野球

坂本勇人 ホームラン打者へ覚醒!! 打撃開花は松井秀喜氏のおかげ!?

 

ホームラン打者へ覚醒!!

 

坂本勇人

 

いや〜、凄い選手になったもんだ。

 

開幕から打撃が絶好調。

 

今シーズンは凄い成績をマークしている。

 

特にホームラン。

 

2019年はホームランを量産している。

 

今や、ジャイアンツの顔から日本プロ野球の顔へ。

 

とにかく、すごいの一言。

 

今回は読売ジャイアンツの坂本勇人選手をPICKUP!!

 

坂本勇人 ホームラン打者へ変貌!! 打撃開花は松井秀喜氏のおかげ!?

 

https://images.app.goo.gl/SgdoUzv3veehDjYU9

名前 坂本勇人(さかもと はやと)

出身 大阪府伊丹市

生年月日 1988年12月14日(30歳)

身長 186cm

体重 83kg

ポジション 遊撃手

坂本勇人 ホームラン打者へ覚醒!! 打撃開花は松井秀喜氏のおかげ!?

 

https://images.app.goo.gl/v18Lnx9KAbVoQ4tu5

 

読売ジャイアンツ所属の坂本勇人選手。

 

坂本選手は今や、球界屈指のショートストップとして大活躍。

 

いや、日本プロ野球を代表する選手になった行っても過言ではない。

 

2016年には打率.344で初の首位打者、昨年の2018年も打率.345とハイアブレージをマーク。

 

2019年シーズンも開幕から好調。素晴らしい活躍をしている。

 

今シーズンは特にホームラン量産体制。

 

40本の大台、そして初のホームラン王も狙える位置。

 

最近の坂本選手には風格すら感じる。本当にすごい!!の一言。

 

ホームラン打者へ覚醒だ!!

 

https://images.app.goo.gl/4ja7Tkr4eNxgoSC26

そうそう簡単に打ち取れない打席でのアプローチは素晴らしいものがある。

スポンサーリンク
 

今シーズンは球界屈指の打者へとして君臨、

 

ホームラン打者へ覚醒を遂げた。

 

https://images.app.goo.gl/D38qERRn7yctRwSj9

とにかく開幕から好調。今シーズンは開幕から連続出塁を続けるなど、現在の坂本選手は手がつけられない状態だ。

 

ここ近年の打撃開眼は本物か。

 

現在、坂本勇人選手は打率、そしてやはりホームランをできているのは目を見張るものがある。

 

しかし、現在の姿になる前までは、伸び悩んだ時期がある。

 

素晴らしい現在の姿には想像できないが、

 

https://images.app.goo.gl/YKf5AnV8UME4gRf26

しかし正直、ここまでの選手になるとは思わなかった。

 

現在の姿になるまで、打撃フォーム改造を行っていたことは野球ファンはご存知だろう

 

なぜ球界最高峰の打者、そしてホームラン量産できるようになったのだろうか。

 

坂本勇人選手 覚醒は松井秀喜氏のおかげ!?

 

 

https://images.app.goo.gl/7NX9eTTZj71dB16t5

 

近年の打撃開眼を果たし、

 

今シーズンは特に目覚ましいほど。

 

ホームラン打者へ覚醒を遂げ、大活躍を見せている坂本選手は、

 

2006年ドラフト一位で読売ジャイアンツに入団。

 

プロ入り後、名門ジャイアンツのショートのレギュラーを獲得。

 

ジャイアンツでの10代でのレギュラー獲得は松井秀喜氏以来の快挙。

 

プロ入り3年目には打率.306をマーク。2010年には31本塁打、プロ6年目には最多安打を放つなど、

 

そして5年連続全試合出場を果たし、着実に力をつけ、押しも押されもせぬジャイアンツの顔にまで成長を遂げていた坂本選手。

 

さらなる活躍を期待されていたが、成績は下降をたどっていた。

 

https://images.app.goo.gl/tbJLQXBJoVJSFjEv8

2010年には31本塁打を放った打撃力も、その後は10本台、打率も2割6分台と平凡な数字。

スポンサーリンク
 

思うように活躍できずにいた。

 

2011年までは順当すぎるほどん活躍であったのはあるが、それ以降なかな突き抜けた存在になることができず、

 

同じ10代でジャイアンツのレギュラーを獲得し、球界のスター選手へと駆け上がって行った松井秀喜氏とは歴然のさ差が着いてしまっていた。

 

 

松井秀喜氏とは比べるのは酷かもしれないが、

 

ジャイアンツという名門で若くしてレギュラーを獲得しただけに、周囲も期待値が上がっていたこともあるだろう。

 

当の坂本選手もプレッシャーもあったはずだ。

 

https://images.app.goo.gl/ztZKB5STfUzeGTVV9

 

2011年以降は打撃が低調になり、中途半端な打撃内容、打席での迷いが見える場面も多々あり、

 

思うような打撃ができないことへの不満な表情が打席の中での見えていましたが、以前の坂本選手は確かな野球センスを持っている印象であったが、

 

なんとなくこなしている印象でもあった。

 

それに成績が付いて来ている状態であったからこそ、当時は気付くことができずにいたのではないだろうか。

 

 

なんとなくでこなしていれば、不振になってもなんとなく手探りになってしまう。

 

 

確かな打撃の確証がない状態。

 

それは非凡な野球センスを誇っていたからこそ陥った打撃不振。

 

しかしある意味、不振がターニングポイントに。

 

確かな打撃を持っていない坂本選手自身も、このままではいけないと危機感を持っていた。自分には自信がないとも語っている。

 

 

意外にも奢りになっていなかった。

 

https://images.app.goo.gl/LtrbcPYb6CCco9Sr5

それは名門ジャイアンツには球界を代表する選手が多く在籍。すごい選手ばかりの環境に身を置いていたからこそ、

自分自身がすごい存在とはならずに、打撃不振の際も、自分自身の立ち位置をしっかり理解していた。

 

がだからこそ、それまでなんとなくでできたのかもしれない。

 

坂本選手はこのまま並みの選手で終わっていくという危機感の中、

 

スポンサーリンク
 

思い切って打撃改造に着手。

 

https://images.app.goo.gl/GE7KiJxfp9B9m5xa6

それまで培って来たものを捨てる。まさに野球人生をかけた打撃改造であった。

侍ジャパンに選出されれば、球界屈指の打者に素直にアドバイスを求め、どんな時も素直にアドバイスを求め、自分自身に変化を求めた。

 

そして坂本選手が変わるきっけかを大きく与えてくれたのが松井秀喜氏。

 

https://images.app.goo.gl/RnNqxeTnTvxxKVg27

2016年の春季キャンプで臨時コーチとして参加していた松井秀喜氏は現役時代は言わずと知れた日本最高のスラッガとして活躍した球界のレジェンド。

 

松井秀喜氏は現役時代は、日米通算507本塁打を放ったスラッガー。

 

https://images.app.goo.gl/1uQqPcSWLSsnLN1r8

引退後はヤンキースGM補佐として活躍しながら、ヤンキースのマイナーを巡回し打撃指導を行っている。

 

現ヤンキースの看板選手になったアーロン・ジャッジ選手も指導を受けており、

 

https://images.app.goo.gl/bQxLiACucvREZroJ8

ジャッジ選手も松井秀喜氏のアドバイスにより、打撃での可能性が広がったと語っており、アドバイザーを務めるヤンキースのキャッシュマンGMは、

 

ヒデキは、才能を見つけるのが眼力を持っていると、松井秀喜氏を高く評価。

選手の個性や特徴をしっかり理解し、選手にあった的確なアドバイスができる松井秀喜氏の打撃理論は定評がある。

 

スポンサーリンク
 

 

 

松井秀喜氏のアドバイスで才能を開花する選手は多い。筒香もその一人だ。

 

https://images.app.goo.gl/rTuAGFz5K7q3nJYm7

人間的にも人格者で豊富な経験を持つ松井秀喜氏をヤンキースが手放さないのは納得だ。

 

そんな偉大なるジャイアンツの先輩からアドバイスを求めた坂本選手。

 

