野球

高橋周平 高校時代はスラッガー!? 成績や活躍をPICKUP!!

 

高校時代はスラッガー!?

 

高橋周平

 

今シーズン、ドラゴンズの3番として見事、飛躍を遂げた。

 

期待された逸材はようやく花開く。

 

高校時代は高校生として、並外れた存在。

 

今回は中日ドラゴンズの高橋周平選手の高校時代の成績や活躍をPICKUP!!

 

高橋周平選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/P2fo4p4gLtbnb25H7

名前 高橋周平(たかはし しゅうへい)

出身地 神奈川県藤沢市

生年月日 1994年1月18日(25歳)

身長 180cm

体重 85kg

ポジション 内野手

高橋周平 高校時代はスラッガー!? 成績や活躍をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/4ehGwmT1ABEcrB4E7

 

期待された逸材がようやく開花。

 

高橋周平。

 

2019年シーズン、開幕から打率リーグ上位につける好調の打撃で、

 

ドラゴンズを牽引する存在に成長。

 

プロ8年目で初のオールスターに選出されるなど、今シーズンは見事は活躍ぶり。

 

7月の時点で打率.300台をキープするなど、

 

その才能をようやく開花させたのか。

 

そんな高橋選手は高校時代、どんな選手であったのか皆さんはご存知でしょうか。

 

今や、ドラゴンズの主力としてやうやく花開いた高橋周平選手は、

 

高校時代、高校生屈指の強打者として名を馳せたほど。

スポンサーリンク
 

 

今回は中日ドラゴンズの主軸に成長した、高橋周平選手の高校時代をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/LUZbBmUSf4yd6eeL7

 

高橋周平選手は山梨県の東海大甲府高校出身。

 

中学時代から全国大会優勝するなど、当時から素晴らしい選手として活躍していた高橋選手には、全国の多くの強豪校から誘いを受け、

 

神奈川の名門、横浜高校からも誘いをうけるほどの存在であった。

 

しかし、高橋選手は出場機会を求め、地元、山梨の強豪、東海大甲府へ。

 

そんな高橋選手は入学した東海大甲府では1年生から早くもレギュラーを獲得し、

 

4番を務めるほどの逸材であった高橋選手。

 

https://images.app.goo.gl/EifdM7uqz1jz46BG7

高校時代から持ち味であったパンチ力は特に際立っていた。

 

シンプルな構えから一瞬のショット力を誇る打撃を誇っていた。

 

身長185センチと、そして期待上げれていた下半身で高校生ながら

 

強靭な肉体を誇り、高校生として並外れたスイングスピードを誇り、

 

なおかつ柔らかくバットを扱うことができる柔軟性を持ち、優れたバットコントロールを兼ね備えるほど選手としてズバ抜けた存在であった。

 

リストの強い打撃で左打席ながらレフトスタンドへホームランを打てるバッティングは二年生から早くも注目の存在。

スポンサーリンク
 

そして、高橋選手の長打力は高校生離れしていたのだ。

 

https://images.app.goo.gl/TcP2VWjzpkceZLhQA

とらえた打球は持ち味の高校生離れしたスイングで弾かれ、ライナー性の打球で、なおかつ長打力もずば抜けた存在であり、

 

140メートル級のホームランを打つ高校生屈指の強打者。

 

東海大甲府グラウンド右翼後方約100メートルの位置には高さ10メートルの高橋ネットが張られているほど。

 

そして、木製バットでも130メートル級の飛球を放つパワーを持ち味。

 

高校通算71本塁打を放ち、高校生屈指のスラッガーとして名を馳せた。

 

https://images.app.goo.gl/SoCyeBr3DPEqQ59aA

71本塁打は高校通算本塁打ランキングでも上位に入るほど。

スポンサーリンク
 

松井秀喜氏や現役の筒香嘉智よりホームランを放っている長打力で、高校生離れしたスイングスピードを誇っていた。

 

高校日本代表に選ばれるなど、プロから大きな注目の存在。

 

https://images.app.goo.gl/GNWsScGJEp8G8AAC6

 

選出された高校生代表として出場したAAAアジア選手権では日本の3番を務め、

 

大会20打数10安打13打点と大暴れ。

 

高校日本代表の優勝に貢献する活躍で、自信の大会MVP、打点王、大会ベストナインに選出されるほどの活躍ぶり。

 

AAAアジア選手権でさらにプロのスカウト達の評価をあげるほどの活躍を見せていた。

高橋周平選手は高校時代、一度も甲子園を出場できない中、当時はプロのスカウトの評価は高く、プロのスカウトから他の高校生とは打球の質が違うと、唸らせるほどの逸材であった。

 

高校日本代表でも周りは甲子園に出場した選手たちがいる中でも、

 

その存在は輝いていた。

 

恵まれた体格で強打を連発するスケールの大きい選手として、

 

当時は高校生ナンバーワン内野手を呼ばれるほどの存在。

 

https://images.app.goo.gl/QrXvK8zCGMz9XgUa6

高橋選手は当時の高校生として最高の評価、ドラフト一位が確実であると称されるほどの評価であった。

スポンサーリンク
 

当時の2011年のドラフト会議は、東海大の菅野智之や東洋大の藤原貴裕、そして明治大学の野村祐輔など、大学屈指の好投手がそろう中、

 

高橋周平選手は高校生として3球団が競合するほど、当時は注目の選手。

 

https://images.app.goo.gl/nfDZtUvKWkfnwn3dA

ドラフト会議では競合の末、中日ドラゴンズへ。

 

高校時代の高橋周平選手は、大型内野手として、高校や大学、社会人のカテゴリーを抜きにして、

 

優れた才能を持った逸材であった。

 

高橋周平選手はその後、鳴り物入りでプロの世界へ飛び込み、プロの壁に。

 

一軍、二軍を行ったり期待する日々。

 

期待された逸材はプロ投手に苦戦し、思うような結果を残せない日々を経験。

 

2018年、128試合に出場し、初の規定打席。

 

そして2019年シーズン、開幕から好調の打撃でドラゴンズの主軸として活躍。

 

7月の時点で打率.318をマークし、初のオールスターに選手されるなど、

 

https://images.app.goo.gl/Hhez73Soam8V84xq5

今シーズンは見事は活躍ぶり。

 

少しばかり、時間がかかったが、持っていた素晴らしい才能を開花させた。

 

高校時代は71本塁打を放つほどのスラッガー。

 

https://images.app.goo.gl/jUwAdCYzaaeVT1zj8

ようやく適応したプロの世界で、今後、高校時代のような打撃を見せてくれるのか。

 

それだけ、高校時代は屈指のスラッガーだっただけに、

 

打率.300、30本塁打を打てるほどの才能を持った選手。

 

今後はドラゴンズの顔として、

 

ドラゴンズの背負う強打者に成長して欲しいところだ。

 

https://images.app.goo.gl/FM7BeKeG4afR7Am89

 

遅咲きだっていい。

 

輝きを放つのはこれからだ。

 

スポンサーリンク
 

高橋周平選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2019年見事、才能を開花させた高橋周平選手。

 

高校時代は高校生屈指の長打力をもち、

 

高校生ナンバーワン内野手として騒がれた逸材。

 

2019年、プロ8年目、ようやく花開く。

 

高校時代のような打撃はできないかもしれないが、

 

今後はドラゴンズの背負う存在。

 

ドラゴンズの3番を与えられた期待に応える活躍を!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です