村上宗隆 覚醒!! ホームラン王なるか!? 成績で松井超え!?




今シーズン、ホームラン王なるか。

ヤクルト将来の4番として活躍が期待される逸材は、

開幕から素晴らしい成績を残している。

新時代のホームラン打者。

村上宗隆

偉大なレジェンドスラッガー、松井秀喜氏を越えることができるか。

今回はヤクルトスワローズに村上宗隆選手をPICKUP

村上宗隆選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/8Jqf84Vx4hpMtiwLA

名前 村上宗隆 (むらかみ むねたか) Munetaka Murakami

出身地 熊本県熊本市東区

生年月日 2000年2月2日 (19歳)

身長 188cm

体重 97kg

ポジション 三塁手

村上宗隆 覚醒!! ホームラン王なるか!? 成績で松井超え!?

https://images.app.goo.gl/fRXgbembicbpR2Zu8

2019年シーズン。

令和時代に入り、新時代が幕を開け。

プロ野球の世界に、新時代共のニューヒーローの登場だ。

村上宗隆

現在19歳。プロ2年目の若武者はシーズンが開幕してからホームランを量産。

https://images.app.goo.gl/EDHe6C44kYgzH8A48

眩いばかりの輝きを放ち、ダイヤの原石として磨きかかっている。

スポンサーリンク

188センチ、97キロと恵まれた体格。

https://images.app.goo.gl/i4iZhFsn6GotWfSk9

そしてドシッとした懐の広い構え、打席のでの雰囲気は本当に10代なのか。

高校時代は進学した地元熊本の強豪、九州学院では一年生から4番を務め、

肥後ベーブルースト称され、九州屈指のスラッガーとして活躍。

https://images.app.goo.gl/bCCwxjGpTQNfNxS86

高校通算52本塁打を放ち、プロ注目の逸材へ。

2017年のドラフト会議で、ヤクルトスワローズに入団。

期待された逸材はプロ一年目、二軍で大暴れ。

シーズン終盤に一軍に昇格し、

初打席でライトスタンドに豪快な一発。プロ初ホームラン。

まさに大物の予感。

https://images.app.goo.gl/ri16yhwAHqe8oRS39

初打席で豪華な一撃を放つなんて、なかなかできることでない。

そして迎えた今シーズン。開幕からサードのレギュラーを獲得。

ここまで開幕して2ヶ月半。

ここまで18本塁打を放ち、ホームランを量産している。

https://images.app.goo.gl/6YwewF4xJrwKJaYy6

なんて10代だ。まだプロ2年目だぞ。

スポンサーリンク

とてつもない選手の登場だ。

打席での構えはどっしりしているが、スイングは意外にもコンパクト。
パワーヒッターに有り勝ちな豪快に振り回すのではなく、コンパクトなスイングながら、一瞬のショット力は素晴らしい。

徐々にプロのレベルに慣れ、ボールへのアジャスト力を向上させている。

選手としての評価もうなぎ上り。
大ブレイクの予感。

https://images.app.goo.gl/1FsXTG6SUtvh4aAs7

同じチームメートのヤクルト主砲バレンティン選手は「俺を超える存在」と語っており、

球界屈指のスラッガー中田翔選手も、本当にプロ2年目なのかと、現在の活躍ぶりには同じ選手たちからも驚愕の声が上がっている。

それだけの逸材ということだろう。

久々に登場した日本人のホームランバッター。

https://images.app.goo.gl/CLjurjiUGa91rrML9

しかし、高校時代はそこまで騒がれた選手ではないということ。

村上選手の高校時代には同じ学年には清宮幸太郎選手のいた。

どんな活躍しようが、高校通算111本塁打を放ったスラッガーの陰に隠れていた。

しかし、現在はどうだ。

清宮選手の怪我で出遅れているのはあるが、村上選手が同世代では頭一つ抜けた存在になっている。

まだ開幕して一ヶ月足らずだが、

現在の成績をどこまで伸ばすことができるのか楽しみだ。

このまま球界を代表する選手に成長することに期待が高まる。

スポンサーリンク

このままホームランを量産。新時代のホームラン打者だ。

https://images.app.goo.gl/b13GMMaHYj2KDiE27

同じ背番号55番を背負った偉大なレジェンドスラッガーに近づくことができるか・・・・

楽しな存在の登場だ。

村上宗隆選手 本当に松井秀喜氏を超えることができるか。

今や、将来のヤクルトの主砲、

いや、

次世代の日本球界屈指のスラッガーに成長の予感。

https://images.app.goo.gl/9FtsxL5goJ3vczXW9

シーズン終了時には何本ホームrランを放っているのか、楽しみだ。

しかしまだプロ2年目、19歳とは思えない活躍ぶり。

このまま活躍し続ければ、楽しみなのが同じ背番号55をつけていた松井秀喜氏の存在へ近づくことができるかが楽しみ。

松井秀喜氏は日米通算507本塁打を放った球界最高のスーパースター。

https://images.app.goo.gl/oYpafvikxJ1YKZu6A

現役時代は強烈なホームランでファンを魅了してきた。

高校時代からスター選手として鳴り物入りでジャイアンツ入りした松井秀喜氏は、

プロ1年目シーズン半ばに出場機会を獲得するとシーズン11本塁打。

そしてプロ入り2年目にレギュラーを獲得し、全試合出場。

https://images.app.goo.gl/MoKgPV4TkYPowPue7

打率.29420本塁打を好成績を残し、

そしてプロ4年目にシーズン38本塁打を放ち、リーグMVPに輝く活躍。

22歳にして球界屈指の強打者として、その後の活躍はいうまでもない。

日米で活躍した偉大なスラッガー。

https://images.app.goo.gl/7rXwbVcAKwjxgPRC6

松井秀喜氏はここプロ野球30年の中、平成の象徴する最高の打者として君臨したと言っても過言ではない。

スポンサーリンク

そんな偉大な選手への憧れを持つ村上宗隆選手。

今シーズンの活躍は松井秀喜氏の再来を思わせる活躍を見せている。

村上選手は松井氏のプロ2年目での数字を超える期待感。

https://images.app.goo.gl/b15NxjJ7QDwGHDxh7

時点で早くも18本塁打放っている村上選手。

松井秀喜氏は2年目は20本塁打。

現在のペースでホームランを打ち続けることができれば、松井秀喜氏の2年目の成績を超える可能性が高い。

村上選手の特徴は、逆方向へのホームランを打つことができる長所を持っている。

今シーズンレフトへのホームランが多いのだ。

https://images.app.goo.gl/oh5cKzh4KbLDssix5

しっかり自分のポイントでとらえるからこそ、持ち前のパワーでフェンスを越える打球を放つことができる彼独自の持ち味。

松井秀喜氏はどちらかといえば、引っ張り専門のプルヒッター。

https://images.app.goo.gl/mzbRjd3VDQLE14iy8

レフトへのホームランは少なく、ライトへの特大のホームランが魅力のパワーヒッター。

現役時代は圧倒的なパワーで特大ホームランを連発した。

パワーの面では松井氏の方が格段に上。

村上選手とはタイプが違うが、インパクトの瞬間の力強さはやはり松井秀喜氏が圧倒的。

村上選手はレフトへのホームランを打てることを考えばどちらかといえば、筒香タイプか。

しかしレフトへ強い打球を打つことができているということは、しっかり力を入るポイントで捉えることができている証。

村上戦選手はホームランにできるポイントが多い打者。

https://images.app.goo.gl/RB4Sgn6kfgcFZfjr9

しかし、打率が2割五分代とまだまだ確実性の低い打撃内容なだけに、一軍投手の調子が上がってきたときにそれができるかだ。

スポンサーリンク

これからシーズンが進む中で、

投手たちも調子を上げ、ボールのスピード、キレが上がってくる。

まだ経験が浅い村上選手が自分で打てるポイントがより少なくなってくるはず。

アジャスト力が高いとはいない現状があるだけに、

現在は30本塁打打つペースで量産してはいるが、今できていることを維持できるかが鍵となる。

まだシーズンが始まって2ヶ月足らずだが、

現在、ホームランランキング上位につけている。

https://images.app.goo.gl/LeE7aqvNfxSFJuGK7

このまま球界屈指の打者へ成長するのか。

覚醒の予感。ホームラン王へ。

偉大な背番号55番。

https://images.app.goo.gl/vbKb7Vc2N2royFAV9

偉大なホームラン打者へ。

時代の象徴する打者へなるのは村上宗隆なのかもしれない。

村上宗隆選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

次世代の期待のスラッガー、村上宗隆。

2019年今シーズンの活躍し、

本物の存在へ。

偉大なスラッガー、松井秀喜氏の越えることができるか。

期待は高まる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする