田中将大 日本,ヤンキースでの成績は?? 通算成績をPICKUP!!




日本時代、そしてヤンキースでの成績はあっぱれだ!!

田中将大

日本を代表する偉大な大投手。

ここまでの実績も文句なし。素晴らしい通算成績を誇る。

これからどこまで成績を積み重ねるのか楽しみだ。

偉大な投手へ。

今回は田中将大投手の日本、そしてヤンキースでの成績をPICKUP!!

田中将大投手のWIki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/a9hL3FDPStuHDN9K9

名前 田中将大 (たなか まさひろ)

出身地 兵庫県伊丹市

生年月日 1988年11月1日(30歳)

身長 190cm

体重 97kg

ポジション 投手

田中将大 日本,ヤンキースでの成績は?? 通算成績をPICKUP!!

どこまで成績を伸ばせるだろうか。

メジャーリーグという野球の最高峰の舞台で輝きを放つ

田中将大

https://images.app.goo.gl/wsgZABqysXa4UBCA8

そんな中でもアメリカ・メジャーリーグ、ニューヨークという最も厳しい環境に飛び込み、己の右腕の身を信じ、躍動する姿。

一球に込めた魂込めた熱きピッチングは、目の肥えた野球ファンの心を鷲掴み。

https://images.app.goo.gl/ZPPP5kQCQATXBGZcA

今や、ニューヨークヤンキースというワールドシリーズ制覇27回の名門球団のエースにまで昇り詰めようとしている。

高校時代から高校球界を熱くした豪快なピッチングで、

https://images.app.goo.gl/NmkYSXALq6HELRu38

甲子園、高校野球ファンを虜に。

スポンサーリンク

その後、鳴り物入りでプロの世界へ。

その後の活躍ぶりは皆さんもご存知だろう。

今や、厳しいメジャーリーグの環境で、苦境な強者たちと戦い、

立ち向かいづづける日本を代表する投手。田中将大投手。

https://images.app.goo.gl/bc7dcFTGY2tZd86D6

そんな偉大な投手への階段を着実に駆け上がる田中投手。

どこまで成績を伸ばせるのか期待が高まる。

これまでの日本、ヤンキースでの成績、これまでの通算成績を振り返っていきましょう。

先ほど前述したが、

高校生だった田中将大投手は甲子園春夏連覇に導く駒大苫小牧のエースとして、

高校野球界を湧かせ、高校三年生の夏は決勝で敗れたものの、

甲子園、決勝を延長戦の末、再試合にもつれる大接戦を演じ、

2005年大会の甲子園という舞台の主役。

https://images.app.goo.gl/dnXwV16qZCXMqs9fA

そんな甲子園のスターとしてプロの舞台へ。

2005年のドラフト会議で、4球団の競合の末、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。

日本プロ野球界において、エースの証でもある背番号18番を与えられ、

https://images.app.goo.gl/iNGLnWBVZYUAg79J8

将来のエースを約束されて、鳴り物入りでのプロ入り。

そんな田中将大投手は、プロ1年目から、高卒新人として、開幕一軍。

初登板ば6失点とほろ苦デビューであったが、

4試合に目に9回2失点、13奪三振と、マウンドで躍動、待機の片鱗を見せる活躍でプロ初勝利をあげる。

躍動あるダイナミックなフォームから、

https://images.app.goo.gl/NuJ6hmtoxHvDJhxMA

思いっきりの投げ込まれるボールには今後、間違いなく日本を代表する投手へと成長し、

高卒新人として松坂大輔以来のオールスターゲームファン投票で選ばれるなど、

初勝利からその勢いはとどまることを知らない。

シーズン後半からその勢いは増し、1年目はシーズン11勝を挙げ、

https://images.app.goo.gl/nFmrxoGbz5bsVqQJ6

東北楽天ゴールデンイーグルス初の高卒新人の二桁勝利を挙げ、奪三振194をマークし、1年目は上出来いってもいいほどの活躍を見せた。

スポンサーリンク

入団当時の田中将大投手の持ち味は、

思いっきり身体全体で投げるストレートで立ち向かう真っ向勝負型。

さらに特にスライダーを武器に、三振に仕留める。

現在の田中投手は、スピリットを多投するイメージがあるが、
プロ入り当初はスライダーを得意球にストレートとのコンビネーションで打者を粉砕しにかかかる、魂込める右の本格派であった。

特にスライダーは彼のスライダーのキレは一級品で、

https://images.app.goo.gl/ujhkooDAtzCGCgVQ7

現在はあまり投げることは少なくなったが、縦気味の鋭く曲がり落ちるスライダーには一流のプロの打者を手に焼いたほど。

その切れ味鋭いスライダー、そして豪快に投げ込まれるストレートでねじ伏せ、

1年目から99年の怪物、松坂大輔以来となる高卒新人での新人王を獲得して見せた。

それからプロ2年目は9勝。二年連続二桁勝利はできなかったものの、

プロ3年目から世代最強エースと呼ばれたカテゴリー超えた存在へ。

https://images.app.goo.gl/iDFCqmKxdMy9zPAV6

プロ野球屈指の投手への階段を歩み始める。

シーズン前に開催された第二回WBC日本代表に選出されるなど、

https://images.app.goo.gl/ZcJy3yvNbWbNLY246

やはり今後の日本の背負う投手への資格を約束されたかのごとく2009年、20歳になった若武者は国際舞台でも負けん気の強さで躍動。

いや、期待を超えていくハイパフォーマンスを見せ、一気に覚醒するのだ。

プロ三年目2009年はこれまで以上の活躍でシーズン15勝を挙げると2010年は11勝、

そして2011年は195敗、防御率1.27,,奪三振は自己最高の241をマーク。

https://images.app.goo.gl/b8pJxB2MWeuad1ZW6

最多勝、最優秀防御率賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、沢村賞など投手タイトルを総ナメ。

