーリーグ

田中将大 フォームの変化や特徴をPICKUP!!

 

今やヤンキースのエース。

 

田中将大

 

日本時代はダイナミックなフォームで特徴であったが、

 

今やしなやかなフォームに変化を遂げ、

 

球界のエースへと成長を遂げた。

 

さらなる完成度へ。

 

今回はヤンキースの田中将大投手のフォームに変化や特徴をPICKUP!!

 

田中将大投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/JgjiUDbsor4u11qR9

名前 田中将大 (たなか まさひろ)

出身地 兵庫県伊丹市

生年月日 1988年11月1日(30歳)

身長 190cm

体重 97kg

ポジション 投手

 

田中将大 フォームの変化や特徴をPICKUP

 

 

https://images.app.goo.gl/JHM8ffLsn7AaBe978

 

躍動感ある投球フォームから投げ込魔れる魂込めたボールの威力、

 

まさにエースの底力。

 

日本のみならず、アメリカ、メジャーリーグという野球の最高峰の舞台で躍動し、屈強なゴリラたちと熱き死闘を繰り広げる日本が誇こる最高の投手の一人。

 

田中将大

 

今、メジャーの舞台で日本人選手の先頭に立ち、活躍する姿は我々の日本人の誇りだ。

 

メジャーの打者たちも惑わすその投球術は圧巻。

スポンサーリンク
 

高校時代からスター街道を突き進んできた田中投手。

 

ドラフト一位で東北楽天イーグルスに入団し、

 

https://images.app.goo.gl/Xrs5K3mT3yLYYbbp7

高卒新人から二桁勝利をあげるなど、日本最高の投手の名をほしいままに、

 

突き進んできた魂のエース。

 

https://images.app.goo.gl/Mgw9VB9AnViUyXZFA

着実に力をつけ、日本で他を寄せ付けない唯一無二存在にまで成長を遂げ、24連勝無敗という前人未到の大記録を達成し、

 

鳴り物入りでメジャーリーグへ挑戦。

 

移籍したヤンキースでは日本最高の投手の力を存分に発揮。

 

https://images.app.goo.gl/XVUCXAbyTqHWmPAA6

怪我により、不安視された時期もあるが、その活躍ぶりは日本人選手の中でも目を見張るものがある。

 

今回は、その田中投手を支える躍動感ある投球フォームの特徴を注目ていきましょう。

 

今や、ヤンキースのエースといってもいい存在で、

 

名門ヤンキースの誇りを守っているといってもいい活躍だ。

 

そんな偉大な投手へと階段を駆け上がっている田中投手だが、

 

もともとキャッチャー。

 

小学時代からキャッチャー、中学から投手を始め、みるみるうちに投手としての才能を開花。

 

駒大苫小牧高校進学し、本格的に投手に専念し、

 

さらにその抜群の野球センスを花開かせ、日々の鍛錬により、気がつけばプロ注目の投手へと成長を遂げていた。

 

その当時はやはりもともとキャッチャーということもあり、

 

https://images.app.goo.gl/davfSntWsikH55Hc6

地肩が強いということもあり、上半身に頼るようなフォームであった。

 

やはり上体が強いぶん、下半身との連動にかける点があったが、さすがの野球センスでに投手としての着実に成長。

 

荒削りさはあるが、躍動かあるフォームに磨きがかかり、

 

150キロを投げる投手へなっていたが、まだまだ荒削りが残っていた。それが魅力だったのもあるが。

スポンサーリンク
 

その後プロ入り。

 

https://images.app.goo.gl/8JYD6Knx8sEEhQtV9

しかしプロ入り当初はまだ荒削りさが残り、高校時代時と同様に上体主導の投げ方、
まだまだ投手として体力的、フィジカル的にも劣り、若さもあり、力でねじ伏せようと、全力で投げている印象で、

 

勢いで名一杯投げており、しっかり腕を振ろうと末端中心の投球フォームが特徴だった。

 

力強いストレートが特徴の田中投手。

 

https://images.app.goo.gl/wbfSZNWdZPi5aNBo8

その力、勢いでおさえるほどの球威は持ち合わせていたため、気迫と力でねじ伏せるのが特徴の投手であった。

 

しかし、年々経験値を上げ、

 

そしてフィジカル的な向上とともに、そん力投型だったスタイルも変化を遂げ、
気がつけば、荒削りで力一杯、末端中心で投げていたフォームから力感が消え、

 

軽やかな流れるようなフォームを手に入れていた。

 

https://images.app.goo.gl/nkjzT2wR6e6Dpv869

やはり体力的、技術的向上により、クレバーさも手に入れ、もともとキャッチャーからの転向もあり、

 

自ら試行錯誤しながら成長してきた田中投手はマウンドで吠えるなど、気迫あふれるスタイルでもある為、

 

田中投手の特徴は豪快なイメージであるが、とても器用さを兼ね備えている。

 

その器用さがあり、徐々に投球フォームも力を効率的に伝えるフォームになり、

 

それまで上半身主導だったフォームが下半身主導のフォームになり、

 

股関節活かしたフォームに。

 

https://images.app.goo.gl/y3meJnKTkUq4vdkJ9

特股関節は力を伝える上で重要な部分。そのエンジンともなり得るパーツをうまく使い、全力で投げることなくても力のあるボールを投げれるようになり、

 

もちろん、大事な場面では力を入れて投げるが、

 

https://images.app.goo.gl/zZTL5Jb2Q8f5hhFz7

試合での力配分を考え、余力を残すができるようになっていた。

 

その下半身主導のフォームを身につけ、フィジカル的な成長もあり、上半身に頼らず、腕がしならせて勝手に腕が振れるように感じのしなやかさが増し、

 

荒削りだったフォームからしなやかさを手に入れていた。

 

投手としての完成度を上げた田中投手は、もともとの才能に力量、経験値が育ち、見事なまでに球界を代表する投手へと成長し、

 

今や、メジャーリーグへ挑戦できるような投手になっていた。

 

さらなる完成度へ。

 

https://images.app.goo.gl/y3meJnKTkUq4vdkJ9

日本時代にしっかりの技術を身につけ、力量を上げ選手としての完成度を上げたことにより、レベルの高いメジャーの舞台でも第一線で活躍できているのだろう。

スポンサーリンク
 

今や、ヤンキースのエースにまで成長した田中投手。

 

素晴らしい投球を手に入れたが、まだまだ伸び代はある。

 

さらなる飛躍を期待している。

 

田中将大投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本時代から着実に成長し、しなやかな投球フォームで

 

日本最高の投手の一人に成長した田中将大投手。

 

年々選手としての完成度を上げ、

 

さらなる磨きをかけ成長することに期待。

 

2019年シーズンも楽しみだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です