松井秀喜氏からのアドバイスは、坂本選手がこれまで行なっていた打撃とは別次元の内容であった

 

https://images.app.goo.gl/e1Uc9K3LDcV2n5Ae7

松井秀喜氏は比率は後ろ足に9、前足に1くらいの感覚でバッティングを現役時代を行なっていた。

一方、坂本選手は以前は打撃フォームを構えて、体重の比率を軸足5、前足5。

 

松井秀喜氏のアドバイスは、要は軸足に重心を置くこと。

 

しっかりボールを見極めて、ポイントを知覚することができ、身体で近いところで打つことができるため、飛距離向上にもつながる。

 

現在のメジャーリーグでの最先端の打撃と言えるだろう。

 

日本よりもレベルの高い環境に身を置い、その環境の中、メジャーでも実績を残して来た松井秀喜氏だからこそのアドバイス。

 

坂本選手は最初はその感覚がわからなかったとのこと。

 

https://images.app.goo.gl/eG3Trn1AXpkL3v9j6

今ままでなんとなくでプレーして来た坂本選手が考えたことない感覚。

 

しかし、それまでの不信を乗り込めるために、坂本選手は打撃フォーム改造に取り組む。

 

https://images.app.goo.gl/G3rzpQt7AVZJizKw7

それが最高の結果に繋がる。

 

迎えた2016年シーズン。

 

打撃フォーム改造は結果として現れ、打率.344をマーク。見事、首位打者を獲得。

 

坂本選手は開幕当初は新たしい打撃の感覚がつかめていなかったが、2016年シーズン終盤には改良した打撃の感覚がわかるようになり、

 

https://images.app.goo.gl/Gf1kFNweYusKUQQb6

坂本選手自身も今までとは違う感覚を手に入れることができたと語っており、結果、見事打撃フォーム改造の成果を出した。

 

その後も素晴らしい成績を残し、迎えた2019年シーズン。

 

開幕から猛打を振るい、開幕当初は打撃3部門で最高の成績を残し、三冠、

 

そして現在シーズン終盤に入ったが、特にホームランを量産。

 

自己記録の31本をあっさり更新し、シーズン40本のホームランを射程圏内だ。

 

坂本勇人選手は近年の打撃開眼により、ホームラン打者へと変貌した。

 

https://images.app.goo.gl/9Vnw5o4U7yBoxGSs8

開幕からの校長はシーズン終盤まで現在の活躍を続けるのは至難の技かと思っていたが、、ここまでシーズンを通して好調。ここままのペースで特にはホームランは自己最高の成績を残すのは間違い無いだろう。

スポンサーリンク
 

今シーズンの打撃の内容を見ている限り、

 

2016年の打撃フォーム改造により、確かな打撃を掴んで見せた。

 

https://images.app.goo.gl/ZrwLBZUicWXjCaoVA

素晴らしい成績を残している坂本選手は、試合への余念がない。相手選手のデータもしっかり把握し、打席へ臨んでいる。

 

現在の好調ぶりはこれまで取り組んだ打撃フォーム改造、そして細かく野球に打ち込んで来た成果であろう。

 

坂本勇人、完成形へ。

 

https://images.app.goo.gl/6defTQpL1aDBpMT56

若い時はやんちゃなイメージもあったが、本当に素晴らしい選手に成長した。

 

今や、球界の顔にまで成長した坂本選手。

 

特に今シーズンの活躍ぶりは圧巻の一言。

 

球界屈指のホームラン打者に成長を遂げた。

 

https://images.app.goo.gl/6wbKyqwWbgufCqwS6

球界の歴史に名を残す選手に、このまま駆け上がっていくことだろう。

 

坂本勇人選手の華麗な打撃を見逃すな!!

坂本勇人選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

球界を代表する選手へと成長した坂本勇人選手。

 

現在の活躍ぶりはとにかく凄い!!

 

ホームラン打者へ変貌により、

 

今シーズンは初のホームラン王も夢ではない。

 

どこまで成績を残すのか楽しみだ。

 

新たなる境地。

 

シーズン40本大台へ。

 

シーズン終盤までホームラン量産は続くのか。

 

坂本選手から目が離せない。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です