野球

山本由伸は球速、フォームが魅力!! 今シーズンは先発ローテ!! 高校、ドラフトは?? 名前の由来は高橋由伸??

 

昨年2018年シーズン、飛躍の年。

 

若干20歳ながらオリックスのセットアッパーとして活躍

 

今シーズンは先発の一角へ

 

山本由伸

 

150を超えるストレートを投げるオリックス期待の若手。

 

抜群のポテンシャルは日本屈指の投手へなれる逸材で、

 

オリックスの次世代のエース候補。侍ジャパンも選出されるなど

 

今年のプロ野球の中でも注目の若手といってもいい。

 

今回はオリックスバファローズの山本由伸投手をPICKUP

 

山本由伸投手のWIKI的プロフィール

 

https://goo.gl/images/mYH5cu

名前 山本由伸 (やまもとよしのぶ)

出身地 岡山県備前市

生年月日 1998 817 (20歳)

身長 177cm

体重 80kg

ポジション 投手

 

山本由伸投手の経歴・高校時代

 

オリックス期待の若手成長の株。

 

備前市立伊部小学校で野球をスタート。中学時代から硬式野球でプレー。東岡山ボーイズで全国大会に出場するなど活躍をみせていた。

 

中学卒業後は宮崎県の都城高校へ進学。

 

入学時は野手としてプレー。一年生からレギュラーとして一年生の夏の県大会では9番、サードとて出場し、入学当初から非凡や野球センスを見せていた。

 

一年生の秋から、山本選出自身の希望で投手へ転向。この投手へのコンバートがターニングポイントになる。

 

本格的に投手へ転向すると、もともと持ち味の強肩に磨きがかかり、才能を開花。

 

 

2年生の春にはストレートの球速が147キロを記録。

 

https://goo.gl/images/VnbgkF

早くもエースとして全試合で先発し、準優勝に貢献。夏の大会はベスト8

 

夏の新人野球大会にて151キロを計測。同大会の決勝戦でノーヒットノーランを達成。秋の大会でら5参考ながら完全試合を達成するなど、高校3年間で甲子園には出場できませんでしたが、

スポンサーリンク
 

プロ注目の選出される存在へ。

 

その年の2016年ドラフト会議にて、オリックスバファローズから4巡目で指名を受け、入団。

 

プロ一年目は主に二軍でプレーし、シーズン終盤に一軍を経験。一軍でプロ初勝利をあげるなど高卒新人としてまずまずのスタート。

 

そして2年目の2018年シーズンは飛躍の年。

 

カットボール取得により、投球の幅が広がり、オープン戦で結果を残し、先発ローテーション入りも期待されていたが、

 

開幕は惜しくも2軍で迎えるも、二軍で好成績をあげ、4月の上旬に一軍に昇格。

 

セットアッパーとしてブレイク。

 

https://goo.gl/images/XKwEMz

150キロを超え直球と習得したカットボールを効果的に使い、打者を翻弄。

シーズン終盤に怪我で2度戦列を離れるも、シーズン54試合に登板。4勝1セーブ、防御率2.89と好成績を残し、セットアッパーとして君臨するまでに成長。

 

オールスターにも監督推薦で初出場を果たすなどし、シーズンを通して活躍。

 

惜しく新人王を逃すも、素晴らしい飛躍のシーズンとなった。

 

https://goo.gl/images/G8cHPV

山本投手はプロ2年目であったが、新人王資格を有していた為に新人王候補にも。新人王は楽天ゴールデンイーグルスの外野手、田中和基選手が受賞。

新人王を惜しくも逃すも10大で初めて、シーズン30ホールドを記録するなど大車輪の活躍をみせた。

 

今年2019年シーズンは再び先発に挑戦。

 

今シーズンは先発ローテションの一角として活躍が期待されている若干ハタチの期待の新星である。

 

侍ジャパンにも選出され、今注目の若手成長株と言えるだろう。

 

山本由伸投手の特徴 

 

最速155キロを誇るパワーピッチャー

 

https://goo.gl/images/Fyr3Kd

山本投手は177センチと長身ではないものの、ノーワインドアップからゆったりしたタメのある投球フォーム。

 

