野球

奥川恭伸 星稜を初優勝に導けるか!? 甲子園最高の投手へ!!

 

星稜を初優勝に導けるか!?

 

奥川恭伸

 

夏の甲子園の主役になれる存在。

 

今年のドラフトの目玉は、

 

マウンドで躍動し、星稜高校を初優勝へ。

 

そして、甲子園の歴史の名を刻む存在になれるか。

 

今回は星稜高校の甲子園初優勝に導く、奥川恭伸投手をPICKUP!!

 

奥川恭伸投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/Wp8Y6eF7GMBBQ8Cw5

名前 奥川 恭伸 (おくかわ やすのぶ)

出身地 石川県

生年月日 2001年 4月16日 (17歳)

身長 183cm

体重 82kg

ポジション ピッチャー

奥川恭伸 星稜を初優勝に導けるか!? 甲子園最高の投手へ!!

星稜が誇る最上級の逸材。

 

https://images.app.goo.gl/GJriQufqLrpYAZqs6

 

新たなる才能

 

奥川恭伸

 

今年のドラフトの最大の目玉選手に一人であり、

 

星稜が誇る次世代の野球界を担う現高校生屈指の右腕。

スポンサーリンク
 

素晴らしい才能を持った逸材だ。

 

https://images.app.goo.gl/1poz5mn2DJiNJx8K6

 

恵まれた体格からMAX158キロ、

 

ゆったりとした投球フォームからの投げ込むボールでねじ伏せる力のストレート、

 

そして抜群のコントロール、そしてフィールディング、

 

マウンドでの落ち着き、

 

高校3年生ながら非常に完成度の高い。

 

大船渡高校の佐々木投手にはスピードでは劣るものの、

 

総合力の高さは佐々木投手を勝るといってもいい。

 

https://images.app.goo.gl/azxF3ZqC5wRvonP6A

それだけ期待値も高く、今大会の甲子園の最大の目玉。

 

今年のドラフトの最大の目玉として注目されるBIG4と呼ばれる4人、

 

大船渡の佐々木、横浜の及川、創志学園の西投手は県大会で敗戦する中、

 

唯一甲子園の切符を獲得してきた奥川要する星稜高校。

 

星稜初の甲子園優勝へ。

 

昨年の夏、そして春の選抜で敗戦の悔しさを晴らす大会となる。

 

この夏の主役となることができるか。

 

https://images.app.goo.gl/ZDekK3YVP81rGoCb8

 

そして甲子園を沸かせた偉大なる投手と肩を並べ、

 

星稜、奥川は、さらに甲子園史上最高の投手として君臨することができるか。

スポンサーリンク
 

これまで甲子園には伝説的活躍した投手たちがいる。

 

そんな甲子園を沸かせたスタープレーヤーを少しばかり振り返って行こう。

 

まずはやはり、松坂大輔。

 

https://images.app.goo.gl/Ao4dd8qf53AQha2x8

 

1998年、春夏連覇を果たし、甲子園の決勝でノーヒットノーランを達成。

 

甲子園のマウンドで眩ばかり輝きを放ち、高校野球のみならず、日本全土の話題を独占。

 

社会現象を巻き起こすほどフィーバーを巻き起こした、その活躍ぶりは伝説的。

 

https://images.app.goo.gl/Bi8VQjGqFbx7RJJo7

現在では甲子園史上最高の選手と呼び声高い。

 

そして2006年甲子園の決勝で延長再試合とい大熱戦を演じた二人。

 

斎藤佑樹

 

https://images.app.goo.gl/Y4KXWUvShNejFYfM8

 

チームの初優勝に導いた早稲田実業のエース。

 

決勝では世代最強だった田中将大投手との決勝の死闘、そして延長のち、決勝再試合のアツき死闘を制した。2006年の甲子園の主役。

 

田中将大

 

https://images.app.goo.gl/6jEJEVDpfW8AvnXA7

 

現在ヤンキースのエースであり、高校二年生の夏の甲子園での優勝と投手。

 