2011年、圧巻のシーズンを過ごした田中将大投手。

2012年は腰痛もあり戦線離脱し、10勝であったが、

迎えた2013年シーズン。

https://images.app.goo.gl/oLpsuJsVoUE2uEqP8

さらにその才能を磨きをかけ、異次元の存在へと成長することになる。

シーズン前の2013年第三回WBC日本代表へ選出されるが、

https://images.app.goo.gl/zBpAJcJW7srkcd3XA

活躍が期待されたが、シーズン前ということもあり、ギヤをあげきれず、成績的には悪くはなかったが途中中継ぎとなるなど、

日本代表も準決勝で敗退するなど、本人的には不本意な成績。

スポンサーリンク

2013年は活躍が不安視されていたが、

https://images.app.goo.gl/qLDbBzGy3AgTiZqY6

シーズンに入り、WBCでの鬱憤を晴らすかのように田中将大がさらなる覚醒を見せる。

シーズン24勝0敗、防御率1.27と勝率10割ととんでもない成績をあげ、

東北楽天ゴールデンイーグルスの初の日本一に導き、リーグMVPを受賞。

https://images.app.goo.gl/dDdJreWd9ZPic9YP7

これまでにない唯一無二の投手になり、衝撃のピッチングを披露。

同年オフにメジャーリーグ挑戦を表明。

ポスティングシステムを行使し、メジャーリーグの名門、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

田中投手は、圧倒的な存在へと駆け上がり、野球の最高峰の舞台へ。その存在は日本では収まらないほどになっていた。

高校時代からの青天井のポテンシャル、真摯に野球に向き合い、己を研ぎ澄ましていた。

田中投手の日本での通算成績は、

175試合 99勝 35敗 投球回 1315.0回 奪三振1238 防御率2.30をマーク。

実働7年間での成績は圧倒的。

https://images.app.goo.gl/eJoXbAidT43sP7QB7

日本では圧倒的な成績を残した、順調にステップを踏み、日本最高の投手に成長。

日本時代は無双状態になっていた。

そして満を時して、アメリカ、メジャーリーグへ挑戦。

ここから、田中将大投手の新たなる闘いが始まるのだ。

田中将大投手、通算成績は?? メジャーリーグでの闘い

https://images.app.goo.gl/tH42P6e9toQozPsz6

ニューヨーク・ヤンキースへ総額15500万ドルの7年契約での移籍。

最大級の評価をヤンキースに出迎えられ、

日本最高の投手が新たなる船出となった。

メジャーリーグ初登板で初勝利をあげ、順調な滑り出し。

https://images.app.goo.gl/dqi6NoMg2uQEE8tZ6

前半戦は日本最高の投手の実力を遺憾なく発揮。

前年に習得したスピリットを主体に、メジャーの強打者達をねじ伏せる快刀乱麻のピッチング。

前半戦だけで12勝を挙げるなど、

後半戦もさらなる期待が高まっていたが、右ひじに右肘靭帯の部分断裂が発覚。一ヶ月離脱するものの、その後、手術を避ける治療法を選び、

シーズン終盤に戦線復帰。復帰後は1勝しかできなかったが、

https://images.app.goo.gl/GTZd7h6WB83AZYpx5

シーズンで13勝を挙げるメジャー1年目として、堂々たる成績残した。

メジャー初シーズンは開幕から素晴らしいパフォーマンスで、日本投手の底力を見せつけていたが、

やはり悔やまれるのが右肘靭帯を部分断裂という衝撃的な怪我。

近年は特に靭帯系の怪我も多く、田中投手まで負傷するというショッキングではあったが、

日本人最高の投手の実力は見せているのではないか。もっとできると思うのだが・・

今回はメジャー挑戦1年目以降の活躍は抜粋させて頂きますが、

メジャーリーグ移籍後は怪我との不安との戦い中、

https://images.app.goo.gl/msjVhxABhSFHUCX97

挑戦して6年連続勝利をあげるなど、厳しいメジャーリーグで結果を残し続けている。

スポンサーリンク

日本最高の投手としてメジャーリーグ挑戦。

素晴らしい投球術でメジャーの打者に挑んで見せている。

日本時代から年々投球の質をあげ、

https://images.app.goo.gl/wjPeKVfLkCG52snL7

力投型だった投球スタイルは徐々にそのスタイルを変え、力を温存しながら、余力を残しながら状況に応じた投球スタイルに変わっていている。

投球フォームも入団投手はダイナミックな豪快に腕を振りにくパワー型。

もともと力みがちで力一杯投げてたが年々、投球フォームもリラックス感が出始め、力感のない無駄のないフォームになっていた。

もともとでキャッチャーだったこともあり、

https://images.app.goo.gl/Dg1fG1rCNWTUkJxg6

地肩の強さを生かした上体の強さ際立っていたが、

無駄のない省エネ、スタイルへと変貌を遂げた。

https://images.app.goo.gl/rCg14GKSJFuHahtVA

投げ方も末端型であったが、体力的にも成長した田中投手は、体の中心軸を生かしたコアの使った投げた方ができるようになっている。

着実に挑んだメジャーリーグの環境でも成長を見せている。

https://images.app.goo.gl/sPV26JJ4ARMzfJnh8

特に田中将大投手のスピリットは特殊な落ち方をすることで有名。

打者の手元ギリギリまでストレートの軌道から、

打者が降り始めてからの急激に落ちるスピリットは驚異的。

https://images.app.goo.gl/MsH57uJDp7ghU8dT6

当初はメジャーの強打者もお手上げであった。

スポンサーリンク

日本時代は得意のスライダーとストレートを軸に投げていたが、

メジャーに移籍してからはストレートとスピリット中心の投球内容に、特にスライダーを多投しなくなった理由は定かではないが、

田中投手の投げるスピリットは特異的と言えるだろう。

https://images.app.goo.gl/1uJpwvuRequazjBYA

メジャーでは当時はスピリットを投げる投手は少ないとされており、

メジャーでは縦に変化するボールのメインはチェンジアップ。

指日本で投げるスピリットは肘に負担となるというされており、

あまり投げないボールということもあり、慣れないメジャーの打者には有効であった。

しかし、全くなかったボールではない。

90年代~2000年代に活躍したメジャーを代表する投手として活躍したロジャー・クレメンスやカート・シリングなど、スピリットを投げており、

https://images.app.goo.gl/XW6qcddMRqdZzz8E6

スピリット自体がでフォークボールより握りを浅いため、球速のある効果的なボールとして有効。

肘への懸念もありメジャーの投手達はあまり投げない球種だが、

それを日本時代に習得していた田中投手はメジャー1年目から活躍。

しかし、やはりメジャーの打者たちも黙っていない。

その後はメジャーの打者たちもその後、田中投手のスピリットに慣れ、研究し対応し始めている。

さらに日本時代はストレートの威力に自信を持っていた田中投手だが、

さすがのメジャーの強打者たちだ。

https://images.app.goo.gl/cwceBvezFd9pwCBH9

日本時代は被本塁打が一桁だった田中投手だが、メジャリーグに挑戦後は、

一発病に陥るほど、打ち込まれう場面もあり、さすがメジャー打者たちと思わせる対応力を見せている。

そんな状況を経験し、メジャーの厳しい環境で結果を出し、成長している。

https://images.app.goo.gl/bAP3DeyxW1NSPZa78

そんな田中投手はメジャー5年間での通算成績は、

132試合 64勝 34敗 投球回824.1回 798奪三振 防御率3.59をマーク。

日本時代無双まで成長していた田中投手でもさすがそう簡単にはいかなった。

田中投手でも打ち込まれる場面も多く、メジャーのレベルの高さを改めて驚かさる。

スポンサーリンク

まだまだ日本とメジャー差は感じる。

しかし、そんな環境で結果を出し続ける田中投手にはあっぱれだ。

田中将大投手は現在30歳。

まだまあだ現役生活はこれから。

https://images.app.goo.gl/Hs4kuEqUKJDy9DpB7

まだ伸びしろはあるはず。もっと完成度の投手へ成長する可能性は十分あり、その資質は間違いなくある。

日米で偉大な投手への道を歩んでいる田中投手。

https://images.app.goo.gl/yENBq2gyW7QrJcqT8

これまで日米通算で、163勝を挙げている。

まだ30歳での150勝越えは素晴らしいペースで成績を挙げている。

このまま成績を残し続けることができ、日米通算ではあるが、

30歳前半での日米200勝達成が期待だ。

さらに40歳近くまでプレーし続けることができれば、日米通算250勝を目指せる。

今後、再び怪我をする可能性もあり、心配ではあるが、偉大な投手へと道を歩んでいるのは間違いない。

現在でも素晴らしい通算成績。

偉大な投手へ。

https://images.app.goo.gl/1JSrpYBtS6KyfXg88

どこまで通算成績を積み重ね続けることができるか、楽しみだ。

スポンサーリンク

まだ2019年シーズンは始まったばかり、

今シーズンもヤンキースのエースとしてのパフォーマンスを見せている。

さらなる活躍を。

田中将大投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本のエース、そしてヤンキースのエース。田中将大投手。

日本、そしてヤンキースでのここまでの実績は素晴らしい。

このまま、どこまで成績を伸ばせるのか期待が高まる。

日本最高の投手の底力。

見せてくれ!!期待している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする