佐々木朗希 (大船渡) 最速163キロのドラフトの目玉!! 大谷翔平を超える逸材!!




昨年のドラフト会議では甲子園を沸かせたスター選達がプロの世界へ。

そして今年のドラフトではさらなる注目の存在が。

佐々木朗希

類稀なるポテンシャルを誇る超高校級。

あの大谷翔平を彷彿とさせる逸材。いや、超えるかも。

今年のドラフト最大の目玉選手だ。

今回はプロ注目の大船渡高校の佐々木朗希投手をPICKUP

佐々木朗希投手のWIki的プロフィール

https://goo.gl/images/wpe5eY

名前 佐々木朗希 (ささき ろうき)

出身地 岩手県陸前高田市

生年月日 2001年11月3日 (17歳)

身長 189cm

体重 81kg

ポジション 投手

佐々木朗希投手の経歴 〜今年のドラフトの目玉〜

新東北の怪物

https://goo.gl/images/kY85Qs

陸前高田市立高田小学校 → 大船渡市立猪川小学校 →大船渡市立第一中学校 (オール気仙)→ 大船渡高校

小学3年生から野球を始めものの、震災の影響で大船渡市へ渡り、大船渡第一中学では軟式野球部に所属。

中学3年生の夏にはオール気仙でKB東北大会準優勝に貢献する活躍。

佐々木投手は中学の時点で軟式ボールで約41キロを記録し注目され、全国の野球の強豪校から数々のオファーを受ける存在であった。

その中には昨年の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校や地元の強豪、花巻東高校からの誘いも。

しかし中学時を共にした仲間と一緒にプレーし、甲子園に行きたいという想いから、佐々木投手は強豪私立からのオファーを断り、地元の大船渡高校を選択。

スポンサーリンク

中学卒業後は大船渡高校へ進学。

進学した大船渡高校では1年生の夏からベンチ入りし、夏の公式戦に出場。

高校1年生ながら147キロを計測するなど、衝撃デビュー。大器の片鱗を魅せた。

https://goo.gl/images/WUzFfD

しかし秋の新チームになって成長痛の影響もあり腰痛に悩まされ、どこの1年生の間は当番していない。しかし成長痛に苦しみながらも着実にトレーニングを続けていたことによりさらなる成長をみせる。

2年生になる一段と成長を見せ、夏には154キロ、

さらに昨年の秋には最速157キロを計測するなど、そこ知れずのポテンシャルを発揮。

https://goo.gl/images/7HJaaX

注目の右腕に視察に訪れていたプロのスカウトからも最上級の評価を受け、そんな東北の逸材にはメジャーのスカウトも練習試合に視察に来るなど、

一躍ドラフトの目玉選手として躍り出た高校生最速右腕。

https://goo.gl/images/oLfTTx

ポテンシャルの高さは大谷翔平クラスと超える逸材かもしれない。

超高校級右腕。甲子園経験はないものの、日米注目の今年のドラフトの目玉選手だ。

これからの成長が楽しみな存在と言えるだろう。

佐々木朗希投手の特徴 〜大谷を超える逸材〜

大谷二世

https://goo.gl/images/oqYexF

189センチと恵まれた体格、体重は81キロと細身ではあるが抜群の潜在能力を見せる高校生最速、本格派右腕だ。

長い手を生かしたゆったり足を大きくあげる無駄のないフォーム。

https://goo.gl/images/DKLNnJ

しなやかなと柔らかく、力感のないフォームで右腕から放たれるストレートは強く、唸りを上げる。超高校級ピッチャー。

ストレートは一級品だ。

https://goo.gl/images/RH1tnM

最大の魅力であるストレートは現時点であるが、最速157キロ。150キロを超えるストレートを連発し、球のキレ、球威とも申し分ない。

スマートであるが一瞬で爆発的なパワーを生むエンジンを備え付けているかのようなだ。

ショット力が高いだけに身体の瞬発力は群を抜いていると言える。

抜群の身体能力で長身で細身なところ、ポテンシャルの高さは高校時代の大谷翔平選手を彷彿とさせる。いや、同じ時期の大谷選手よりもいいかもしれない。

高校生史上最高の潜在能力を秘めた最高のポテンシャルを持った逸材と言えるだろう。

大谷翔平選手が高校3年生の夏に記録した高校生史上最速160キロ越えにも期待が高まる。高校生史上最速投手は更新されるか。

スポンサーリンク

再び現れた東北の怪物ともいうべき存在だ。

https://goo.gl/images/rL26Dd

まだ成長を感じさせるポテンシャルは間違いないだけに、連投などはさせず負担のないようにしていることもあり、目標はプロ一本と周囲も将来を見据えている。

またまた体つきも細く、体格も技術も完成させいないが現段階でのパフォーマンスはすでに桁違いだ。

さらなる進化の予感は間違いないだろう。

投手としての潜在能力は大谷翔平、ダルビッシュクラス。今年のドラフトの目玉。日米を股にかける争奪戦。

抜群の将来性でスカウト注目の存在だ。

佐々木朗希投手は今年のドラフトの目玉 〜スカウトの評価は〜

今年のドラフト最大の目玉

https://goo.gl/images/N6gn6M

プロ注目の佐々木投手。最上級のポテンシャルを誇り、日米スカウトの注目の存在。

まだまだ成長過程なだけにどこまで選手としてのスケールを大きくなるか期待が高まる一方だ。

もちろん秋のドラフトでも注目の目玉選手だ。

https://goo.gl/images/aNKHyK

昨年のドラフトでは昨年の甲子園を沸かせた大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手、柿木投手など、

そして金足農業の吉田投手といった高校野球のスター選手がドラフトの目玉として注目。

昨年のドラフト一位を高校生が5人指名されるなど高校生が豊作の年であった。

今年も注目の高校球児が多い、そして今年は昨年以上の期待感がある

特に投手に世代屈指の逸材が。

期待の星稜高校の奥川恭伸投手、横浜高校の及川雅基投手、創志学園の西純矢投手などといった今年のドラフト注目の目玉選手として才能豊かな選手たちが揃っている。

その中で日米スカウトが注目している佐々木投手は特に注目といってもいい。

佐々木投手は大谷翔平選手に匹敵する才能の持ち主。将来性、ポテンシャルを含めて高校生屈指の潜在能力だ。今年のドラフトでは競合必須なることが予想される。

プロの複数の球団が注目し、各コメントを残しており、各球団も上位使命を示唆しているほどだ。

特に北海道日本ハムファイターズが熱心に動向を見守っているという情報も。

スポンサーリンク

高校生としては注目度はナンバーワンと言ってもいい。

https://goo.gl/images/ebx1Y5

今年の秋のドラフトまで期間があるだけに、さらなる成長を魅せるはずだ。

佐々木投手はまだ甲子園のマウンドに立っていない。最後の夏。

佐々木投手の甲子園で躍動する姿をぜひ拝見したいものだ。

まだまだ世間的な注目度は高いわけでないが、もし甲子園に出場となると昨年の金足農業の吉田投手のように全国的な注目度を浴びる可能性が高い。

それに大谷翔平選手のようなクラス投手なだけに、これから全国的に注目されることだろう。

佐々木朗希投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今年プロ注目の逸材、大船渡高校の佐々木投手。大切な仲間と一緒に甲子園出場を目指す。

https://goo.gl/images/ebx1Y5

自らの豪腕で大船渡高校を甲子園に導くことができるか。

甲子園のマウンドに立ち、160キロ超える高校生最速を更新だ。

今年のドラフトの目玉選手として秋まで目が離せないだけに注目して見守りましょう。