サッカー

染野唯月(鹿島内定)ってどんな選手?? 出身地や中学は??

 

鹿島内定FWってどんな選手??

 

染野唯月

 

福島県の強豪、尚志高校のエースストライカー。

 

昨年の選手権でハットトリックをマークし、得点王に輝いた

 

高校生屈指のストライカー。

 

今回は尚志高校の染野唯月選手の出身や中学、進路など、

 

プロフィールなどをPICKUP!!

 

 

 

染野唯月選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/tAvar6PRFmoYmnK69

名前 染野唯月(そめの いつき)

出身地 茨城県龍ヶ崎市

生年月日 2001年9月13日(18歳)

身長 179cm

体重 68キロ

ポジション FW

染野唯月(鹿島内定)ってどんな選手?? 出身地や中学は??

 

https://images.app.goo.gl/Cykk2KHSec3anFE58

 

次世代のストライカー

 

染野唯月

 

高校生屈指の決定力を誇るFW。

 

同じ高校サッカー界の注目の存在である桐光学園の西川潤選手に負けない逸材。

 

次世代の日本代表にもなれる期待のストライカー。

 

そんな今回は尚志高校の染野選手のプロフィールなど、PICKUPしていきましょう。

スポンサーリンク
 

 

染野唯月選手ってどんな選手??

 

https://images.app.goo.gl/4arj1NCcKGK9bp756

龍ヶ崎市立城之内中小学校→龍ヶ崎市立城之内中学校→尚志高校(福島県郡山市)

 

染野選手は抜群の決定力は高校生屈指。

 

優れたシュートテクニックを持つ期待のストライカー。

 

出身地は茨城県龍ヶ崎市

 

小学生から地元、鹿島アントラーズの下部組織である

 

つくばジュニアユースでプレーし、

 

その後、中学卒業後は福島県の強豪、尚志高校へ進学。

 

染野選手を一躍、全国的にも注目を集めたのが、

 

昨年の全国サッカー選手権大会。

 

準決勝の強豪、青森山田高校戦でハットトリックをマークし、

 

2年生ながら5得点をマークし、得点王に輝き、

 

U-18日本代表にも選出されているなど、

 

そしてJリーグの強豪、鹿島アントラーズ入団が内定。

 

今後楽しみなストライカーである。

 

高校サッカー界の注目の逸材。

スポンサーリンク
 

 

染野唯月選手のプレースタイルは??

 

https://images.app.goo.gl/KX7thV223fkzigNY7

 

染野選手のポジションはFW。

 

多彩な攻撃パターンにも対応する優れたアジャスト力を兼ね添えた選手。

 

ドルブルで自ら仕掛ける縦への突破力と驚異の打開力、そしてフリーキックやヘディングなど、

 

ストライカーとして、多彩なバリエーションを誇る幅のある攻撃パターンを持つ選手。

 

優れた得点能力を持ち、決定力は世代屈指。

 

選手として、フィジカル、そしてアジリティーもある、前線で抜群の得点能力で存在感を発揮している。

 

スピードとテクニック、強さを兼ね添えたストライカー。

 

ストライカーとして素晴らしいポテンシャルを持ったFW

スポンサーリンク
 

 

中学時代はボランチ

 

https://images.app.goo.gl/E41RfPJUYqT4Jx937

 

世代屈指のストライカーとして素晴らしい才能を発揮している染野選手であるが、

 

中学までMFで主にボランチとしてプレーしており、フォワードになったのは高校生から。

 

中学時代に尚志高校の練習に参加した際に染野選手のプレーをみた監督が、FWとして可能性をを感じたことにより、入学と同時にFWにコンバート。

 

高校と同時にFWにコンバートしたことが、染野選手の才能を開花させるきっかけ。

 

もともと中学時代ボランチであった染野選手は、ボランチとして活躍を目指しており、FWコンバート後も、ボランチへの未練を持っていたが、

 

高校2年生の春の時点でFWとしての責任感が芽生え、ゴールを決めることの意味を自覚。

 

FWとして真剣に勝負することを意識したことにより、その後のストライカーとしての開花に繋がった。

 

しかしながら、進学した尚志高校の監督の先見の明により、才能を輝かせるまさにターニングポイントとなっている。

 

染野選手にとって、必要な道筋となっている素晴らしい出会いであった。

 

その後は、非凡な才能を開花させ、高校生屈指のストライカーに成長。

スポンサーリンク
 

 

目標は大迫選手。

 

https://images.app.goo.gl/uUpbDvWmA14MYTuUA

 

染野選手は鹿島の下部組織出身ということもあり、J時代、鹿島でプレーしていた大迫選手への憧れを持つ。

 

大迫選手のようなストライカーとして、得点能力だけではなく、ボールを収められる強さを持った選手になりたいと語り、大迫選手のように将来は日本代表を目指している。

 

染野選手自身のプレースタイルも、ストライカーとして万能型のFWタイプであるだけに、

 

染野選手は大迫選手のようなポストプレーなどを磨き、周りの選手を使うことができる万能型のストライカーと成長することができるか。

 

将来は海外移籍を実現させ、そして日本代表でも絶対的なエースになれるか楽しみだ

 

進路は鹿島へ

 

https://images.app.goo.gl/g74WZvDMtWa3dSZB9

 

高校生屈指のストライカーである染野選手。

 

2年生ながら得点王に輝いた逸材にはJリーグの複数のクラブから獲得のオファーが殺到し、争奪戦となっていたが、

 

染野選手はその中で、浦和レッズ、FC東京、鹿島アントラーズに絞り込み、

 

練習などに参加し、熟考した結果、鹿島アントラーズに入団を決めた。

 

染野選手は小学、中学と鹿島の下部組織の一つであるつくばジュニアユースでプレーし、

 

当時は鹿島アントラーズのユースに昇格出来なかった経緯があった。

 

染野選手は昇格出来なかった悔しさもあり、見返ししたい気持ちで、高校サッカーで奮闘し、

 

直向きにサッカーと向き合うことで、ロ大注目の存在として、アントラーズから声がかかるような存在に成長した。

 

染野選手自身も、鹿島アントラーズからオファーがあるとは思っていたなかったようで、ましてはプロになれるとも思っていなかったとのこと。

 

中学時代、無名だった染野選手は、コンバートにより才能を開花。

 

高校進学で磨きがかかったストライカーとしての才能は、入団する名門鹿島でさらなる飛躍を目指す。

 

数年後は、鹿島を背負う存在となり、結果を残すことができれば、日本代表への選出にも繋がっていくるはず。

スポンサーリンク
 

 

全国サッカー選手権大会は怪我で欠場へ

 

https://images.app.goo.gl/q4M2qtPZ12vUMX8s9

 

染野選手は集大成となる全国サッカー選手権大会にはチームは2年連続出場し、

 

昨年同様、得点王を目指し、そして大迫選手の持つ大会記録更新を目指していたことだろうが、

 

10月のU-18日本代表の試合後、腰の頚椎を負傷し、診断の結果疲労骨折で全治約3ヶ月ということで、全国サッカー選手権大会への出場は絶望的という状況。

 

今大会目玉選手の一人で、平山相太選手以来となる2年連続得点王への期待が高まっていたが、

 

今回の怪我はプレーできないのは寂しい結果であり、

 

染野選手自身も悔しいことだろう。

 

スポンサーリンク

染野唯月選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

高校生屈指のストライカーとして、

 

名門、鹿島に入団が内定している染野唯月選手。

 

怪我で高校3年生の集大成となるはずの高校サッカー選手権大会では、

 

お目にかかることはできないが、

 

2020年内定している鹿島で準備万端でスタートできるように、

 

しっかり怪我を治してほしいところ。

 

そして数年後、Jリーグで活躍している姿を楽しみにしている。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です