サッカー

ルカクのプレースタイルは?? ベルギー最強フィジカルモンスター!!

 

ベルギー最強の大型ストライカーのプレースタイルは??

 

ロメル・ルカク

 

スピードと強靭な肉体を活かしたプレースタイルで。

 

ベルギー最強のFWを称される最高の選手の一人。

 

そして最強のフィジカルモンスター。

 

今回はベルギー代表のロメル・ルカク選手の凄さやプレースタイル、活躍をPICKUP!!

 

ロメル・ルカク選手のWikiプロフィール

 

https://images.app.goo.gl/GzMyr6AtcogH5Ybk6

名前 ロメル・ルカク(Romelu Lukaku)

出身地 ベルギー・アントウェルペン

生年月日 1993年5月13日(26歳)

身長 190cm

体重 93キロ

ポジション FW

ルカクのプレースタイルは?? ベルギー最強フィジカルモンスター!!

 

https://images.app.goo.gl/BvXSxqNoBxVPAcgn6

 

最強の重戦車

 

ロメル・ルカク

 

ベルギーが誇る大型最強ストライカー。

 

2019/2020年新シーズンから所属していたマンチェスターUから、セリエA名門インテルへ移籍。

 

世界最高のフィジカルを持つ男は、イタリアの地で輝きを見せてくれるか。

 

今回はベルギー代表のロメル・ルカク選手の凄さやプレースタイル、活躍をPICKUP!!

スポンサーリンク
 

ルカクってどんなプレースタイル??

 

https://images.app.goo.gl/4B7KMn31JokuxU2x8

 

ルカク選手は身長190センチ、93キロと、

 

恵まれた体格で優れたフィジカルと、スピードを活かしたプレースタイル。

 

ベルギーが誇る大型ストライカー。

 

持ち味であるスピードは最高速度が38キロと原付並みの優れたスプリント能力が持ち、

 

なおかつ体重93キロで筋肉の鎧を身にまとっている最強のフィジカル。

 

規格外の身体能力、フィジカルを兼ね備えたストライカー。

 

そして何と言ってもルカク選手の最大の持ち味は、やはり規格外のフィジカル。

 

ボディーコンタクトに強く、当たり負けしないフィジカルの強さはバケモノレベル。

 

その強靭な肉体は冷蔵庫と言われれるほど、デカイw

 

ルカク選手の最大のストロングポイント。

 

優れたフィジカルとスピードを活かしたパフォーマンスは圧巻。

 

https://images.app.goo.gl/HGavaN3K3fEMqYNCA

 

相手選手をなぎ倒して、突進していくほど強さがある。まさに重戦車のように。

 

原付+冷蔵庫=ルカクさん。

 

世界最強のフィジカルモンスターだ。

スポンサーリンク
 

そんなルカク選手。

 

優れたフィジカルとスピードを活かしたプレースタイルで豪快なイメージだが、

 

ストライカーとして非常にクレバーな動きを見せてくれる。

 

ルカク選手はポジショニング良さ、スペースへの飛び出しなど優れた動き出しの良さがあり、オフザボールの動きが定評がある。

 

味方からの前線へのロングボールに対しても、長身を生かして空中戦で勝ち、そこからキープして、チャンスメイクできる。

 

個人技でガンガン突き進むのではなく、状況に応じたプレーで味方選手を使うことも上手いのもルカクの持ち味。

 

非常にフィジカル面だけではなく、機転が効く動きが非常に上手く、ルカク選手のプレースタイルが、ストライカーとして評価が高いところだろう。

 

ボールを持っていない時の動きが優れているルカク選手。

 

https://images.app.goo.gl/mPUbgqHewoniM9UM8

 

もともと若手だった頃のルカク選手はスピードとフィジカルでガンガン仕掛けるようなプレースタイルで荒削り、豪快さが目立っていたが、

 

飛躍したエバートン時代にオフザボールの動きを研究して学んだことが、ルカク選手の現在のプレースタイルに大きく繋がっていると、成長の助けになったと語っており、

 

豪快なイメージだが非常にプレーが知的だ。それがルカクの凄さの一つだろう

 

