清水大成 (履正社) 2019年ドラフト候補、スカウトの評価は!?イケメン!?彼女は!?出身中学、特徴は!?大阪桐蔭との関係は




再び、今年のセンバツの注目選手を紹介しますねー。

最近は高校球児をメインに書いている気がする・・・・

まあ仕方ないですよ、もうすぐセンバツですから笑。

調べてみると注目選手というか、各チームにいい選手いますね笑。

これまで高校野球見てこなかったので、これはハマっちゃうかもです^^笑。

清水大成

大阪の強豪、履正社高校のエース。世代屈指のサウスポートしてドラフト候補の一人。

もちろんセンバツ注目選手。念願の甲子園のマウンドで躍動できるか。

今回は履正社高校のエース、清水大成投手をPICKUP

清水大成投手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/sWcF5K

名前 清水大成 (しみずたいせい)

出身地 兵庫県丹波市

生年月日 200165日 (17歳)

身長 176cm 74kg

ポジション ピッチャー

左投げ左打ち

清水大成投手の経歴

履正社のエース

https://goo.gl/images/ys1azR

丹波市立東小学校→伊丹市立氷上中学校→履正社高校

兵庫県丹波市生まれ。

清水大成投手は1年生の時から野球をスタート。

軟式チーム・東レッドソックスで野球を始め、中学時代は篠山ベースボールネットワークでプレー。

中学時代は投手1本ではなくファーストと兼任しプレー。本格的にピッチャーとなったのは中学3年から。

中学時代に所属していた篠山ベースボールネットワークでは選手の先を見据えた練習を行い、ただ現時点でのためではなく、その先の高校や大学で活躍できるような練習メニューが組まれている。

中学時代は基礎的な練習をメインに行っており、現在の清水選手の活躍の土台となっている。

スポンサーリンク

中学卒業後は大阪の強豪校、履正社高校へ進学。

履正社高校は大阪、強豪校で全国的に有名。履正社高校は数多くのプロを輩出している。オリックスのT-岡田選手やヤクルトの山田哲人選手、千葉ロッテの安田尚憲選手など。

清水投手は二歳上の現在ヤクルトに在籍している寺島成輝投手に大憧れを抱いている事もあり進学先を履正社高校を選択している。

現在は履正社高校は大阪の強豪校として、大阪桐蔭と履正社の二強といってもいい。

履正社に入学して早々5月には実践デビューするなど、

夏の県予選にはベンチ入りを果たし、公式戦登板するなど早くも高いポテンシャルを発揮していた。

同年の秋には公式戦準決勝で初登板。相手が大阪桐蔭。

大阪桐蔭は根尾選手や藤原選手、柿木投手といった有する世代最高のチーム。

清水投手はそんな相手にも臆することなく、持ち味をに発揮。

破れはしたものの、昨年のドラフトの目玉での甲子園を沸かせたとして藤原恭大選手からスライダーで三振を奪うなど大樹の片鱗を見せる活躍を見せた。

その後はコンスタントに出場機会を獲得し先発を任されるが、

それまでの清水投手のピンチの場面に弱く、粘りの投球ができが、なかなか思うような結果が残せずにいた。

https://goo.gl/images/H8rLnw

2年生の夏の北大阪大会でも準決勝の大阪桐蔭戦でピンチの場面で登板を任せられるものの、1アウトも取れず、チームも逆転負けするなど悔しい思いした。

そんな清水投手は投球フォームを見直すことにより、投球の安定感が生まれ、ここから転機となった。

新チームに秋から一気に飛躍することになる。

https://goo.gl/images/at2PVe

昨年の秋の大会では大阪大会で1位になり、近畿大会でも履正社高校のベスト4に大きく貢献。
近畿大会で一回戦では79奪三振、続く二回戦でさらなる投球を見せ、912奪三振を奪うなど完封と圧倒的な投球見せた。

それまでの悔しやを晴らす最高の結果を残し、

履正社高校の2019年の春の甲子園センバツ出場の大きな原動力となった。

https://goo.gl/images/6e99y2

一躍、世代屈指の投手としてプロ注目の存在へと飛躍を遂げた。

今年はドラフトの目玉選手として、秋までどこまで成長するのか楽しみな選手だ。

清水大成投手の特徴

世代屈指のサウスポー

https://goo.gl/images/ri8n47

最速145キロを誇る世代屈指の本格派左腕。

全身を使った投げる投球フォームはからキレのあるボールを投げ、

投球フォーム自体もまとまりがあり、しっかり腕を振り切ることができる。

https://goo.gl/images/o9jQFa
ストレートの最速は145キロ。常時130キロ台後半から140キロ台前半。

スポンサーリンク

変化球は100キロ台のカーブ、スライダーやカットボールなど。変化球でもストライクが取れる制球力も魅力。

好不調の波が少なく安定的な投球を見せ、好調時には相手選手が圧倒する投球ができる。

ストライク先行のピッチングができる点は大きな強み。制球力は高校の屈指といってもいい。

高校生最高の左投手の一人だ。

https://goo.gl/images/BrcJW2

安定感の制球力を手に入れることができたのは昨年の夏。

社会人チームへの指導者からの助言の元投球フォーム見直した結果、投手としての安定感を獲得し、ピッチングの幅を手に入れた。

体格は大きくないものの、スタミナもありストレートの質や変化球も含めて投手として全体的なレベルをを上がっており、今年はさらなる成長が期待できる。

抜群の野球センスを誇る。

同じ左投手でプロ注目の横浜高校の及川投手に負けないポテンシャル。

https://goo.gl/images/NaWtRP

しなやかさは柔らかさは及川投手には劣るものの、むしろ安定感、投手としての総合力は清水投手の方が上と言えるだろう。

今年のドラフト候補選手として今年の注目の高校球児として、

注目の逸材の一人だ。

清水大成投手はドラフト候補!?スカウトの評価は!?

今年のドラフト注目の選手へ

https://goo.gl/images/S9RmR3

履正社高校のエースとして今年期待の選手であるが、ドラフトでの指名はあるのでしょうか。

現在の清水選手を評価しているプロの球団もあり、体ができればまだまだ球速が出るという評価も受けている。

現時点ではコメントを残している球団もあるだけに、プロも注目している。

飛躍したのは昨年の秋だけにまだまだ成長過程。

具体的な評価は現時点ではないものの、投手として完成度が高くポテンシャルも高い。

今年のどこまで飛躍を見せるか注目の存在。

https://goo.gl/images/RjBRju

冬場のトレーニングでストレートに磨きをかける語っていただけに、体力的な成長も期待できる期間でもあるため、今年中には150超え期待できる。

左投手で150キロ超えはプロでもなかなかいない、貴重価値が高い。

活躍次第で、同じ左投手の横浜高校の及川投手クラスのドラフトの屈指の存在へ躍り出る可能性があるだけに本当に楽しみな素材。

スポンサーリンク

現時点でも十分ドラフト候補と言える素材だ。

今年の秋までにしっかり結果をだし、成長できればドラフト目玉選手として期待。

3月のセンバツでの活躍に期待。履正社のキーマン。

念願の甲子園出場なだけに、甲子園で躍動することができるか。

エースとして最高のピッチングを。

大阪桐蔭との関係は!?

最大の宿敵

https://goo.gl/images/bPEFwi

今年のセンバツでの活躍が期待される清水投手ではあるが、大きな壁が立ちはだかる。

大阪桐蔭高校だ。

昨年の春夏連覇を果たした世代最強のチームといってもいい。

同じ地区でもあり、これまで履正社の甲子園出場を阻んでいるといってもいい。

最大のライバルであり大きな試練とも言える。

清水投手も2年生ん夏の県予選では、試合をリードしている中でのリリーフで1アウトも取れずに降板。
チームも逆転負けで悔しい思いさせ、世代最強校の底力をみせつけらたといってもいい。

今年の夏の県予選でも最大のライバルが待っている。

履正社のエースに成長を遂げた清水投手にとっては避けられない相手でもあるし、真価を発揮できる最高の相手とも言える。

打倒大阪桐蔭。

最大のライバルをねじ伏せるような飛躍し、夏の大会では再び甲子園に出場できるかは

エース清水にかかっている。

しかしまずは3月の選抜での活躍を期待していきましょう。

清水大成投手はイケメン!?彼女は

https://goo.gl/images/Gh2GNG

履正社のエースとして3月選抜の活躍が期待されますが、

野球選手としてはイケメンですよね。爽やかなさ魅力。

https://goo.gl/images/4Xm3ud

現在彼女がいるという情報まで定かではありませんが、清水投手は強豪履正社のエースです。地元大阪では人気者なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

3月の甲子園選抜での活躍によっては全国区な人気、注目選手になる可能性もありますよね。

清水大成投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

清水投手は履正社高校のエースとしてプロの注目の逸材。

選抜大会ではチームの優勝を目指して、躍動する姿が楽しみですね。

今年の活躍を期待していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする