FA移籍

鈴木誠也 FA移籍は巨人ではない!? 憧れのメジャーか??

 

FAはいつ??

 

やはり、巨人へFA移籍が濃厚!?それともメジャーか!?

 

鈴木誠也

 

広島カープの顔にまで成長した、

 

走攻守三拍子揃った球界屈指のポテンシャルをもつ最高の選手一人。

 

今後、FA権を取得すれば、争奪戦は必須か。

 

それとも、海の向こうメジャーリーグを目指すのか。

 

その動向には目が離せない。

 

今回はFAでの移籍が噂される広島カープの鈴木誠也選手をPICKUP!!

 

鈴木誠也選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/51BfwVTStku66Qvu5

名前 鈴木誠也 (すずき せいや) Seiya Suzuki

出身 東京都荒川区

生年月日 1994年8月18日(25歳)

身長 181cm

体重 94kg

ポジション OF 外野手

鈴木誠也 FA移籍は巨人ではない!? 憧れのメジャーか??

 

FAとなれば争奪戦

 

https://images.app.goo.gl/cc3C2Xp61wp2xBVZ7

 

今や、球界最高の右打者に成長した、

 

鈴木誠也

 

広島カープの主力として、勝負強い打撃はもちろんのこと、

 

走攻守3拍子のおいて高いレベルを発揮。球界を屈指の人気選手。

 

高校時代から素晴らしい才能を持った青年は、

 

高校卒業後、プロの世界へ。

 

2016年プロ4年目、突如現れ、勝負強いバッティングで大ブレークを果たし、

 

https://images.app.goo.gl/HxZGMRginE5MpYts5

一気に球界の強打者へ上り詰めた。

スポンサーリンク
 

今シーズン2019年も開幕から好調。

 

シーズン終盤となった現在は首位打者争いをするなど、素晴らしい活躍。

 

8月下旬の時点で、

118試合 打率.338 25本 79打点 19盗塁と

 

鈴木誠也選手は打率だけではなく、今シーズンも打撃3部門において好調であり、初のタイトルを獲得を期待できるほど。

 

盗塁がもう少し稼ぐことができれば、トリプルスリーを狙えるレベルだ。

 

鈴木誠也選手はプロ4年目ブレイクした年から、

 

毎年高いレベルの成績をコンスタントに残しているだけに、

 

今後まだまだ伸びる逸材なだけに、球界屈指の身体能力をもつと言われてる鈴木選手。

 

https://images.app.goo.gl/7AnqNr1vNvpff91W6

これからどんな選手に成長するのか、

 

将来、三冠王を狙える逸材。

 

鈴木誠也選手の現在の成長曲線はすさまじい。

 

今後の活躍に期待が高まるが、やはり注目されるのが今後の動向、

 

そう。FA

 

鈴木選手がFA権をいつ得るのかというと、3年後、2022年のオフ。

 

2022年はFA選手として、注目銘柄。

 

https://images.app.goo.gl/2A6oMDJuqE5Nuipv7

現在の活躍を続ければ、そのころには球界最高の存在となっている可能性は高いだけに仮に FA権を行使すれば争奪戦は必須。

 

そんな今や、球界屈指のスラッガーと成長した鈴木誠也選手だが、

 

やはりFA移籍先はもっぱら巨人ではないかと言われているが・・・・

スポンサーリンク
 

広島カープは金満球団ではないだけに、

 

江藤智、金本、新井貴浩、そして昨シーズン巨人へFA移籍した丸佳浩選手など、

 

https://images.app.goo.gl/y2m5jsZ6PMXR4m7c8

これまで多くの主力選手がFAで移籍。

 

近年、広島カープは常勝軍団となり、黄金時代と言え、以前のような下位に沈んでいたカープではなく、

 

毎試合にファンが詰めかける人気球団となったわけだが、

 

今シーズンオフにもセカンドのレギュラーである菊池涼介選手がFAではなく、メジャー挑戦が濃厚。

 

今後の主力が移籍する流れは黄金期を経験したといえど、これから相次ぐ主力のFA移籍問題は避けられない現実的な悩みだろう。

 

そんな中、やはり今後の広島からFA移籍の目玉が鈴木誠也選手だろう。

 

FA移籍は巨人ではなく、憧れのメジャー!?

