モドリッチは世界最高のMF!! ポジションやプレースタイルをPICKUP!!




世界最高級の司令塔のプレースタイルは??

ルカ・モドリッチ

クロアチアが生んだ最高級MFであり、

世界最高の選手。

今回はモドリッチ選手のポジションやプレースタイル、

これまでの活躍をPICKUPしていきましょう!!

モドリッチ選手のWIki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/RHYcgE1gTx375KB7A

名前 ルカ・モドリッチ Luka Modrić

国籍 クロアチア 出身地 ユーゴスラビア サダル

生年月日1985年9月9日(33際)

身長172cm

体重 65kg

ポジション MF

モドリッチは世界最高のMF!! ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

https://images.app.goo.gl/RHYcgE1gTx375KB7A

世界最高のプレイメーカー

ルカ・モドリッチ

世界最高級の司令塔といっても過言ではない存在。

クロアチアが生んだ天才は現在、世界最高のメガクラブ、

レアル・マドリードに所属。

卓越したテクニックと優れた視野の広さや判断力を兼ね備えた最高の選手。

現在フットバール界の最高のオフェンシブミッドフィルダーの一人。

スポンサーリンク

そんなモドリッチ選手のプレースタイルやこれまでの活躍ぶりをPICKUPしていきましょう。

モドリッチ選手のプレースタイルは??

世界最高級の司令塔

https://images.app.goo.gl/EzLbb4uLHrtGbgpr7

モドリッチ選手はクロアチアが誇る偉大な選手であり、

現在のフットボール界の最高の選手に一人。

その卓越した攻撃センス、テクニック、

攻撃においてのすべての要素がトップクラスであり、

最高のテクニックを持った選手。

https://images.app.goo.gl/Me3SRw5g4d6VN2u48

巧みすぎるほど、ボールコントロールに優れ、

広い視野と判断力を生かした性格無比なパスで、

ゲームメイク力でチャンスを演出する、

最高のゲームメイカー。

https://images.app.goo.gl/Eg4EzV5Unwvy8w2Q8

そのゲームメイク力は世界最高級。

試合を組み立てる試合構成力や展開力、優れたサッカーIQを誇り、

非常に上質でクレバーな選手だ。

そんなモドリッチ選手はゲームメイク力だけではなく、

時として自らドリブルで仕掛けゴールを狙う積極性もあり、

ドリブルのテクニックを最高級だ。

https://images.app.goo.gl/YpKiWY81EdRQ5wqWA

高い推進力も兼ね備えている。

スポンサーリンク

そのドリブルも巧みで繊細なボールタッチで相手選手を翻弄し、

モドリッチ選手が自ら仕掛け、そのシュート力を最上級。

シュートの威力や精度もトップクラスであり、

利き足関係なく、両足で強烈なミドルシューを放つ、ショット力もあり、

どの攻撃要素も全て一級品。

https://images.app.goo.gl/2mz9abwvSvEEjmhr6

最高のオールラウンダーである。

さらにモドリッチ選手は、特に際立っているのは、

ポジショニングの良さやオフザボールの動きが素晴らしい。

試合状況において、的確な判断を下し、

自分が居るべき場所を瞬時に判断するだけに、

チームに攻守において組み立てる能力の高さ、ビルドアップもでき、

そいて守備面での貢献度も非常に高い。

https://images.app.goo.gl/9SahUesFwgBRBJME6

本当にチームにはなくてはならない最高の攻守の要だ。

とにかくどの攻撃の分野での最上級のパフォーマンスを見せてくれる。

現在は素晴らしいほどの才能を見せてつけているモドリッチ選手であるが、

以外にも遅咲きの選手であり、若い頃から天才的な選手ではないという事実。

スポンサーリンク

モドリッチ選手はいかにして、世界最高のMFと呼ばれるまでになったのだろうか。

https://images.app.goo.gl/UsMorNMenpJY9ZVg6

ルカ・モドリッチ選手はクロアチア出身。

ユーゴスラビアのサダルというところで生まれたモドリッチ選手は、

まだ幼き頃はまだ国内で紛争が始まった頃であり、そんな厳しい環境の中、

モドリッチ選手は大好きなサッカーに明け暮れるサッカー少年。

そんなモドリッチ選手はクロアチアで有名なクラブである、

ハイドゥク・スプリトのテストを受けるものの、不合格。

体小さかったことが理由だったとのこと。

日本代表でも活躍した中村俊輔選手も中学時代所属していたマリノスジュニアユースでは身長が低く、マリノスユースへ昇格できずに、桐光学園へ進学したなど、

身体的な小柄であることにより、クラブを不合格になったりすることはよくあるが、

しかし、幼き頃の経験がモドリッチ選手のサッカー人生において、

ターニングポイントとなり、

現在のような世界最高の選手の一人に成長させることとなる。

https://images.app.goo.gl/5N3MYpMxTNquUfALA

この経験により、より一層サッカーと真摯に向き合い取り組んだモドリッチ選手は、

16歳との時にディナモ・サグレブのユースに加入。

18歳でトップチームに昇格、

その後、レンタルされるの頭角を現しクロアチアリーグでMVPを獲得。

そして、ディナモ・サグレブに戻り、リーグ優勝に貢献、

その後も再びリーグMVPを獲得するなど、

クロアチアリーグ内で絶対的な存在となっていた。

そんなモドリッチ選手は、その後、活躍の舞台をイングランドへ。

プレミアリーグのトッテナムへ移籍。

https://images.app.goo.gl/1pQQQjA79yyUbenU7

トッテナムでの攻守においても絶対的な要となり、

プレミアリーグという攻守において切り替えの早いフィジカル的で、スピーディーでタフなリーグでも、素晴らしい攻撃のアイディアを発揮。

モドリッチ選手はトッテナムを常勝軍団へと成長させる、

礎を作った存在と言ってもいいだろう。

スポンサーリンク

そんなプレミアでも最高のOMFとなっていたモドリッチ選手は、

2012年に現在、所属しているレアル・マドリードへ移籍。

移籍当初はレギュラーではなかったものの、

https://images.app.goo.gl/Fipxa3w4Qkqq41wE9

徐々に先発の機会を獲得し、レアルでも地位を獲得。

それまでクロアチア時代やトッテナム時代と同じように、

試合をコントロールする最高級のゲームメイク力を発揮。

https://images.app.goo.gl/MbWUfS5xncnBRBFb6

気がつけばレアルという環境でも替えが効かない中盤の絶対的な存在、必要不可欠なほど信頼を獲得していた。

選手として毎年のようにアップデートさせ、

レアル・マドリーど加入した2年目からチャンピオンズリーグを3連覇を果たすなど、

https://images.app.goo.gl/ZPt6BGpNgfQ37pCf7

また選手として最高のキャリアを歩んでいる。

今や、レアル・マドリードの10番を背負うモドリッチ選手。

世界最高の価値があるレアル・マドリードというクラブで、

https://images.app.goo.gl/8xTFBPkn4sz3XMoBA

世界最高のミッドフィルダーと称される存在へとなった。

昨年、2018年のFIFAワールドカップロシア大会でも、

クロアチアのエースとして参加し、クロアチアの決勝進出に貢献。

決勝ではフランスに敗戦したものの、準優勝の立役者。

https://images.app.goo.gl/83DFWivdhqNHaQSV8

クロアチアがワールドカップで躍進の電動力となっていたのは間違いなく、世界最高の選手となったモドリッチ選手の存在だ。

昨年、FIFA最優秀選手賞、バロンドールを受賞するなど、

モドリッチ選手が33歳での受賞だが、

https://images.app.goo.gl/E8oAJhCYzwfiQpjo8

名実ともに世界最高の選手へ。

スポンサーリンク

モドリッチ選手がここまで選手として確固たる存在となれたのは、

https://images.app.goo.gl/j58CgQfLXJqXbcS46

幼き頃の経験、小柄であることのハンデと向き合ったからこそ。

サッカー選手としては小柄であるモドリッチ選手は、

身体的な要素、フィジカル的な要素以外で頭を使う、判断力や状況把握力など、

ボールを持っていない時の動きなどが長けているのは、

幼少期の経験が現在の素晴らしいサッカーIQを持ったプレーヤーに選手になるきっかけとなっている。

そして優れた攻撃的ミッドフィルダーながら、

守備面での貢献度も高い、献身性を身につけた選手であり、

ハードワークが出るようになったのも10代での経験により、自らが生き残るために全力でこなしていたことが、
攻守の要として、高いレベルのパフィーマンスを見せる攻守の万能型のプレーヤーとなるきっかけとなっている。

モドリッチ選手は、メッシやクリスティー・ロナウドのような

10代から突出したずば抜けた才能を持った選手ではなかったが、

ひたむきなまでにフットボールに向き合ってきたからこそ、

https://images.app.goo.gl/9X7B19WqWh84jMPr9

持っていた才能を開花させ、選手として成長しながら、その才能を磨き上げた。

そしてクロアチア国内での紛争の経験など、様々な辛い経験をしてきたことが、

モドリッチ選手の強いメンタリティーを作り上げていた。

どんな環境、状況だろうと己の選手として成長するため、しっかり自分の立ち位置を理解して、貪欲に突き進んできたからこそ、

10代から挫折を経験し、モドリッチ選手より才能豊かな選手たちはたくさん見てきたことだろうが、

そんな才能に恵まれた選手を超える存在となった。

https://images.app.goo.gl/15Hk7Fas9vFjWFNw8

全力でサッカーに取り組んでいたことが、現在の姿へと導いている。

スポンサーリンク

世界最高の選手となるべくしてなった。

それだけ、モドリッチという存在は偉大な存在だ。

https://images.app.goo.gl/8CWRsYpuMRoH4cZZ7

クロアチアが誇る、

いや、サッカー界が誇る偉大な選手だ。

これからも偉大であり続ける。

モドリッチ選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

クロアチアが誇る、偉大なフットボーラー、モドリッチ選手。

現在、世界最高のクラブに所属し、

最高のキャリアを歩んでいる偉大な選手。

これからの華麗なプレーで世界最高のミッドフィルダーとして、

上質で上品な華麗なプレーを見せて欲しい。

その偉大さをさらなるものに。

今後の活躍を楽しみにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする