斎藤佑樹 高校時代はすごかった!? 甲子園優勝投手!!




高校時代はすごかった。

斎藤佑樹

プロ入り後は思うような活躍ができていないのが現状。

もう一度高校時代の躍動感ある投球をみてみたいけど、

それだけすごかったんですよね。

今回は北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手の高校時代をPICKUP

斎藤佑樹投手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/HFPcJrgTk5NYL49z5

名前 斎藤佑樹 (さいとう ゆうき) Yuki Saito

出身地 群馬県太田市

生年月日1988年6月6日 (30歳)

身長 176cm

体重 74kg

ポジション ピッチャー

斎藤佑樹選手 高校時代はすごかった!?

甲子園優勝投手

https://images.app.goo.gl/kCgUcZUT6ZWUh3667

現在北海道日本ハムファイターズに所属する斎藤佑樹投手。

プロでは正直、活躍はできていませんが、高校時代は素晴らしい実績を誇る高校球界屈指の名投手何ですよね。早稲田実業を優勝に導く大活躍。

彼の経歴なんて誰もが知っていること。説明する必要ない位な感じもするんですけど笑

https://images.app.goo.gl/PmNfNrFDZtgvceo3A

斎藤佑樹投手の高校時代を振り返って行きましょう。

斎藤佑樹選手は言わずと知れた甲子園の大スター。

https://images.app.goo.gl/d9XbEDQzSoZbqAb26

斎藤佑樹投手は群馬県出身。

早稲田実業高校に進学後は1年生からベンチ入りを果たし、2年生からエースの座に

しかし2年の夏大会は県大会でコールド負けするなど、目立った活躍はありませんでした。2年生の時点では全国的にも無名な選手でした。

スポンサーリンク

その後新チームになり、徐々に頭角を表す。

https://images.app.goo.gl/5a7mzRSavUCLeZE39

エースで服キャプテンとして望んだ秋の都大会では早稲田実城を24年ぶりに優勝に導き、そして秋の明治神宮大会ではベスト4まで勝ち進む。

春の甲子園センバツ大会に出場。

https://images.app.goo.gl/wzxT62envDjSTTZUA

出場した春のセンバツでは2回戦で延長15回で引き分けになり、再試合を経験。

斎藤投手の強靭なスタミナ、精神力はこの春の大会があったからこそ夏の飛躍に繋がることにある。斎藤投手本人もセンバツ大会が転機と語っている。

そして飛躍をみせた高校三年生の夏。

https://images.app.goo.gl/LtmsSTyogjpKbeuy5

早稲田実業のエースとして都大会で躍動。チームを10年ぶりに選抜甲子園大会に進出に大きく貢献。センバツでは一回戦で勝利し、早稲田実業の24年ぶりに勝利を呼び込む投球をみせていた。

そして迎えた伝説の夏甲子園大会。

都大会からの勢いそのままに甲子園でも快進撃を見せる早稲田実業。

試合ごとにチームは成長し勢いをつけ、そしてエース斎藤投手もさらなる飛躍を見せる。

2回戦は対戦した大阪桐蔭。

https://images.app.goo.gl/vLwNsz34mr8cP2bi6

当時2年生で超高校級スラッガーとしてプロ注目選手だった中田翔選手を3三振に仕留めるなど、圧巻を投球をみせ、決勝まで勝ち進む。

決勝進出。決勝の相手は前年の秋の神宮大会で敗戦した駒大苫小牧高校。

そしてエースの田中将大投手。

https://images.app.goo.gl/XZ2m8EpNCDWa3ia46

2006年の夏の甲子園大会は田中将大選手がナンバーワン投手。

田中投手は駒大苫小牧の3連覇を目指す世代最強チームのエースでプロ注目の逸材。

正直、大会前は斎藤佑樹選手は世間的にもノーマークでした。

スポンサーリンク

試合は拮抗。斎藤、田中両者譲らず白熱の投球。

https://images.app.goo.gl/LmgieJM7oo1uWVRr9

https://images.app.goo.gl/WSm6hYfKvEukEXuZ6

延長15回までいき、決着がつかず再試合へ。

そして、伝説の延長再試合。

決勝で見せた田中将大との投げ合いは今後も語り続けられる試合の一つ。

再試合では田中将大投手に投げ勝ち、見事優勝。

https://images.app.goo.gl/VzZnvALTRox5sqKY6

https://images.app.goo.gl/pC1T7GgFrHtseTTC7

最後のバッター田中将大投手を三振に仕留め、見事白熱の決勝線を制し、早稲田実業を初優勝に導いた。

甲子園史上に残る名試合として今もなお語り継がれる伝説の決勝戦。

https://images.app.goo.gl/1WUV2S45UmMJ5PNo8

斎藤投手は夏の甲子園で69回を投げ、投球数948数と歴代1位。そして歴代2位となる78奪三振。
アウト全てを一人で奪うなど、まさにエースとして躍動。凄まじい記録を打ち立てた。

2006年甲子園の斎藤投手は投げる姿たび飛躍。マウンド上での姿は躍動感があって、しっかり腕が振れてボールのキレも素晴らしかった。

https://images.app.goo.gl/Af2h99ebo2WyLs4y5

ほんとに2006年の甲子園大会は皆さんもテレビにかじりついていたのではないでしょうか。それだけ注目の大会でしたね。

スポンサーリンク

ハンカチ王子。

https://images.app.goo.gl/FQmJb4GK1g5YZRwx5

斎藤選手がマウンドで汗拭くハンカチところからきているが、この時は斎藤佑樹選手の影響で、百貨店でのハンカチの売り上げが上がったみたいですよ笑。

これはウケますよね笑。

これは世間のミーハーさがよくわかるよね。それだけメディアを通すと影響力が生まれるから、確かにハンカチブームすごかったですよね。

https://images.app.goo.gl/rkK889PqayPa7VnL7

そんな世間大注目の斎藤佑樹選手の動向は注目の的。

高校卒業後そのままプロへ行くと期待していましたが、

斎藤投手は早稲田大学の進学を選択。

これがやはりターニングポイントだったかもしれません。

斎藤投手はその後当時予定されていた早稲田大学へ進学。

早稲田大学進学後からすぐさ活躍。大学球界でも斎藤フィーバーは続き、六大学リーグでも実績を積み重ね、4年間で六大学タイ記録の24勝をあげるなど早稲田大学でも大活躍。

そして満を辞してのプロ入り。

2010年のドラフト会議で4球団が競合。抽選の末、北海道日本ハムファイターズへ入団。

甲子園を沸かせた甲子園優勝投手、ハンカチ王子がプロの世界へ。

と当時は再び世間の注目を浴びてはいたが、プロの世界でどんな活躍をするのか期待が膨れ上がっていたが・・・・・

現実は違った。斎藤投手が描いたような青写真ではなかった・・・。

スポンサーリンク

斎藤佑樹投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

甲子園を沸かせたスター、斎藤佑樹。

斎藤投手の高校時代の活躍は高校野球史上に残る名投手。

その事実は変わらないし、賞賛すべきことだろう。

決勝で見せた斎藤投手の底力は凄まじいものがあった。

あの頃の投球をもう一度。見てみたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする