サッカー

エリクセンはデンマーク史上最高の天才!? ポジションやプレースタイルは??

 

デンマークの天才はポジションやプレースタイルは??

 

クリスティアン・エリクセン

 

イングランドプレミアリーグのトッテナムの心臓と称される

 

デンマークが誇る天才

 

今回はエリクセン選手のポジション、プレースタイルや活躍をPICKUP!!

 

クリスティアン・エリクセン選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/b3XgTTTYXyUXwhQG6

名前 クリスティアン・エリクセン

出身地 デンマーク

生年月日1992年2月14日(27歳)

身長182cm

体重 76kg

ポジション MF

エリクセンはデンマーク史上最高の天才!? ポジションやプレースタイルは??

 

https://images.app.goo.gl/XBVYJE8rDFXCFLR88

 

スパーズの心臓

 

クリスティアン・エリクセン

 

デンマークが誇る天才フットボーラー

 

今やプレミアリーグで常勝軍団の仲間い入りを果たしたトッテナムの要、

 

攻撃のタクトを揮るヨーロッパ最高の司令塔。

 

今回はデンマークの天才、クリスティアン・エリクセン選手の凄さ、ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

スポンサーリンク
 

 

攻撃をタクトを振る天才的の司令塔。

 

https://images.app.goo.gl/YCgfFree6dZfrxrEA

 

デンマークが誇る天才エリクセン選手。

 

ポジションは,主にインサイドハーフ。(ボランチでもプレーもある)

 

エリクセン選手のプレースタイルは持ち味である卓越したテクニックと、

 

芸術とも言えるほど精度の高いパスを供給するゲームメイカー。

 

優れたパスの精密機械のようなクオリティーだ。

 

緻密に計算されたかのようなパスでゴールを演出する。

 

柔らかく、軽やかなパスを出し、味方選手が受けやすいようなボールを供給してくれる。

 

最高のパサー。

 

そのパスを出すタイミングは絶妙。

 

https://images.app.goo.gl/RYmU1qAFV3tg4Eqe9

 

さらに利き足の左足だけではなく、両足でクオリティーの高いパスを出せる。

 

両足が使えることでテンポよく、無駄のない展開でパスを出せるのがエリクセンの強みだが、

 

どちらが利き足の中わからないほど、両足のパスの精度は上質だ。

 

安定感のあるパフォーマンスで的確なパスで攻撃を演出し、毎年のように二桁アシストをマークしている。

スポンサーリンク
 

エリクセン選手は攻撃を組み立てる天才的な演出家だ。

 

攻撃のタクトを指揮し、完璧なまでチームをコントロールしている。

 

デンマークが生んだピッチの天才的指揮者。

 

強弱、起動全てにおいてパスのクオリティーには圧巻。

 

https://images.app.goo.gl/sjUWCRrgc4b8srp78

 

優れた判断力でどんな状況からでも的確なパス、

 

エリクセンのパスの凄さはやはりパスを引き出すための判断力が秀でている。

 

それは的確なパスが出せるのか判断できる優れた状況判断力、展開予測力が優れているからこそ。

 

その判断力が活きているのはパスだけではないのがエリクセン選手の凄さだ。

 

ボールを持っていない時のポジショニング、パスを引き出すポイント、受けるポイント、

 

一つ一つのプレーのクオリティーが高く、

 

非常にクレバーで安定感のプレーが際立つ選手であり、

 

運動量もあり、守備での貢献度も高い。

 

司令塔ながら抜群の攻守の貢献を誇る。チームの中心で最高のパフォーマンスを発揮するまさに心臓。潤滑油だ。

スポンサーリンク
 

そしてキックの精度も高い。

 

https://images.app.goo.gl/BTRFSPJpunyKKkmR7

 

両足で質、精度の高いシュートを放つことができるのはエリクセンの凄さの一つ。

 

特に的確でクオリティーの高いミドルシュートはトップクラス。

 

ここまでの攻撃のクオリティーと、

 

クレバーな選手さを兼ね備えたエリクセン選手は、非常に欠点の少ない。

 

攻撃能力全てにハイレベルで上質。

 

なおかつ運動量もあって守備でも貢献できる司令塔。

 

同タイプの世界最高の司令塔であるモドリッチ選手を彷彿とさせ、レアルがモドリッチの後釜として、獲得を目指しているのも納得。

 

エリクセンが世界最高の司令塔の一人と称されるのは納得。

 

そんな世界屈指の司令塔の一人でもあるエリクセン選手。

 

スパーズの常勝軍団の心臓は、どんなサッカーキャリアを歩んできたのだろうか。

スポンサーリンク
 

 

ラウドルップ以来の天才

 

https://images.app.goo.gl/82qnzcWmwjc2DfCT9

 

クリティアン・エリクセン選手はデンマーク・メデルファード出身。

 

デンマーク国内のユースチームでキャリアをスタート。

 

デンマーク国内での活躍でヨーロッパビッククラブからのオファーを受けるほどの選手であった。

 

そんな中、オランダ・エールディヴィジョンのアヤックスへ移籍。

 

18歳でトップデビューを果たし、持ち味の上質なチャンスメイク力でゴールを演出し、アシストを連発。

 

アヤックスの不動の司令塔として大活躍。

 

その後2013/2014年シーズン途中に現在所属のプレミアリーグのトッテナムへ移籍。

 

トッテナムでを常勝軍団へなる導き昨シーズン2018/2019年はトッテナムのチャンピオンズリーグ決勝進出の立役者といってもいい。

 

安定したプレーで攻守の要として欠かせない存在。

 

https://images.app.goo.gl/curgefExj5c9QnTZ9

スパーズでも不動の地位を築いている。

スポンサーリンク
 

デンマーク代表でも素晴らしいキャリアを歩んできるエリクセン選手。

 

デンマーク代表史上4人目の18歳で代表デビューを飾り、2010年の南アフリカ大会では代表最年少出場。

 

デンマークの英雄、ラウドルップ以来の天才と称されるほど。

 

昨年のW杯ロシア大会にも出場し、最高のキャリアを歩み、

 

それはデンマーク代表、そしてトッテナムでデンマークが誇る天才は、

 

不動の地位を築き上げている。

 

そんなエリクセン選手には移籍の噂が絶えない。

 

https://images.app.goo.gl/Fv6rHr4ZtdxXDnCX8

 

レアル・マドリードへの移籍が囁かれているが、

 

普通ならば、昨年チャンピオンズリーグ決勝まで進出し、常勝軍団となったトッテナムを出る理由はないが、

 

エリクセン自身もさらなる高みを目指しているはず。

 

そうなれば、移籍するクラブは限られており、トッテナム以上のメガクラブだけとなる。

 

エリクセン自身が希望するクラブはバルセロナ、レアル・・マドリード、ユヴェントスの3チームとのみが希望先だと言われているが、

 

エリクセン選手が望む大本命はやはりレアル。移籍は時間の問題だろう。

 

それだけ、世界のビッククラブが獲得を目指すほどの選手に成長した。

 

世界最高峰の司令塔はどこへ。

 

デンマークが誇る天才は、

 

まだまだこれから天才ぶりを見せてくれるのか。

 

さらなる栄光を目指して躍動する。

 

https://images.app.goo.gl/nqU6kdyUNxFNx9vd6

 

その時、エリクセンはデンマーク史上最高の天才と称される日が来る。

 

その時が近づいてる。

 

天才は歩みを止めない。

 

 

 

スポンサーリンク
 

エリクセン選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

デンマークが誇る天才、エリクセン選手。

 

華麗なプレースタイルでチャンスを演出し、

 

攻撃を組み立てる世界最高の司令塔の一人。

 

トッテナムでの栄光を胸に、次なるステージを目指すのか。

 

予想されるレアル・・マドリードへの移籍。

 

その時が訪れた時、

 

デンマークの天才は本当に世界最高の司令塔となる。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です