ストライカーであるがルカク選手は選手として総合力が高く、クレバーな一面を兼ね備えたプレースタイルだからこそ、

 

現在のフットボーラーとして、素晴らしいキャリアにつながっている。

 

そんなルカク選手が現在のような世界屈指のストライカーまで登りつめるまで、

 

どんなキャリアを歩んできたのだろうか。

スポンサーリンク
 

ベルギー最強の怪物

 

https://images.app.goo.gl/NHRXD4YBuJAgapov8

 

ルカクはベルギーのアントウェルペン出身。

 

ルカクの家族はコンゴ共和国からの移民。

 

地元のクラブチームでサッカーを始め、9歳の時にベルギー国内のリールセSKからのスカウトを受け入団。

 

その後、2006年ベルギーリーグの名門、アンデルレヒトのユースへ移籍。

 

2009年にトップチーム昇格後、16歳ながらアンデルレヒトでゴールを量産。25試合で15ゴールと大活躍。

 

16歳歳で得点王はベルギーでの史上最年少得点王となるなど、規格外のパフォーマンスで怪物ぶりを発揮。

 

念願のプレミアへ、そしてセリエAへ。

 

https://images.app.goo.gl/CCiV6VqETQbovbZu5

 

その後2011年にルカク選手は、自身の憧れのクラブであったプレミアリーグのチェルシーへ移籍したものの、目立った活躍はできず。

 

2012年にレンタル移籍したウエストブロムウィッチで17ゴールをマーク。

 

その後チャルシーレンタルバック後、すぐに2014年からヴァートンへ完全移籍。

 

移籍したエバートンではコンスタントに二桁得点で飛躍を遂げ、

 

特に2016/2017年シーズンにはリーグ戦で24ゴールとその時のプレミアベストナインに選出されるなど、

 

プレミアで活躍。見事、規格外の男はプレミアの地で才能を開花。

 

2017/2018シーズンから名門マンチェスタ・ユナイテッドへ移籍金約110億円で移籍。

 

しかし、24322日でプレミアリーグ100得点を達成するも、過去2年間のようにゴールを量産していたほどの活躍はできず。

 

今シーズンからセリエAのインテルへ移籍。

 

活躍の場を新天地イタリアに求めた。

スポンサーリンク
 

そしてルカク選手はベルギー代表でも素晴らしい活躍をしている。

 

昨年2018年のFIFAロシアW杯でベルギー最強世代の一人として、見事、ベルギー史上最高順位となる3位の原動力となり、

 

クラブでも代表でルカク選手は素晴らしいキャリアを歩んでいるように見えるが、そうではないようだ。

 

幼き頃の苦しい経験を糧に。

 

https://images.app.goo.gl/zLrCyz8vcFFnUPnU9

 

順風満帆に見えるルカク選手。

 

しかし、幼き頃、家庭的も貧乏でもあり、生活環境で苦しい経験をしている。

 

ルカク選手はコンゴ共和国の血が流れていること、そして幼き頃にすでに大人と変わらない容姿に成長していたこともあり、

ユース時代に所属したクラブでもチームメートの親から差別的扱いを受けるなど、辛い経験してきた。

 

自分自身の原動力は怒りだと、今の自分を作っていると語っているルカク選手。

 

6歳でプロサッカー選手になることを決意をしたこと、そして幼き頃の経験が大きな原動力をなっており、

 

強い信念と覚悟を持っていたことが、現在の優れたのフットボーラーではなく、強靭なメンタルを持ったタフな選手、

 

そして、人としても強さを持った素晴らしい人間性を持った青年。

 

現在の強さは幼き頃の決意から始まった。ルカク選手は強い心を持った選手。

 

その強い決意はこれからも変わらない。

 

 

その強い決意が彼をさらに上のステージに導く。

 

 

スポンサーリンク

ロメル・ルカク選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ベルギーが誇るストライカー、ルカク選手。

 

強じなフィジカルとスピードを活かしたプレースタイルで

 

ベルギー最強のストライカーであるが、

 

豪快なイメージとは違い、心やさしき男でもある。

 

そんなルカク選手は今シーズンからインテルへ移籍。

 

セリエAでも活躍を期待しましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です