サッカー

パウロ・ディバラ ユーベ背番号10番のプレースタイルをPICKUP!!

 

ユーベ背番号10番のプレースタイルは??

 

パウロ・ディバラ

 

イタリアセリエAのユベントスに所属する

 

世界屈指のドリブラー。

 

ユーベで背番号10番を背負う青年は、さらなる高みを目指す。

 

メッシ、ロナウドを超える存在へ。

 

今回はアルゼンチン代表、パウロ・ディバラ選手をPICKUP!!

 

パウロ・ディバラ選手のwiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/dm7cJBjptoMBNM5e9

名前 パウロ・ディバラ (Paulo Dybala)

出身地アルゼンチン

生年月日1993年11月15日(25歳)

身長177cm

体重69kg

ポジションFW

パウロ・ディバラ ユーベ背番号10番のプレースタイルをPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/x7bG4S34Lapziy9H7

 

アルゼンチンが誇る宝石

 

パウロ・ディバラ

 

名門ユベントスの背番号10

 

華麗なボールテクニックとドリブルを武器で勝負を仕掛け、

 

ピッチを華麗に舞う世界屈指のドリブラーの一人。

 

今回は名門ユーベの背番号10、パウロ・ディバラ選手のプレースタイルや活躍をPICKUP!!

スポンサーリンク
 

ディバラってどんな選手?? プレースタイルは??

 

https://images.app.goo.gl/R17yNPe4zVREzCPr5

 

パウロ・ディバラ

 

アルゼンチン屈指のアタッカー。

 

ディバラ選手は持ち味であるクニックと優れたドリブルを生かし、ゴールを狙うプレースタイルで、

 

得意の独特の間合いであるドリブルを武器で相手を翻弄。

 

アルゼンチンが誇る世界屈指のドリブラー。

 

ポジションであるインサイドハーフ、セカンドトップ。

 

リズミカルにドリブルのテクニックは相手選手を翻弄する優れたドリブルスキル。

 

そのドリブルスキルは世界トップクラス。

 

細やかなステップワークでボールを動かしながら、縦への推進力は圧巻。

 

https://images.app.goo.gl/wmLcG32xR3G1eHSYA

 

そのドリブルテクニックは相手選手に囲まれるような数的不利な状況でも、

 

得意の細やかなステップ、やターンで局面を打開する優れた個人技で

 

バイタルエリアで違いを魅せつける最高のテクニシャンだ。

 

やはり優れたドリブルテクニックを誇るディバラ選手は、ボールの扱う上でのボールの置く位置がいい。

 

相手選手がボールを奪いづらい間合いを作り出し、それが高いキープ力につがなっている。

 

それは秀でたボールキープ力があるからこそ。

持ち味であるドルブルが最大限活きる最高のスパイスとなっている。

スポンサーリンク
 

ディバラ選手は非常にうまさが光る選手。

 

秀でたテクニック、優れたボールキープ力はドリブルだけではなく、

 

ボールを受けて楔役にもなれ、ボールをつらすことで攻撃の組み立てるチャンスメイクもできる。

 

ゴールを演出するラストパスを供給できるドリブルだけに特化した選手ではなく、

ィバラ選手は攻撃の起点にもなれる攻撃の引き出しも多く、非常にテクニカルな選手。

 

そして、ディバラ選手は優れたシュートセンス。

 

https://images.app.goo.gl/AMaFqgyf8fWaf7Fp8

 

ゴールを奪う圧巻の決定力も兼ね備えている。

 

強さと速さ、そしてコントロールに優れたシュート力、

 

コンパクトで振りの速いインパクトで優れた威力のあるシュートを放つ。

 

ディバラはゴール前、シュートレンジで最大限力を発揮し、得意のドリブルと決定力を誇る。

 

精度の高さで確実にゴールを奪う決定力はそれはシュートレンジが広さがあるからこそ、

 

ディバラが決定力がある理由だろう。

スポンサーリンク
 

シュートレンジでの動きは圧巻。

 

持ち味であるドリブルで切り込み、カットインしながらシュートはディバラの真骨頂

 

ディバラ選手はドリブルだけではなく、優れたゴールシューターでもある。

 

そのドリブルで勝負し左足を生かしたプレースタイルや体格が同じアルゼンチン代表で、バルセロナに所属する世界最高の選手メッシを彷彿とさせる。

ディバラは同郷ということもあり、そしてドリブルテクニックに秀でた選手なだけに、メッシの後継者と言われる所以だろう。

 

身長も低く、手足が長いわけでないディバラ選手。

 

https://images.app.goo.gl/BuL7M3B9BKY8VPY4A

 

しかし、その小柄な体格にあったプレースタイルで自らの特徴を最大限生かしている。

 

小柄ではあるがシュートには力強さもあり、そして持ち味の細やかなドリブルからのシュートは無駄がない。

 

流れのある動きでできることもあり、動きが小さく、そしてシュートもモーションも小さいこともあり、やはり非常に間合いがいい。

 

自分の最大限持ち味を発揮できる間合いの良さが光る。

 

末端中心の身体使いではなく、体のコアを使うことができているからこそ、力強さもあるのがディバラ選手が輝ける理由か。

 

本当に素晴らしい選手だ。

 

そして飛び道具。フリーキックを定評がある。

 

ゴールから離れた位置でも直接決めるだけにFKの精度もトップクラス。

 

攻撃の全ての要素がトップクラスにある。非常に攻撃特化した選手。

 

ディバラ選手は優れた攻撃力、ボールテクニックにあふれた最高のアタッカー。

 

ピッチで輝きを放つ最高のダイヤモンド。

 

https://images.app.goo.gl/yDc7qguQk2tbZXVs7

宝石と称されるほど。

スポンサーリンク
 

 

輝きを放つユーベの背番号10

 

メッシを彷彿とさせる華麗なプレーで名門ユベントスで、

 

背番号10番をつける世界屈指のドリブラーであるディバラ選手。

 

そんなディバラ選手はどんなフットボールキャリアを歩んできたのだろうか。

 

https://images.app.goo.gl/3xWLikfQywQBwWuh6

 

現在、イタリアせセリエAのユベントスに所属。

 

パウロ・ディバ選手はアルゼンチンのコルトバ州出身。

 

サッカー選手になることを夢見ていた父の父の影響で、サッカーを始めたディバラ選手は17歳の時に、

 

地元クラブ・インスティトゥート・コルドバでプロデビュー。

 

当時から優れた個人技で得点を量産し、イタリアセリエAのパレルモへ。

 

移籍したパレルモではゴールを量産し、一躍注目の存在へ。

 

パレルモの主役となったディバラ。

 

そんな輝きを放った宝石には名門クラブが黙っちゃいない。

 

活躍が評価され、

 

移籍金は当時の金額で約45億円で現在、所属するユベントスへ。

 

ユベントスはイタリア屈指の常勝軍団。

 

そんな名門でもすぐさまレギュラーの獲得し、ユーベの中心へ。

 

https://images.app.goo.gl/h8gXqxgaetTG6HKv6

そして、現在は偉大なクラブで背番号10番を受け継ぐ存在まで上り詰めた。

 

これまでユーベの10番はプラティニやデルピエロといったサッカー史に残る偉大な選手がつけてきた番号。

 

そんな偉大なレジェンドと肩を並べるまでの存在となったのだ。

スポンサーリンク
 

アルゼンチンの2部クラブから始まったサッカーキャリア。

 

今や、世界的な選手に。

 

そして、16歳の時にこの世を去った父の夢だったサッカー選手なり、有名な存在になるという夢を叶えた。

 

全く無名だった男は大躍進劇。

 

今のディバラ選手は16歳の時に誓った想い、強い覚悟があったからこそ、

 

自らの実力で夢をつかんで見せた。

 

しかし、ディバラはさらなる高みを目指している。

 

アルゼンチン代表ではメッシ、そして所属するユーベではクリスティアーノ・ロナウドという、

現在サッカー界を席巻している二人の存在という大きな試練な中、これまで以上にスペシャルな存在になるために、闘っている。

 

これまでたくさんの試練を乗り越えてきたディバラ。

 

このままでは終わらない。

 

https://images.app.goo.gl/vFsrg5yd7HJ7LQyS7

 

強い意志でイタリアへ渡った青年。

 

強い意志はこれからも変わらない。

 

宝石と称された男が輝くのはこれからだ。

 

 

スポンサーリンク
 

パウロ・ディバラ選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

アルゼンチン屈指のドリブラー、ディバラ選手。

 

今や、ユーベには欠かせない存在に成長した宝石。

 

卓越したテクニックとドリブルを活かしたプレースタイルは圧巻。

 

代表でもクラブでも試練は多いが、

 

その壁を乗り越え、さらなる格上げに期待。

 

ディバラはさらなる輝きを放つ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です