ドラフト

智弁和歌山 東妻純平はドラフト候補!? 特徴は!?

 

智弁和歌山が誇る正捕手は2019年ドラフト候補!?

 

東妻純平

 

名門、智弁和歌山の強肩強打のドラフト候補。

 

今回は甲子園常連校、智弁和歌山のチームの要、東妻純平選手をPICKUP!!

 

東妻純平選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/SRzs3x

名前 東妻 純平(あづま じゅへい)

出身地 和歌山県

生年月日 200173 (17歳)

身長 174cm

体重 75kg

右投げ右打ち

ポジション キャッチャー

智弁和歌山 東妻純平はドラフト候補!? 特徴は!?

https://goo.gl/images/mAe8mq

和歌山市立紀伊小学校→若山市立紀伊中学校→智辯和歌山高校

 

東妻選手は紀伊小1年生から野球を始め、中学では奇襲ボーイズに在籍。

 

中学3年生の時に全国大会へ出場を経験。

 

高校は和歌山県の名門、智弁和歌山高校へ進学。

 

入中学時代までショートのポジションでプレーしていたが、入学後キャッチャーに転向。

 

智弁和歌山ではキャッチャーとして1年の夏からベンチ入りし、

 

秋から正捕手としてチームの主軸へ成長。

 

2年生の春の甲子園選抜大会に出場し、準優勝に貢献

 

https://goo.gl/images/D4dF8F

夏の甲子園大会にも二期連続出場を果たしたが、初戦で敗退するなどし悔しい思いをしたが、

 

今年の3月に開催される春の甲子園センバツ大会への出場を果たしているだけに

 

チームとしても個人としてもリベンジを果たす時だ。

 

キャッチャーとして抜群の強肩を誇る高校生屈指のキャッチャーである。

 

 

スポンサーリンク
 

 

東妻 純平選手の特徴

 

高校生屈指のキャッチャー

 

https://goo.gl/images/QaYsk3

東妻選手は捕手として強肩の持ち主で遠投は125mを誇る。

 

何と言ってもキャッチャーとしてのストロングポイントである抜群の強肩である。

 

強肩だけでも際立っており、攻守の要としてもチーム内で抜群の存在感を誇る。

キャッチャーとしては二塁への送球も高校生トップクラスどころか、その送球技術はプロの捕手とも引けを取らない。

 

東妻選手はキャッチャーでありながら足も速く、50mを63で走る走力の持ち主。

 

中学時代はショートを守っていることもあり、元々のプレーヤーとしてのポテンシャルは高いと選手である。
持ち前の強肩により、智弁和歌山入学後、捕手へコンバートとしている。

 

バッティングも魅力の一つであり、

 

https://goo.gl/images/97uNnD

パンチ力があり、長打も見込める強肩強打。

 

智辯和歌山ではチームの4番を任されているだけの打撃力も兼ね備えている。高校通算20本塁打を放っているスラッガーとしても成長著しい存在だ。

 

今後は貴重価値でもある、打てる捕手として成長を遂げることができるだろうか。

 

東妻選手の成長を見守りましょう。

 

 

スポンサーリンク
 

 

兄は昨年の千葉ロッテの東妻勇輔

 

智弁和歌山の主軸である東妻選手の兄は昨年のドラフト会議に千葉ロッテマリーンズに二位指名を受け、入団した東妻勇輔投手。

https://goo.gl/images/1kp5so

なんと兄も智弁和歌山出身であり、兄弟揃って智弁和歌山

 

弟、純平選手が智弁和歌山へ進学したのは兄の影響があったのでしょうか。

それとも和歌山県出身だけに和歌山の野球の強豪校を選んだのか、どちらにせよ、兄も弟も素晴らしい才能をもった選手です。

 

兄の勇輔選手は高校卒業後は進学し、日本体育大学を経て、プロ注目の選手として評価され、今年からプロ野球選手の道へ進んでいる。

https://goo.gl/images/wkSDh6

兄は投手であり小柄ではあるが、ダイナミックで躍動感溢れるフォームから繰り出すストレートのMAX155キロを誇る剛腕投手。

 

ストレートとスライダーを武器に打者を翻弄する右の本格派右腕である。

プレースタイルは強気で投げっぷりの良さが魅力でストレートの球威、力強さは一級品というプロからも高い評価を受けている今年期待の新人選手である。

 

兄弟揃って野球センスが凄まじいですよね。

 

東妻純平選手の将来の目標として、兄弟でバッテリーを組むこと、と語っていることもあり、
兄がプロ入りしていることもあり、純平選手のプロ入りし、もし千葉ロッテに入団することになれば、憧れの夢の実現を果たすことができるかもしれません。

 

ぜひ夢の実現を果たして欲しいですね。

 

スポンサーリンク
 

東妻純平選手は2019年ドラフト候補!?

 

捕手としての潜在能力は抜群である東妻選手は今年のドラフト指名されるのでしょうか。

 

セールスポイントはなんといっても強肩。

 

https://goo.gl/images/F2jsZP

遠投は125mを投げることができる強肩であり、持ち前の強肩を活かしての二塁への送球は高校生へトップクラスだけじゃなく、

二塁への送球はなんとプロでもトップクラスを誇るだけに、肩だけを見ればプロでも遜色ないレベルにあると評価できる。

 

プロのスカウトはどのように彼を見ているかはわかりませんが、

 

キャッチャーとしてのポテンシャルの高さを秘めているだけに、現時点の評価では将来性を買われての獲得を示す球団はあるかもしれません。

 

昨年の秋からチームの四番を任され、高校20本塁打を放っているだけに

 

打者として今年の秋までに成長できるかが、プロのスカウトたちへのアピールできるか。

https://goo.gl/images/QaYsk3

今年の3月のセンバツ大会で成長した姿を見れることができれば、

 

一躍ドラフトの注目選手として現評価を上げることができるかもしれませんね。

 

https://goo.gl/images/hvMdCB

間違いなく素材としては素晴らしいだけに、原石としてじっくり成長を期待しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

東妻純平選手に関するまとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

高校屈指の捕手として注目の存在の人りである東妻選手。

 

名門智弁和歌山高校をセンバツ優勝に導くことができるでしょうか。

 

そして、プロの道へ進み、

 

夢の共演を果たし、兄弟バッテリーをぜひ実現させて欲しいですね。

 

期待して見守りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です