サッカー

柴崎岳 評価や凄さ,プレースタイルをPICKUP!!

 

日本屈指のレジスタの評価やプレースタイルは??

 

今や、日本代表の攻撃の要として欠かせない存在。

 

柴崎岳

 

カタール大会の日本代表の顔になる存在。

 

日本最高のレジスタとして凄さが増す予感。

 

今後さらなる飛躍に期待。

 

今回はサッカー日本代表、柴崎岳選手の凄さやプレースタイルをPICKUP!!

 

柴崎岳選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/WbS7CxSPV7Kjkkmk6

名前 柴崎岳 (しばさき がく) Gaku Shibasaki

出身地 青森県上北郡野辺地町

生年月日 1992年 5月28日(27歳)

身長 175cm

体重 64kg

ポジション ミッドフィルダー (DMF・CMF・OMF)

所属クラブ デポルティーボ (スペイン)

柴崎岳 評価や凄さ,プレースタイルをPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/XUAcwLxKEbzr3max8

 

今や、日本代表の攻撃の要として、

 

ピッチで試合を組み立てる最高のレジスタ。

 

柴崎岳。

 

日本最高のボランチとして活躍していた遠藤保仁の後継者として評価されている男は、

 

今や、日本最高のボランチと称されるほどにまで成長。

 

遠藤保仁を超えるのは彼だけと言っても過言ではないほどの存在。

 

柴崎選手は青森県出身。

 

青森の強豪、青森山田高校時代から名を馳せたスター選手。

 

高校2年生の時に全国高校サッカー選手権大会で準優勝を果たし、

 

https://images.app.goo.gl/tVA41GggwyJF8j3D8

 

大会後には早くもJリーグの強豪、鹿島アントラーズと仮契約。

 

 

そして、アンダー世代の日本代表ではも活躍。

 

宇佐美貴史や宮市亮らともにプラチナ世代と称される世代。

 

2011年鹿島アントラーズ入団。Jリーグデビュー。

 

https://images.app.goo.gl/bt91E6LX196cirWw5

鹿島入団後、すぐさま頭角を現し、2年目にはJリーグヤングプレーヤー賞を受賞。

スポンサーリンク
 

2014年にはJリーグベストイレブンに選出。

 

https://images.app.goo.gl/xMUTg92peq8Ts7sKA

鹿島で背番号10番を背負いまでの存在に成長。日本を代表する選手へ。

 

2014年には日本代表で初出場で初ゴールで鮮烈代表デビュー。

 

https://images.app.goo.gl/PpR2ciFUqp7ffqDF7

 

2015年にアジアカップの日本代表でも、豪快ミドルゴールを決めるなど、

 

https://images.app.goo.gl/cmntxsktbaCRJj6e6

徐々に日本代表でも頭角を現す。

 

2016年に出場したクラブワールドカップでは、

 

レアル・マドリード相手に2ゴールを決め、レアルを翻弄。

 

https://images.app.goo.gl/yM7Q4TJizGoLjNwb6

惜しくも敗戦したものの、日本のイニエスタと称されるほど世界が注目。

 

そして2018年のワールドカップで日本代表のベスト16の立役者として、

 

代表の司令塔として抜群の存在感を発揮。

 

https://images.app.goo.gl/V92QMVvcayFLPkve7

攻撃起点となり絶妙はパスでチャンスメイク、最高のパフォーマンスを見せた。

 

クラブチームでは2017年からスペインへの活躍の舞台を移し、

 

昨シーズンはラ・リーガのヘタフェFCに所属。

 

そして、2019/2020シーズンから2部のデポルティーボへ移籍。

 

https://images.app.goo.gl/k3xMhcsmKQE78eDf7

創造性溢れるプレーで攻撃を組み立てる日本屈指のレジスタである。

スポンサーリンク
 

そんな柴崎選手の評価、凄さやプレースタイルをPICKUPしていきましょう。

 

 

日本が誇るレジスタ

 

https://images.app.goo.gl/fqfw4eAAHQdjsusd6

 

セントラルミッドフィルダーの柴崎選手は司令塔として試合をコントロール。

 

日本屈指のゲームメイク力を誇る、日本代表のタクトを振る華麗な指揮者。

 

柴崎選手のプレースタイルは試合を組み立てるプレーメーカー。

 

ポジションは主にボランチ。

 

主にボランチを務めるが、トップ下でもその才能を発揮するだけの存在感。

 

https://images.app.goo.gl/tCwuXCd6KPBhWt5w5

 

鹿島時代にはインサイドハーフでプレー経験もあるだけに、

 

