サッカー

田中碧(あお) ポジションやプレースタイルは?? 世代最高のボランチ

 

川崎期待のボランチのポジションやプレースタイルは??

 

田中碧

 

2019年ブレイクを果たした川崎が誇る次世代最高のボランチ。

 

U-22日本代表の主力はA代表にも選出され、

 

現在、注目の日本人選手。

 

数年後は代表の主になれるボランチ。

 

今回は川崎フロンターレの世代最高のボランチ、

 

そして日本代表候補である田中碧選手のポジションやプレースタイルをPICKUP!!

田中碧選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/udajkVQexPDhwFc59

名前 田中碧(たなか あお)

出身地 神奈川県川崎市

生年月日 1998年9月10日(21歳)

身長 177cm

体重 69kg

ポジション MF

田中碧(あお) ポジションやプレースタイルは?? 世代最高のボランチ

 

https://images.app.goo.gl/1uyyQCiDac7XYARd9

 

次世代の日本代表を背負うボランチの登場だ。

 

田中碧

 

輝きを放つ期待のヤングスター。

 

U-22日本代表で中盤の要としても活躍し、

 

Jの強豪、川崎フロンターレで欠かせない存在として、

 

チームの心臓となりつつある。将来の川崎を背負う男。

 

世代最高のボランチと呼び声高い、

 

A代表にも選出されている期待のボランチ。

 

そして日本代表の中盤を担える将来日本最高のボランチになれる逸材だ。

 

そんなポテンシャルを秘めている選手である田中碧選手であるが、どんな選手なのだろうか。

 

今回は川崎フロンターレの若きボランチ、田中碧選手をPICKUPしていきましょう。

スポンサーリンク

田中碧ってどんな選手??

 

世代最高のボランチ

 

https://images.app.goo.gl/HUtNq2bf5PNSvYqJ6

 

 

フロンターレ期待のボランチとして、

 

今、注目の存在の一人の田中碧選手。

 

出身地は神奈川県川崎市。

 

現在所属する川崎フロンターレ下部組織出身であり、

 

小学3年生から所属するフロンターレ生え抜き。

 

現在はボランチとして活躍しているが、ユース時代はアタッカーである。

 

2019年プロ3年目にして頭角を現し、今や、川崎の中盤の攻守において、高いパフォーマンスを発揮している。

 

2019年、Jリーグでブレイクを果たした選手の一人。

 

U-22日本代表でも攻守の要としてレギュラーとして活躍。

 

6月のトゥーロン国際ではベスト11に選出され、10月に開催されたU-22ブラジル代表戦で2得点をあげるなど、

 

2020年の東京五輪代表で日本代表の上位進出として、活躍が期待されている。

 

そして、12月に開催される東アジア選手権でA代表にも選出。

 

そして今年のヤングプレーヤー賞候補選手。

 

五輪世代の最高峰のボランチといっても過言ではない。

スポンサーリンク
 

 

田中碧選手のポジションやプレースタイル

 

https://images.app.goo.gl/PzdgQZqnz21LZPpV9

 

田中碧選手のポジションはMF

 

主にボランチのポジションを務め、攻守において若いながら、プレーに安定感がある。

 

プレースタイルは攻守において高いクオリティーを誇る、オールアクション・ミッドフィルダーである。

 

ボランチとして中盤からボールを奪う奪取力に優れ、

 

危機的察知能力の高さで、高いプレッシング能力を誇り、

 

どちらかといえば、守備的なプレースタイルの選手。

 

素早い強度のあるディフェンスには定評がある。

 

積極的な守備で、田中選手自身もボールを奪い取る守備を意識している。

 

それはU-22日本代表で強豪国相手に試合をした際に感じたディフェンスでの強度不足を自ら感じたことにより、守備面の向上を目指した。

 

国際大会での経験が、積極的な守備を発揮するきっかけ。2019年のJの舞台で頭角を現している理由の一つだろう。

スポンサーリンク
 

 

高い積極的な攻撃参加も持ち味。

 

https://images.app.goo.gl/q84EJfvqASrvKiW48

 

守備的なプレースタイルである田中碧選手であるが、

 

高い攻撃力も兼ね備えた選手でもある。

 

ボールを奪えば、瞬時に攻撃へ切り替え、質高いパス、縦への展開力で、

 

攻撃をスイッチを入れることできるチャンスメイクできる選手。

 

中盤から的確なパスを供給するための相手チームの弱点を探る観察眼も優れている。

 

守備的ボランチながら、足元のテクニックをあり、ボールの持ち方もよく、また積極的な攻撃参加で、豪快なミドルシュートを打つことができるなど、

 

高い守備能力ながら、攻撃面でも高いパフォーマンスを見せている田中碧選手だが、ユース時代は前目のポジションでアタッカーを務めていたことだけに、

 

攻撃面での質の高さも定評がある。その経験がボランチとして活きている。

スポンサーリンク
 

 

攻守の全てにプレーの質の高いプレーヤー。

 

田中碧選手は21歳ながら、ボランチとしての完成度の高さは見事、

 

若さを感じさせない安定感のプレーが魅力。

 

ボランチとしての総合力の高さがあり、どことなく長谷部誠選手を思わせるようなプレースタイルを持った選手だ。

 

現在はチームの心臓として、欠かせない存在にまで成長している。

 

https://images.app.goo.gl/SMEPg5J94jAnEWEW7

 

急成長で2019年飛躍を遂げている田中碧選手であるが、その成長の理由に所属する川崎フロンターレの環境もあるだろう。

 

川崎の中盤には中村憲剛選手や家長昭博、守田秀正、大島僚太選手など、代表クラスの質高い選手がいるだけに、そんな環境下にあれば、吸収することも多いはず。

 

Jリーグの強豪であるフロンターレは競争が激しい中、21歳の若さでレギュラーを獲得しつつあり、素晴らしい環境でもまれて成長著しい。

 

昨年3試合のみ出場だった青年は、今年はフロンタレーの中盤の中でも欠かせない存在にまで成長を遂げている。

 

田中碧選手は中村憲剛選手、大島僚太選手、守田秀正選手が合わさったようなプレースタイルだ。

 

次世代の担うオールラウンダー。

 

21歳とは思えないほど、クオリティーの高い選手。

 

現在はフィジカルトレーニングに精を出しており、フィジカル面が向上すれば、

 

うまさ、速さ、強さを兼ね備えた、個人で打開できるピッチで違いを作る選手になれるはず。

 

数年後は、大島僚太選手や守田秀正選手を超えるようなボランチになるのは時間の問題か。

 

日本最高のピボーテになれる。今、日本人期待の若手の一人。

スポンサーリンク
 

 

A代表定着も十分

 

https://images.app.goo.gl/rskkspntVDhQEh4U8

 

U-22日本代表でもレギュラーとして活躍する田中碧選手。

 

現在に日本代表は柴崎岳選手がレギュラーであるが、

 

現在の成長ぶりを見れば、日本最高のボランチになれる。

 

数年後は日本代表の中盤の要として君臨している可能性があり、それだけのポテンシャルを持った選手。

 

またタイプ的にも長谷部選手に似ているだけに、柴崎選手のようなプレースタイルの選手との相性がいいのではないか。

 

一度、柴崎選手と田中選手のコンビを見てみたいところだ。

 

活躍次第では柴崎岳の牙城を崩す存在へ。

 

柴崎岳依存のボランチの状況を変えることができるのか、楽しみだ。

 

そして田中碧選手の同年代である堂安律選手や冨安選手など、

 

すでにA代表の主力としても活躍。

 

東京五輪世代は2022年のカタール大会の主力になる素材が多い。

 

二人はすでに海外でプレーし、世代別の代表で共にしたプレーしていただけに、同年代には負けてられないだろう。

 

現在では差をつけられた形だが、田中碧のもつポテンシャルは負けていない。

 

今後の活躍次第では、代表の中盤を担える存在になれる。

 

川崎の背負うって立つ男は、

 

A代表のレギュラーの座を虎視眈々と狙う。

 

実力を示し、確固たる存在へ。

 

 

 

スポンサーリンク

田中碧選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2019年ブレイクを果たした、田中碧選手。

 

川崎フロンターレの中盤を要になりつつある男。

 

プレースタイルは攻撃と守備において、高いレベルにある期待のボランチ。

 

チーム、そして代表でも牽引する存在へ成長してほしい。

 

数年後が楽しみな選手ですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です