 

https://images.app.goo.gl/6obqMm69aZroTxQAA

 

そんな今後が注目される鈴木誠也選手。FA権取得は最短で2022年

 

やはり注目されるFAでの移籍先は・・・巨人ではなく、憧れのメジャー移籍。

 

過去に同級生の大谷翔平選手がメジャーで大活躍していることに刺激を受け、メジャーリーグでの挑戦を意識しているという、発言がしていた。

 

メジャーリーグは野球選手としては目指すべき最高の舞台。

 

今や、日本屈指の選手となった鈴木選手もメジャー挑戦を意識しているのは間違いない。

 

むしろこれだけの選手だ。メジャーのスカウトたちも現在の鈴木誠也選手の現在地を見てもかなり魅力的な選手。

 

現在の実力、そして今後の成長は間違いない。そして日本人として、ここまでのスケール感のある日本人選手は数少ない。

 

野球の最高峰の舞台、メジャー関係者もその決断を待っている。

 

野球選手ならば、最高の舞台を目指すことは自然な流れ。鈴木誠也選手がメジャー挑戦を考えることは当たり前とも言える。

 

だからこそ鈴木誠也選手の目指すべき場所はメジャーリーグだ。

 

しかし現時点ではメジャー挑戦の方が高いかもしれないが、

スポンサーリンク
 

ただやはり国内FA移籍も現実的な問題としてあり得る話。

 

一概にも国内移籍を選択するかはまだ定かでないが、昨年FAで高額な契約でジャイアンツに移籍した丸選手がいい参考例だろうが、

 

国内FA移籍となれば、注目の移籍先は読売巨人軍だろう。

 

鈴木選手はもともと、出身が東京都出身。

 

丸選手も地元千葉に近い環境を求め、やはり高額な契約を提示してくれる球団へ移籍するのが、選手としては求める評価基準。

 

プロである以上、もっとも評価してくれる球団へ移籍するのは理解できるだけに、

 

鈴木誠也選手のFA宣言は間違いないか。それともポスティングでのメジャーか。

 

球界屈指のスラッガーが国内FA宣言を行使すれば、金満球団は間違いなく、獲得を目指すだろう。

 

ソフトバンクホークス、やはり巨人。

 

現時点でも3年後、先ほど前述した巨人へFA移籍するのではという意見もあるだけに、

 

鈴木選手にとって地元東京である巨人移籍は魅力的だろう。

 

巨人は高校時代から鈴木誠也選手に目をつけ、当時から並外れたポテンシャルを高く評価しており、

 

その年のドラフトでは広島カープが上位2位指名をしたこともあり、獲得できなかった。

 

https://images.app.goo.gl/KyCKdENUcjv36WUAA

その当時、広島カープのスカウトは鈴木選手には他の球団も目をつけているだけに、下位指名の獲得はできないと判断により、上位指名をした事実があるだけに、

広島が2位での指名をしていなければ、先に巨人がドラフト指名したのは間違いなく高かったと言える。

スポンサーリンク
 

そして鈴木選手が国内FA権を行使すれば、再びジャイアンツはFAでの獲得を目指すは間違いない。

 

https://images.app.goo.gl/HyAULAsQ7YFgB9D46

今や、球界最高の選手の一人にまで成長した選手なだけに、ジャイアンツは喉から手が出るほど、欲しい選手と言えるだろう。

 

そして、高額な契約オファーは間違いないだけに、

 

3年後、最大の FA最大の目玉として、

 

鈴木誠也選手の動向には目が離せないであろう。

 

FAで国内移籍で、噂の巨人移籍か。

 

それとも夢のメジャー挑戦か。

 

https://images.app.goo.gl/UAWE4VQmEv8zUwXk6

 

球界最高の選手になれるほどの逸材の動向には

 

目が離せない。

 

スポンサーリンク

鈴木誠也選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

最高の身体能力を誇る、鈴木誠也選手。

 

今や、球界屈指の強打者に成長した男には、

 

今後、FAの権利を得る2022年のオフには目が離せない。

 

噂の巨人へのFA移籍はあるのだろうか。

 

それともメジャー??

 

その動向には注目が集まることだろう。

 

しかし、それまで広島カープでどんな選手に成長するのか、

 

楽しみだ。今後の活躍に期待。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です