当時、世代最強と言われ、1998年の松坂大輔を超える逸材と称され、2006年の夏の甲子園の最大の目玉。

 

所属していた駒大苫小牧の3連覇を目指し、

 

絶対的な存在感、実力を発揮し甲子園のやってきた猛者たちをねじ伏せる圧巻の投球。

 

https://images.app.goo.gl/JhukW4AfRQmA4yKd8

決勝では斎藤佑樹投手に決勝での延長、そして再試合のち敗戦したものの、甲子園の躍動感ある、豪快な魂の投球は甲子園の歴史の残る偉大な投手。

スポンサーリンク
 

菊池雄星

 

https://images.app.goo.gl/gze9xWPuREND6Rnt9

 

MAX154キロを誇る、春の選抜で花巻東フィーバーを巻き起こした甲子園史上最強左腕。

 

今年、ドラフトの目玉である横浜の及川投手は菊池雄星二世と言われているが、その存在は高校生最高の左投手を示すモデルのような存在だ。

 

https://images.app.goo.gl/9YPNECXomo4rTbzM8

しなやかで華麗な投球フォームから繰り出されるボールは圧巻であった。

 

今宮健太

 

https://images.app.goo.gl/q7FRZDp1c5Fs6pAZ8

 

大分の強豪、明豊高校のエースで4番。

 

当時、打者としても高校生屈指のスラッガーであったが、やばり甲子園で見せた今宮選手をプレーは甲子園を語る上で外すことはできない。

 

花巻東との試合で、9回のマウンド見せた圧巻の投球。

 

https://images.app.goo.gl/j3GmuFsEHtKjtQbU6

MAX154キロをマークし、150キロ台を連発し、花巻東には敗戦したものの、甲子園のマウンドで覚醒した姿は今や伝説。甲子園を沸かせた最高のタレントだ。

 

藤浪晋太郎

 

https://images.app.goo.gl/dLPE6znrbKwDCWu9A

 

大阪桐蔭高校を春夏連覇に導く、高校野球屈指の強豪のエース。

 

長身から繰り出す力強いストレートを武器に甲子園を躍動。同級生である大谷翔平選手よりも輝きを放った甲子園であった。

 

やはり昨年の2018年の甲子園の輝きを放った金足農業の吉田輝星投手。

 

https://images.app.goo.gl/RgscqGf1xvA4AMSx6

 

東北勢初の決勝に導いた鉄腕。

 

県予選から甲子園決勝まで投げ抜いた無尽蔵のスタミナ、そしてどっしりとした投球フォームから投げられる伸びやかなキレのストレートは圧巻。

 

決勝では大阪桐蔭高校に敗戦したものの、

 

吉田投手が魅せた昨年甲子園での姿は甲子園史上に残るドラマ。

スポンサーリンク
 

これまで甲子園のマウンドを彩った個性豊かな選手たち。

 

まだまだいっぱい甲子園を沸かせたスター選手はたくさんいるが、

 

星稜の奥川投手も今大会で彼らと並び称される存在へ。

 

https://images.app.goo.gl/pP3Up45ocieVZ6j78

また、超える存在へ。

 

それだけ期待できるほどの才能をももった選手。

 

当然、甲子園の勝ち抜くには実力はもちろんのこと、

 

運、そしてやはり勝利の執念も必要不可欠。

 

予想超えることが起こるからこそ面白い甲子園。

 

しかし、あらゆる状況を乗り越えてこそ偉大な存在になれる。

 

そんな困難を乗り越えてこそ。

 

今大会の目玉投手。

 

https://images.app.goo.gl/vT3KxTxggPeGQuEp6

星稜高校を甲子園初優勝へ導けるか。

 

甲子園のマウンドで真価を。

 

魅せてくれ、己の右腕で。

 

 

スポンサーリンク
 

奥川恭伸投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

星稜高校のエース、

 

そしてドラフトの最大の目玉の一人、奥川投手。

 

2019年の夏の甲子園の主役へ。

 

甲子園で魅せてくれ。

 

さらなるスケールのある存在へ。

 

甲子園最高の投手へ。

 

期待が高まる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です