サッカー

板倉滉の評価は?? ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

 

期待の大型ボランチのポジションやプレースタイルは??

 

次世代の日本代表候補として、

 

そして東京五輪世代の代表としても活躍が期待。

 

板倉滉

 

マンチェスター・シティーに認められた逸材は、

 

コパアメリカでA代表デビューを果たし、高評価を獲得。

 

さらなる飛躍を目指して。

 

今回は五輪代表候補の板倉滉選手の評価やプレースタイルをPICKUP !!

 

板倉滉選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/n1ZtvxFpSh7Z4fj36

名前 板倉滉 (いたくら こう) ko Itakura


出身地 神奈川県横浜市青葉区


生年月日 1997年1月27日 (22歳)


身長 186cm


体重 75kg


ポジション MF・DF (ミッドフィルダー・ディフェンダー)

板倉滉の評価は?? ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/wyr7ipBvWh7L7snz6

 

日本期待の大型ボランチが、コパアメリカで初A代表出場。

 

板倉滉

 

第二戦のウルグアイ戦で本職のボランチとして先発出場を果たし、

 

初の代表戦で2試合で先発を獲得し、選手としてのポテンシャルの高さを示した。

 

https://images.app.goo.gl/osg9tXwx8fpsR6bt9

 

レンタル先のフローニンゲンでも出場機会に恵まれていないということもあり、バタつくところがあったが、

 

徐々に改善に向かい、ポジショニングもよくなり、ウルグアイ戦では持ち味の積極性に縦へのパスを入れていたが、効果的に働く場面は少なかったが、

 

エクアドル戦では、試合勘をでてきたこともあり、状況判断が良くなり、的確な場面での縦パスを入れたり、周りを使いながら、試合を落ち着かせいた。

スポンサーリンク
 

徐々に的確になってきていただけに、プレーに安定感が見せてた。

 

選手としてはまだまだ荒削りで、ボランチのコンビを組んだ柴崎岳に助けれながら、うまくこなしており、

 

持ち味の長身を生かした空中戦にも競り勝ちなど、攻守において存在感があった。

 

https://images.app.goo.gl/8mC5RtEh4KerR1nZ6

日本には少ない大型ボランチなだけに、今後の成長次第での大化けに期待。

 

今後の成長に期待の板倉選手はどんな選手なのだろうか??

 

https://images.app.goo.gl/6EgqUsKF2TKjwmw87

 

板倉滉選手は小学4年生から川崎フロンターレの下部組織に入団。

 

その後、順調に昇格し、フロンターレU-18ではキャプテンを務めるなど、

 

2015年にトップ昇格を実現。

 

昇格したフロンターレでは出場機会を獲得することはできずにいたが、

 

2018年ベガルタ仙台にレンタル移籍。

 

https://images.app.goo.gl/DNi7Bz29XLii5guRA

移籍したベガルタでポジションを獲得し、一躍ブレイク。

 

そして今シーズン初め、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに移籍が実現。

 

A代表経験がないため、労働ビザが下りないこともあり、

 

現在はオランダリーグ、フローニンゲンで飛躍を目指している。

 

https://images.app.goo.gl/6EgqUsKF2TKjwmw87

次世代の日本代表の主力になれる期待の大型ボランチである。

 

板倉滉選手のポジションやプレースタイルは??

 

 

将来の日本代表、期待の大型ボランチ

 

Embed from Getty Images

 

板倉選手は主のポジションはボランチ。

 

守備と攻撃の両方で存在感を発揮できる攻守の要になれる選手。

 

本職はボランチであるが、それ以外のポジション、センターバックやサイドバックももこなすユーティリティーさも備えている。

スポンサーリンク
 

身長186cmと長身でありながら、足ものと技術に優れ、

 

攻撃のリズムを生み出し、起点となることができる動き、

 

そして積極的な守備からの攻撃参加、中盤でボールをキープして展開力、

 

状況次第では自ら縦へ推進力もあり、

 

そして冷静に試合コントロールするだけに判断力も兼ね備えている。

 

https://images.app.goo.gl/bKwXeqCKWTzT459t7

攻守において力を発揮し、チームの心臓になれるポテンシャルを秘めている。

 

そして対人の強さ、フィジカル面で定評があり、

 

持ち味は相手の攻撃の根を積むパスコースを事前に積む能力の高さ、

 

相手選手のパスコースを消すポジショニング、間際での競り合いで登る奪還力も高く、

 

ヘディングを力も高くセットプレーでの得点の起点になれる空中戦にも強さもある。

 

https://images.app.goo.gl/6VUcGBMND1PXX4ST7

90分通して、ハードワークができる選手。

 

板倉選手の理想の選手はブツケス選手、ヤヤ・トッーレ選手のようなプレースタイルを目指している。

 

最終ラインからのパスから、中盤やボールを受けやすいポジションニングをとり、

 

攻撃の起点を作るように的確にパスで試合を組み立て、パスを供給、そして時には積極的にゴール前へ仕掛け、ゴールを狙うボランチ像。

 

板倉選手は身長186センチと長身。

 

大型ボランチは世界的にも少なく、貴重価値が高い。

 

https://images.app.goo.gl/Kz41hiAz8hEv7buH7

特徴が似ている世界でも屈指の大型ボランチ二人理想を描き、目指している。

 

選手としてポテンシャルは十分に日本のトップの一人として輝く要素を持っている。

 

マンチェスター・シティーが獲得しただけのポテンシャルはあるだけに魅力に溢れた選手の一人だ。

 

ベガルタ仙台時代ではセンターバックとして起用される事が多かったが、

 

もともとはポジションはボランチとプレーしていたが、仙台ではディフェンダーとしてのプレーしたことにより、選手として幅を広げる良い機会になっている。

 

高いポテンシャルを活かして、板倉選手はキャリアの多くをボランチでプレーしている事もあり、

 

本職のポジション、ボランチで飛躍が期待される。

 

しかし今回のシティからレンタル移籍が決定しているフローニンゲンFCはボランチとしての活躍を期待されていたが・・・・。

 

昨シーズンは出場機会がゼロ。

 

https://images.app.goo.gl/9L5gvcAxTELzSzCX8

 

飛躍を目指しての海外移籍ではあったが、苦しい日々を送る日々。

 

所属フローニンゲンでの評価は厳しいものとなっていた。

 

板倉選手は今シーズン所属したフローニンゲンでは言葉に壁もあり、監督の信頼を出場機会を獲得できず。

 

練習さえも参加できない状況もあっただけに、

 

来シーズンはまずはフローニンゲンでポジション奪取して欲しいところ。

 

まだまだ監督から、まだどんな選手か知らないと言われてしまう状況もあるなど、信頼を獲得できていないこともあるだけに、

 

やはりフローニンゲンでも評価を上げるために、

 

しっかり練習からアピールして、まずはポジション奪取へ。

 

https://images.app.goo.gl/ZrKZQkFPeqx81D95A

 

板倉選手にはチームメートであった堂安のように、まずは所属チームで絶対的な選手へなってもらいたい。

 

同じチームには2歳年下の堂安律選手がいるだけに刺激になっているはず。

年下の選手がA代表でも所属のフローニンゲンでも確固たる地位を確立しているだけに、立ち止まっていられない。

 

堂安選手も移籍当初はパスが回って来ず、板倉選手のように練習から苦戦していたが、

 

自分から積極的に監督やチームメートにコミュニーケーションを取ることで改善させ、

 

チーム内の評価をあげ、現在の地位を獲得しただけに、

 

https://images.app.goo.gl/fXr4wDFnRACtDoeN9

板倉選手にはいい模範がいあるだけに、もう少しアクティブさを出して欲しい。

スポンサーリンク
 

サッカー選手としてさらなる成長を目指しての海外移籍。

 

フローニンゲンでしっかり結果を残し、そしてA代表への常連組となり、

 

マンチェスター・シティーに戻れるようなパフォーマンスを。

 

今回のコパアメリカではポテンシャルの高さを見せ、存在感を発揮。

 

https://images.app.goo.gl/QguNJH4u5WffeSsL8

 

コパアメリカでは経験や試合感もあり、序盤はプレーにムラがあったが、

 

何かと攻守に渡り、光るパフォーマンスだっただけに、

 

日本代表もボランチは柴崎岳以外はまだ固定ではないだけに、活躍次第ではA代表のボランチの座をつかむだけの能力はある。

 

そしてセンターバックも熟すことができる万能性もあるだけにチャンスはある。

 

板倉選手はフィジカルワークができる強みもあり、そして複数のポジションをこなせるだけに、

 

オールラウンダー選手としても、これからの日本代表でも必要になる素材だ。

 

板倉選手のようなボランチとしてこの手の選手は少なくなっている事もあり、

 

現日本代表の遠藤選手や富安選手のようにセンターバックもでき、ボランチもできる選手は現在日本代表でも重宝されているだけに、

 

活躍次第ではA代表でのポジションを獲得できだけの可能性に秘めている。

 

細かい部分でまだまだ荒削りではあるが、間違いなくスケールの大きい選手になる。

 

日本代表の次世代のダイナモとして飛躍に期待だ。

 

Embed from Getty Images

 

守備からの攻撃参加、ビルドアップに含めてクロス、

 

ゴールに絡めるプレーが徐々に良くなってきており、もともとの守備に加えて、

 

攻撃をこなせるようになってきたことは最近の強みでもある。

 

今後は長所を伸ばして欲しい。

スポンサーリンク
 

日本代表でも攻撃への起点となれる存在への期待。

 

東京五輪世代の板倉選手。

 

https://images.app.goo.gl/8TKAAFcQyzUFxWMY8

 

今後の活躍次第では2022年のカタール大会への主力として抜擢されるだけの

 

ポテンシャルを秘めている。

 

今シーズン、所属フローニンゲンでは開幕から出場機会を獲得するなど、

 

コパを経験したこともあり、昨シーズンからの成長を見せ、プレーに自信をつけている。

 

現在のプレースタイルを磨いて、今後の成長に期待だ。

 

スポンサーリンク
 

板倉滉選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本期待の大型ボランチ、板倉選手。

 

コパアメリカでの経験をしっかり次に繋げ、

 

自身のプレースタイルを飛躍させる期待にして欲しい。

 

素晴らしいポテンシャルを持った選手。

 

新シーズンでは所属のフローニンゲンでポジションを獲得し、

 

今後の活躍に期待だ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です