ラグビー

田中史朗は小さな巨人!! 鍛え抜かれた筋肉を誇るラグビー日本代表!!

 

鍛え抜かれた筋肉を誇る小さな巨人

 

田中史朗

 

ラグビー日本代表のスクラムハーフ。

 

華麗なパスワークで日本を勝利に導けるか。

 

日本を代表するトップラガーマン。

 

今回は鍛え抜かれた筋肉で小さな巨人と称される、田中史朗選手をPIKCUP!!

 

田中史朗選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/SKb1dwpyX2KvQLyi7

名前 田中史朗(たなか ふみあき)

出身 地京都府

生年月日 1985年1月3日(34歳)

身長 166cm

体重 75kg

ポジション スクラムハーフ

田中史朗は小さな巨人!! 鍛え抜かれた筋肉を誇るラグビー日本代表!!

 

鍛え抜かれた筋肉を誇る小さな巨人

 

https://images.app.goo.gl/srHmT9BEpbjYqwdy9

 

日本ラグビー界の小さな巨人

 

田中史朗

 

2019年の日本で開催される日本代表メンバーとして、

 

活躍が期待される日本ラグビー界のトップ選手。

 

前回大会2015年のラグビー日本代表の活躍ぶりは日本だけではなく、世界に衝撃を与え、感動を与えたラグビー日本代表。

 

今大会は前回以上の衝撃を期待したい。

 

日本での開催のW杯。

 

日本代表が躍進すれば、日本が盛り上がること間違いない。

スポンサーリンク
 

日本では現在はそこまでラグビー人気は高くないものの、以前はサッカーより人気があったラグビー。

 

どんな活躍をしてくれるのか楽しみですが、

 

今回はラグビー日本代表の人気選手の一人、田中史朗選手をPICKUPしていきましょう。

 

田中史朗の経歴(出身高校や大学)

 

https://images.app.goo.gl/s3YkxVJz7Uqz5UDU9

 

田中史朗選手はラグビー日本代表として、

 

2019年日本開催のラグビー日本代表として活躍が期待される。

 

身長166センチと小柄ではあるもの、鍛え抜かれた筋肉の鎧を身にまとった日本屈指のラガーマン。

 

田中史朗選手は京都府出身。

 

小学生からラグビーを始め、中学は京都市立洛南中学でもラグビー部に所属。

 

中学卒業後、ラグビーの強豪でもある、伏見工業高校へ進学。

 

伏見工業高校はラグビー強豪としてもっとも有名な高校で、人気ドラマ、スクールウォーズのモデルとなったのもは有名な話ですよね。

スポンサーリンク
 

田中史朗選手はそんな強豪校でも一年生からメンバー入りを果たし、通称(花園、高校ラグビー全国選手権大会で全国大会を優勝。

 

2年生は怪我もあり、全国大会への出場はならなかったものの、

 

3年生には再び、花園へ出場し、全国ベスト4と、高校日本代表にも選出されるなど、

 

その後、京都産業大学へ進学し、19歳にU-19日本代表にも選ばれ、

 

大学4年生の時に京都産業大学を全国大学ラグビー選手権大会でベスト4。

 

大学卒業後は、ラグビートップリーグのパナソニック・ワイルドナイツへ入団。

 

2007年~2009年の3年間、そして2013年に4度、日本選手権を制覇するなど、

 

学生時代からエリートラグビー選手として大活躍。

 

そしてスーパーラグビーのサンウルブスでもプレー。

 

日本人初のスーパーラグビー選手でもある。

 

現在はキャノンイーグルスに所属する日本屈指のトップラグビープレーヤー。

 

今回のW杯は田中史朗選手自身3度目。

 

日本の地でこれまで以上の活躍を見せてくれるのか期待。

スポンサーリンク
 

田中史朗選手ってどんな選手?? 小柄ながら鍛えられた筋肉

 

https://images.app.goo.gl/1K6faXXsYMzg6ARv6

 

田中史朗選手のポジションはスクラムハーフ。

 

スクラフハームはパスを供給する役割を担っている重要なポジション。

 

スクラムからボーツを拾い、チームの攻撃を組み立てるスイッチを入れる、いわゆるゲームメーカー。

 

もっともパスを回数が多いポジションでもある。

 

非常に瞬時の判断力と要し、一番走るポジションとも言われているハードなポジションでもあり、

 

そんなポジションでも力を発揮する田中史朗選手は、

 

スクラムハーフとして確かな実力を持っており、元日本代表のエディ・ジョーンズ監督からも高い評価を受け、

 

世界3本の指に入ると称されるほどの実力の持ち主と言われるほど。

 

日本屈指、世界に通用するスクラムハーフ。

 

https://images.app.goo.gl/tHXi1CLrAY4xoxGV9

 

優れたパスセンス、スピードも要求され、もちろん体力も必要とされるポジション。

 

現在、田中史朗選手は34歳。長きに渡り、日本代表として活躍できるのは、

 

確かな実力があってのことでしょう。

 

2019年の今大会のW杯でもその存在感を示し、日本の初のベスト8進出への導く活躍ができるのか楽しみですね、

スポンサーリンク
 

田中史朗は小さな巨人 筋肉がすごい。

 

https://images.app.goo.gl/tm6RajrqtW6mEFw4A

 

田中史朗選手は 166センチと小柄ではあるものの

 

75キロと鍛え抜かれた強靭な筋肉を身につけている。

 

あたりが強いフィジカルがもっとも重要視されるラグビー。

 

小柄ながら、ラグビー選手として活躍し続けるのは、

 

やはり鍛え抜かれた筋肉があるからこそ。

 

田中史朗選手がフィジカルトレーニングを重要視したのは高校時代。

 

高校2年生の時に、まだ身体ができていなかった田中選手。

 

小柄ということもあり、相手チームに弱点をして捉えられ、狙い撃ちされ、プレーを封じられ、チームも敗戦。

 

全国大会への出場を逃したことがターニングポイント。

スポンサーリンク
 

https://images.app.goo.gl/iSVarEXe47SrCjAG9

 

その経験により、大きな体格の選手に負けないフィジカルを手に入れるために、身体作りを取り組んだことにより、強いフィジカルを手に入れている。

 

高校時代の経験が田中史朗選手を強くし、現在のポジションであるスクラムハーフとしても活きており、

 

自身の低身長というコンプレックスを見事、強さに変え、己の向上を目指したからこそ、

 

屈強な外国人たちがひしめく環境でも戦える体力、精神力を含めた強さを持った選手。

 

現在のようなラグビー選手として第一線で活躍する選手になっている。

 

今回は3度のラグビーW杯は集大成。

 

https://images.app.goo.gl/fByY1SuDCGiUi6Vj9

 

小さな巨人が日本を勝利に導く、

 

最高のプレーを見せてくれ。

 

 

スポンサーリンク

田中史朗選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか、

 

ラグビー日本代表の田中史朗選手。

 

長きに渡り、日本ラグビーを引っ張ってきたトップ選手。

 

鍛え抜かれた筋肉で小さな巨人と称される男は、

 

今回の日本開催のW杯で躍動する姿を楽しみしていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です