少し前目のインサイドハーフやセカンドトップのようなポジションでも、持ち味のゲームメイク力を発揮できるはずだが、

 

柴崎選手は主にボランチで試合を組み立て、最大限力を発揮する。

 

特に柴崎選手の凄さは、

 

鷹の目を持つように、空間認識能力に優れ、

 

攻撃でのあらゆる選択肢を創造できる視野の広さで際立つ攻撃センス。

 

https://images.app.goo.gl/Jxa7WLAtcmnqGgY87

 

状況把握能力長け、攻撃のスイッチを入れる攻撃の要、試合をコントロールする高い展開力に優れている

 

的確なパスでチャンスを演出するキパスで攻撃を組み立てる司令塔。

 

柴崎選手持ち味で、凄さの一つでもあるパス精度。

 

判断力に長け、創造性溢れるプレーで一瞬で相手守備陣を切り裂くキラーパス、

 

https://images.app.goo.gl/Kvn3eVcWmqBWiQuC8

パスでチャンスを演出し、ボールを散らしてゲームを組み立て、卓越したゲームメイク力を発揮を誇る。

 

特に絶好調時のパスやクロスの精度は圧巻だ。

 

連動性のあるプレーでなお際立ち、フィード力も兼ね備えている。

 

https://images.app.goo.gl/Qe5s23n5TFTnczox6

そして状況次第では自ら積極的にゴールを狙い、勝負強さも兼ね備えてる。

 

その両足で制度の高いミドルシュートも定評がある。

 

特に利き足ではない左足でのミドルシュートでゴールを奪っている印象だ。

 

クラブW杯のレアル戦やヘタフェ移籍時のバルサ戦での豪快ミドル。

 

https://images.app.goo.gl/nRqxhVWEa9KLdiqv6

パスやクロスだけではなく、力強いシュートを打てるだけのショット力もある。

 

柴崎選手がピッチを縦横無尽に展開する試合コントロール力は圧巻。

 

プレースタイルはピルロや遠藤保仁を彷彿とさせる凄さがある。

 

https://images.app.goo.gl/ciXo1dxdUWxwtL8V9

今や、日本最高のボランチ。最高のレジスタ。

 

そして柴崎選手の凄さが際立つのが大舞台での勝負強さ。

 

鹿島時代に出場したクラブワールドカップでのレアル戦の2ゴール

 

そして、昨年のワールドカップでの活躍ぶり。

 

https://images.app.goo.gl/j3UDBz8hbdpgejtt6

大舞台での力を発揮するだけの凄さ、ここ一番でのメンタリティー、そしてやはりプレーには華があり、スター性を感じさせるものがある。

毎回大舞台での活躍で評価をあげる。

 

スポンサーリンク
 

 

しかし、まだ課題もある。

 

ボランチのポジションで攻撃の核ではあるが、守備面でのフィジカル面で劣る。

 

https://images.app.goo.gl/ssVqewCeBx6cfc4u9

 

守備での判断がワンテンポ遅くなってしまうこともあり、そしてスピードが遅く、強度不足を露呈してしまい、守備面での評価はあまり高いものではない。

 

守備面での課題が所属のヘタフェで評価を獲得できなかった理由の一つ。

 

スピードや守備面での課題である柴崎選手は、特に個の力が求められる普段プレーしているスペインで定位置獲得に至ってないのが現状であった。

 

しかしながら所属しているヘタフェの戦術にマッチしておらず、

 

ヘタフェの監督がボランチ像がフィジカル重視ということもあり、そして守備がうまくないという意見もあるが、

 

選手としての評価は高い。

 

https://images.app.goo.gl/RjvxRKD2MVPUG22r8

 

柴崎選手は攻撃の重要な役割を担うプレースタイル。

 

攻撃での創造性溢れるビジョンやパスは世界レベルと称されだけの評価されており、

 

柴崎選手の卓越した攻撃センスを活かすのはトップ下という評価もある。

 

やはり守備的な選手ではないだけに、昨シーズン所属したヘタフェでの相性の悪さがあるだけに、

 

今シーズンから移籍したデポルティーボでは期待。

 

今回の移籍はデポルティーボからの高い評価があっての移籍。

 

柴崎選手を評価あげる活躍を期待したい。

 

それに好不調の波があり、プレーに精彩を欠くことが多々ある。

 

ワールドカップでは素晴らしい活躍を見せただが、

 

日本代表ではコンスタントに活躍を見せているわけではない。

 

好不調の波が大きいのが課題であろう。

 

https://images.app.goo.gl/RjvxRKD2MVPUG22r8

 