体重移動も良く、下半身の使い方もうまく、左手のグラブの使い方もうまい。コントロールが安定するフォームと言えるだろう。

躍動感はないが安定感のある無駄のない投球フォームだ。

抜群の球威とコントロールにも定評があり、フォアボールも少なく、投球に安定感がある自ら自滅するようなタイプでない。

スポンサーリンク
 

変化球もカーブ、スライダー、チェンシアップ、ツーシーム、カットボールと投げ分けることができ、多彩さも魅力。

 

https://goo.gl/images/qkAvzW

持ち味のストレートで押すパワーピッチャーであり、三振をねらいく投球で、三振を狙いにいくばかりファールで粘られるケースが多々見られてた。

昨シーズンからカットボール習得をしたことにより、投球の負担を減らし、幅をもたせることができるようになり、打たせる投球も身につけたことが飛躍のきっかけとなった。

 

 

しかし最大の魅力はストレート。

 

https://goo.gl/images/eJDJ9w

最速155キロのキレ、伸びのあるストレートは力強い。打者には驚異だ。

 

ストレートは年々スピードアップしており、160キロ投げるポテンシャルを秘めている。

これからのトレーニング次第ではあるが、持ち味のストレートはさらに良くなるはず。

スポンサーリンク
 

もともと野手投球ということもあり、フィールディングにも高い定評がある。

 

現在20歳と若いが、投手としてのバランスも良く、総合力の高い投手だ。

 

https://goo.gl/images/zdf84U

またまだ成長過程なだけに、さらにスケール大きい投手へと成長するだろう。

 

日本を代表する投手になれる素材であり、

 

本当に楽しみな投手である。

 

 

山本由伸投手は今シーズンは先発 開幕ローテ確約

 

昨シーズンはセットアッパーとして頭角を見せた山本投手。

 

今シーズンは先発に転向。

 

https://goo.gl/images/96YZ7D

もともと先発であるが、昨年のオフにエースの金子千尋投手が北海道日本ハムファイターズへ、西勇輝投手がタイガーずへ移籍。

先発の柱が抜けたこともあるが、山本投手本人は先発希望ということもあり、昨シーズンオフに先発転向を直訴していた。

 

しかし山本投手はスタミナ面に課題もあり、シーズン通して先発としての役割を果たせるかが鍵となったいたが、

 

今年の春のキャンプでしっかり結果を残しており今シーズンは先発ローテーション入りが決定的となった。

 

https://goo.gl/images/zHxM6i

昨年のセットアッパーとして短いイニングしか投球していないこともあり、スタミナ面での不安要素としても課題とされていた。

オープン戦では実際でイニングを伸ばしていくことだろうが、順調に行けば、十分先発として通用するだろう。

スポンサーリンク
 

今シーズンの先発ローテンションの一角としてシーズン通しての活躍に期待される。

 

https://goo.gl/images/maK7hu

活躍次第ではエース候補に躍り出る可能性があるだけにどのような投球を見せるかが注目

 

山本由伸投手の名前の由来は高橋由伸!?父がファン!?

 

https://goo.gl/images/Vbbdvt

山本由伸投手の名前にも注目が集まっているみたいですね。

 

(由伸)という名前の由来であるが、読売ジャイアンツのスター選手として活躍した高橋由伸氏からきているそうだ。

https://goo.gl/images/h8Ucjs

しかし山本投手自身によると、ご両親の名前が忠伸さんと由美さん。母の名前から「由」、父の名前から「伸」を一文字づつとり、祖母が命名したという。

山本投手の父がジャイアンツのファンで、山本投手は1998年生まれ。

1998年は高橋由伸氏がプロとしてデビューした年でもあり、高橋氏はプロ1年目ながら、打率3割、19本塁打と大活躍みせた年だ。

 

その高橋由伸氏にちなんだものであるという報道もあり、本当かどうか定かではないが、

 

父の忠伸さんがジャイアンツファンということもあり、影響はあったかもしれませんね。

 

山本由伸選手の華麗な投球を見逃すな!!

山本由伸投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今シーズンはオリックスの先発として活躍が期待される山本投手。

 

https://goo.gl/images/PzBhdc

持ち味であるストレートを活かして持ち味を存分に発揮して欲しい。

 

オリックスのエースへ飛躍だ。

 

山本投手の活躍、動向に注目していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です