日本代表に召集された際は要所活躍を見せる事はあるが、なかなかその活躍を維持することができずに、

 

ワールドカップの活躍や鹿島時代のクラブワールドカップでのレアル戦で2得点を上げるなど大舞台で活躍するなど、その勝負強さは光ものがあるが、

 

コンスタントに高いパフォーマンスを見せることができていない。

 

今後は安定感を手に入れることがさらなる飛躍につながるはず。

 

好調時は素晴らしいほどのパフォーマンスで際立った存在感を発揮するのだが、

 

今年のアジアカップでは不調で存在感をなかっただけに好不調の波が激しいのはもったいない。

 

しかし、今回のコパアメリカでは安定したプレーで復調を見せた。

 

今回のコパアメリカに参戦した東京五輪世代中心の日本代表の構成の中、

 

日本代表の主軸としてチームを牽引。

 

https://images.app.goo.gl/hZqZhe24P4bw9zoR8

若き日本代表の中で、攻守にわたり、別格の存在感。

 

スポンサーリンク
 

コパでの復調を期待できるパフォーマンスであった。

 

昨年のワールドカップで日本代表のベスト16に大きく貢献した日本の要として、

 

ロシアの地で眩いばかりの輝きを放った男は、ワールドカップの後は所属クラブで出場機会に恵まれず、

 

その後の日本代表でも精彩を欠いていた。

 

今年のアジアカップでもワールドカップで見せたようなプレーを発揮できず。日本も決勝でカタールに敗れるなど、

 

柴崎選手自身も大会通して不調であった。

 

しかしコパアメリカでは日本代表の欠かせない存在であることを改めて示した。

 

若手選手中心の中、プレーで示してくれた。

 

そしてコパアメリカではキャンプテンシーも見せた柴崎選手。

 

数々の大舞台を経験したことにより、

 

コパではプレーだけではなく、精神面でチームに安定感を与えており、

 

キャプテンとてのプレーは高評価であった。

 

https://images.app.goo.gl/YTDBw3bNtxf526Bh8

 

若い選手が多い中で率先してチームのまとめ役を経験したことにより、よりまた一回りレベルを上げる存在に期待感を感じさせてくれた。

 

ただ柴崎選手自身がプレーで語るタイプなだけに、全体を把握して、的確なアドバイスができるタイプではないため、

 

柴崎選手本人が守備面での対応に追われてしまっていたたが、試合状況の中で的確なプレーで献身的に周りをサポート。

 

プレーでリーダーシップを発揮し、牽引していた。

 

今後は周りの選手に的確な指示をし、各選手のポジショニングやカバーについての指示をできるようになれば、なお存在感が際立ち、

 

コパでは次世代の日本代表キャプテンとしての可能性も見せた大会であった。

 

https://images.app.goo.gl/vuaMdBxahV1WsSrX6

 

今回のコパアメリカでは柴崎選手自身のプレーも試合を追うごとにプレーの精度もあげ、そして強さも発揮し、W杯後の代表選では久々の最高のパフォーマンスを見せていた。

 

 

攻撃を組み立てる際のポジションどりが今大会はよく、

 

攻守において試合状況を把握し、的確なプレーで、

 

日本代表の中心人物に見事に成長していることを証明した。

 

https://images.app.goo.gl/RSESwLijJS18t5NV6

クラブでは不本意な日々を送っているが、その経験も着実に成長の糧にしている。

スポンサーリンク
 

本来のA代表では2列目の個性豊かな攻撃陣を引き立てる重要な役割を担っているだけに、

 

これからさらなる飛躍を見せて欲しい。

 

年齢的にも成熟し、経験値も上がっているだけに、

 

安定感を手にした柴崎選手はさらなる凄みを増し、チームの象徴になれる存在。

 

https://images.app.goo.gl/ySmgeD9Eu1MTbSYw9

これからまだまだプレーの質を上げてくれるだろう。

 

上質なプレーを見せてもらいたいこところだ。

 

まだまだ伸び代はある。

 

日本史上最高の司令塔へ。

 

Embed from Getty Images

 

本領発揮はこれからだ。

スポンサーリンク
 

柴崎岳選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

持ち味の卓越したゲームメイク力を誇るプレースタイルで

 

今や、日本代表に欠かせない存在へと成長した柴崎選手。

 

2022年後のカタール大会では、

 

ロシア大会のような攻撃の要として際立つ活躍を期待している。

 

現在、不遇のヘタフェから移籍し、新天地での評価をあげる飛躍を。

 

遠藤保仁を超えるような選手へ。

 

期待は高まる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です